「ワークフロー」とは?

関連ニュース

エンタープライズバージョンコントロールのAssemblaがMacOS用のSubversionクライアントCornerstoneを買収 - 01月19日(金)13:36 

今や、バージョンコントロールシステムといえばgitだけ、と思われるぐらいその人気は高いが、しかし主にエンタープライズ界隈では、gitと競合するSubversionやMercurialもかなりの数のユーザーを抱えている。そこでSubversionを使って企業にバージョンコントロールサービスを提供しているAssemblaが今日(米国時間1/18)、MacOS用のSubversionクライアントとして人気の高いCornerstoneの買収を発表したのも意外ではない。 Assemblaは、Cornerstoneとそれを作ったZennawareを買収した。Zennawareが最初にCornerstoneをローンチしたのは2008年で、今後はAssemblaがこのクライアントの販売と開発を継続する。数か月後にはバージョン4.0をリリースする予定だ。買収の財務的詳細は、公表されていない。 AssemblaのCEO Paul Lynchはこう声明している: “われわれはCornerstoneの未来に投資している。現状維持を願うのではなく、われわれがこれまでSubversionとAssemblaのWebアプリケーションに対して行ってきた重要な改良を、今すでに優れたソフトウェアであるCornerstoneのデスクトップアプリケーションに適用したい。それにより、ユーザーのリポジトリとデータ...more
カテゴリー:

自動運転技術などの研究開発を加速する自動車向けIoTクラウドサービスパッケージ 『Visual M2M Automotive Pro』リリース - 01月17日(水)12:00 

データ計測・解析までのワークフローをワンストップで提供 ~ 第10回 オートモーティブワールドに~  IoT/M2M関連ソフトウェア企画開発/販売を手がける、株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元 淳一)は、自動車産業における研究開発向けクラウドサービスパッケージ「Visual M2M Automotive Pro」を正式リリースいたします。
カテゴリー:

【第10回 オートモーティブ ワールド】出展のお知らせ。 2018年1月17日(水)〜19日(金)に東京ビッグサイトにて開催。 - 01月15日(月)09:00 

クラウド活用による車両データ計測の機動性に優れたクラウドワークフローの提案、開発時における車両データ計測や信号処理解析ワークフローのデモンストレーション。 IoT/M2M関連ソフトウェア企画開発/販売を手がける株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元 淳一)は、2018年1月17日(水)〜19日(金)に東京ビッグサイトで開催される企業向け自動車次世代技術専門展「第10回オートモーティブワールド/第6回コネクティッド・カーEXPO」に出展いたします。
カテゴリー:

カメラマンの撮影ワークフローに27インチ4KモニターのSW271を使ってみたらとても快適だった話 | studio9 - 01月18日(木)20:20 

カメラマンの撮影ワークフローに27インチ4KモニターのSW271を使ってみたらとても快適だった話 | studio9今まで高嶺の花だった27インチ4K広色域、ハードウェアキャリブレーション対応という高スペックモニターながらコスパ抜群のBenQ SW271を使った実際のワークフローについて紹介してみようと思います。そんな高スペックモニターを使いこなせるかしら?と心配になっているあなたもこんな感じで使ってみると良いと思いますよ^^ SW271を使いこなすための実際のワークフロー 今まで高嶺の花だった 27インチ4K...
カテゴリー:

エイトレッドは戻り歩調、18年3月期2桁増収増益予想で増額の可能性 - 01月17日(水)09:08 

エイトレッド(東マ)は、ワークフローを電子化する「ワークフローシステム」を開発・販売している。
カテゴリー:

「ワークフロー」の画像

もっと見る

「ワークフロー」の動画

Wikipedia

ワークフロー()は、リソース(資源)を体系的に組織化した反復可能な業務活動のパターンである。ワークフローは、物質の加工、サービスの提供、情報の処理など、何らかの具体的意図をもって設計される。ワークフローは、例えば、操作の列、個人またはグループの定まった作業、従業員の組織、複数の機械の機構などで表現しうる。

ワークフローは組織構造に関する各種概念(サイロ、機能、チーム、プロジェクト、階層)と密接な関係がある。ワークフローは組織の基本的構成要素と見ることもできる。これら概念の関係については後述する。

歴史と概要

ワークフローは明らかに現代になって登場した概念である。ピラミッドのような歴史的建造物の建設でも、労働者の集団における各人の業績が存在したと想像することはできる。しかし、仕事の性質を研究することで価値を生み出し、組織をよりよく機能させようという考え方は、おそらくアダム・スミスを起源とする明らかに現代的な思考である。以下では、大まかに年代を区切って、ワークフローの観念が発展していった経緯を簡単に解説する。

製造業における起源(1900年 - 1950年)

ワークフローの観念は、仕事自体の概念化の歴史的発展と共に発展した。現代的なワークフローの起源は、フレデリ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる