「ワッキー」とは?

関連ニュース

ビギナーから熟練ランナーまで! リゾートマラソンに参加するならプーケットをオススメしたい理由3連発 - 12月17日(日)10:00 

12月10日、注目の国際マラソンを現地で取材してきました。えっ、ホノルル・マラソン? いいえ、タイのプーケットで開催された『Phukethon(プーケソン)2017』です! プーケットといえば東南アジアを代表するビーチリゾート地。ぶっちゃけスポーツのイメージはなかったのですが、現地はかなりの盛り上がりを見せていました。ビギナーから熟練ランナーまで楽しめるイベントとして、この『プーケソン』をオススメしたい理由をご紹介します。 その1:異国感が味わえるロケーション 『プーケソン』の魅力は何と言ってもプーケットの美しい景観を望むようにレイアウトされたコース。 メインとなるフルマラソン(42.195km)、ハーフマラソン(21.1km)、ミニマラソン(10km)では、それぞれ海抜200mからの美しい海原や、島と深淵を望む360度パノラマビュー、そして中国とポルトガルの文化がミックスした建物が立ち並ぶオールドタウンなど見所が満載のコース設計となっています。 一方でアップダウンが激しいのも特徴。『プーケソン』には招待選手として参加し、「30分のネタ見せよりもフルマラソンの方が楽です!」と過去4年間で30本以上のフルマラソンを完走したことで有名な……超有名な(!)ランニング芸人・がんばれゆうすけさん曰く、「今まで走ったどのコースよりもキツかったです」とのこと。 今年が初開催とあっ...more
カテゴリー:

本田圭佑は関西ノリのムードメーカー! 太田宏介が明かす日本代表裏話 - 12月04日(月)20:00 

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。12月4日(月)の生放送はサプライズマンデー! たかみなに代わってペナルティのワッキーさんがパーソナリティを担当。FC東京の太田宏介選手をゲストに招き、日本代表の裏話や注目の選手などについて伺いました。 最初のトークテーマは日本代表の裏話。太田選手は2010年、アジアカップ最終予選のイエメン戦で初めて代表として出場。当時のことを、「アウェーで観客も少なく、日本からの中継もない。雰囲気的には練習試合に近い感じでした」と振り返ります。 そんな太田選手は日本代表のなかでもムードメーカーを担当。代表合宿中に誰かの誕生日があったりすると、一発芸としてギャグや自身の恥ずかしいエピソードを披露してきたそうです。 太田選手いわく、本田圭佑選手もまたムードメーカー。 「コテコテの関西人です。普通にみんなとふざけあったりする。普段メディアを通して観る姿とギャップがありますよね」と話す太田選手に、ワッキーさんも「えっ、本田選手が!」とびっくり。 本田選手は食事や練習の際、浦和レッズの槙野智章選手とよく話しているそうで、「槙野も天才的なムードメーカーです」と太田選手。「団体競技でムードメーカーの存在は本当に大事です」と強調していました。 次に、太田選手が注目の若手として挙げたのが久保建英選手。 ...more
カテゴリー:

「ワッキー」の画像

もっと見る

「ワッキー」の動画

Wikipedia

ワッキー(1972年7月5日 - )は、日本のお笑い芸人であり、お笑いコンビペナルティのボケ担当。本名、脇田 寧人(わきた やすひと)。一部では"カゴマン"と言われている。

北海道釧路市出身(公称)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。血液型はB型。身長178cm、体重68kg。右利き

来歴

父方の祖母の実家が北海道釧路管内の川上郡標茶町磯分内の脇田商店であり、親戚一同足が速いのが近所の自慢であった。

父親の仕事の都合で3回の転勤があり、そのうち中学1年生 - 中学2年生の冬まで、北海道釧路市で育つ。そのとき在籍していたのが、釧路市立東中学校(現:幣舞中学校)である。当時はサッカー部で活動していた。

高校は船橋市立船橋高等学校(市船)に進学し強豪のサッカー部に入部。布啓一郎監督の下で厳しい練習に明け暮れ、あまりの厳しさに合宿所から夜逃げする者もいたほ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる