「三宅裕司」とは?

関連ニュース

『ひよっこ』のスピンオフ感?岡田惠和脚本の新ドラマに注目! - 10月23日(月)18:11 

沢村一樹が主演を務める新ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、10月20日よりスタート。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』のキャストが多く出演しており「『ひよっこ』ロスに良い!」「『ひよっこ』のスピンオフ感」との声が挙がっている。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。本作の主人公・杉山利史(沢村)は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われるが、会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第1話では、移転した当日に取引先から、結婚式場のポスターの制作し直しの指示が舞い込む。なんと、期日は本日中。「できねぇだろ、こんなの」と落胆するメンバーに、杉山は「それが醍醐味だろ、俺たちの仕事の。できるよ、おれたちは、な!」...more
カテゴリー:

『ひよっこ』キャスト集結が話題『ユニバーサル広告社』第1話あらすじを紹介 - 10月20日(金)05:00 

沢村一樹が主演を務める新ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、10月20日よりスタートする。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。本作の主人公・杉山利史(沢村)は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第1話では、移転した当日に“ある取引先”から無理難題が舞い込み、杉山たちはそのピンチを乗り切るために動き出すが……。 関連リンク GLAYのライブでしか披露されなかった名曲がドラマ主題歌に 沢村一樹、民放連ドラ主演を制覇!コメント...more
カテゴリー:

沢村一樹、主演ドラマに『ひよっこ』組大挙出演で「人気にあやかりたい」 - 10月19日(木)18:40 

俳優の沢村一樹が、テレビ東京系列にて10月20日よりスタートする新ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(毎週金曜20:00~)の記者会見に出席。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和が脚本を担当するほか、沢村はじめ、和久井映見や三宅裕司など『ひよっこ』キャストが多数出演する事に対し、「人気に少しでもあやかりたい」とアピールして会場をわかせた。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。レギュラー出演者の8人中4人が『ひよっこ』出身者という今作だが、沢村は世間で『ひよっこ』ロスが叫ばれていることに触れ、「僕の周囲にも『ひよっこ』ロスの人がたくさんいて、同じ岡田さんの作品なのでこのドラマを楽しみにしてくれている人もたくさんいることが伝わってきます」と感慨深げ。さらに「岡田さんの作品なので世界観は同じ。でも、ストーリーは違う。同じ脚本家だけど、前回『ひよっこ』で愛子さん役をやっていた和久井さんと実さん役をやっていた僕が違う役で共演するとこういうことが起こるというところも含め、また『ひよっこ』とは違った岡田さんの世界を覗いてみたいなという方には是非オススメします...more
カテゴリー:

ももクロが加藤茶、仲本工事、高木ブーとコラボに挑戦!? - 10月19日(木)05:00 

11月12日(日)に三宅裕司と春風亭昇太が初タッグを組む、ニチファミ!「三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~」(夜7:00-9:54フジ系)が放送。番組では、ももいろクローバーZの佐々木彩夏、玉井詩織、高城れにが、往年のスターとのコラボに挑戦する。 【写真を見る】ももいろクローバーZが往年のスターとコラボに挑戦!/(C)フジテレビ 同番組では、1960年代から70年代までの日本歌謡史を「こまっちゃうナGS時代」(1966~67年)、「ナウなピース時代」(1971~72年)、「だめだこりゃ時代」(1976~77年)と3つの時代に分けて、その時代の名曲や今だから明かされる芸能界の裏話を紹介していく。 「こまっちゃうナGS時代」には山本リンダや布施明らが登場。「ナウなピース時代」ではザ・スパイダースの井上順が当時の流行語となった指でVサインを作る「ピース」の原点を振り返る。 また「だめだこりゃ時代」では、ももいろクローバーZの佐々木、玉井、高城が登場し、加藤茶や仲本工事、高木ブーら“こぶ茶バンド”とのコラボに挑戦。さらに、デュエット企画では、ももクロの3人が黒沢博と共に名曲「3年目の浮気」を披露する。 ほか、番組ではトレンディエンジェル・斎藤司と小林幸子のデュエットや、森昌子と三浦祐太朗と阿木燿子のテレビ初共演も実現。司会の昇太は「...more
カテゴリー:

三宅裕司×春風亭昇太が音楽番組で初タッグ ももクロ、トレエン斎藤らとコラボ - 10月19日(木)05:00 

 タレントの三宅裕司と落語家の春風亭昇太が、11月12日に放送されるフジテレビ系ニチファミ!枠『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~ 』(後7:00)に出演。音楽番組の司会として初タッグを組むことが決定した。 【写真】コラボ企画にはももクロも登場  「あの時代だったからあの名曲が生まれた!」をコンセプトにした同番組では、1960年代から70年代にかけての昭和の日本歌謡史を勝手に3つに区分し、その時代を飾った名曲の逸話や誕生秘話を歌手本人やゆかりのある人々とトークするとともに、スタジオでは楽曲も披露される。  まず『こまっちゃうナGS時代』(1966~67年)では番組が独自で大調査を行った「あなたの好きなグループサウンズ」ランキングを発表。この日限りのスペシャルGSバンド『昇太ドリームバンド』として三宅(ドラム)&昇太(ヴォーカル&ギター)に加え、ザ・ゴールデン・カップス、ゴダイゴのミッキー吉野(キーボード)、元ツイスト、元HOUND DOGの鮫島秀樹(ベース)、シャープ・ファイブの三根信宏(ギター)らレジェンドたち、ザ・スパイダースの井上順も飛び入り参加して夢のコラボレーションを展開する。  続く『ナウなピース時代』(1971~72年)では清純派アイドルとしてデビューした小柳ルミ子による「瀬戸の花嫁」、山本リンダによる「...more
カテゴリー:

「エロ男爵を刈り取りたい」沢村一樹 演技上手なネコの話題で救われる - 10月20日(金)09:00 

©sirabee.com20日の今日からスタートする、テレビ東京系ドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』の会見に、出演者の沢村一樹(50)、和久井映見(46)、片瀬那奈(35)、要潤(36)が登壇した。『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した際に放った、「テレ東にコンプライアンスなんてあるんですか?」発言が、さまざまなメディアで取り上げられた主演の沢村。会見に登場するなり、「テレビ東京にコンプライアンスはあるそうです!」と訂正し、いきなり会場を沸かせた。■『ひよっこ』にあやかりたい©sirabee.com荻原浩著「ユニバーサル広告社」シリーズ『花のさくら通り』が原作の今作は、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』を手掛けた岡田惠和氏が脚本を担当。さらにレギュラー陣8人中4人も『ひよっこ』出身ということもあり、『ひよっこロス』に陥っているファンたちからも期待が寄せられている作品だ。主役の沢村は作品について語る上で「『ひよっこ』にうまくあやかれればいいな」と述べ、舞台は違えど同じ岡田氏の世界観に対する思いも露わにした。「金曜日の夜にふわっとのんびりと見られる、心の温まるドラマ」という今作は、さくら通り商店街という街を舞台に、さまざまな人間模様や、日常で起こる小さなドラマを描かれている。沢村と同じく『ひよっこ』に出演した和久井も、「『ひよっこ』ファ...more
カテゴリー:

沢村一樹、主演ドラマに『ひよっこ』組大挙出演で「人気にあやかりたい」 - 10月19日(木)18:45 

俳優の沢村一樹が、テレビ東京系列にて10月20日よりスタートする新ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(毎週金曜20:00~)の記者会見に出席。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和が脚本を担当するほか、沢村はじめ、和久井映見や三宅裕司など『ひよっこ』キャストが多数出演する事に対し、「人気に少しでもあやかりたい」とアピールして会場をわかせた。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。レギュラー出演者の8人中4人が『ひよっこ』出身者という今作だが、沢村は世間で『ひよっこ』ロスが叫ばれていることに触れ、「僕の周囲にも『ひよっこ』ロスの人がたくさんいて、同じ岡田さんの作品なのでこのドラマを楽しみにしてくれている人もたくさんいることが伝わってきます」と感慨深げ。さらに「岡田さんの作品なので世界観は同じ。でも、ストーリーは違う。同じ脚本家だけど、前回『ひよっこ』で愛子さん役をやっていた和久井さんと実さん役をやっていた僕が違う役で共演するとこういうことが起こるというところも含め、また『ひよっこ』とは違った岡田さんの世界を覗いてみたいなという方には是非オススメします...more
カテゴリー:

【芸能】ももクロが加藤茶、仲本工事、高木ブーとコラボに挑戦!? - 10月19日(木)18:22  mnewsplus

三宅裕司と春風亭昇太が司会の音楽番組が放送! (C)フジテレビ https://news.walkerplus.com/article/124958/image692476.html 11月12日(日)に三宅裕司と春風亭昇太が初タッグを組む、ニチファミ!「三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~」(夜7:00-9:54フジ系)が放送。番組では、ももいろクローバーZの佐々木彩夏、玉井詩織、高城れにが、往年のスターとのコラボに挑戦する。 同番組では、1960年代から70年代までの日本歌謡史を「こまっちゃうナGS時代」(1966~67年)、「ナ...
»続きを読む
カテゴリー:

三宅裕司&春風亭昇太が音楽番組司会で初タッグ -『ドリフ大爆笑』裏話も - 10月19日(木)05:00 

タレントの三宅裕司と落語家の春風亭昇太が、フジテレビ系バラエティ特番『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~』で、音楽番組司会の初タッグを組む。
カテゴリー:

『ひよっこ』キャスト集結が話題『ユニバーサル広告社』第1話あらすじを紹介 - 10月18日(水)19:06 

沢村一樹が主演を務める新ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、10月20日よりスタートする。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。本作の主人公・杉山利史(沢村)は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第1話では、移転した当日に“ある取引先”から無理難題が舞い込み、杉山たちはそのピンチを乗り切るために動き出すが……。 関連リンク GLAYのライブでしか披露されなかった名曲がドラマ主題歌に 沢村一樹、民放連ドラ主演を制覇!コメント...more
カテゴリー:

もっと見る

「三宅裕司」の画像

もっと見る

「三宅裕司」の動画

Wikipedia

三宅 裕司(みやけ ゆうじ、1951年5月3日 - )は、日本コメディアン俳優タレント司会者

東京都千代田区神田神保町出身。アミューズ所属。劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)座長。

経歴 生い立ち

家業は印刷業。実父は8ミリ映画の撮影を趣味に持ち、実母は松竹歌劇団(SKD)出身で日本舞踊の名人、伯母もSKDの元団員であった。母の影響で幼い頃から日本舞踊、三味線長唄、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる