「三浦雄一郎」とは?

関連ニュース

明石家さんま、故・立川談志さんから頭を下げられたある理由とは? - 04月24日(火)06:00 

4月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)は、「激ヤバ2世&2世の親大集合SP!」と題し、独特すぎる親とそのDNAを受け継いだ2世が、世間離れしたエピソードの数々をバラしまくる。「普通の家に生まれたかったと思ったとき」というテーマでは、大和田獏と岡江久美子の娘・大和田美帆が「両親のラブシーンを番組企画で何度も見せられる」とうんざり。司会の明石家さんまも、「娘・IMALUが自分と大竹しのぶのドラマを見ることを拒絶している」と同情する。逆に矢島愛弥は、母・渡辺美奈代の過去の映像に興味があるにもかかわらず、「家に残してない」と不満な様子。かとうれいこの娘・横尾紗千は、自分が大好きな“ある大物タレント”が母と共演している動画を発見した時のことを嬉しそうに語る。そして松岡ゆみこは、亡き父・立川談志について「家でもあのまま。迷惑」とバッサリ。しかしさんまは、破天荒で知られる談志が、松岡とさんまが番組で共演する際、自分に頭を下げたことがあると告白する。「頭下げてくれたのは最初で最後」と、談志の珍しい親としての顔に驚いたというさんま。松岡も、自身が銀座で店を始めた時に関しては、父が訪れ、店のお客さんが「腰の低い人」と思ってしまうほどのサービスをしたことを明かすと、さんまは「あの談志師匠が!」とビックリしてしまう。しかし、根は破天荒な談志だけに、松岡に初めて彼氏が...more
カテゴリー:

肩こり、腰痛にも効果…家事中に行う「スクワット」のすすめ - 04月11日(水)11:00 

本誌の人気連載「血流講座」でおなじみの順天堂大学医学部教授・小林弘幸先生。自律神経研究の権威である小林先生が、最強の健康法としてまとめた『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)がベストセラーになっている。 「美しく、若々しく過ごすためには“血流”と“筋力”、そして“自律神経”の3つが重要です。ところが、加齢とともにそれぞれの機能が衰えてくるのが通常です。これら3つの“機能低下”をすぐに改善してくれるのがスクワットです。毎日続けることで10歳若返ることが可能なのです」 こう語る小林先生に、今、最もアツい“小林流スクワット”の劇的な効果を聞いてみた。 「重力の影響で下半身には約7割の血液が集まっています。スクワットは、その血液を上半身にスムーズに押し上げ全身の血流を改善させるのです。肩こりや冷え、むくみ、肌荒れなどの解消だけでなく、近年明らかになった認知症のリスクを高める“脳の血流不足”にも効果があります。さらに、スクワットは、歩く動作に欠かせない『大腿四頭筋』や尿漏れを防ぐ『骨盤底筋群』など、下半身の筋肉が鍛えられます。ダイエット効果はもちろんのこと、筋肉量が増えることで、体内の糖が消費されやすくなるため、糖尿病の予防にも...more
カテゴリー:

全身の血流をUP!健康を作る「スクワット」はこう始めよう - 04月11日(水)06:00 

本誌の人気連載「血流講座」でおなじみの順天堂大学医学部教授・小林弘幸先生。自律神経研究の権威である小林先生が、最強の健康法としてまとめた『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)がベストセラーになっている。 「美しく、若々しく過ごすためには“血流”と“筋力”、そして“自律神経”の3つが重要です。ところが、加齢とともにそれぞれの機能が衰えてくるのが通常です。これら3つの“機能低下”をすぐに改善してくれるのがスクワットです。毎日続けることで10歳若返ることが可能なのです」 こう語る小林先生に、今、最もアツい“小林流スクワット”の劇的な効果を聞いてみた。 「重力の影響で下半身には約7割の血液が集まっています。スクワットは、その血液を上半身にスムーズに押し上げ全身の血流を改善させるのです。肩こりや冷え、むくみ、肌荒れなどの解消だけでなく、近年明らかになった認知症のリスクを高める“脳の血流不足”にも効果があります。さらに、スクワットは、歩く動作に欠かせない『大腿四頭筋』や尿漏れを防ぐ『骨盤底筋群』など、下半身の筋肉が鍛えられます。ダイエット効果はもちろんのこと、筋肉量が増えることで、体内の糖が消費されやすくなるため、糖尿病の予防にも...more
カテゴリー:

明石家さんま、故・立川談志さんから頭を下げられた“ある理由”とは? - 04月23日(月)16:27 

4月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)は、「激ヤバ2世&2世の親大集合SP!」と題し、独特すぎる親とそのDNAを受け継いだ2世が、世間離れしたエピソードの数々をバラしまくる。「普通の家に生まれたかったと思ったとき」というテーマでは、大和田獏と岡江久美子の娘・大和田美帆が「両親のラブシーンを番組企画で何度も見せられる」とうんざり。司会の明石家さんまも、「娘・IMALUが自分と大竹しのぶのドラマを見ることを拒絶している」と同情する。逆に矢島愛弥は、母・渡辺美奈代の過去の映像に興味があるにもかかわらず、「家に残してない」と不満な様子。かとうれいこの娘・横尾紗千は、自分が大好きな“ある大物タレント”が母と共演している動画を発見した時のことを嬉しそうに語る。そして松岡ゆみこは、亡き父・立川談志について「家でもあのまま。迷惑」とバッサリ。しかしさんまは、破天荒で知られる談志が、松岡とさんまが番組で共演する際、自分に頭を下げたことがあると告白する。「頭下げてくれたのは最初で最後」と、談志の珍しい親としての顔に驚いたというさんま。松岡も、自身が銀座で店を始めた時に関しては、父が訪れ、店のお客さんが「腰の低い人」と思ってしまうほどのサービスをしたことを明かすと、さんまは「あの談志師匠が!」とビックリしてしまう。しかし、根は破天荒な談志だけに、松岡に初めて彼氏が...more
カテゴリー:

10歳若返る健康のための「スクワット」、人気医師が伝授 - 04月11日(水)06:00 

「美しく、若々しく過ごすためには“血流”と“筋力”、そして“自律神経”の3つが重要です。ところが、加齢とともにそれぞれの機能が衰えてくるのが通常です。これら3つの“機能低下”をすぐに改善してくれるのがスクワットです。毎日続けることで10歳若返ることが可能なのです」 そう語るのは、本誌の人気連載「血流講座」でおなじみの順天堂大学医学部教授・小林弘幸先生。自律神経研究の権威である小林先生が、最強の健康法としてまとめた『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)がベストセラーになっている。今、最もアツい“小林流スクワット”の劇的な効果を聞いてみた。 「重力の影響で下半身には約7割の血液が集まっています。スクワットは、その血液を上半身にスムーズに押し上げ全身の血流を改善させるのです。肩こりや冷え、むくみ、肌荒れなどの解消だけでなく、近年明らかになった認知症のリスクを高める“脳の血流不足”にも効果があります。さらに、スクワットは、歩く動作に欠かせない『大腿四頭筋』や尿漏れを防ぐ『骨盤底筋群』など、下半身の筋肉が鍛えられます。ダイエット効果はもちろんのこと、筋肉量が増えることで、体内の糖が消費されやすくなるため、糖尿病の予防にもなるのです...more
カテゴリー:

「三浦雄一郎」の画像

もっと見る

「三浦雄一郎」の動画

Wikipedia

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年(昭和7年)10月12日 - )は、日本プロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長全国森林レクリエーション協会会長札幌市手稲区親善大使札幌市手稲区役所HP>手稲区"まちのできごと"紹介>「冒険家・三浦雄一郎氏に手稲区親善大使を委嘱」(2013年(平成25年)11月19日)。青森市5代名誉市民。

父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、二男の三浦豪太は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる