「ワードプロセッサー」とは?

関連ニュース

【今週はこれを読め! ミステリー編】虚実入り乱れる異色恐怖小説『誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?』 - 12月15日(金)16:43 

 作業中にパソコンのハードディスクがぐぐぐと唸りだしておだぶつになった経験のあるすべての方にこの本、マイクル・ビショップ『誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?』をお薦めする。焦るよね、あれは。  アメリカ南部ジョージア州の小都市に住むスティーヴィことメアリ・スティーヴンソン・クライは、二人の子供をライターの仕事で養っている。仕事道具は亡き夫のテッドがプレゼントしてくれた七百ドルの電動タイプライターだ。小説の発表年は1984年、すでにワードプロセッサーはこの世に誕生していたが普通の人間にはちょっと手が出ない価格だった時代である。スティーヴィが記事を書いている最中にタイプライターの中で致命的な何かが起き、ぴくりとも動かなくなった。親友のドクター・エルザに代わりの機械を借りてなんとか記事は仕上げたものの、スティーヴィは困り果ててしまった。小さな子供を抱えている身ではタイプライターを修理に持っていくこともままならない。最寄りのサービスセンターまででも40マイルはあるのだ。そんな彼女に、エルザはいいことを教えてくれた。タイプライターを格安で直してくれる店があるというのだ。  エルザ万歳。たしかにタイプライターはすぐに直った。修理代金はわずか10ドル67セントである。店に問題があるとすれば、応対に出た若者だけだ。その男、シートン・べネックは人の目を見て話そうとしないし、心に届かない言葉を...more
カテゴリー:

「ワードプロセッサー」の画像

もっと見る

「ワードプロセッサー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる