「一般公開」とは?

関連ニュース

趣向を凝らして雛人形がお出迎え - 02月20日(月)06:05 

江戸時代から山形県内で受け継がれてきた雛(ひな)人形が5月にかけて、県内の料亭、旧家、神社、観光施設で一般公開される。紅花交易で富を築いた商人らが上方から持ち込んだとされる貴重な雛人形が大半。共通鑑賞
in English
カテゴリー:

空手会館 内部ほぼ完成 来月5日公開へ最終調整 - 02月18日(土)16:56 

 来月4日に落成し、5日に一般公開を予定している沖縄空手会館の報道陣向け内覧会が17日午前、豊見城市豊見城の同館であった。施設内部はほぼ完成しており、展示施設などの最終調整が進んでいる。外部は急ピッチで作業が進んでいる。  同館は道場施設、展示施設、特別道場の3主要施設で構成されている。道場施設は...
in English
カテゴリー:

ドラえもんと南極へ! 世界初システムで美麗映像を体感 - 02月18日(土)07:00 

ドラえもんと一緒に南極大陸の4K映像を楽しめる「映画ドラえもん4K南極カチコチ大冒険 フライトシアター」が、2月18日(土)よりテレビ朝日1階アトリウムに設置される。 【写真を見る】テレビ朝日・堂真理子アナウンサー(写真右)と、映画のコスチュームであるファーつきコートを着たドラえもんとのび太/(C)テレビ朝日 3月4日(土)から上映が始まる「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の劇場公開を記念したイベントの一環で、ドラえもんとのび太が25日間かけ実際に南極へ行き撮影した、貴重な映像を見ることができる。 シアターの最大の特徴は、世界初披露となる巨大球面4Kスクリーン。幅5.2mにもわたり、視界を覆い尽くすほどの巨大スクリーンによる映像は、圧倒的な臨場感だ。 また、ドローンでの撮影を担当したのは、「ドローン片手に世界一周」がSNSで世界的に話題となった、映像クリエーターのKaz。南極の迫力ある空撮映像により、まるで南極の空をタケコプターで飛んでいるかのような体験が楽しめる。 2月17日のお披露目イベントでは一般公開に先立ち、記者が映像を体感した。美しい南極の風景や流氷に加え、さまざまな動物たちの様子が迫力満点のスクリーンに映し出され、まさに南極に来たかのよう。途中、テレビ朝日ならではのユニークな一コマも必見だ。 「―フライトシアター」の開催期間は、2月18日(土)から4月2日(...more
in English
カテゴリー:

VRとは違った新体験!4Kの巨大球面スクリーンで南極“浮遊”体験 - 02月17日(金)16:48 

『映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険』(3月4日公開)のPRの一環として、南極大陸の4K映像が楽しめる、世界初披露となる最新システム搭載の“フライトシアター”が、テレビ朝日本社1階のアトリウムに登場。2月18日(土)からの一般公開に先駆け、お披露目体験イベントがマスコミ向けに行われ、ドラえもんとのび太がアナウンサーの堂真理子と登場し、この“新体験”をアピールした。「映画ドラえもん4K南極カチコチ大冒険 フライトシアター」とネーミングされたこのシアターでは、ドラえもんとのび太が25日間かけて実際に南極に行って撮影した貴重な映像を、世界初導入となる巨大球面スクリーンと最新プロジェクターを搭載した4Kシアターで楽しめる。シアターの最大の特徴となるスクリーンにはWONDER VISION社が開発した「Sphere5.2」を世界で初めて導入。その最大の特徴は幅5.2mにわたる視界を覆い尽くすほどの巨大な球面状のスクリーンにより、圧倒的な臨場感で、まるで南極の大空をタケコプターで飛んでいるかのような感覚を味わうことができる。プロジェクターにも4月発売予定のキヤノンの「パワープロジェクト4K600STZ」を先行導入しており、リアル 4K レーザー光源を搭載したプロジェクターとしては世界最小・最軽量のモデルとなっている。撮影は、「ドローン片手に世界一周新婚旅行」で有名な映像クリエイターKaz...more
in English
カテゴリー:

ヒノキ香る道場完備 沖縄空手会館 4日落成式、5日一般公開 - 02月17日(金)12:13 

 来月4日に落成し、5日に一般公開を予定している沖縄空手会館の報道陣向け内覧会が17日午前、豊見城市豊見城の同館であった。施設内部はほぼ完成しており、展示施設などの最終調整が進んでいる。外部は急ピッチで作業が進んでいる。  同館は道場施設、展示施設、特別道場の三主要施設で構成されている。道場施設は...
in English
カテゴリー:

空手会館 内部ほぼ完成 来月5日公開へ最終調整 - 02月18日(土)16:56 

 来月4日に落成し、5日に一般公開を予定している沖縄空手会館の報道陣向け内覧会が17日午前、豊見城市豊見城の同館であった。施設内部はほぼ完成しており、展示施設などの最終調整が進んでいる。外部は急ピッチで作業が進んでいる。  同館は道場施設、展示施設、特別道場の3主要施設で構成されている。道場施設は...
in English
カテゴリー:

津軽海峡フェリー、新造船「ブルーハピネス」を横浜港で一般公開 - 02月18日(土)15:14 

津軽海峡フェリーは、3月11日より青森〜函館航路に就航する新造船「ブルーハピネス」の船内一般見学会と観光イベント「津軽海峡フェア」を2月28日と3月1日に、横浜港大さん橋で開催する。 船内見学会は3月1日のみの開催となり、開催時間は午後0時から午後5時まで。入場料は無料。先着3,000名様に数量限定のブルーハピネスオリジナルグッズをプレゼントする。船内一般見学会前となる午前11時から11時30分まで、取引先を招いたセレモニーも執り行う。 「津軽海峡フェア」は横浜港大さん橋国際客船ターミナル内のCIQプラザで、2月28日は午後1時から午後8時まで、3月1日は午前9時30分から午後5時まで開催する。青森市、函館市、大間市や地域の観光団体などが出展する。各日先着500名にオリジナルグッズをプレゼントするほか、津軽海峡の特産品やJTB旅行券などが合計2,000名に当たる抽選会も開催する。 「ブルーハピネス」は全長約144メートル、定員583名、積載台数はトラック71台もしくは乗用車230台、速力は約20ノット。災害時に利用できる医療対応設備を整えている。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

「ツチブタ」の赤ちゃん一般公開 - 02月17日(金)17:37 

「ツチブタ」の赤ちゃん一般公開:珍しい動物の赤ちゃんがお披露目された。...
in English
カテゴリー:

VRとは違った新体験!4Kの巨大球面スクリーンで南極浮遊体験 - 02月17日(金)16:45 

『映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険』(3月4日公開)のPRの一環として、南極大陸の4K映像が楽しめる、世界初披露となる最新システム搭載の“フライトシアター”が、テレビ朝日本社1階のアトリウムに登場。2月18日(土)からの一般公開に先駆け、お披露目体験イベントがマスコミ向けに行われ、ドラえもんとのび太がアナウンサーの堂真理子と登場し、この“新体験”をアピールした。「映画ドラえもん4K南極カチコチ大冒険 フライトシアター」とネーミングされたこのシアターでは、ドラえもんとのび太が25日間かけて実際に南極に行って撮影した貴重な映像を、世界初導入となる巨大球面スクリーンと最新プロジェクターを搭載した4Kシアターで楽しめる。シアターの最大の特徴となるスクリーンにはWONDER VISION社が開発した「Sphere5.2」を世界で初めて導入。その最大の特徴は幅5.2mにわたる視界を覆い尽くすほどの巨大な球面状のスクリーンにより、圧倒的な臨場感で、まるで南極の大空をタケコプターで飛んでいるかのような感覚を味わうことができる。プロジェクターにも4月発売予定のキヤノンの「パワープロジェクト4K600STZ」を先行導入しており、リアル 4K レーザー光源を搭載したプロジェクターとしては世界最小・最軽量のモデルとなっている。撮影は、「ドローン片手に世界一周新婚旅行」で有名な映像クリエイターKaz...more
in English
カテゴリー:

米国の交通事故死者数、2年合計が過去53年で最大に - 02月16日(木)11:57 

2016年の自動車事故による死者数は過去10年近くで最大だったことが安全性評議会(NSC)が水曜日(米国時間2/15)に発表した予備データでわかった。2016年と2015年の増加を合わせると、自動車関連死者数の2年単位の増加としては過去53年間で最大だった。NSCのCEO、Deborah A.P. Hersmanは、増加要因の少なくとも一部は運転者の自己満足に起因するとリリース文で述べた。 発表データは最終版ではなく、今後分析を進めた結果わずかな上下があり得るとNSCは言っている。しかし予測値が大きくずれることはほとんどないため、2016年におよそ4万人の交通事故死があったという初期の推定値に変わりはない。この数値は前年比6%増であり、2年前の2014年と比較すると14%も増えている。 自動車故死の増加傾向は憂慮すべき事態であり、規制当局や幹線道路交通安全局(NHTSA)も注目している。昨年NHTSAは、原因究明を促進するために大量のデータを一般公開し協力を募った。 連邦議会の命を受けるNSCはこれ以外の調査も実施しており、継続する増加原因の可能性として、スピード、タッチ入力および音声入力によるメッセージ、アルコール・薬物影響下での運転等を挙げている。NSCは他にも、飲酒運転で有罪判決を受けたドライバー全員に対するイグニッション・インターロック装置の取り付け義務や、スピード違反摘発...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「一般公開」の画像

もっと見る

「一般公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる