「ワークロード」とは?

関連ニュース

【インテル】第7世代Kaby Lakeも脆弱性パッチによる予期せぬ頻繁な再起動発生を認める - 01月20日(土)03:05  newsplus

インテルのCPU脆弱性対策パッチによる再起動の問題、新世代チップでも Intelは、「Meltdown」と「Spectre」の影響を受ける旧型チップにパッチを適用すると予期せぬ再起動が発生する問題が、新型チップでも生じていることを明らかにした。 Intelは米国時間1月17日遅くに公開した最新情報で、ファームウェアパッチの適用によって起こる問題が、旧型の「Broadwell」と「Haswell」のチップだけでなく、最新の「Kaby Lake」までのより新しい世代のCPUでも発生していることを認めた。 このファームウェアアップデートは、Spectreなどの問...
»続きを読む
カテゴリー:

ウィンマジックの調査により、クラウド上のワークロードに存在するセキュリティ、管理、およびコンプライアンスの弱点がリスクに晒されていることが明らかに - 01月11日(木)17:00 

3 分の 1 のデータが完全に暗号化されておらず、半数以上の (53%) IT 意思決定者がかつていないほどの時間を管理タスクに費やしています。 GDPRの施行を間近に控え、クラウド上に保存されたデータのセキュリティに関する責任はクラウド事業者ではなく自分自身であるという事を正しく自覚しているIT意志決定者は調査対象全体の僅か39%でした。
カテゴリー:

ComcastがAWSとパートナーして‘勝てないなら仲間になる’道を選ぶ - 01月17日(水)15:08 

クラウドのプロバイダーは大物顧客の獲得を自慢したがるが、今日(米国時間1/16)のAmazonがまさにそれで、ケーブルテレビの最大手Comcastが同社のクラウドプロダクツを提供ないし自社利用していくためのサーバーとしてAWSを選んだことを発表した。 つまりComcastは、同社のクラウドワークロードの多くをAWSに置く。ケーブルテレビは長年アメリカの消費者のテレビの見方の定番だったが、最近ではケーブル離れが進んでいる。そんなときComcastがクラウドサービスやクラウドアプリケーションを作って、純粋なコンテンツプロバイダーではない方向へ自分を差別化していくのは、見過ごせない動きだ。 そんなクラウドサービスの例が、リモコンを使う音声検索だ。音声の命令で、番組情報が分かり、番組を選んで録画予約もできる(録画は消費者自身のDVR上)。またXFiというアプリケーションは、ユーザーがComcastのWi-Fiネットワークをコントロールできる。 Comcastはこれまでも、AWSのコンピューティングやストレージ、アナリティクスなどを利用してそんなアプリケーションを動かしてきたが、今回もっと深い関係を築くことによって、クラウドが提供しうる身軽さ(アジリティ)により、ケーブル離れに歯止めをかけたいのだ。 今では、Comcastなどのケーブルプロバイダーを単なるISPとして利用しているユーザーがほ...more
カテゴリー:

【インテル】Intel、Radeon RX Vega M搭載の第8世代Coreプロセッサの仕様を公開 - 01月08日(月)23:11  newsplus

Intelは1月7日(米国時間)、第8世代Intel Coreプロセッサの新モデルとして、AMD製のディスクリートGPU「Radeon RX Vega M」を搭載した「8th Gen Intel Core Processors with Radeon RX Vega M Graphics」を正式発表し、スペック概要を公開した。同製品を採用したデバイスは2018年第1四半期に投入されるという。 8th Gen Intel Core Processors with Radeon RX Vega M Graphics。右側がCPUチップで、左側にGPUチップとHBM2を配置 パッケージの背面。IntelによるとBGAパッケージのみの展開とのこと 「8th Gen Core Processors wit...
»続きを読む
カテゴリー:

「ワークロード」の画像

もっと見る

「ワークロード」の動画

Wikipedia

ワークロード (Work load) とは、計算機資源の利用状況を示す抽象的な指標である。

ロードアベレージ

UNIXオペレーティングシステムでは、ワークロードの指標に長くロードアベレージという統計値を採用していた。これは当時、計算機資源に対して要求される資源が大きく、実行中とスケジューラの実行待ち状態にあるプロセスの数を数える事で、ワークロードを推し量る事ができた。しかしながらロードアベレージは正確にはワークロードを示している訳ではない。実行待ちにある理由がページフォールトによる物である可能性もあれば、Linux等であれば単にI/O待ちをしている可能性もある。ロードアベレージはシステムがどれだけのワークロードを持っているかを知る事は出来るが、個々のワークロードの軽重を示す指標にはならない。当時の技術水準では、その違いは実際の所どうでも良かった。アウトプットを得るのにかかる所要時間はシステム全体の負荷であるロードアベレージで一意に判断できたからである。しかしマイクロプロセッサの性能が向上し、またI/Oサブシステムのインテリジェン...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる