「ワークフロー」とは?

関連ニュース

日本でも多くの企業が導入するビジネスチャット「Slack」が日本語版をリリース - 11月17日(金)15:56 

イメージ Slack Technologiesは、ビジネスコラボレーションツール「Slack」について、日本語版をリリースした。 「Slack」はチームのコミュニケーションを一元化することが可能で、情報検索やワークフローの効率化も図れるビジネスコラボレーションツール。主にビジネスチャットとして多くの日本企業でも導入され、日本は世界で三番目に「Slack」を利用している国でもある。日本語版提供にあたり、UIの日本語化、国内カスタマーサポート提供、円建て請求書発行機能、メッセージ送信ボタン追加などの改良を実施。日本人ユーザーの使いやすさを求めた設計になっている。料金プランは、無制限のプライベートチャンネルとパブリックチャンネルなどが利用できる「無料プラン」を始め、「スタンダード」850円/月、「プラス」1600円/月(料金はいずれも年払いの場合)が揃っている。 「Slack」URL:https://slack.com/intl/ja-jp2017/11/17 ■関連記事 シャープのお掃除ロボット「COCOROBO」に外部から操作されてしまう脆弱性 (2017.11.17) 米YouTube、アーティストの公式動画からコンサートのチケットを購入できる機能追加 (2017.11.17) インターネットテレビ「Abema」...more
カテゴリー:

現場の最新常識がわかる「デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール」発売 - 11月17日(金)10:37 

株式会社エムディエヌコーポレーションは、デザイン・DTP・印刷に関する最新常識をまとめた「デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール」を11月17日に発売する。A5判/224P/オールカラー/2,300円(税抜)。 本書は、2010年に発刊した「デザイン 知らないと困る現場の新常識100」を最新の情報にアップデートしたデザイン・DTP・印刷に関する便利事典だ。デザインやレイアウトの基本的なルールと考え方、デザインで使うグラフィックアプリケーション周りの最新技術情報、印刷するまでの最新ワークフローやデータの作成方法、校正やPDF入稿についてまで、「知らないと困る常識」のいろはを100個厳選して解説している。DTPやデザインの初心者、現場の最新情報を知りたいデザイナー、同人誌やZINEなどを作りたい一般の方など、様々な人にとってDTP・印刷の最新常識がまるごと身につけられる、現場のデスクトップに必携の一冊となっている。 デザイン・基本編 知性的な「グリッドシステム」 活気ある「フリーレイアウト」 デザイン・基本編 デザインから印刷までの作業の流れを知っておこう アプリケーション・制作編 画像は必要に合わせて「リサイズ」する 校正・出力編 「赤字校正」の進め方と書き方 出版社:株式会社エムディエヌコーポレーション価格:2,300円(税抜)MdN編集部 編URL:http://www...more
カテゴリー:

ねこじゃらし、東北新社と映像業界のクラウド導入に向け業務提携 - 11月10日(金)17:24 

[株式会社ねこじゃらし] 映像・放送業界は、2018 年の 4K・8K 実用放送を目標に素材のデジタル化とワークフローのファイルベース化が進展しています。同時に、ネットワークの発達によってリモートワークやオンラインでの素材共有が一般化...
カテゴリー:

セールスフォース、「Quip」の機能拡大を発表--カスタムアプリ統合など - 11月07日(火)17:04 

セールスフォースは米国時間11月6日、「Quip Collaboration Platform」を発表した。カスタムアプリの統合や新しいワークフローテンプレートなどで「Quip」のチームワーク機能を拡大する。
カテゴリー:

クラウド会計ソフトfreeeがSlackとAPI連携、ワークフローの承認や却下がSlack上に可能に | IT Leaders - 11月17日(金)14:20 

freeeは2017年11月17日、クラウド会計ソフトfreeeが法人向けチャットサービス「Slack」とAPI連携したと発表した。クラウド会計ソフトfreeeで申請した経費精算、支払依頼、稟議ワークフローなどの通知がSlackに届き、Slack上で承認や差戻し、却下などの操作を行えるようになった。
カテゴリー:

『デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール』発売 - 11月17日(金)10:00 

各位 2017年11月17日 株式会社エムディエヌコーポレーション その常識、本当に正しいの? この一冊でデザイン・DTP・印刷の最新常識がまるごと身につく!『デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール』発売 インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡 功、略称:MdN)は、『デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール』を発売しました。『デザイン。知らないと困る現場の新・100のルール』https://www.mdn.co.jp/di/book/3217303013/本書は、2010年に発刊した大好評の書籍『デザイン 知らないと困る現場の新常識100』を最新の情報にアップデートし、大幅リニューアルしたデザイン・DTP・印刷に関する便利事典です。DTPやデザインの初心者、最新現場のアップデートした情報を知りたいデザイナー、同人誌やZINEなどを作りたい一般の方などを対象に、デザインやレイアウトの基本的なルールや考え方、デザインで使うグラフィックアプリケーション周りの最新技術情報、印刷の最新ワークフローやデータの作成方法、校正やPDF入稿についてまで、「知らないと困る常識」を100個厳選して解説。現場のデスクトップに必携の一冊です。[本書の内容]第1章 デザイン・基本編 ●デザ...more
カテゴリー:

交通騒音も路上と室内では違う…3D空間内の複雑な音響編集を助けるResonance AudioをGoogleが発表 - 11月07日(火)18:46 

拡張現実(augumented reality, AR)は、コンピューターとの対話を三次元化するという展望により、徐々に伸びつつあるが、すでにいろんなプラットホームを提供しているGoogleは、その三次元空間に視覚だけでなく五感のすべてを持たせたいようだ。 今日(米国時間11/6)Googleは、同社のVR Audio SDKをベースとして、より総合的な空間オーディオプロダクトResonance Audioをモバイルとデスクトップ両用に作っていることを発表した。 Googleの説明によるこのSDKの用途は、“本物の音が人間の耳や環境と対話する”様相を再現することだ。たとえば、現実の音が物や環境によって歪むという現象も、ARの仮想的シナリオにおいて再現する。 たとえばあなたが大型ラジカセを持って歩いている仮想キャラクターだとすると、何かの曲を鳴らしながら開放的な空間を歩いているときと、吹き抜け階段を降りているときとでは、音はどう違うのか? Resonance Audioが対応しているこのような多様な状況により、ユーザー(デベロッパー)もそんな状況を三次元の奥行きの中で音で再現できるようになる。 またResonanceはデベロッパーがシーン中の音源を指定できるだけでなく、音源が動く方向も音質の変化で表すので、たとえばあなたがデジタルのキャラクターのうしろを通ると...more
カテゴリー:

「ワークフロー」の画像

もっと見る

「ワークフロー」の動画

Wikipedia

ワークフロー()は、リソース(資源)を体系的に組織化した反復可能な業務活動のパターンである。ワークフローは、物質の加工、サービスの提供、情報の処理など、何らかの具体的意図をもって設計される。ワークフローは、例えば、操作の列、個人またはグループの定まった作業、従業員の組織、複数の機械の機構などで表現しうる。

ワークフローは組織構造に関する各種概念(サイロ、機能、チーム、プロジェクト、階層)と密接な関係がある。ワークフローは組織の基本的構成要素と見ることもできる。これら概念の関係については後述する。

歴史と概要

ワークフローは明らかに現代になって登場した概念である。ピラミッドのような歴史的建造物の建設でも、労働者の集団における各人の業績が存在したと想像することはできる。しかし、仕事の性質を研究することで価値を生み出し、組織をよりよく機能させようという考え方は、おそらくアダム・スミスを起源とする明らかに現代的な思考である。以下では、大まかに年代を区切って、ワークフローの観念が発展していった経緯を簡単に解説する。

製造業における起源(1900年 - 1950年)

ワークフローの観念は、仕事自体の概念化の歴史的発展と共に発展した。現代的なワークフローの起源は、フレデリ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる