「ロボット」とは?

関連ニュース

武者ガンダムがリアル頭身アクションフィギュアで参上! - 01月20日(土)21:11 

バンダイが展開するロボットアクションフィギュア「METAL ROBOT魂」に、「武者頑駄無」が登場。「METAL ROBOT魂 〈SIDE MS〉 武者頑駄無」(14,040円/税込)として、現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。商品の発送は2018年6月を予定している。
カテゴリー:

上川隆也&山本耕史&ブルゾンちえみ、「ジオストーム」声優を経てキャリアに変化? - 01月20日(土)19:00 

 地球のあらゆる気候をコントロールする人工衛星の暴走が、異常気象と地球規模の大災害を引き起こすディザスター(大災害)超大作「ジオストーム」(公開中)。斬新な設定に加えて、寒波や熱波、地割れ、大洪水、竜巻といったディザスター映画の要素を“全部乗せ”した本作の日本語吹き替え版には、声優経験も豊富な実力派の上川隆也、テレビ・映画・舞台と幅広く活躍する山本耕史、そして昨年文字通り“旋風”を巻き起こしたお笑いタレント・ブルゾンちえみが参加し、個性的なキャラクターたちに命を吹き込んでいる。  上川が演じるのは、宇宙ステーションの生みの親であり、国際的な対策チームのリーダーを任される主人公ジェイク(ジェラルド・バトラー)。「家族や仲間たち、何より自分が作り上げた宇宙ステーションに対する思い入れの強さが印象的なキャラクターですね。クライマックスで迫られる“ある決断”も、潔くて心の中で思わず『あっぱれだな』と。しかも、バトラーさんがカラッと演じているんですよ。その大きな持ち味を、日本語でいかに表現するかが課題でした」と振り返る。  「かぐや姫の物語」「ファインディング・ドリー」などアニメ作品の声優を務めた経験はあるが、実写の吹き替えは初めて。「自分なりの色付けがしやすいアニメに比べると、実写は演じている役者さん、今回であればバトラーさんの演技や感情に“寄り添う”要素が強かった」と明かし、「最優先...more
カテゴリー:

名古屋市西区の古民家カフェにて、 分身ロボットOriHimeが登場。 障害を乗り越え、自宅から普段見れないお父さんの音楽&トークライブに参加。 - 01月20日(土)16:00 

重度の障害を持つ寝たきりの女の子「うたちゃん」。全国でモニターとして10台しかリリースされていない分身ロボットOriHimeを使って、自宅からお父さんのライブに参加。 ゲストはアコースティックユニット「ちんちくりん」GtVoの関さんはうたちゃんのお父さん。 ライブの内容は、彼の企画する「休みの国」という健常者も障害者も楽しめる子どものためのイベントにまつわるトークライブと、彼のアコースティックライブの二本立て。 日本にまだモニターとして10台しかリリースされていないOriHimeを使って、障害の有無や外出の可能性の有無を越えて、1つの場所で音楽、空間を共有できることを示したい。
カテゴリー:

ロボット、最新技術紹介 IT津梁まつり 29校、22社出展 - 01月20日(土)12:00 

 沖縄県内最大級のIT体験イベント「IT津梁まつり2018」(主催・県、未来のIT人材創出促進事業受託コンソーシアム)が19日、豊見城市豊崎の豊見城市民体育館で始まった。工業高校や専門学校など29校、IT企業を中心に22社が出展し、最新のIT技術を使った研究や作品をはじめ、農業や建設、観光など他...
カテゴリー:

農業に本当に必要なものは、経験でもなければ土地でもないかもしれない。 - 01月20日(土)10:59 

専業農家だった祖父(現在は86歳と高齢のため家庭菜園のみ)が、よくこんな風に言っていた。「じいちゃんは農業のプロだから~(こんなにうまくいった的な話がつづく)」。幼いながらに“農業は知識と経験が充分でないとできないことなんだ”と思っていた。し、これは実際に間違っていないと思う。 そして、この原稿を書きはじめるにあたって、何人かにゆるっとこんなことを聞いてみた。「農業に必要なものって何だと思いますか?」すると、ゆるっとこんなこたえが返ってきた。くわ、トラクター、運、忍耐力、知恵、体力、若さ、種、土、お客さん、愛嬌、真心。これも、また、そうかもしれない。 けど、宮崎県新富町の農業の話を聞くと「農業に本当に必要なものは?」に抱くイメージはちょっと変わってくるかもしれない。「先進地」!?人口1万7000人ほどの小さな町・宮崎県新富町が、アグリテックの「先進地」としてたびたび注目されたりする。アグリテックとは、農業にテクノロジーを取り入れることだが、正直、アグリテックの先進地とされる場所が新富町だとはじめて知ったとき、驚いた。新しい分野のことが、日本で積極的に取り入れられるとするならば、安易だが、やっぱり最初は東京近郊だと思っていた。そして、むかし田舎に住んでいた経験則上、新しいことが田舎に受け入れられるのは、かなりむずかしいという印象があったから...more
カテゴリー:

森久保祥太郎「マジンゴー!」を生レクチャー。茅野愛衣&上坂すみれは「オッパイ」絶叫に驚き - 01月20日(土)20:14 

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』(公開中)の舞台挨拶付き大“Z”叫応援上映会が1月20日に新宿バルト9で開催され、森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、金丸裕プロデューサーが登壇。“Z”叫ポイントを生レクチャーした。 【写真を見る】『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の応援上映が大盛り上がり!会場の様子 原作者・永井豪の画業50周年を記念したスーパープロジェクトとして、伝説のロボットアニメを45年ぶりにスクリーンに復活させた本作。この日は、サイリウムやペンライトの使用OK、絶叫(Z叫)OKの応援上映が実施された。 カラフルなサイリウムを掲げ、大歓声をあげる観客に迎えられたキャスト陣は「すごい!」と驚くことしきり。引っ切りなしに声援が上がる異様なほどの熱気ぶりで、森久保は「仕上がってますね!森久保祥太郎だゼーット!」と大喜びで挨拶。花江が「森久保さんのうちわを持っている人がいますよ!」と見つけるなど、冒頭から大盛り上がりのイベントとなった。 名台詞や必殺技を叫んだり、リアクションをすることも可能とあって、上映前にオススメの応援ポイントをレクチャーすることに。森久保は「マジーンゴー!」との掛け声について、「当時もミキサーさんをやっていた方に秘訣を教わった」とのこと。兜甲児の初代声優を務めた石丸博也はあまり力まずに「マジーンゴー!」を発していたそうで、森久...more
カテゴリー:

【ロボット】ロボットに対する「不気味の谷」、反応する脳の部位が判明 - 01月20日(土)16:58  bizplus

 ロボットの見た目を人間に似せていくと、親近感は高まる。しかし、あまりに人間に似すぎると、ある時点でその親近感が突如として嫌悪感に変わり、まるで死体でも目にしたかのような反応を呼び起こす。 生身の人間とは微妙に異なるアンドロイドの外観や動きに対して、人が急に違和感を覚えるこの現象は、「不気味の谷」と呼ばれる。1970年代に打ち出された概念だ。  アンドロイドの動きを見た時にこのような反応が起きる仕組みは、これまで詳しい調査はされてこなかった。人間が想定する自然な動きと、微妙にぎこちない実際のアン...
»続きを読む
カテゴリー:

松坂桃李の珍回答に会場爆笑!紳士すぎるクマよりも、あの青いキャラになりたかった⁉︎ - 01月20日(土)13:21 

イギリス生まれのロングセラー児童文学を映画化し、世界的ヒットを記録した『パディントン』(15)の続編『パディントン2』の公開記念舞台挨拶が20日、TOHOシネマズ新宿にて開催。日本語吹替え版の声優を務めた松坂桃李と古田新太、三戸なつめ、斎藤工が登壇した。 【写真を見る】おとぼけ回答連発!松坂桃李の笑顔が炸裂する舞台挨拶の様子はこちらから 本作では“紳士すぎる”クマのパディントンが、1冊の絵本をめぐって落ち目の俳優ブキャナンが仕掛けた罠にかかり、逮捕されてしまうことから始まる壮大なアドベンチャーが展開。先立って公開されたアメリカでは前作以上の絶賛を集め、大手批評サイト「ロッテントマト」では歴代最高の評価を獲得している。 前作につづいて主人公パディントンの声を担当した松坂は、上映を観終わったばかりの観客に向けて「羨ましいです」と笑顔を見せた。そして海外だけでなく日本でも好評が集まっている本作に「これは3作目もあるかも。日本の皆さんの反応が良ければ良いほどその可能性が出てくるので、続きをやりたいと願っています」とコメント。 一方「ラストシーンの一部が吹き替えられていないのでは」とネット上で話題になるほど見事な英語力を披露した斎藤は「多くは言えませんが、みんなで歌うので誤魔化しやすいところですから」と謙遜。そんな斎藤も「続編が作られるならまたブキャナンさん役で活躍したい。回想でもいいですの...more
カテゴリー:

ガンダム史上最も「顔が可愛い」ヒロインランキング - 01月20日(土)11:30 

今も世界中で人気のアニメ、ガンダムシリーズ。非常に多くの作品やスピンオフ作品を生み出しており、アニメが好きな人ならいずれかの作品を視聴した事があるのではないでしょうか? 各作品には主人公とセットでヒロインが設定されている事が多く、可愛いヒロイン目当てで視聴していた紳士も少なくないかと思います。 そこで今回は「ガンダム史上最も顔が可愛いヒロインキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。 シリーズで一番可愛いと思われているガンダムヒロインとは、一体どの作品のどのキャラだったのでしょうか? 1位 ラクス・クライン 2位 セイラ・マス 3位 ルナマリア・ホーク ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『機動戦士ガンダムSEED』の「ラクス・クライン」! プラントの歌姫、『機動戦士ガンダムSEED』の「ラクス・クライン」が堂々の1位に輝きました。 ZAFTの広告塔として歌やメッセージをプラントに届けていた歌姫的存在であり、プラント最高評議会議長を父に持つ生粋のお嬢様でアスランの婚約者。 平和を訴える一方で、目的のためには手段を選ばない活動家の側面を持っており、気がつけばアスランとの婚約はうやむやになり、アスランのライバルである主人公キラの恋人ポジションに収まっていました。 2位は『機動戦士ガンダム』の「セイラ・マス」! ガンダム最初のヒロイン、『機動戦士ガンダム』の「セイ...more
カテゴリー:

ブルゾンちえみ声優初挑戦!見てほしい人数は「35億」 - 01月20日(土)06:00 

全国で公開中のディザスター・アクション大作映画「ジオストーム」。気象コントロール衛星“ダッチボーイ”によって世界の天候は管理されていたが、突如“ダッチボーイ”が大暴走し、世界中で不可解な異常気象が起こり始める。 「35億人に見てもらいたい」とアピールするブルゾンちえみ(写真左) そんな事態を収拾するため、立ち上がった“ダッチボーイ”のクリエーターであり、エンジニアのジェイク・ローソン(ジェラルド・バトラー)と、ジェイクの弟で国務省の職員として事態の収拾を行うマックス・ローソン(ジム・スタージェス)、地球規模で起こる緊急事態の中、シークレットサービスの捜査官として大統領の警護を行うサラ・ウィルソン(アビー・コニッシュ)、第一線で活躍する彼らの姿を描く。 今回、その日本語吹き替えを担当したジェイク役の上川隆也、マックス役の山本耕史、サラを演じたブルゾンちえみにインタビューを行い、演じた役の印象や見どころなど、今作への思いを聞いた。 ――それぞれが演じられた役の印象についてお聞かせください。 上川:最終的な局面に当たって、ジェイクが大きな決断をするのですが、その潔さがあっぱれだなって思いました。また、ジェラルドさんがカラっと演じられていて、それが一つ大きな持ち味だなと思いました。それを僕はどのようにして、声で表現していくのか苦慮した部分でもあるんですけど、でもジェイクの決断は、日本人が気...more
カテゴリー:

もっと見る

「ロボット」の画像

もっと見る

「ロボット」の動画

Wikipedia

ロボット(robot)は、の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。最近では半ば自立した移動端末に対して「ドローン」とも。機械としてとらえた場合、主に以下に大別することが可能である。

  • ある程度自律的に連続、或いはランダムな自動作業を行う機械。例・産業用ロボット軍事用ロボット掃除用ロボット搾乳ロボットなど。
  • や動物を模したまたは近似した形状および機能を持つ機械。SF作品(鉄腕アトム(主人公が「人造人間」(アンドロイド))や機動戦士ガンダム(機動兵器としての...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる