「ワゴン車」とは?

関連ニュース

【生活情報】ドライアイスの意外な怖さ…「凍傷・破裂・酸欠」にご注意! 消費者庁が注意を呼びかけ - 08月21日(月)20:08  newsplus

ドライアイスの意外な怖さ…「凍傷・破裂・酸欠」にご注意! 2017年08月21日 11時35分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21598.html 子供の頃はドライアイスの煙を楽しんだものだが…。(イメージ画像/AC)  アイスクリームやシャーベットが美味しい季節だが、この時期は、保冷剤として使われているドライアイスによる凍傷や密閉容器内での破裂などの事故が増えるとして消費者庁が注意を呼びかけている。 被害者は子供に限らず、熱中症予防に首につけて水疱ができてしまったお年寄りもいるという。  消費者庁に...
»続きを読む
カテゴリー:

【スペイン】バルセロナテロ  犠牲者に7歳男児も 民家でガスボンベ120本発見 - 08月21日(月)13:47  newsplus

【8月21日 AFP】(写真追加)スペイン東部カタルーニャ(Catalonia)自治州で相次いだ車突入事件で、警察当局は20日、容疑者グループが爆弾製造所として使用していたとみられる民家でガスボンベ120本を発見したと発表した。一方、このうちバルセロナ(Barcelona)での襲撃の犠牲者に英国系オーストラリア人の男児(7)が含まれていることが明らかになった。  大量のガスボンベが見つかった民家は、バルセロナの南約200キロの町アルカナル(Alcanar)にある。  カタルーニャ警察のジョゼップ・リュイス・トラペロ(Josep Lluis Trap...
»続きを読む
カテゴリー:

緑の「駐車監視員」を尾行してわかった、許せない取り締まり術 - 08月21日(月)04:45 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役の警察官Tさんへのインタビューで「自転車の取り締まり」に関する裏話を暴露する当シリーズ。「パーキングメーター内にある自転車に警察が手を出せない理由」について語られた前回に続き、今回は意外と知られていない駐車監視員の日常や、レッカー移動で取り締まるのを止めた裏事情など、ヤバイ話が続々登場します。吉田さんが駐車監視員を尾行してみると……。 軽車両の自転車はどこまで車両や歩行者と共存できるのか? その10 【関連記事】警察も手を出せない。パーキングメーター内にある不都合な「自転車」 吉田:後ろから気づかれないよう尾行して、駐車監視員は2人でペア行動取らなきゃいけないわけじゃないですか。彼らの会話も聞いたりとかすると、色々分かってきたりします。取り締まりの法則とか、暇している話とかね。 Tさん:駐車監視員の方たちを尾行して何になるんですか?(笑) 吉田:情報ですよ。本来ならば彼らも”みなされている形の公務員”ですから、国民への情報開示は当然なんですけども、話を聞いても意外に教えてくれないんですね。 Tさん:例えば? 吉田:彼らはペアで行動する際に一定のルートを巡回するわけで、そのルートを知っておくと駐車した際にどのぐらいの時間でここに戻ってくるのだとか逆算できるんですね。 Tさん:吉田さん...more
カテゴリー:

十分な警戒態勢にありながら未然に防げなかったバルセロナのテロ【現地在住記者リポート】 - 08月20日(日)08:46 

 スペインの第二都市バルセロナで8月17日午後5時頃、ラス・ランブラス通りで一台のワゴン車がS字を描くようにハンドルを切って歩行者を片っ端からはねるというテロ事件が発生した。13人が死亡し、130人以上が負傷。その内の1 […]
カテゴリー:

【スペイン】バルセロナ襲撃の主要容疑者、死亡確認 - 08月19日(土)11:44  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/40984604 スペイン北東部の主要都市バルセロナで17日夕、繁華街のランブラス通りでワゴン車が歩行者を次々とはね、少なくとも13人が死亡し、100人以上が負傷した事件で、主要容疑者の男が、翌日未明に約120キロ西のカンブリスで警察に射殺された5人の一人だったことが確認された。射殺された襲撃犯たちはカンブリスでもワゴン車で歩行者を次々とはね、7人を死傷させた。 スペインのカタルーニャ警察によると、バルセロナで歩行者110人以上を死傷させた疑いのムーサ・ウカビル容疑者は、バルセロナ襲撃の...
»続きを読む
カテゴリー:

バルセロナの車突入、運転していた容疑者を特定 警察発表 - 08月21日(月)16:56 

【8月21日 AFP】スぺイン東部カタルーニャ自治州バルセロナのランブラス通りにワゴン車が突っ込み、歩行者らをはねた事件で、スペイン警察は21日、ワゴン車の運転手の身元を特定したと発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

スペインテロ:車3台で爆破計画 ガウディの大聖堂も標的 - 08月21日(月)11:38 

 スペイン北東部バルセロナとカンブリスで相次いだテロ事件で、スペイン捜査当局は20日、計12人の犯行グループがレンタカーのワゴン車3台に爆発物を搭載し、多発テロを計画していたとの見方を発表した。地元メディアは、こうした車両を使い、容疑者が建築家ガウディの設計した世界遺産「サグラダ・ファミリア大聖堂」の爆破も計画していた疑いがあると、捜査関係者の話として報じた。国内外の観光客が集う観光地で多発テロを狙った可能性が浮上した。
カテゴリー:

「そんな働き方では人間のクズになる」―ランドセルメーカー・協和が『日本でいちばん大切にしたい会社』である理由 - 08月20日(日)10:00 

ブランド名「ふわりぃ」のランドセルで知られる鞄メーカーの協和(東京・千代田区)は、社員を思いやる経営を貫いている。 リストラの実績はなく、離職率はほぼゼロ。女性社員の産休や育休の取得期間は本人次第で、1年休んでも2年休んでも正社員の地位は約束されている。若松秀夫専務(66)は「安心して育児をすることで社員力は高まる」と話す。 若松専務は若松種夫社長の長男だが、実質的な経営者として協和を他社がうらやむ“ホワイト企業”に育て上げた立役者でもある。 東北大学を卒業後、大手ファスナーメーカーに入社。直後にフランス支社への赴任が決まり、その後10年間は自社製品の海外販路開拓に奔走したのだが、1982年に退職し帰国することになる(前編記事参照)。 再就職への強い思いはなかったそうだが、フランス人女性と結婚しての帰国だったため、住居は必要だった。そこで父親である若松社長が「会社の8階が空いているから、そこに住め」と促し、そのまま入社することになる。 ただし、ただ就職するのでは「面白くない」。というのは当時、協和は創業30年ほどだったが、ほぼランドセルだけを製造する会社だった。だから、「やることはなかった」(若松専務)のだ。 そして取り組んだの...more
カテゴリー:

【スペイン】バルセロナテロ、射殺された3人はモロッコ国籍 [08/19] - 08月19日(土)12:52  newsplus

バルセロナテロ、射殺された3人はモロッコ国籍 読売新聞:2017年08月19日 12時15分 http://www.yomiuri.co.jp/world/20170819-OYT1T50057.html 18日、スペインのバルセロナで、テロ事件の犠牲者を追悼する人々(AP)   【バルセロナ=作田総輝、ブリュッセル=横堀裕也】AFP通信などによると、スペイン東部バルセロナ郊外の町カンブリスで18日未明、乗用車が歩行者らに突っ込んだテロ事件で、捜査当局は18日、射殺した5人のうち3人の身元を特定した。  これとは別に、カンブリスやバルセロナなどで連続して起...
»続きを読む
カテゴリー:

【バルセロナ暴走テロ】犯行グループ、大規模爆弾テロ計画か 爆弾製造失敗で車両凶器に スペイン警察当局  - 08月19日(土)11:07 

 【バルセロナ=岡部伸】スペイン北東部バルセロナ中心部と近郊のカンブリスでそれぞれワゴン車が歩行者に突っ込み計14人が死亡したテロについて、警察当局は18日、両事件が同一グループによる連続犯行で、爆弾を使用した大規模なテロも計画されていた可能性があるとの見方を示した。
カテゴリー:

もっと見る

「ワゴン車」の画像

もっと見る

「ワゴン車」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる