「三浦弘行九段」とは?

関連ニュース

【将棋】 三浦弘行九段が復調。 棋王戦・挑戦者決定トーナメントで、強豪・松尾歩八段を破る。 - 06月25日(日)18:19 

https://www.shogi.or.jp/game/ https://www.shogi.or.jp/match/kiou/43/honsen.html 6月23日(金曜日) 棋王戦 挑決トーナメント 携帯中継 松尾 歩 ●-○ 三浦弘行         【第43期棋王戦 挑戦者決定トーナメント(ベスト16以上) 持時間各4時間】 ┌─────────────────────────────────────┐ │                                ☆__        挑戦者          ★__      │ │                              ┌────────┴─────────┐    │ │              ┌───────...
»続きを読む
カテゴリー:

師匠が語る「藤井聡太」闘争心の塊エピソード 将棋盤を抱え込んで悔し泣き - 06月23日(金)08:02 

 藤井聡太四段(14)を知る人の多くが指摘するのは、その負けん気の強さである。 「小学校の頃は本当によく泣いていましたよ」  と振り返るのは、師匠の杉本昌隆七段。 「将棋の才能も末恐ろしかったが、泣き方も尋常でなかった。負けると3回に1回は、将棋盤を枕みたいに抱え込み、顔を埋めて泣くんです。3分ほども続き、最後はお母さんが盤から引き剥がす。でも、次の対局にはコロッと集中できるんです」  四段が小2の頃のこと。イベントで、谷川浩司九段と二枚落ちのハンディで対戦する機会があったという。  杉本七段が続ける。 「谷川九段の玉が自陣に入り、このまま続けても、もう藤井は勝つことが出来なくなった。イベントでこういうケースになった場合、普通は上手(うわて)の勝ちにするのですが、九段は優しいので、引き分けにしようと持ちかけてくれたんです。でも藤井はどうしても勝ちたかったのでしょう。“嫌だ!”と机に突っ伏して大泣きしてしまったのです」  谷川九段は十七世名人の資格を持つ斯界の大物。引き分けなら普通は大満足なのだが、やはり勝負師は、何歳でも勝負師なのである。 「研究会で師匠の私に勝っても喜びませんし、負けると非常に悔しがる。こないだ25連勝を決めた時も、メールで“作戦負けしていたかもね”と打つと、“そうですかね”と返信が来た。自分の納得しないことでは首を縦にふりません。負けず嫌いは将棋以外も同じで、研...more
カテゴリー:

「三浦弘行九段」の画像

もっと見る

「三浦弘行九段」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる