「三代目」とは?

関連ニュース

岩田剛典を斎藤工が翻弄!予測不能のサスペンス『去年の冬、きみと別れ』は予告編にも伏線が…? - 01月22日(月)07:00 

「悪と仮面のルール」などで知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を『犯人に告ぐ』(07)や『脳男』(13)、『グラスホッパー』(15)など、サスペンス文学の映画化を得意とする瀧本智行監督が映画化した『去年の冬、きみと別れ』が3月10日(土)から公開。このたび本作のポスターと予告編が解禁された。 【写真を見る】初公開のポスタービジュアル&予告編はこちらから!/[c]2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会 新進気鋭の記者・耶雲恭介が猟奇殺人事件の容疑者で天才カメラマンの木原坂雄大に接触したことから始まる本作。事件の真相に近づくにつれ、木原坂の魔の手は耶雲の婚約者・百合子に及び、とうとう彼女は監禁されてしまうのだ。 主人公の耶雲を演じるのはEXILEと三代目J Soul Brothersのメンバーとして活動し、俳優としても活躍する岩田剛典。2016年に興行収入22億円の大ヒットを記録した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)以来の主演作となる本作で、初の単独主演を務める。 また木原坂を演じるのは俳優業のかたわら映画監督としても活動している斎藤工。そして百合子役にはファッション誌「CanCam」の専属モデルを昨年卒業し、女優としてさらなる活躍が期待される山本美月。「この小説は化け物だ」とまで言われたセンセーショナルな原作の映画化に、注目の俳優陣がに挑む。 今回解禁された予告...more
カテゴリー:

岩田剛典VS斎藤工!中村文則の人気小説映画化「去年の冬、きみと別れ」予告公開 - 01月22日(月)07:00 

「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典の主演で、芥川賞作家・中村文則氏の小説を実写映画化する「去年の冬、きみと別れ」の予告編と本ポスターが、公開された。「教団X」「土の...
カテゴリー:

岩田剛典、斎藤工に翻弄される 映画『去年の冬、きみと別れ』予告解禁 - 01月22日(月)07:00 

 EXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典が主演し、芥川賞作家・中村文則氏の小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』(瀧本智行監督 3月10日公開)の予告編が22日、解禁された。野心あふれる記者を演じた岩田と、容疑者役の斎藤工が火花を散らすシーンなどを収めている。 【動画】映画『去年の冬、きみと別れ』予告映像  最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭の記者・耶雲恭介(岩田)が狙った大物は、猟奇殺人事件の容疑者で、天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤)。予告では、事件の真相に関する本を出版社に持ち込むも、編集者・小林良樹(北村一輝)に、すでに過去の事件だ、と一蹴されてしまう耶雲の姿が映し出される。それでも取材を進め、ついに、事件の手掛かりを突き止めた耶雲だったが、事件にのめり込むあまり、木原坂の魔の手が婚約者・百合子(山本美月)に迫っていることに気付かず、百合子が監禁されてしまう。  m-floによる主題歌「never」と共に流れる耶雲と百合子の幸せに満ちた日々から一転、耶雲と木原坂の“重要なシーン”を皮切りに、怪しさを増していく木原坂。耶雲は、百合子を助け出そうと面会を試みるが「彼女は、自ら望んでここにいる」と木原坂から拒絶されてしまう。  一方、木原坂の姉・朱里(浅見れいな)から真実を知りたいかと迫られる耶雲。燃え盛る炎を前に狂喜乱舞する木原坂姉弟、怯えている...more
カテゴリー:

元乃木坂46・深川麻衣、初フォトマガジン発売 手作り料理も初披露 - 01月20日(土)16:00 

 元乃木坂46・深川麻衣のファーストフォトマガジン『MY magazine』(宝島社)が、2月22日に発売することが決定。それに伴い、多彩な表情を収めた先行カットが到着した。【写真】深川麻衣ファーストフォトマガジン『MY magazine』先行カット オリコン週間“本”ランキング写真集部門1位を獲得したファースト写真集『ずっと、そばにいたい』(2016年6月発売)以来のビジュアルブック発売となる深川。今回のフォトマガジンでは、部屋でリラックスしている姿や海辺を元気よく走る姿、モードなヘアメイクで大人っぽくきめている姿など、さまざまな姿を見せている。さらに、6ページにも及ぶロングインタビューや、元美術部である腕前を活かした本人描き下ろしのイラスト集、健康オタクならではの手料理写真も収録。 加えて、映画初出演・初主演作であり、三代目J Soul Brothersのパフォーマー・山下健二郎と共演する映画『パンとバズと2度目のハツコイ』(2月17日公開)のメイキングオフショットも掲載されている。 深川は「乃木坂を卒業して1年過ぎ、違う環境にいる自分や、いま好きなものを言葉にしたり形にしていきたいと思っていたので、それが実現してとっても嬉しいです」とコメント。フォトマガジンの出来栄えについては「自分でも見たことのない『深川麻衣』になっています!」と満足げだ。また、担当編集者は撮影当時の様子を...more
カテゴリー:

斎藤工:岩田剛典を撮り下ろし メガネ姿の横顔を激写! - 01月20日(土)10:00 

 俳優の斎藤工さんが、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんを撮り下ろしたモノクロ写真が20日、公開された。…
カテゴリー:

岩田剛典:斎藤工と対峙、上半身あらわなシーンも 主演映画の“予測不能… - 01月22日(月)07:00 

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが主演する映画「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督、3月10日公開…
カテゴリー:

岩田剛典VS斎藤工!中村文則の人気小説映画化「去年の冬、きみと別れ」予告公開 - 01月22日(月)07:00 

 「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典の主演で、芥川賞作家・中村文則氏の小説を実写映画化する「去年の冬、きみと別れ」の予告編と本ポスターが、公開された。 ・「去年の冬、きみと別れ」予告編はこちら!  「教団X」「土の中の子供」で知られる中村氏の人気小説を、「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督、「無限の住人」の大石哲也の脚本で映画化。盲目の美女が巻き込まれた不可解な焼死事件を調査する新進気鋭のルポライター・耶雲恭介(岩田)は、容疑者の天才写真家・木原坂雄大(斎藤工)に近づいていく。だが、逆に木原坂のわなにかかり、婚約者・百合子(山本美月)を危険にさらしてしまう。  予告編では、耶雲と木原坂の対決がスリリングに描かれ、木原坂が「君に覚悟はあるの?」とすごみ、「僕と一緒にいると、君の身にも危険が及ぶかもしれない」と不穏な言葉を発するシーンや、木原坂が耶雲につかみかかり「調子に乗るな」と怒り狂うシーン、さらに木原坂が百合子を甘い言葉で誘うシーン、百合子が監禁されたと聞き、耶雲が決死の形相で「百合子を返して下さい」と木原坂に詰め寄るシーンなどが続けざまに展開する。さらに、「見た人すべてがだまされる」というキャッチコピーが、ミステリアスなストーリーに拍車をかけている。音楽グループ「m-flo」の書き下ろし主題歌「never」も挿入されている。  ポスターでは、シリア...more
カテゴリー:

オードリー若林、漫才で交際ネタ触れる 9000人の祝福に照れ笑い - 01月21日(日)20:55 

 お笑いコンビのオードリーが21日、神奈川・横浜アリーナで行われたライブイベント『ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6<DAY2>』にMCとして出演。今月1日に、一部スポーツ紙で女優の南沢奈央(27)との交際が報じられた若林正恭(39)は6日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 深1:00~)で堂々と交際宣言。一連の報道以降、初となるイベント出演となったが、コンビでの漫才で“交際ネタ”を取り入れた。 【写真】出会いのきっかけ?“トゥース”ポーズをする若林&南沢  冒頭にはコンビそろって登場し、会場に詰めかけた9000人のファンにあいさつ。若林が「もしかしたら、この会場にも『私は(TBSラジオの深夜番組枠である)JUNK派です』っていう人もいるかもしれないですからね」と冗談交じりに話すと、客席前方から手が挙がるという展開に。相方の春日俊彰とともに「帰れ!」と笑いながら叱責するなど、ラジオと変わらないテンションで会場の空気を温めた。  中盤には、オードリーANNでおなじみの「ひろしのコーナー」をラブレターズ、ニューヨーク、オリエンタルラジオ、Creepy Nuts、三四郎、春日で実施。「オールナイトニッポン一部(深夜1時から3時)の特番」をかけて、借り物競走とビーチフラッグとハリセンをかけ合わせた「ハリセンビー...more
カテゴリー:

斎藤工が岩田剛典を撮り下ろし 緊張感あふれるモノクロ写真公開 - 01月20日(土)13:39 

 俳優の斎藤工が『フィガロジャポン』本誌とWebメディア『madameFIGARO.jp』に“齊藤工”名義で連載している「齊藤工 活動寫眞館」の最新回に、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が登場。斎藤が撮り下ろした、同誌3月号(20日発売)掲載分のアザーカットが公開された。 【映画のメイキング写真】真剣な表情の岩田剛典  2人は、『教団X』などで知られる芥川賞作家・中村文則氏の小説を実写化した映画『去年の冬、きみと別れ』(瀧本智行監督 3月10日公開)で共演。主演の岩田が、結婚を間近に控える記者・耶雲を演じ、斎藤は猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマンを演じている。  「齊藤工 活動寫眞館」は、斎藤が役者やアーティストを自ら撮影し、モノクロのポートレートを掲載している。公開されたアザーカットは、映画のクライマックスシーンが撮影された際のもの。メガネ姿の横顔を写した1枚は、初の本格派サスペンス映画に主演した岩田の緊張感あふれる撮影現場での様子が切り取られている。 【関連記事】 【画像】登坂が公開!三代目JSBの仲睦まじいプライベートショット 三代目JSB・岩田剛典、過酷撮影で監督に恨み節「ちくしょう」 (17年06月01日) 岩田剛典、飲まされた生コンクリートは「ごま豆腐」 『HiGH&LOW』撮影の裏側明かす (17年10月31日) 三代目JSB...more
カテゴリー:

【有田芳生】オウム教組の死刑執行には高いハードルがあります。まず「強い法相」でなければなりません - 01月20日(土)09:45  seijinewsplus

https://mobile.twitter.com/aritayoshifu/status/954496067692781568 有田芳生 Verified Account @aritayoshifu オウム教組の死刑執行には高いハードルがあります。まず「強い法相」でなければなりません。たとえば後藤田正晴さんのような存在。精神的に生涯の警備に耐えられる人物です。さらに後世の検証に耐えられる精神鑑定の実施です。2つの「耐えられる条件」は揃っていません。平成の終わりとは無関係です。 あ〜るけ〜(RK) @rk_rk_is_no1 「マハー・グル・アサハラの死刑執行に反対だ!」って強い気持ちが滲...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「三代目」の画像

もっと見る

「三代目」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる