「万キロワット」とは?

関連ニュース

【電力】日本はカモに?燃料が輸入依存の「木質バイオ発電」急増の裏 - 10月18日(水)19:21  bizplus

 日本が世界の“かも”になっている──。再生可能エネルギーで発電した電気を政府が一定期間買い取る固定価格買い取り制度(FIT)。その対象となる「木質バイオマス発電」の認定容量が急増している。  2015年度に策定された長期エネルギー需給見通しでも、バイオマスは水力、太陽光と並ぶ「再エネ3本柱」とされた有力電源だ。  しかし、バイオマス発電のほとんどを占める木質バイオ発電は問題だらけだといわざるを得ない。  経済産業省・資源エネルギー庁によると、木質バイオ発電の認定容量は15年度の295万キロワットから16年...
»続きを読む
カテゴリー:

関電の大飯原発1、2号機廃炉へ 安全対策に巨額費用、再稼働断念 - 10月18日(水)05:00 

 関西電力が停止中の大飯原発1、2号機(福井県おおい町)を廃炉にする方針を固めたことが17日、分かった。2基は2019年に営業運転開始から40年を迎えるが、最長60年まで延長するには安全対策に巨額の費用負担が生じるため、再稼働を断念した。出力100万キロワット超の大型原発が廃炉となるのは、東京電力福島第1原発以外では全国で初めて。
カテゴリー:

【福井】関電、大飯原発2基廃炉へ 採算合わず、大型炉も選別 - 10月17日(火)09:43  newsplus

 関西電力は大飯原子力発電所1、2号機(福井県)を廃炉にする方針を固めた。東日本大震災後、小型の原発の廃炉が進み始めたが、大飯原発のような100万キロワット超の大型の廃炉が決まるのは東京電力福島第1原発を除くと初めて。 安全対策の費用が膨らむなか、電力各社はすべての老朽原発(総合2面きょうのことば)の再稼働を前提とせず、大型炉でも採算重視で選別する時代に入る。(関連記事経済面に)…※続く 配信2017/10/17付 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2...
»続きを読む
カテゴリー:

【電力】揚水発電、九州で水くみ上げ昼夜逆転 太陽光普及で思わぬ現象★2  - 10月15日(日)22:11  newsplus

夜の間に余った電気で水をくみ上げ、電力需要の多い昼間に山から落として電気を作る揚水発電。九州で最近、その役割が変わりつつある。太陽光発電の普及で余った電力を消化するため、昼間のくみ上げが大幅に増えた。全国の電力会社でも珍しいという。  宮崎県木城町の山間部にある九州電力・小丸川(おまるがわ)発電所。九州最大の揚水発電所で、120万キロワット(約原発1基分)の発電能力がある。8月から大がかりな修繕が始まったが、期間を通常より1カ月半短縮させた。揚水発電の重要性が増しているためだ。  このほか、...
»続きを読む
カテゴリー:

【九州】揚水発電、水くみ上げ昼夜逆転 太陽光普及で思わぬ現象 - 10月14日(土)17:17  newsplus

 夜の間に余った電気で水をくみ上げ、電力需要の多い昼間に山から落として電気を作る揚水発電。九州で最近、その役割が変わりつつある。太陽光発電の普及で余った電力を消化するため、昼間のくみ上げが大幅に増えた。全国の電力会社でも珍しいという。  宮崎県木城町の山間部にある九州電力・小丸川(おまるがわ)発電所。九州最大の揚水発電所で、120万キロワット(約原発1基分)の発電能力がある。8月から大がかりな修繕が始まったが、期間を通常より1カ月半短縮させた。揚水発電の重要性が増しているためだ。  このほか...
»続きを読む
カテゴリー:

大飯原発、関電苦渋の廃炉検討 燃料費と工事費用の板挟み、国のエネルギー計画にも影響 - 10月18日(水)14:06 

 平成31年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県)について、関西電力が廃炉の検討を始めた。巨額の安全対策費用を投じても回収のめどが立たないという経営上の判断が背景にある。ただ廃炉に踏み切れば、燃料費の高い火力発電への依存度が増すばかりか、政府が掲げる将来の電源構成や電力の安定供給に影響を及ぼしかねない事態だ。出力100万キロワットを超える大型原発の廃炉は東京電力福島第1原発を除いて初となる。
カテゴリー:

関電が大飯原発1、2号機を廃炉へ 採算合わず延長方針から転換 - 10月17日(火)12:40 

 関西電力が運転開始から40年近くたつ大飯原発1、2号機(福井県)について、廃炉の検討を始めたことが17日、関係者への取材で分かった。関電はこれまで運転期間の延長許可申請をする方針を示していたが、安全対策費用がかさむことなどから方針転換を視野に入れ、地元自治体などと調整を進めるとみられる。廃炉が決まれば、出力100万キロワットを超える大型原発の廃炉は東京電力福島第1原発を除いて初となり、原発の再稼働を目指す他の電力会社の判断にも影響を与えそうだ。
カテゴリー:

原発村に激震、九州の電力の82%が太陽光発電と太陽光揚水力発電に - 10月15日(日)23:32  news

揚水発電、水くみ上げ昼夜逆転 太陽光普及で思わぬ現象 夜の間に余った電気で水をくみ上げ、電力需要の多い昼間に山から落として電気を作る揚水発電。 九州で最近、その役割が変わりつつある。 太陽光発電の普及で余った電力を消化するため、昼間のくみ上げが大幅に増えた。 全国の電力会社でも珍しいという。 宮崎県木城町の山間部にある九州電力・小丸川(おまるがわ)発電所。 九州最大の揚水発電所で、120万キロワット(約原発1基分)の発電能力がある。 8月から大がかりな修繕が始まったが、期間を通常より1カ月...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ光を閉じ込めておくことが出来ないの? - 10月14日(土)23:02  news

夜の間に余った電気で水をくみ上げ、電力需要の多い昼間に山から落として電気を作る揚水発電。 九州で最近、その役割が変わりつつある。太陽光発電の普及で余った電力を消化するため、昼間のくみ上げが大幅に増えた。全国の電力会社でも珍しいという。  宮崎県木城町の山間部にある九州電力・小丸川(おまるがわ)発電所。九州最大の揚水発電所で、120万キロワット(約原発1基分)の発電能力がある。 8月から大がかりな修繕が始まったが、期間を通常より1カ月半短縮させた。揚水発電の重要性が増しているためだ。  この...
»続きを読む
カテゴリー:

【エネルギー】東京ガス 2020年代に発電能力3倍に 原発5基分に相当 - 10月06日(金)06:14  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011169321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009 力の小売りに参入している東京ガスは、自前の発電能力を2020年代に今の3倍、原子力発電所5基分に相当する規模にまで増やし、電力事業を強化する方針を明らかにしました。 これは、東京ガスの広瀬道明社長が5日の記者会見で明らかにしました。それによりますと、2020年代に東京ガス自前の発電能力を今の3倍の500万キロワットにまで増強します。これは原子力発電所5基分に相当する規模となります。 具体的...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「万キロワット」の画像

もっと見る

「万キロワット」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる