「三浦雄一郎」とは?

関連ニュース

長生き達人が語る「ご長寿健康法」 - 01月19日(金)11:45 

 年が明け、また1つ年を取る。月日の流れに抗うことはできないが、いつまでも元気で長生きすることはできる。そんな“ご長寿達人”たちの健康法を紹介しよう。皆さんも、今年から実践してみては!? ■三浦雄一郎さん(85)“余命3年宣告”から世界の頂へ――  最初に紹介するのは、世界の最高峰・エベレストの世界最高齢登頂記録(80歳)を持つプロスキーヤーの三浦雄一郎さん。まさに“長生き達人”の極みと言えるだろう。その超人的な体力と精神力を支えるものは、いったい何か。たっぷりと話を聞いてみた。  若い頃は富士山や世界の名だたる山々をスキーで直滑降。70歳を超えてからは、世界の山々の登頂に挑み続ける山の鉄人・三浦さん。86歳になる今年も、世界第6位の高峰、チョー・オユー(チベット、8201メートル)に登り、スキー滑降する予定だ。だが、そんな三浦さんも、60代前半の頃、「500メートルの山に登るのも四苦八苦する」時期があったという。 「54歳のとき、世界七大陸の最高峰での滑降を制覇して、引退宣言をしたんですね。その後は講演会やデスクワークが中心の仕事をするようになったんですが、山にトライしなくていいから、飲み放題食べ放題で、ろくに運動もしなかった。そうしたら、あっという間に体重が90キロ近くなり(身長165センチ)、血圧は200近くまで上がって糖尿病や高脂血症にかかるという、完全なメタボになったんで...more
カテゴリー:

「三浦雄一郎」の画像

もっと見る

「三浦雄一郎」の動画

Wikipedia

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年(昭和7年)10月12日 - )は、日本プロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長全国森林レクリエーション協会会長札幌市手稲区親善大使札幌市手稲区役所HP>手稲区"まちのできごと"紹介>「冒険家・三浦雄一郎氏に手稲区親善大使を委嘱」(2013年(平成25年)11月19日)。青森市5代名誉市民。

父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、二男の三浦豪太は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる