「ワールドメイト」とは?

関連ニュース

深見東州、アワビ芸が大ウケで同志社大では今も伝説の人物 - 02月19日(日)16:00 

 宗教団体「ワールドメイト」代表である深見東州氏(65)が経営する予備校「みすず学苑」といえば、歴史上の偉人に扮したモデルによる独特のユーモラスな広告でも知られている。そして深見氏は、みずからが歌唱を披露する日本武道館で単独公演を行ったこともあるエンターテイナーでもある。ジャーナリストの池田道大氏が深見氏に、その独特のユーモア感覚の源について聞いた。 ──独特のユーモア感覚はどこで身につけた? 深見:同志社大学ESS(イングリッシュ・スピーキング・ソサエティー)の代表時代、イベントの出し物でギャグを磨きました。ウルトラマンが質問に答える“ウルトラマン問答”や股の間から顔を出す“アワビ芸”が大ウケして、今も伝説の人物として語り継がれていると聞きます。1993年にワールドメイトがマルサの国策捜査(*1)を受けた後は、“宗教は閉鎖的で暗くて反社会的”というイメージを覆すため、七福神のコスプレで記者会見しました。 (*1/1993年、ワールドメイト(当時名称コスモメイト)に、東京国税局査察部が査察に入る。当時、同団体は宗教法人格の認可を申請しようとしていた。国税はそれを、企業活動も行っていた深見氏の「税金対策」と推測。だが不正蓄財の事実はなく、捜査は不発に終わる) 『顔がヤギに似ていたからスケープゴートにされました』と言ったら、会場がシーンとしてね(苦笑)。その後、国税とは13年かけて戦い...more
in English
カテゴリー:

【宗教】深見東州氏「私の広告は胡散臭いが1%気にいれば成功」 - 02月14日(火)05:07 

【ワールドメイト・リーダーの深見東州氏】  宗教団体「ワールドメイト」代表にして、予備校「みすず学苑」や各種材団の代表を務める深見東州氏(65)。ユーモア溢れる広告が新聞を賑わすこともある。しゃべり続ける深見氏に、ジャーナリストの池田道大氏が聞いた6時間インタビューからお届けする。 ──深見氏は“歌って踊る教祖”と呼ばれる。「エンタメ」「ユーモア」は、神道の伝統と相容れないのでは? 深見:いや、神道は基本的に明るく楽しいものです。死後の世界を重視するキリスト教や仏教と違い、“生業(なりわい)と家と...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ワールドメイト」の画像

もっと見る

「ワールドメイト」の動画

Wikipedia

ワールドメイトは、深見東州がリーダーをつとめる神道系の宗教法人。1984年にコスモコアという名称で創設された後、コスモメイトパワフルコスモメイトを経て1994年ワールドメイトという名称になった。2012年に宗教法人として認証された。本部は静岡県伊豆の国市に置く。

概要

「宗教団体としての、弱者救済の立場に立った、慈悲慈愛の実行」「人道的見地に立った、会員や社会への対応」「社会良識に基づく誠実な対応」を3大スローガンとし、組織運営の根幹に置くとしているワールドメイト3つのスローガン(公式サイトより)。

「来るもの拒まず、去るもの追わず」の民主的なあり方を心がけ、会員に布教義務は無く、神事や講演会への出席の義務はない 磯崎史郎 深見青山 その天才の秘密をさぐる勁文社、1991年。。小集団での長時間の指導を中心に行う閉鎖的な教団とは一線を画し、会員が必要な範囲で、団体が提供する情報を摂取してもらえばいいという大学の任意サークルのような自由なスタンスをとる島薗進 「情報化と宗教 ー現代宗教の変容ー」思想NO.817、岩波書店...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる