「一時帰国」とは?

関連ニュース

【吉報】日韓会談は平行線 - 02月18日(土)08:39 

ボン聯合ニュース】20カ国・地域(G20)外相会合に出席するため ドイツ・ボンを訪問している韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官と 岸田文雄外相が17日、同地で約30分会談した。釜山の日本総領事館前に 旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置された問題について 意見を交わしたものの、溝は埋まらなかった。 少女像が設置されたことへの対抗措置として、日本政府が長嶺安政・駐韓大使と 森本康敬・釜山総領事を一時帰国させてから1カ月以上がたったが、 会談で少女像問題が平行線に終わったことで長嶺...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【外交】岸田氏、少女像の撤去要求 韓国外相「最大限努力」 - 02月17日(金)22:52 

 【ボン共同】岸田文雄外相は17日午前(日本時間同日夜)、ドイツのボンで韓国の尹炳世外相と会談し、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦少女像の撤去を求めた。尹氏は、2015年12月の慰安婦問題の最終的かつ不可逆的解決で一致した日韓合意の履行に関し「可能な限り最大限の努力を行っていく」と述べた。北朝鮮による核・ミサイル開発の脅威については、緊密連携を確認した。  両外相の会談は昨年9月以来で、釜山の少女像設置を受け長嶺安政駐韓大使が一時帰国した今年1月9日以降初めて。安倍政権は慰安婦少女像撤去への道筋が...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

韓国、日米離れで「自滅への道」 - 02月15日(水)10:30 

 国際ルール無視の非常識な行いには呆れるばかり! 経済、軍事もズタボロで、笑うは北朝鮮ばかりなり!  2月2日、米トランプ政権で“狂犬”とあだ名されるジェームズ・マティス米国防長官が韓国を訪れ、韓民求国防相らと会談した。「日本より1日早く訪韓したことを、韓国メディアも“異例”と報じました。そもそも、米国の歴代国防長官による最初の訪問先は中東がほとんど。それだけ、東アジアの安全保障に米国が危機感を抱いているということです」(外交筋)  最大の脅威は中国と北朝鮮――こうしたトランプ政権の考え方が、訪問先選びにも反映されたという。「しかしながら韓国は内政が混乱。日韓合意を破棄しようとする動きが加速していることに、米政府関係者らは、はらわたが煮えくり返る思いでいます」(前同)  というのも、日韓合意を結んだ背景には、“東アジアの平和にとって日米韓の協力体制が不可欠”とするアメリカの強い意向があったからだ。「日本側が10億円の資金を拠出する代わりに、慰安婦問題を蒸し返さないという約束でしたが、見事に裏切られました。釜山の日本総領事館前に慰安婦像を設置したのをはじめ、日韓合意後、6体が新設され、韓国内の慰安婦像は計37体になりました」(同)  こうした現象について、韓国事情に詳しい外交評論家の井野誠一氏は、次のように分析する。「韓国には“嘘も繰り返せば真実になる”“泣く子どもは餅を一個余計にも...more
in English
カテゴリー:

朝日新聞「北朝鮮問題を解決するために一刻も早く駐韓大使の一時帰国を見直すべきだ」 - 02月14日(火)17:43 

北朝鮮の挑発 日米韓のゆるみを正せ  北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。国連安保理決議への明確な違反であり、国際秩序に対する重大な挑戦である。 発射されたミサイルは日本全域のみならず、米領グアムをも射程に収める。米国にとっても現実の脅威である。 残念なのは、両首脳とも日米同盟にしか言及しなかったことだ。とりわけトランプ氏は「米国は偉大な同盟国日本を 100%支援する」と、ひとこと語っただけだった。  北朝鮮の核・ミサイル問題には日米同盟だけでは対処できない。韓国との緊密な連携が不可欠だし、北...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本一の高級紙、朝日が正論「ジャップは韓国なしでは国も守れないくせに、いつまで大使を帰さないのか - 02月14日(火)17:02 

北朝鮮の挑発 日米韓のゆるみを正せ  北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。国連安保理決議への明確な違反であり、国際秩序に対する重大な挑戦である。 発射されたミサイルは日本全域のみならず、米領グアムをも射程に収める。米国にとっても現実の脅威である。 残念なのは、両首脳とも日米同盟にしか言及しなかったことだ。とりわけトランプ氏は「米国は偉大な同盟国日本を 100%支援する」と、ひとこと語っただけだった。  北朝鮮の核・ミサイル問題には日米同盟だけでは対処できない。韓国との緊密な連携が不可欠だし、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

少女像撤去:岸田氏改めて要請 韓国外相「最大限努力を」 - 02月18日(土)00:38 

 岸田文雄外相は17日午前(日本時間同日夜)、ドイツのボンで韓国の尹炳世外相と会談し、釜山の日本総領事館前への慰安婦少女像設置は「極めて遺憾だ」として撤去を求めた。尹氏は、設置は不適切だとして「可能な限り最大限の努力を行っていく」と表明した。日本側は、韓国側の具体的な取り組みを見極め、一時帰国させた長嶺安政駐韓大使の帰任時期を慎重に検討する。
in English
カテゴリー:

日韓外相、今夜会談へ 慰安婦問題など協議 - 02月17日(金)21:27 

 【ボン=酒井恒平】20カ国・地域(G20)外相会合に出席するためドイツ訪問中の岸田文雄外相は17日午前(日本時間同日夜)、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談する。 韓国・釜山に従軍慰安婦を象徴する少女像が設置され、日本は駐韓大使を一時帰国させた。会談では問題解決への道筋や大使の帰任時期などを巡り協議する。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H0A_X10C17A2MM0000/ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

未曾有の監視社会到来! テロ等準備罪を通すため安倍政権がついている「ウソ」とは? - 02月14日(火)18:00 

1月20日にスタートした第193回国会。提出法案は64本と、例年に比べ半分以下になっている。しかし、審議される法案は控えめどころか、国民生活に大きな影響を与えかねないヤバい法案がめじろ押しだ。 中でも目玉といえる法案が「テロ等準備罪」。以前は「共謀罪」と呼ばれた。 この法案に詳しい山下幸夫弁護士がこう批判する。 「法案はテロの防止を目的に掲げていますが、中身は犯罪を計画した段階、つまり“思っただけでも”処罰の対象だというもの。実態は悪名高い『共謀罪』と変わらないのに、テロ等準備罪と看板をかけ替えて国民をだまそうとしているのです」 この法律は、導入の理由にもウソが目立つという。 「首相は『国連の国際組織犯罪防止条約を批准するためにテロ等準備罪が必要で、それなしには2020年五輪も安全に開けない』と言っていますが、真っ赤なウソです。 04年に国連が示した立法ガイドでは、共謀罪をつくらなくても組織的犯罪を準備段階で摘発できる『予備罪』などがあれば、それでもよいとなっています。そして、すでに日本は『共謀罪』が23、『予備罪』『準備罪』に至っては46の関連法が整備されている。あとは外務省が国連の事務局に通告すればよいだけのこと。新たに『テロ等準備罪』...more
in English
カテゴリー:

韓国外交部長官「(日本と)意思疎通を図る」 慰安婦像問題の早期解決へ意欲 - 02月14日(火)17:11 

   韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は2017年2月13日、釜山の日本総領事館前に慰安婦像が建設され、日本が駐韓大使らを一時帰国させている問題について「できるだけ早期に解決されるよう、私としても意思疎通を図りたい」との考えを示した。聯合ニュース(電子版)などが13日、報じた。
in English
カテゴリー:

歴史・領土問題で挑発続ける日本 外交摩擦は長期化必至=韓国 - 02月14日(火)17:00 

【東京聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に設置された問題でこじれにこじれた韓日関係が、独島に対する日本政府の歪(ゆが)んだ教育の法制化でさらに悪化の一途をたどっている。  少女像の設置に抗議し、日本政府が長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山総領事を一時帰国させてから1カ月以上たつが、韓日間の対立はすでに敏感な領土問題に飛び火し、簡単には解消しそうにない。  民間団体が設置した少女像に対する日本側の撤去要求が韓国で受け入れられない状況である上、日本政府が独島を
in English
カテゴリー:

もっと見る

「一時帰国」の画像

もっと見る

「一時帰国」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる