「一般社会」とは?

関連ニュース

【衣服】女子がガッカリする40代男性の「休日の服装」 ★2 - 11月17日(金)15:22  bizplus

休日ファッションが「おじさん化」していく 社会人になると、私服を着る機会は減りますし、仕事や家庭に忙しく、なかなか休日のファッションにまで気が回らなくなるかもしれません。その結果、ファッションが少しずつ「おじさん化」していくわけです。 最近になって服が似合わなく感じるのは、今の年齢とファッションとの間に大きなギャップを生じているのが大きな原因です。いつまでも学生時代の感覚のままで服を買うのではなく、今の自分に似合う服を少しずつ取り入れていくことが、違和感のないファッションを実現するための近道と...
»続きを読む
カテゴリー:

「品格欠ける」「引退して当然」=日馬富士暴行にファン憤り-福岡 - 11月14日(火)18:40 

 大相撲の横綱日馬富士による後輩力士への暴行が発覚した14日、九州場所が開催された福岡国際センター(福岡市)では、ファンらが「品格に欠ける」「引退して当然」などと角界トップの不祥事を厳しく非難した。 長年の相撲ファンという保育士の川上英里子さん(27)=福岡市=は「頑張っているほかの力士がかわいそう。一般社会では決して許されないし、引退して当然の話だ」と、きっぱり。会社員広田正成さん(57)=広島県東広島市=は「横綱は心技体で模範となるべき存在。品格に欠ける」と憤った。 九州場所が始まる直前、福岡県太宰府市で日馬富士が所属する伊勢ケ浜部屋の稽古の様子を見学したという主婦、田川千春さん(36)=福岡市=は「日馬富士に息子を抱っこしてもらったのに」とがっかりした様子。「すごく印象がよかっただけに残念」と肩を落とした。 妻と力士らの出待ちをしていた会社員網谷周太さん(46)=同市=は「(日本相撲協会は)もっと早くに暴行を知っていたのではないか。どういう経緯だったのか、早く明らかにしてほしい」と顔をしかめた。 【時事通信社】
カテゴリー:

日本のインターネット黎明期をリードした雑誌『iNTERNET magazine』を1号限定で11月16日に復刊発売 - 11月13日(月)11:00 

[株式会社インプレスホールディングス] [画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1887/resize/d5875-1887-374937-1.jpg ] 『iNTERNET magazine』は、日本の一般社会にインターネットを普及させることを目的に、1994年にインプレスが創刊した雑誌です(2006...
カテゴリー:

吉沢悠「エキストランド」製作陣と生み出した映画業界への痛烈なメッセージ - 11月10日(金)19:00 

 「映画はみんなを笑顔にしてくれる、そう思っていますか?」という痛烈なキャッチコピーに対し、すぐさま「その通り」と答えられるだろうか。「神奈川芸術大学映像学科研究室」「東京ウィンドオーケストラ」の新鋭・坂下雄一郎監督が、主演・吉沢悠、プロデューサー・田中雄之氏と撮り上げた「エキストランド」によって投げかけるこのメッセージは、映画産業に携わる人々が最も聞きたくなかった問いかけなのかもしれない。(取材・文/編集部) ・【フォトギャラリー】「エキストランド」写真  本作の企画がスタートしたのは、田中氏が撮影場所の誘致や支援を行う機関「フィルムコミッション」に興味を抱いたことがきっかけ。「お金ももらっていないのに、誰よりも頑張ってくれる。この人たちのモチベーションは一体どこからくるのだろうか?」と考えた田中氏は、約2年半の歳月をかけて全国13の「フィルムコミッション」に取材を敢行。その後、東京藝術大学大学院映像研究科の同期でもある坂下監督とともに、かつてタッグを組んだオムニバス映画「らくごえいが」の1編「猿後家はつらいよ」の要素を織り交ぜながら、脚本を練り上げた。  企画の始まりから、4年越しの完成。様々な事情が重なり、一時は製作がストップしたこともあったようだが、リスタートの起爆剤となったのは、座長を務めた吉沢の存在だ。脚本に惚れ込んだ吉沢の出演が確定し、製作は一気に加速。「見た目...more
カテゴリー:

シリコンバレーのガレージで起業、米Drivemode共同創業者に聞くクルマとヒトの間にあるべきもの - 11月09日(木)10:42 

もう来週の木金、11月16日、17日に開催が迫ったテックイベント「TechCrunch Tokyo 2017」の登壇者をお知らせしたい。2014年にシリコンバレーのガレージで創業したクルマ関連スタートアップDrivemodeの共同創業者の上田北斗氏だ。 Drivemodeは車内でスマホを使うためのUIを開発している。「車内でスマホを使う」というと、危険だし止めるべきと考える人が多いだろう。それはその通り。運転中のスマホ操作による事故は日本でも米国でも問題となっている。 Drivemodeが挑戦しているのは、以下の動画にあるように、いかにドライバーの認知的負荷を下げて運転しながらスマホアプリが使えるかを徹底して追求すること。Google Playから入手可能なこのAndroidアプリは、車内での利用に最も人気のあるアプリの1つだ。すでに100万ダウンロードを超え、アクティブな利用者は180カ国に広がっている。アプリは、ドライバーの邪魔にならないように、スマートフォンのさまざまな機能、例えばナビゲーション、メッセージング、通話などを声や簡単なジェスチャーでアクセスできるようにデザインされている。 Drivemodeの上田氏は、既存の大手企業が挑戦できない領域だからこそ、スタートアップ企業がやるべきだし、勝ち目があるのだとぼくに話してくれた。現実問題としてスマホのながら運転は法で禁じ...more
カテゴリー:

インターネット時代の幕開けを告げた「iNTERNET magazine」が1号限定で復刻 - 11月17日(金)13:21 

株式会社インプレスR&Dは、インターネット時代の幕開けを告げたかつての人気雑誌「iNTERNET magazine」の1号限定復刻版「iNTERNET magazine Reboot」を11月16日に発売した。A4変型判/208P/1,750(税抜)。 「iNTERNET magazine」は1994年にインプレスが創刊し、日本の一般社会へのインターネット普及に貢献してきた人気雑誌である。この度、インプレスグループは、25周年の記念事業として同雑誌を1号限定で復刻。「iNTERNET magazine Reboot(インターネットマガジンリブート)」の名称で発売することとなった。紙面では、これから拡大するであろうインターネット新世紀の新しいトレンドを、技術・社会・ビジネスなどの観点から幅広く取り上げている。AI、仮想通貨、ブロックチェーンなど、いま注目を集めるデジタルテクノロジーのビジネス活用最前線を紹介。また、FinTechやAgriTechなどに代表されるデジタルによる産業変革「x-Tech」のレポートや、世界中で問題となっているフェイクニュースなどのメディアクライシスに関する記事、スタートアップ支援が盛んな世界の都市ガイドなど。 ブロックチェーンを使った電力ネットワークの出現 このほかにも、インターネットを作り上げてきた偉人たちが、これからのインターネットを語るインタ...more
カテゴリー:

【Bizクリニック】社会に開かれた広報部門をつくろう - 11月14日(火)05:00 

 広報担当者は“また裂き状態”になりやすい。広報は、一般社会と良好な関係を構築・維持し、自らのブランド力を高めるための活動だから、社会と自社の両方に軸足を置かないといけない。ところが広報を単なる広告・宣伝ととらえるトップや上司は、ニュース性やルールを度外視して、広報担当者に結果(記事掲載)を求めがちだ。不祥事だと逆に「隠し通せ」となる。これに異を唱えると「どこから給与をもらっているのか」と怒りを買う始末。かくして広報担当者が社会に置いた片足と、企業に置いたもう一方の片足は離れ“また裂き”になってしまう。
カテゴリー:

【衣服】女子がガッカリする40代男性の「休日の服装」 - 11月12日(日)15:01  bizplus

休日ファッションが「おじさん化」していく 社会人になると、私服を着る機会は減りますし、仕事や家庭に忙しく、なかなか休日のファッションにまで気が回らなくなるかもしれません。その結果、ファッションが少しずつ「おじさん化」していくわけです。 最近になって服が似合わなく感じるのは、今の年齢とファッションとの間に大きなギャップを生じているのが大きな原因です。いつまでも学生時代の感覚のままで服を買うのではなく、今の自分に似合う服を少しずつ取り入れていくことが、違和感のないファッションを実現するための近道と...
»続きを読む
カテゴリー:

人気漫才コンビ千鳥「普通の社会に適合できない」悩み告白 - 11月09日(木)11:31 

11月8日(水)に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジ系)に、漫才コンビ「千鳥(ちどり)」の大悟とノブがゲスト出演。芸人としての生き方しか知らないために一般社会になじめない、という悩みを告白した。 【写真】オンオフ問わず芸人に囲まれているため「ちゃんとした大人になれてない気がする」と語った千鳥/撮影=大川晋児 評論家たちと悩みに取り組む人生相談コーナーで、千鳥が「ちゃんとした大人になれてない気がするんですが、このままで大丈夫でしょうか」と悩みを告白。 芸歴18年、オンオフを問わず芸人に囲まれた日々を過ごしてきたため、いわゆる“普通”が分からず「社会に適合できなくなっている」という。 すると生物学評論家・池田清彦氏は、手遅れだから諦めた方がいいと切り捨て、芸人にとってはネタの世界が基本なので、異界(一般社会)を楽しむ姿勢でいるとストレスが軽減されやすいと助言した。 教育評論家・尾木直樹氏も、子供の結婚や重役への昇進といった明確な達成感を感じることの多い40歳以降から大人の自覚が芽生える人は増加し、60~74歳の人でも23.2%が「自分は大人だと思わない」と思っているというデータを紹介。 そして、プライベートでも“芸人・千鳥”であるという大悟に、ネタがスベった際をたとえに、“彼”といった三人称で自省・客観視することで自己を保てるようになると助言した。 評論家らの助言は、常に“芸人・...more
カテゴリー:

【国際女性会議】 イバンカさん「女性がよい未来つくる」華やかな装いで講演 目にした皇居の姿に「畏敬の念を覚えた」 - 11月03日(金)11:04  newsplus

トランプ米大統領の長女で、2日から来日しているイバンカ・トランプ大統領補佐官(36)が3日、 都内のホテルで開かれた政府主催の国際女性会議(WAW!)に出席した。ビジネスウーマンであり母親でもある自身の経験を踏まえ、 女性の社会進出や働き方について約10分間、講演した。  来日時は水色のコートに黒いパンツとシックな装いだったイバンカさん。この日は一転、鮮やかなピンク色のツーピースだった。 180センチの長身でモデル出身らしく、ミニ丈のスカートからは長い脚がすらりとのぞき、会場内の女性たちのため...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「一般社会」の画像

もっと見る

「一般社会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる