「一生懸命」とは?

関連ニュース

コロッケ次女・滝川光が本格女優デビュー 父と共演希望「いつか一緒に舞台に立てたら」 - 05月22日(火)14:44 

 物まねタレント・コロッケの次女である滝川光(19)が22日、東京・池袋シアターグリーンで行われた主演舞台『FAT 2018』の公開ゲネプロ&囲み取材に出席。同作で本格女優デビューを果たし、「いつか父一緒にと舞台に立てたらいいなって、小さい頃から思っています」と目を輝かせた。  同舞台は、潰れかかった航空会社を舞台に、太ったキャビンアテンダントたちが会社を救おうと奮闘する姿を描く。滝川は、劇中で父親を思って歌うシーンや、キレキレのダンスを披露している。  初主演に「皆さんを代表していかないといけないって父と母から教わったので、責任感をもって初日から千秋楽まで頑張っていきたい」と意気込み。共演陣から「とにかくめちゃめちゃ食べる」と暴露されたが、練習に一生懸命になるあまり痩せてしまうこともあったといい、「今は76キロです。千秋楽までにはもう2、3キロ増やせるかな」と目標を語った。  コロッケからは「主演は相手が1番、自分は2番と考えなさい」と教わったといい、「ときどき指導してもらうのですが、私は無駄な動きが多い。父は人を観察しながら演技をしているので、尊敬します」。リクエストに応えて、コロッケから教わった羊とヤギのクオリティーの高い物まねを披露して笑わせていた。 【関連記事】 【全身ショット】脚長スタイル!薬丸裕英&石川秀美夫妻の長女・薬丸玲美 【写真】大人の色気…スレンダー...more
カテゴリー:

中尾明慶:第6回 「夫婦」として2人過ごす時間を持つことが、夫婦円満の秘訣 - 05月22日(火)12:00 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』、映画『今夜、ロマンス劇場で』など、数多くの作品に出演されていて、主演ドラマNetflix『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の配信が控えている俳優・中尾明慶さん。私生活では、4歳の息子さんのパパです。 インタビュー6回目となる今回は、夫婦のこと、家族のことについてのお話を伺っていきます。中尾さんが考える「夫婦円満の秘訣」や、パパとしての“仕事と育児の両立”についてのお話を伺います。 ――中尾家のルールや、家族で大切にしているものがあれば教えてください。 ケンカはその日のうちに終わらせることですね。夫婦ゲンカをするにしても、子どものことを怒るということにしても、いつまでも長引かせるのではなく、基本的にはその日のうちに完結させる。やっぱり、家族みんなで笑ってるのが楽しいから、それは大事にしています。 あとは、今日あった出来事を家族に話します。仕事の話はもちろん、それ以外のことも。夕飯のときに家族そろって話すというイメージですかね。息子は話の内容がわかってないでしょうけど、なんとなくみんなで話をしたりする時間は大切にしていますね。 ――中尾さんが考える「夫婦円満の秘訣」を教えてください。 「夫婦2人の時間」を持つことは、大事にしています。 結婚記念日にはどちらかの親に子どもを預けて、2人で温泉に行ったこともあります。一つ一つの区切りのタイ...more
カテゴリー:

「この作品は私の人生の中で、ものすごく大事なものになりました」二階堂ふみ(愛加那)【「西郷どん」インタビュー】 - 05月22日(火)08:00 

 “菊池源吾”と名を変えた吉之助(鈴木亮平)が、奄美大島に流されてから数年が経過。美しい自然に囲まれたこの島で、生きる力を取り戻した吉之助は、島の女性・愛加那と結婚する…。島の生活を経験し、さらに大きく成長した吉之助は、やがて明治維新へと突き進むことになるが、その生活を支えたのが愛加那だった。力強くはつらつとした演技が好評を博している二階堂ふみが、愛加那役に込めた思い、撮影の裏話、演じてみて気付いたことなどを語ってくれた。 -愛加那が吉之助からプロポーズされる場面はとても印象的でした。  愛加那さんは、吉之助と一緒になっても、いずれは1人で待つことになるのが分かっていたと思います。それでも今はとにかく彼と一緒にいたいと覚悟を決め、その気持ちを全身で伝えにいく…。2人の愛を表現する幸せな場面ですが、それと同時に、これからどれだけ一緒の時間を過ごせるのか分からないという不安も垣間見えてくる。そんな複雑な感情が入り混じったシーンでした。 -愛加那は吉之助にとってどんな存在になろうとしたのでしょうか。  そういうことは考えていなかったと思います。あなたがいて私がいて、そこには大きな愛がある。それでもう十分。そういう深い愛を持って、吉之助という存在を自分の体で体感していたんだと思います。 -鈴木亮平さんとの共演はいかがですか。  鈴木さんは、体はもちろんですが、それ以上に心が大きい方で...more
カテゴリー:

波瑠、伊勢谷友介のスパルタ指導でいい女に!? 痛快コメディーで初共演 - 05月22日(火)06:00 

2018年7月期、毎週土曜に日本テレビ系で放送される新ドラマが「サバイバル・ウェディング」に決定した。 【写真を見る】ちょっとおどけた伊勢谷友介と、キュートな笑顔の波瑠にメロメロ/(C)NTV 本作は、寿退社したその日に婚約破棄されてしまうヒロインが「半年以内に結婚しないとクビ!」という条件を突き付け復職させる毒舌上司のスパルタ指導の下、幸せをつかもうと恋に仕事に奮闘する、女性の痛快コメディー。 そんな作品のヒロイン役が、本作で日本テレビの連続ドラマ初主演となる波瑠に決定した。また、その上司役を日本テレビの連続ドラマ初出演となる伊勢谷友介が務め、初共演の二人がエンターテインメントドラマを紡いでいく。 ■ 波瑠コメント 波瑠は、出版社に勤める30歳目前の黒木さやかを演じる。さやかは、文才と根性は人一倍で、不器用ながらも恋や仕事をがむしゃらに頑張る29歳。 そんな役柄について、波瑠は「私が今回演じる黒木さやかは、頑張り屋さんで一生懸命で、だけど不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い役柄です」と話す。 続けて「この作品には個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるのですが、その時に対峙(たいじ)している人をちゃんと見つめて、その度にどんな空気を出せるか、どんな表情になれるか、瞬間、瞬間を大事にしていきたいと思います」と意気込んだ。 さらに「さやかとい...more
カテゴリー:

波瑠、日テレ連ドラ初主演 伊勢谷友介と婚活テーマの痛快コメディー - 05月22日(火)06:00 

 女優の波瑠が7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜 後10:00)で同局連ドラ初主演を務めることがわかった。寿退社したその日に婚約破棄された“どん底ヒロイン”に波瑠、そしてそんな彼女をスパルタで導く毒舌上司に同局連ドラ初出演となる伊勢谷友介が起用。凸凹コンビで描く痛快コメディーとなっており、波瑠と伊勢谷は今回が初共演となる。 【2ショット】初共演する波瑠&伊勢谷友介  同ドラマの原作は大橋弘祐氏による小説『SURVIVAL(サバイバル)・ WEDDING(ウェディング)」(文響社)。勤めていた出版社を寿退社した日に、婚約破棄されてしまった29歳の主人公・黒木さやか(波瑠)。そんな残念な彼女の前に人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人(伊勢谷)が現れ、「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させる。  宇佐美は海外有名ブランドのマーケティング手法を応用した恋愛テクニックを伝授し、さやかの“市場価値”を、ハイブランドのように高めようと戦略を企てる。そして結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載することをさやかに命じるのだった…。さやかは傍若無人な編集長に振り回され、反発しながらも、恋に仕事に全力で立ち向かっていく。  頑張り屋さんで一生懸命ながら不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが...more
カテゴリー:

「すごく寂しかった……」。懸命に働く「母のうしろ姿」を見て感じたことは 【衆議院議員・下村博文】 - 05月22日(火)12:00 

「9歳の時に父親を事故で亡くし、母子家庭で育ちました。母は朝、畑と田んぼの仕事をして、昼間パートに行き、帰ってきたら、また畑と田んぼの仕事をするという毎日。私はいつも母の働く姿しか見たことがなかった」。そう語るのは、元文部科学大臣と、教育再生大臣を兼任した下村博文先生。懸命に働く母親の姿は、当時どう見えていたのでしょうか。 昼夜を問わず働き続けていた母の姿 私は、幼いころから母子家庭で育ちました。父は、私が9歳の時に事故で亡くなりました。当時、母は32歳。弟が2人いて、一人は5歳、もう一人はまだ1歳でした。父が亡くなったことで、母の実家に戻り、昼間はおばあちゃんに面倒をみてもらいました。 母は朝、畑と田んぼの仕事をして、昼間パートに行き、帰ってきたら、また畑と田んぼの仕事をするという感じで、私はいつも母の働く姿しか見たことがなかったのです。本当に朝から晩まで生活することでいっぱいで、働いて働いて働き続けていました。一生懸命に働いて子どもたちを食わしていかなければいけない。そのことで頭がいっぱいだったと思います。日本人はとても勤勉だけど、母はその典型的な人でした。 勉強をがんばって、母にほめられたい 父が亡くなり、母も家にいない。当時は、寂しかったです。すごく寂しかった。 そして、家の中でも外でも、毎日のように働く母親の姿を見ているわけです。「お母さんは一生懸命がんばってい...more
カテゴリー:

満足度100%!?噂の「プログラミング教育」が手軽に楽しめる『カードでピピッとはじめてのプログラミングカー』で未就学児と遊んでみた!! - 05月22日(火)11:12 

最近、よく耳にする「プログラミング」とは“目的を実現するための手順を論理的に考える”こと。2020年から小学校で必修化されることが決まっており、ますます注目度が高まっている。そんな「プログラミング的思考」を楽しく培える知育玩具『はじめてのプログラミングカー』の満足度が高いと評判だ。 ■ゴールまでの道筋を論理的考える力=プログラミング的思考を伸ばす! 株式会社学研ステイフルの『はじめてのプログラミングカー』(希望小売価格 税込6,458円・2018年4月23日発売)は、「やり抜く力・ことば化する力・論理的に考える力」が身に付く知育玩具。 「プログラミング教育」というと、パソコンを扱うプログラマーになるための教育…と勘違いしがちだが、“プログラミング的思考=目的を達成するための道筋を論理的考えること”で、どの教科、どの職業にも役立つ力。「プログラミング教育」とは、その思考力を伸ばすための教育なのだ。   近年ではプログラミング玩具が人気を呼んでいるが、その多くはスマホやパソコンを使うもの。一方『はじめてのプログラミングカー』は、それらを使わずに遊ぶことができるシンプルな玩具で、同社が実施した体験者へのアンケートでは「お子様は楽しそうに遊べていましたか」という問いに対して、「楽しく遊べていた」が100%という驚きの結果が出たのだとか。   そんなに楽しいなら、是...more
カテゴリー:

波瑠、人生どん底ヒロインに!毒舌上司役に伊勢谷友介『サバイバル・ウェディング』 - 05月22日(火)07:00 

波瑠が、7月からスタートする新土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)で、寿退社したその日に婚約破棄されてしまう“人生どん底ヒロイン”を演じることがわかった。また、ヒロインの毒舌上司役を、初共演となる伊勢谷友介が演じる。同ドラマは、小説「SURVIVAL WEDDING」(大橋弘祐 著、文響社)を原作とした痛快コメディ。主人公・黒木さやかは、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまう。そんな残念な彼女を「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させるのが、人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人だ。こうして、“拒否権ナシのスパルタ婚活”がスタートする……。今作の見どころの一つは、宇佐美が提案する斬新な恋愛戦略だ。海外有名ブランドのマーケティング手法を恋愛に応用し、さやかの“市場価値”を、ハイブランドのように高めるための恋愛テクニックを伝授する。戦略が吉と出るか凶と出るか、さやかの運命はいかに!? 傍若無人な編集長に振り回され、反発しながらも、29歳・等身大のヒロインが、恋に仕事に全力で立ち向かう姿を描いていく。波瑠は、今回演じるさやかについて「頑張り屋さんで一生懸命で、だけど不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い役柄」と紹介し、「この作品には個性豊かなキャラクターがた...more
カテゴリー:

波瑠、7月期連ドラで人生どん底ヒロインに 共演に伊勢谷友介 - 05月22日(火)06:00 

 女優の波瑠が、7月より日本テレビ系でスタートするドラマ『サバイバル・ウェディング』で主演を務めることが分かった。波瑠は日テレの連続ドラマ初主演。会社を寿退社したその日に婚約破棄されてしまうという“人生どん底ヒロイン”を演じる。共演に俳優の伊勢谷友介。伊勢谷は日テレの連続ドラマ初出演となる。【写真】『サバイバル・ウェディング』に出演する波瑠&伊勢谷友介 『サバイバル・ウェディング』は作家・大橋弘祐の『SURVIVAL WEDDING』を実写ドラマ化。波瑠演じる29歳で出版社社員の等身大ヒロインが、伊勢谷演じる傍若無人な編集長に振り回され、反発しながらも、恋に仕事に全力で立ち向かう痛快コメディだ。  主人公・黒木さやか(波瑠)は、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまう。そんな残念な彼女を「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させるのが、人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人(伊勢谷)だった。 ヒロインを演じる波瑠は、「私が今回演じる黒木さやかは、頑張り屋さんで一生懸命で、だけど不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い役柄です」と話し、「この作品には個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるのですが、その時に対峙している人をちゃんと見つめて、その度にどんな空気を出せるか、どんな表情になれるか、瞬間、瞬...more
カテゴリー:

「ラブリラン」クランクアップで中村アン号泣! 「この作品は私の財産になりました」 - 05月22日(火)05:00 

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「ラブリラン」。このほど、神奈川のロケ地で最後の撮影が行われ、主人公・南さやか役の中村アン、町田翔平役の古川雄輝、鷺沢亮介役の大谷亮平ら、主要キャストがクランクアップを果たした。 【写真を見る】まるでドラマのワンシーンのような熱いハグで、古川雄輝に感謝を示した中村アン/(C)YTV 同ドラマは、天沢アキによる同名漫画が原作の新感覚ラブコメディー。ひょんなことから直近3カ月の記憶をなくしてしまったさやか(中村アン)が、会社の後輩・町田(古川雄輝)と幼なじみ・亮介(大谷亮平)の間で、気持ちが揺れ動く姿が描かれている。 5月24日(木)放送の第8話では、「私たちが別れた理由を知りたい」というさやかに対し、町田は「あんたから別れたいって言いだしたんだ。あの人のことが忘れられないって」と告げ、さやかはがく然とする。亮介への想いと町田への想い、どちらが本当の気持ちなのか分からなくなってしまったさやかは、悩みを打ち消すように仕事に没頭していくが…。 ■ 涙、涙…の中村に、男性陣から熱いハグが! 最後の撮影となったのは、さやかが町田に「私、全部思い出したの」と告げる、6月7日(木)放送の最終回における重要なシーン。スタッフの「オールアップ」の掛け声が響くと、中村、古川にはスタッフから大きな拍手と労いの言葉が送られた。 さらに、2人の撮影が終わるのを待っていた...more
カテゴリー:

もっと見る

「一生懸命」の画像

もっと見る

「一生懸命」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる