「一番最初」とは?

関連ニュース

1ドル110円の「壁」突破 「三月またがり60日」の格言に乗った早稲田大 - 05月22日(火)07:00 

ドル円相場は1ドル110円の壁を突破した。2018年5月14日には一時、109.21円の安値をつける場面があったが、米国と欧州連合(EU)の貿易交渉をめぐって、米国が鉄鋼やアルミニウムの制裁関税の適用に言及したことでユーロが下落。ドル買いが優勢になるなか、ドル円相場も109円台後半まで上昇した。翌15日は好調な米経済指標を背景にドル買いが続き、1ドル110円台半ばまで上昇。さらに、17日に米フィラデルフィア連銀の5月の景況指数が予想を大きく上回ると110円台後半まで上昇した。おかげで、早稲田大の惟光が保有する買いポジションの評価損益はアップ。一方、明治大のRWと慶応大の石油王はタイミングを逸した。 チャンスなのに...... 元手減らしたことを後悔(早稲田) 5月15日(火) 今まではなかなか突破することのできず、重く厚い壁となっていた「110円」を、大きくブレイクアップした。5月2日、5月10日と、2度も跳ね返され固く拒まれていたが、確実にこの硬直状態を切り抜けた。 これによって、保有建玉の買いポジションの評価損益は大きく跳ね上がった。先日に長期的な目で見ると上昇トレンドであると判断し、買い増ししたことが有利に働いている。 ピラミッディング(利益が出ている相場で、さらに同じ方向にポジションを積み増すトレード手法)とレバレッジ(テコの作用)の高さを意識し、リスクを軽減するためにも2...more
カテゴリー:

「石橋さんが本番前に面白いことを話し始めたら、慌てて止めています(笑)」【「石橋貴明のたいむとんねる」プロデューサー / 関卓也】 - 05月21日(月)06:00 

今年3月、長い歴史に幕を閉じた人気バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(1997~2018年フジテレビ系)や、香取慎吾主演の月9ドラマ「薔薇のない花屋」(2008年フジテレビ系)など、数々のヒット作を世に送り出し、現在も、4月からスタートした新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)などを手掛ける関卓也氏。30年近くにわたり、バラエティーからドラマまで幅広いジャンルの番組に携わってきたテレビマンは今、テレビ界を取り巻く状況をどう見ているのか。お笑い界のビッグスター・とんねるずとの運命的な出会いや、笑いとの向き合い方なども交えながら、番組作りの秘話を語ってもらった。 現在、「石橋貴明のたいむとんねる」の他、指原莉乃のマニアックな紀行番組「さし旅」(NHK総合)などを手掛ける関卓也氏 ■ ドラマ部に異動したら、「深夜で勝手に育ってくれ」と(笑) ――現在、共同テレビジョンに籍を置く関さんですが、テレビマンとして一番最初に携わった番組は? 「僕は1991年にフジテレビに入社しました。最初に携わったのは、『F1グランプリ』(1987年~フジテレビ系 ※現在フジテレビNEXTで放送中)。もともとはドラマや映画をやりたかったんですが、キャラが薄かったのか(笑)、スポーツ班に配属されたんです。スポーツ自体は決して嫌いではなかったんですけど、自分の中でスポーツの番組を作る...more
カテゴリー:

脚本家・上江洲誠さんや岸誠二監督の熱いトークが炸裂! イベント「BONKLIVE」に行ってきた(後編)  - 05月18日(金)18:30 

(※前編はコチラ) 脚本家・上江洲誠さんや岸誠二監督の熱いトークが炸裂! イベント「BONKLIVE」に行ってきた(前編)  http://getnews.jp/archives/2044136[リンク] さて、しばし休憩の後、ゲストとして声優の内山夕実さんが登場。 上江洲さんがシリーズ構成をつとめる作品において、 「蒼き鋼のアルペジオ」キリシマ 「アルスラーン戦記」エトワール 「結城友奈は勇者である」犬吠埼風 などなど、主要なキャラを演じてらっしゃいます。 とても真面目な役者さんで、上江洲さんは内山さんを「声優界の良心」と呼び信頼しており、「現場に内山さんがいるとホッとする」とも語っておりました。 「アルペジオ」のキリシマはグッズになり、結構いいお値段であったけど完売するなど人気に。 また、「アルスラーン戦記」でエトワールを演じた際は、ベテランの方が周りに多くプレッシャーを感じていたが、役者としても成長させてもらったとのことでした。 そして、「結城友奈は勇者である」(ゆゆゆ)においてのキャスティングは、アルペジオ等で内山さんを見てきた岸さんや上江洲さんにとって「満を持して」のものだったそうです。 「結城友奈は勇者である」を振り返る 1期が終わったときに続編をやるというのは考えていなかったという内山さん。 2期は重たく1期と同じかそれ以上心にズシンと来たとのこと。 福岡監督も「コ...more
カテゴリー:

【対談】堀江貴文×又吉直樹が語る「好きなことをするためのカイゼンとは」 - 05月17日(木)10:16 

毎回、各分野のトップランナーをゲストに迎え、堀江氏独自の視点で様々なテーマを深掘りするイノベーション×クリエイティブコース。第5回のゲストは、お笑い芸人として初めて芥川賞を受賞した又吉直樹氏。 今まで知らなかった、考えたことがなかったような独特の講義は、「自分でも何かやってみたい!」とモチベーションを高めます。 【好きなことをするために“カイゼン”】 意外とみんなアウェイに行っちゃう 堀江:高校の時、芸人になりたかったとかあるんですか?又吉:そうですね。中学くらいの時には、芸人やりたいなと思っていました。 堀江:それは住んでる場所がそうさせるのか、「俺、おもしろいから絶対なれるな」みたいな感じなのか?又吉:どっちかと言えば、住んでる場所という環境よりは、なんとなく大人になって、どの仕事をするかみたいなことがイメージしにくかったんですよ。堀江:そんなのイメージするんですか?又吉:「大人になったら何々になりたい」みたいなことをみんな言うじゃないですか。 堀江:僕、そんなのくだらねぇーとか思ってました。 又吉:仮面ライダーになって世界を平和にしたい、とか言ってたんですけどね。 堀江:笑又吉:サッカーやってたんですけど、サッカー選手になるのはないなぁとか。 堀江:そんなの考えてました? すごくないですか。俺なんか、大学生になっても、何になろうとかまったく思ってなかった...more
カテゴリー:

新田恵海「名刺のようなもの」2年半ぶりオリジナルアルバム発売!【えみつんに聞く!前編】 - 05月15日(火)12:00 

声優・歌手の新田恵海が、2ndアルバム『EMUSIC 32 -meets you-』を5月16日(水)に発売する。 【写真を見る】新田恵海は今回のアルバムについて「ファーストアルバムを作るような気持ちで制作に取り掛かっていた」と語る 新田は、ユニット「μ's」の一員として2015年に「NHK紅白歌合戦」にも出場するなど、歌手としても活躍。精力的にライブを開催し、2017年7月にはベストアルバム『Trace of EMUSIC』を発売したが、オリジナルアルバムは2年半ぶりとなる。 「ザテレビジョン」では、同アルバム発売直前の新田を直撃。AKB48・山田菜々美が主演を務める映画「黒看」(2018年夏公開)の主題歌「マスカレイド」など、全11曲が収録されたアルバムへの思いなど話を聞いた。 ■ 32歳の新田恵海が届ける音楽 ――いよいよ2ndアルバム発売です。 そうですね。去年、ベストアルバムという形ではリリースしていたんですけど、オリジナルアルバムとしては2年半ぶりになります。 今回、ファーストアルバムを作るような気持ちで制作に取り掛かっていたんですけど、このリリースがなかった2年半でも、ライブをやらせていただいたり、ファンの皆さんと作ってきた時間があったので、今回のアルバムではそれを新しい音としてお届けできればなって思っています。 ――初アルバムは『EMUSIC』でした。2ndアルバム...more
カテゴリー:

「最も実写に近いアニメ」陰の立役者が明かす『犬ヶ島』の最大の魅力とは? - 05月21日(月)20:00 

『グランド・ブダペスト・ホテル』(13)のウェス・アンダーソン監督が近未来の日本を舞台に、少年と犬たちの絆を描きだしたストップモーション・アニメ―ション『犬ヶ島』(5月25日公開)。本作でパペット制作のリーダーを務めたアンディ・ジェントが、19日から開催されている公開記念展示に合わせて来日。個性豊かなキャラクターたちのパペットを魅力的に見せる秘訣や、ウェス監督との絆について語ってくれた。 【写真を見る】ウェス・アンダーソンの世界が目の前に!公開記念展示が開催中 主人公の少年・アタリと5匹のヒーロー犬たちのパペットを前にしてジェントは「彼らの“目”が重要なポイントなんだ」と明かす。「シェイクスピアの有名なセリフにもある通り、“目は心の窓”。目の周りのまぶたや眉毛を動かすだけで、彼らの豊かな感情を表現することができる」と愛おしそうに微笑んだ。そんな彼が最も思い入れを抱くパペットはアタリとチーフ。「今回の作品に取り組むことになって、一番最初に作ったパペットなんだ。つまり僕にとって最初に生まれた子どもたちのような存在だよ」。 劇中には、犬と人間それぞれのパペットが数多く登場する。ジェントはその数を「両方合わせて1105体」と正確に把握していた。ひとつひとつが緻密に作られているパペットの中で、最も難しかったパペットはなにか?ジェントは迷うことなく「ナツメグだね」と、スカーレット・ヨハンソンが...more
カテゴリー:

ガンダム史上最もモビルスーツがかっこいい作品ランキング - 05月19日(土)11:30 

かっこいい機体に戦闘シーン、魅力的なキャラクターに人間ドラマと、アニメ作品の中でもガンダムシリーズは非常に幅広い層に人気がありますね。 ガンダムに登場する機体のプラモデル「ガンプラ」は非常に種類も多く、アニメで活躍した機体を立体的かつ身近に感じる事ができ、世界的にも大変人気です。 そこで今回は「ガンダム史上最もモビルスーツがかっこいい作品」をアンケート、ランキングにしてみました。 一番かっこいいモビルスーツデザインだったのは、一体どの作品だったのでしょうか? 1位 機動戦士ガンダムSEEDシリーズ 2位 機動戦士ガンダム00シリーズ 3位 機動戦士ガンダム ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ! 源流に忠実ながらもシャープなデザイン、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズが堂々の1位に輝きました。 元祖である『機動戦士ガンダム』のデザインを踏襲しつつ、重厚感よりもシャープで戦闘機のように高速戦を想定されたようなデザインにより、「強い兵器」よりも「かっこいいロボット」の印象がかなり強いですね。 換装する事によって大幅に見た目と戦術を変える主人公機のストライクガンダム、高速で宇宙を駆け、大口径の兵器で戦艦をも圧倒するフリーダムガンダムなど、今も人気の高いガンダムが多数リリースされた作品です。 2位は『機動戦士ガンダム00』シリーズ! ...more
カテゴリー:

フラチナリズムさんにPASSPO☆がインタビュー - 05月17日(木)11:39 

アメリカンガールズロックユニット・PASSPO☆によるインタビュー連載企画! 第22回目のゲストは、4人組J-POPバンド・フラチナリズム。対バンの経験もあり、お互いの活動をリスペクトし合う4人とPASSPO☆が、真面目な話からおふざけ(?)話まで、たっぷり語り尽くします! 岩村 「まずは結成のきっかけを教えてください」モリ 「僕の生まれが高知県で、そこでドラムの都築と出会いまして、もともとは別バンドで活動していたんです。で、大学でこの髪の長いギターの田村という人間に出会って。で、22~23歳のときに上京の話になって、そのタイミングで2人を引き抜いて東京でバンドをやりましょうって誘ったのが一番最初のきっかけですね。今、帽子かぶってるカーキ担当のタケウチは……」タケウチ 「ベース担当ね」モリ 「7、8年ぐらい前ですかね。東京の路上で落っこちていたのを拾いました。ガリガリ過ぎて」タケウチ 「もう少しで痩せ死ぬところでした」PASSPO☆ 「(笑)」モリ 「実は僕らのベース、3代目なんですよね。もう2人辞めていまして、3人目で加入したのが彼です」玉井「結構最初はバラバラで、どんどん集合していった感じなんですね」モリ 「そうですね。僕と彼(田村)が高知県で一緒にバンドをやり始めて、また別バンドにいた彼(都築)を引き抜いてっていう」根岸 「引き抜くって、すごい...more
カテゴリー:

注目俳優・藤田富、仮面ライダーアマゾンズで自分に起こった変化「すごく生きやすくなった」 - 05月16日(水)12:00 

2016年からAmazonプライム・ビデオで配信されたドラマシリーズ「仮面ライダーアマゾンズ」の劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』が5月19日から公開される。 仮面ライダーシリーズの中でも物語の内容が深く、異色とも言われる本シリーズは、人工生命体“アマゾン”とその取り巻き、そして巻き込まれる人間と、人間ではない者との「生」を描く。この世に残る2体の“アマゾン”の一人で主人公・水澤悠を演じるのは今作が映画初主演となる藤田富。ドラマ版から3作に渡り運命に翻弄される悠を演じきった藤田は、ついに劇場版となった今回、どんな思いで撮影に臨んだのか。撮影秘話についても語ってくれた。 ◆「自分自身、悠に入り込んでいた」 ―ドラマシーズンに続いて、いよいよ劇場版ですね。映画化が決まった時の率直な感想は? 藤田富(以下、藤田):シーズン1の撮影が終わり、テレビ版のオープニングを撮っている時に石田秀範監督、谷口賢志さん(=2シーズンを通して描かれてきたもう一人の“アマゾン”鷹山仁)と3人で「映画までいったら最高だよね」と話していたんです。それが現実になるのだと思うと、今までやってきたことは間違いじゃなかったんだと感動しましたね。 ―ご自身も今回が映画初主演ですし、気合も入りますね。 藤田:嬉しいというよりは、責任感の方が今は強いです。シーズン1、2よりもも...more
カテゴリー:

【AWAsia】電通・博報堂CEO対談、全文書き起こし:「広告会社には無限の可能性がある」 | DIGIDAY[日本版] - 05月14日(月)19:22 

【AWAsia】電通・博報堂CEO対談、全文書き起こし:「広告会社には無限の可能性がある」 | DIGIDAY[日本版]今回で3度目の日本開催となる、 アドバタイジングウィークアジア2018(Advertising Week Asia 2018:AWAsia 2018) が、本日14日より六本木の東京ミッドタウンにて開催されている。その最大の目玉のひとつが、同イベントにおける一番最初のセッション「グローバル基調講演シリーズ:CEO’s Talk 水島正幸 Meets 山本敏博」だ。 電通(山本氏)・博報堂(水島氏)...
カテゴリー:

もっと見る

「一番最初」の画像

もっと見る

「一番最初」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる