「三浦春馬」とは?

関連ニュース

『オトナ高校』三浦春馬の顔面偏差値の台詞に視聴者から異論の声!? - 10月22日(日)10:50 

 俳優の三浦春馬が主演を務める異色の学園ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日/毎週23時5分)の第2話が21日に放送され、劇中で三浦演じる主人公・英人の台詞に対してネット上では異論の声が上がった。【関連】「三浦春馬」フォトギャラリー 『オトナ高校』は性体験のない30歳以上の男女が“本当の大人になるための英才教育”を受けさせられる「第二義務教育法案」の元、公的教育機関「オトナ高校」へ強制入学させられた大人たちの姿を描いた異色の学園コメディ。第2話ではなかなか奥手なオトナ高校の生徒たちに、校内恋愛を促すための“スポーツ交流”が課せられることに。実は運動神経に自信がない主人公・英人は姑息な手段でサボろうとするが、あわやオトナ高校卒業!?のドキドキのシチュエーションに巻き込まれていく…。 本作では、早くオトナ高校を卒業したいが、パートナーに恵まれない三浦演じる英人のハイテンションな演技が見どころの一つ。第2話では、オフィス街を1人歩く英人がすれ違う女性たちを見ながら「この街では素敵な女性がたくさん働いている…そして僕は将来を嘱望されるエリートで顔面偏差値だって60を超えているハズ…」という独白シーンが登場。 するとSNSでは視聴者から「顔面偏差値、60どころじゃないでしょ」といった声や「もっと高くていいと思うけどw」「いや、85くらい!」「もっと傲慢になってくれ!」と異論が噴出。初回放送に引き...more
カテゴリー:

成宮寛貴ひそかに帰国のムキムキ姿/新垣結衣、男子高生に神対応【今週の見逃しニュース】 - 10月21日(土)15:46 

 東京では10月なのに15℃に届かず、46年ぶりの冷え込みを記録しました。かと思いきや南からは台風がやってきて、お天気も政治もしっちゃかめっちゃかですね。とりあえず今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。 ◆①成宮寛貴、ひそかにインスタ再開 「ついに日本に帰ってきた」「吉野家で泣いてしまった」 JCASTニュース 10/17(火)配信  昨年末、違法薬物の吸引疑惑が報じられ芸能界を引退した成宮寛貴さん(35)がインスタグラムの更新を再開していたと、雑誌「女性自身」が報じました。  記事によると、仲間内しか閲覧できないページの他に一般公開している「hiroshige_narimiya」というアカウントがあり、今年の8月から再び投稿が始まったのだそう。  というわけで見てみると、滞在先と思われる海外の美しい風景の他に、ムキムキにビルドアップされた肉体を自撮りする姿や、9月28日に成田空港で帰国を記念して撮った1枚などが載っていました。  それにしても成宮さんへのエールであふれるコメント欄の穏やかなこと。“帰国後に逮捕か!?”なんて言われていた去年の騒ぎは何だったんでしょう。 ◆②新垣結衣、高校生告白の練習台に「初めてが私でいいんですか?」と神対応 ORICON NEWS 10/18(水)配信  新垣結衣(29)が映画『ミックス。』のイベントに参加し、男子高校...more
カテゴリー:

三浦春馬、新ドラマ『オトナ高校』ではレジェンド童貞になるしかない!? - 10月21日(土)08:46 

 第1話を終え、初回視聴率5.4%というスタートを切った三浦春馬主演のドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日ほか)が話題になっています。  物語は少子化対策のために設立された教育機関「オトナ高校」を舞台に、エリート銀行員の荒川英人(三浦春馬)、園部真希(黒木メイサ)、権田勘助(高橋克実)など30歳以上の童貞と処女たちが「本当のオトナになる」ため、集結。彼らが繰り広げる騒動をコミカルに描いています。  本作のテーマは「童貞」です。連続ドラマにおいて「童貞」を演出上のスパイスとして扱うことはありますが、メインテーマにするのは今の時代、なかなかのチャレンジャーぶりです。  なぜなら、童貞が主人公という時点で「出オチ感」満載だし、ドラマとはいえ、未経験であることをイジられるのを少々キツく受け止める人もいるためです。  童貞を主人公にしたドラマといえば、嵐の二宮和也が主演を務めた『Stand Up!!』(’03年)、性体験をテーマにしたドラマでは『毎度おさわがせします』(’85年)や『夏・体験物語』(’85年)などがありますが、いずれも主人公は10代でした。  昨年放送された『ゆとりですがなにか』(’16年)では松坂桃李演じる山路が20代後半で童貞でしたし、同じく昨年大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(’16年)で星野源が演...more
カテゴリー:

【オトナ高校連載】黒木メイサ「現場で四十八手講習を見ながらお勉強することも(笑)」 - 10月21日(土)08:00 

三浦春馬が童貞を、黒木メイサが処女を演じることでも話題のドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系) 。ザテレビジョンWEBでは、“オトナ高校”スペシャル連載がスタート! 毎週土曜に、キャスト陣のインタビューや仲良しトーク、収録の裏側などたっぷりと紹介。第2回は、黒木メイサのSPグラビア&インタビュー! 【写真を見る】割本に『四十八手講習』というページがあるのも“オトナ高校”なでは/撮影=平岩亨 ■ “どうして私に処女役!?”と驚きました ――ドラマのお話を最初に聞かれた際は「何を考えているんだろうと思った」とか。 どうして私に処女役!? どうやったらそう見えるの!? って(笑)。実生活では2児の母でもありますし。最初はビックリしてしまいました。でも企画の詳細と台本を読んだときに「なるほどな」と。演じる真希は32年生きてきた中で性経験はないけど、社会的にはいろいろと経験してきてキャリアはそれなりにある。自分のプライドも持っている人だとも思うんです。言っていること自体はすごく偉そうだし立派なんですけど、ただ恋愛ってことになると途端に不器用になってしまう。「バカだなぁ」って思うところもたくさんあるけど、だからこそすごく演じていて面白いですね。 ――2話ではそういう真希の不器用なところが全面に出てきますね。 「そりゃ“重い”って言われるよね~」って物を不倫相手に贈りますしね。どういう思考回路でそ...more
カテゴリー:

三浦春馬に爆笑!「オトナ高校」の前に舞台で見せたコメディ演技 - 10月20日(金)15:45 

 人を笑わせるって難しい。コメディと呼ばれるドラマや映画を観るたびにそう思います。  シリアスな演技は自然に見えても、コメディになると途端にわざとらしく見えてしまう役者さんもいたりして。一生懸命に演技をしていても、ハマっ [...]
カテゴリー:

賀来賢人、榮倉奈々とのラブラブ結婚生活明かす「夫婦で台詞読み合わせ」 - 10月22日(日)10:10 

 俳優・賀来賢人が、22日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系/毎週日曜7時)に出演。去年8月に結婚した榮倉奈々との結婚生活を明かした。【関連】賀来賢人が変顔を披露!『斉木楠雄のΨ難』初日舞台挨拶公開 フォトギャラリー この日は、21日に公開された映画『斉木楠雄のΨ難』の福田雄一監督、共演の俳優・田辺誠一と3人でトーク。女優・大塚寧々と結婚している田辺から、役者同士の結婚のメリットについて「同業者だと分かり合えるから、仕事内容が。ここはタッチしないほうがいいやとか」と、仕事をリスペクトしつつも、お互いの作品に干渉しあわない点を挙げると、賀来もうなずきながら「あ、でも僕、台詞は(夫婦)合わせます」と告白。 さらに、榮倉と福田の手掛けた脚本も読み合わせをした時に、「(妻が)その度に結構面白いトーンで言ってくるんです」と明かし、「おっ、そういうパターンもあるのね」と感心することもあると語った。 今はそれぞれの作品に干渉しあう関係ではないという賀来だが、「これからどうなるかわからない」とし、「あの間(ま)が、長い!」など、ダメ出しされるようになったらどうしようと笑い、今年6月に第一子誕生したが、「新キャラが増えて面白い」と育児の楽しさを語った。 また、福田は、同業者の三谷幸喜、宮藤官九郎の存在を「ニッポンのコメディを牽引している2人」とし、上品な笑いの三谷、ストリート系のカッコいい笑...more
カテゴリー:

「オトナ高校」三浦春馬がすけこましからチェリートに大胆チェンジ、凄い。少子化問題に笑いで切り込む - 10月21日(土)09:45 

土曜ナイトドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日 土 よる23時5分〜)脚本:橋本裕志 演出:瑠東東一郎 山本大輔  出演:三浦春馬 高橋克実 竜星涼 松井愛莉 山田真歩 夕輝壽太 杉本哲太 正名僕蔵 黒木メイサ  歯止めの効かない少子化問題に国が動いたこれまで「イケメン」という称号をほしいままに受けてきた三浦春馬(著作)が「チェリート」「チェリート」と何度も蔑まれている、もうそれだけで溜まらない。テレ朝のちょいエロの夜ドラマだというので、「金曜ナイトドラマ」と思っていたら、土曜のよる11時枠に、「土曜ナイトドラマ」というドラマ枠が新設されていた。その第1弾作品「オトナ高校」は、性体験のないまま三十路を過ぎた「やらみそ」たちが集まって、オトナの英才教育を受ける、オリジナル学園もの。劇中「レッツ・ビギン!」という台詞が出てくるが、学園ドラマ「飛び出せ青春!」(72年)を思い出した。2017年秋、国の根幹を揺るがす少子化問題解決のために、極秘国家プロジェクト「オトナ高校」という第二の義務教育が開始された。「チェリート」呼ばわりされる三浦春馬は、高身長、高学歴、イケメン、エリートながら、やらないまま三十代になってしまった主人公・英人役で、ドラマは、彼がこのプロジェクト第一期生に選ばれるという不名誉な目に遭うところからはじまる。チェリートくんを中心に、モテモテの遊び人を詐称してきた55歳で未経験...more
カテゴリー:

三浦春馬、新ドラマ『オトナ高校』では“レジェンド童貞”になるしかない!? - 10月21日(土)08:46 

 第1話を終え、初回視聴率5.4%というスタートを切った三浦春馬主演のドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日ほか)が話題になっています。  物語は少子化対策のために設立された教育機関「オトナ高校」を舞台に、エリート銀行員の荒川 [...]
カテゴリー:

三浦春馬に爆笑!「オトナ高校」の前に舞台で見せたコメディ演技 - 10月20日(金)15:45 

 人を笑わせるって難しい。コメディと呼ばれるドラマや映画を観るたびにそう思います。  シリアスな演技は自然に見えても、コメディになると途端にわざとらしく見えてしまう役者さんもいたりして。一生懸命に演技をしていても、ハマっていないというだけで簡単に白けてしまいますから。  コメディは上手いか下手か、まっぷたつに分かれてしまうなぁと常々感じている次第です。つまり、コメディができる役者さんってすごい。  そんなわけで、10月14日にスタートした「オトナ高校」(テレビ朝日系列)の三浦春馬はすごかったです。東大卒エリートで童貞ってぶっ飛んだ役が笑えた、笑えた! ◆「オトナ高校」のコメディアンぶりがたまらない  何より別撮りのモノローグが最高でした。やたら抑揚(よくよう)をつけたしゃべり方、ころころと変わる豊かな表情、大げさな身振り手振り。ジム・キャリーのような海外のコメディアンを思わせる演技が秀逸。  人前で見せる真面目くさった表情やスカした態度がこれらをまた引き立てていて。  ああ、めちゃくちゃカッコ悪い! 三浦春馬なのに! 端正な顔でぶちかますコミカルな演技がしっかりハマっていたなぁと。 ◆思い出す「キンキーブーツ」のローラ  あれ、この姿どこかで見たことあるなぁと思ったら、昨年、三浦春馬が演じた舞台「キンキーブーツ」のドラァグクイーンのローラ!  そもそもオープニン...more
カテゴリー:

フィギュアスケートGPシリーズ開幕! 要注目選手を織田信成に直撃!! - 10月20日(金)06:00 

10月20日(金)から「フィギュアスケートグランプリシリーズ2017」が、第1戦ロシア大会より開幕。出場選手は全6大会中2大会に出場し、各種目の獲得ポイント上位6名が12月に行われる「グランプリファイナル」で世界一の座を争う。 【写真を見る】放送の解説を務める織田信成にインタビュー! 中継の解説を担当する織田信成も「2018年の平昌五輪の日本代表選考にグランプリシリーズの成績が関わってくるので、そういった意味でも非常に重要な大会になります」と語る今大会。要注目選手を織田が放送に先駆けて解説する! ■ 注目の3選手を織田信成が解説! 羽生結弦(第1戦ロシア大会、第4戦日本大会出場予定)…「世界最高得点を更新したショートは、4回転ジャンプをプログラム後半に跳んで、かつコンビネーションの第2ジャンプも両手を上げていて、ただ演技構成の難易度を上げるだけでなく、出来栄え点の加点も狙う姿勢が素晴らしかったです。滑り込んでいるプログラムなので、曲が体になじんでいるのも強みだと思います!」(織田) ネイサン・チェン(第1戦ロシア大会、第6戦アメリカ大会出場予定)…「5種類の4回転ジャンプを駆使する選手です。それが全部成功するとなると、技術点はかなり高くなると思うので、日本選手にとってかなり強力なライバルになるんじゃないかと思います」(織田) 宮原知子(第4戦日本大会、第6戦アメリカ大会出場予定)…...more
カテゴリー:

もっと見る

「三浦春馬」の画像

もっと見る

「三浦春馬」の動画

Wikipedia

三浦 春馬(みうら はるま、1990年4月5日 - )は、日本俳優茨城県土浦市出身。アミューズ所属。

来歴

4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説あぐりで子役としてデビュー。

アクターズスタジオ時代には、松永一哉鈴木和也とともにBrash Bratsを結成(2005年に活動休止)。

2006年、キャッチ ア ウェーブで映画初主演。同年にドラマ14才の母でヒロインの恋人役を演じ、注目を集める。

2007年、映画恋空で第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。

2008年、ブラッディ・マンデイで連...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる