「万キロワット」とは?

関連ニュース

実験炉「常陽」、審査申請=21年度までの再稼働目指す-原子力機構 - 03月30日(木)19:53 

 日本原子力研究開発機構は30日、高速実験炉「常陽」(茨城県大洗町)について、新規制基準の適合性審査を原子力規制委員会に申請した。2021年度までの再稼働を目指す。 申請では、想定される地震の揺れを最大700ガル、津波の高さは最大約17メートルと見積もった。原子力機構は耐震補強工事や屋外設備の更新などを行えば安全性に問題はないとし、工事に必要な予算として約54億円を見込んでいる。 常陽は1977年に運転開始。廃炉が決まった高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の前段階に当たる実験炉で、もんじゅと同様に冷却材にナトリウムを使うが、発電設備はない。熱出力は10万キロワット。07年の実験装置のトラブル以降、運転を停止している。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

水力発電所の出力増強 四電、3年後めどに3万キロワット - 03月29日(水)09:30 

四国電力は28日、四国内に58カ所ある水力発電所で順次実施している出力増強の取り組みで、3年後をめどに累計で約3万キロワットの出力増、年間7千万キロワット時の電力量増加になるとの見通しを明らかにした。
in English
カテゴリー:

太陽光、電気供給量増加 九電、受け入れ上限目前 - 03月21日(火)10:15 

■発電停止要請も視野 太陽光発電事業者の電気供給量が増え、九州電力の受け入れ可能量を超える時期が迫っている。上限までの余裕は1月末時点で135万キロワット分あるが、400万キロワット以上の施設が今後発電を始められる状況にある。電気を安定して送るためには需給バランスを一定に保つ必要があり、九電は事業者への発電停止要請も視野に、暖房などの電気需要が減る4月以降の需給状況を注視している。 九電は、...
in English
カテゴリー:

【エネ】九州電力が太陽光発電の稼働を止める「出力抑制」を指示へ 本土で初めて - 03月09日(木)12:52 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010000-qbiz-bus_all 九州電力が今春、太陽光発電の稼働を止める「出力抑制」を九州本土で指示する可能性があることが分かった。 太陽光発電の急増を受け、天候が比較的良く電気の使用量が少ない春と秋に、 需給バランスが崩れて広域的停電が起きないようにするのが狙い。ゴールデンウイーク(GW)中の出力抑制を想定し、 対象となる発電事業者に対する事前説明の手続きをほぼ終了。出力抑制の順番を定めた国の「優先給電ルール」を運用する準備を整えた。 ⇒【解説】出力抑制の背景...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【原発コスト】次世代原子炉の幻想が崩壊…ついに1基あたりの建設費が1兆円超えに - 03月05日(日)11:34 

http://blogos.com/article/211815/ 電機の名門東芝の屋台骨を揺さぶる原発事業の大損失は一企業の失敗に留まらないでしょう。 次代の原子力を担う新型炉への幻想が崩れ、やはり新型の欧州加圧水型炉も高コストで苦戦する中、 原子力の未来は暗いのです。東芝・ウエスチングハウスの新型炉「AP1000」と仏アレバの欧州加圧水型炉「EPR」だけが 「第3世代プラス」の次世代炉ではなく、韓国の「APR1400」もあってアラブ首長国連邦(UAE)に輸出され建設も順調だと「エコノミスト」誌は持ち上げています。 しかし、欧米に比べて韓国の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

<東北電>2月販売電力量2ヵ月連続の減  - 03月29日(水)09:42 

東北電力は28日、2月分の電力需要実績を発表した。新潟を含む東北7県の販売電力量は前年同月比3.8%減の69億1000万キロワット時で、2カ月連続で前年実績を下回った。検針期間が前年より1日程度短かっ
in English
カテゴリー:

【原子力】「四川大地震でも福島原発と似た状況あった」 原発の危険性が明らかに - 03月21日(火)16:53 

http://www.asahi.com/articles/ASK3N5FJ8K3NUHBI009.html  「2008年の四川大地震でも東日本大震災の福島と似たような状況があった」。 原発政策を担当する中国高官のこんな発言が波紋を広げている。事故は防げたとして 中国の原発の安全性を強調する狙いだったが、当時はこうした状況が明らかにされておらず、かえって情報公開のあり方に疑問の声が上がっている。  国家原子力機構の王毅靱副主任が国営ラジオで2月中旬に語った。中国は原子力発電を 、安定的に供給できるクリーンなエネルギーととらえており、20年まで...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【福島】メガソーラー計画の男、マイケルアニメ詐欺で逮捕 関係者ら困惑...福島市「慎重に対応」 - 03月16日(木)12:05 

警視庁に詐欺の疑いで逮捕された男が 福島市松川町水原に大規模太陽光発電所(メガソーラー)の整備を計画していた会社の社長だったことが明らかとなった15日、 市や地元住民には困惑が広がった。 震災と原発事故を契機に県内で整備が進む太陽光発電にはさまざまな業者が参入しているものの、 実態が定かでない業者も含まれることが浮き彫りとなり、行政のチェック機能の強化が求められそうだ。 詐欺の疑いで逮捕されたのは同発電所を計画している「プレコンサルファーム」の社長、容疑者男(40)=東京都港区。 同社は昨年...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【福島】農地あきらめメガソーラーに…ドローンから見る - 03月08日(水)11:58 

農地あきらめメガソーラーに…ドローンから見る 読売新聞?3/8(水) 11:43配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00050080-yom-soci  福島県相馬市の潟湖(せきこ)・松川浦沿岸に、見渡す限りの太陽光パネルが並ぶ。  津波後の塩害に苦しむ磯部地区で農地をあきらめ、建設されたメガソーラーだ。  福岡市の電設会社九電工などが手がけ、6月に稼働する。70万平方メートルの敷地に、約20万枚のパネルが置かれ、一般家庭1万6660世帯分の年6000万キロ・ワット時の電力を供給する計画だ。  同地区は漁港...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【秋田】<風力発電>由利本荘沖で計画 国内最大規模 最大56万キロワット - 03月05日(日)10:00 

2017年03月04日 土曜日  秋田県内で風力発電など再生可能エネルギー事業を展開するレノバ(東京)とエコ・パワー(同)、JR東日本エネルギー開発(同)が共同で、由利本荘沖で大規模な洋上風力発電事業を計画している。発電規模は国内最大規模となる最大56万キロワットを想定、2026年度の運転開始を目指す。  計画によると、建設予定地は由利本荘市の沿岸から1~4キロの沖合で、南北30キロの海域に着床式の風車を設置する。具体的な設置基数は今後決める。着工は21年度の予定。  3社は3日、現地の開発可能性を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「万キロワット」の画像

もっと見る

「万キロワット」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる