「ワシントンポスト紙」とは?

関連ニュース

安倍首相とトランプ大統領のネクタイの柄がまったく同じで米メディアが注目 - 04月19日(木)20:44  news

米南部フロリダ州パームビーチを訪問中の安倍晋三首相が到着直後の17日、別荘「マールアラーゴ」でトランプ大統領の出迎えを受けた際、 2人のネクタイの柄が同じだったことが米メディアで注目されている。  側近の西村康稔官房副長官が確認すると、首相は「全くの偶然だった」と説明したという。 西村氏は18日朝、ツイッターに「気が合う、ウマが合う象徴」と投稿、両首脳の蜜月ぶりを改めてアピールした。  首相が着用していたのは濃紺に太めの白い線が入ったレジメンタルのタイ。トランプ氏も全く同じ柄だった。 ぎこ...
»続きを読む
カテゴリー:

CIA長官“極秘訪朝”で金正恩氏と会談か 4/18 10:40更新 - 04月18日(水)10:40 

米ワシントン・ポスト紙は、次期国務長官に指名されているCIAのポンペオ長官が2週間ほど前に極秘に北朝鮮を訪問し、金正恩委員長と直接会談をしたと伝えている。
カテゴリー:

米国務長官指名のポンペオ氏、数週間前に金委員長と会談=Wポスト - 04月18日(水)09:31 

[ワシントン 17日 ロイター] - 米ワシントン・ポスト紙は17日、状況を知る関係者2人の話として、次期米国務長官に指名されているポンペオ氏がイースターの週末に北朝鮮を訪れ、金正恩朝鮮労働党委員長と会談したと報じた。
カテゴリー:

トランプ氏、対ロ制裁に待った - 04月17日(火)10:12 

米紙ワシントン・ポスト紙(電子版)は16日、トランプ大統領がロシアに対する追加制裁を中止させたと報じた。写真はトランプ氏(左)とヘイリー米国連大使=1月29日、ワシントン
カテゴリー:

米のセクハラ疑惑報道にピュリツァー賞=告発運動、世界に拡大 - 04月17日(火)08:49 

 【ニューヨーク時事】米報道界で最高の栄誉とされる2018年のピュリツァー賞が16日発表され、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏らによるセクハラ疑惑を報じたニューヨーク・タイムズ紙とニューヨーカー誌が公益賞を受賞した。 国内報道賞は、2016年大統領選へのロシア介入疑惑を報じたワシントン・ポスト紙とニューヨーク・タイムズ紙が受賞した。 セクハラ疑惑報道の受賞理由は「衝撃的で影響力の強いジャーナリズムによって、大物かつ裕福な性的搾取者を暴き出し、長く抑えられてきた強制、残虐行為や被害者の口止めに対する責任を追及した」と評価した。報道をきっかけに、セクハラ被害を告発する運動が米国から世界に広がり、告発を受けた著名人の相次ぐ失脚につながった。 【時事通信社】
カテゴリー:

米大統領、CIA長官の極秘会談確認=金正恩氏と「良い関係築いた」 - 04月18日(水)20:44 

 【パームビーチ時事】トランプ米大統領は18日朝、ポンペオ中央情報局(CIA)長官が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談したことを確認した。ツイッターに書き込んだ。 ポンペオ氏の極秘訪朝の時期についてワシントン・ポスト紙は「数週間前」と報じたが、トランプ氏はツイッターで会談が「先週」行われたと書いている。 トランプ氏は会談について「とてもうまくいった。良い関係が築かれた」と述べた。米朝首脳会談の詳細について詰めていると説明し「非核化は世界にとってだけでなく、北朝鮮にも素晴らしいことだ」と指摘した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米国務長官指名のポンペオ氏、数週間前に金委員長と会談=Wポスト - 04月18日(水)10:16 

[ワシントン 17日 ロイター] - 米ワシントン・ポスト紙は17日、状況を知る関係者2人の話として、次期米国務長官に指名されているポンペオ氏がイースターの週末に北朝鮮を訪れ、金正恩朝鮮労働党委員長と会談したと報じた。
カテゴリー:

バーバラ・ブッシュさん死去=元米大統領の夫人・母、92歳 - 04月18日(水)09:14 

 【ワシントン時事】米各メディアによると、ブッシュ(父)元大統領の夫人で、ブッシュ(子)元大統領の母、バーバラ・ブッシュさんが17日、死去した。92歳だった。 ワシントン・ポスト紙によると、バーバラさんは慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)などを患い、最近は入退院を繰り返していた。父ブッシュ氏の広報担当者は15日、医師や家族が相談した結果、夫人の治療を断念し、身体や精神の苦痛を和らげる緩和ケアに移行すると発表していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

ピュリツァー賞に“ロシア疑惑”や“セクハラ”など選出 - 04月17日(火)10:11 

 アメリカのジャーナリズムで最高の栄誉とされるピュリツァー賞が発表され、2016年の大統領選でロシアが関与した疑惑を報じたニューヨークタイムズとワシントンポスト紙の報道が選ばれました。
カテゴリー:

トランプ氏、対ロ制裁に待った=国連大使発言を否定 - 04月17日(火)08:47 

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト紙(電子版)は16日、トランプ大統領がロシアに対する追加制裁を中止させたと報じた。ヘイリー国連大使は15日、米政府はシリアの化学兵器使用疑惑に絡み対ロ制裁を16日にも発表すると発言していた。 米政府当局者はポスト紙に、ロシアによる新たな問題行為なしにトランプ氏が追加制裁を承認する可能性は低いと指摘した。政権内の対ロ強硬派とロシアとの関係改善を目指してきたトランプ氏の間で意見の食い違いが生じている可能性もある。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「ワシントンポスト紙」の画像

もっと見る

「ワシントンポスト紙」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる