「一部改正」とは?

関連ニュース

政府「米軍基地上空にドローン飛ばすのやめて!違法行為になる場合もあるぞ」 - 02月21日(水)12:20  news

【東京】防衛省などは20日、米軍基地の上空や周辺での民間ヘリや小型無人機ドローンの飛行について、重大事故につながる可能性があるとして注意喚起する文書を各出先機関などへの掲示を始めた。 ただ、基地周辺を飛行するドローンなどを規制する法律はないため「法令違反に当たる場合があります」との表現にとどまっている。 米側は沖縄県名護市辺野古の新基地建設現場周辺などでドローンが米軍ヘリコプターの進路を妨害しているとして、日本側に規制を求めていた。 防衛省幹部は「米側の求める重要要求の一つ」と指摘していた。...
»続きを読む
カテゴリー:

高圧室業務の溶接に特例 厚労省 安衛則一部改正へ 一定条件満たす場所なら  - 02月10日(土)09:06 

 厚生労働省労働政策審議会は、「高気圧作業安全衛生規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」を「妥当」と答申した。これまで高圧室内業務での溶接作業は火傷などの危険から規制されていたが、今回の改正により、潜かん内を混合気体で満たして酸素分圧を調整しながら溶接作業を行う「ドライチャンバー工法」が実施できるようになる。酸素分圧が一定の範囲内に収まる場所で、内部の気体が酸素、窒素、ヘリウムである……[続きを読む]
カテゴリー:

人材紹介会社マッチングのgrooves、地銀系VCなどから1.8億円を資金調達——地方の人材不足解消を支援 - 02月14日(水)08:00 

有料職業紹介、つまり人材紹介を行う事業所は、日本全国で約2万カ所もある。実はそのうちの多くが、社員数名以下の中小零細規模だという。人材を探す側としては、優秀な人材を中途採用するなら、できるだけ多くの人材紹介会社と接点を持つ方が採用の成功確率は上がるが、小さな事業所1社1社と契約し、毎回募集内容を登録するのは手間がかかるため、大手エージェントに利用が流れがちだ。 groovesが運営する「Croud Agent(クラウドエージェント)」は、求人を1カ所に登録することでその手間を省きながら、複数の人材紹介会社が抱える人材とマッチングできるプラットフォームだ。 groovesは2月13日、いよぎんキャピタル、新潟ベンチャーキャピタル、北洋キャピタルが運営するファンドと、新生銀行を引受先として、総額1.8億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。groovesでは、2017年2月に実施した大分ベンチャーキャピタル、広島ベンチャーキャピタルからの資金調達を皮切りに、地方銀行系ベンチャーキャピタル(VC)も含む地域金融機関からの資金調達と提携を進めている。今回の調達により、地域金融機関(地銀系VC含む)からの出資・提携は11行・社、資金調達額は累計4.5億円となった。 groovesが「社会課題を解決する意味もある」として取り組むのは、地方の人材不足に対する支援だ。地域に根ざす金融機...more
カテゴリー:

日本旅行業界、「通訳案内士法」「旅行業法」の一部改正について説明。制限の緩和/厳密化で地方の観光業を活性化 - 02月08日(木)20:49 

 JATA(日本旅行業協会)は2月8日、東京・霞が関の本部において定例会見を開き、法務・コンプライアンス室 室長の堀江眞一氏が「改正旅行業法」について説明した。
カテゴリー:

「一部改正」の画像

もっと見る

「一部改正」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる