「ロジャー・フェデラー」とは?

関連ニュース

ナダル、全仏欠場のフェデラーに理解「それぞれ合ったやり方で」 - 05月17日(水)15:12 

【5月17日 AFP】男子テニスのラファエル・ナダル(スペイン)が16日、全仏オープンテニスを含む今季のクレー全大会を欠場するロジャー・フェデラー(スイス)の決断は理にかなっているとの考えを示した。≫続きを読む
カテゴリー:

フェデラーが全仏テニス欠場発表 ウィンブルドン優先か - 05月16日(火)10:18 

 テニスの4大大会で男子歴代1位の18勝を挙げているロジャー・フェデラー(35)=スイス=は15日、28日開幕の4大大会今季第2戦、全仏オープン(パリ)を欠場すると公式サイトで発表した。2年連続の欠場…
カテゴリー:

全仏テニス:フェデラーが欠場 自身の公式サイトで発表 - 05月16日(火)08:52 

 男子テニスの今季の全豪オープン覇者で、4大大会18度の優勝を誇る世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が15日、全仏オープン(28日開幕)を欠場すると公式サイトで発表した。
カテゴリー:

フェデラー、全仏を欠場=男子テニス - 05月16日(火)08:08 

 【ローマ時事】テニス四大大会で男子歴代最多の18勝を誇るロジャー・フェデラー(35)=スイス=が15日、全仏オープン(28日開幕、パリ)を欠場すると自身の公式サイトで明らかにした。7月のウィンブルドン選手権など芝コートと、それに続くハードコートのシーズンに向けた準備を優先する。「長く現役を続けるためには、日程の調整がカギになる」と説明した。 世界ランキング5位のフェデラーは昨年のウィンブルドン後、左膝の治療で戦列を離れたが、今年は1月の全豪オープンなど3大会で優勝し、復活を遂げた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【テニス】錦織圭&マイケル・チャンの“師弟関係”、4年続く理由をテニスジャーナリストが分析 - 05月10日(水)17:02 

錦織&チャンの“師弟関係”続く理由 テニスジャーナリスト分析  その声を封じることができるか。  錦織圭(27)は3月のマイアミOPで右手首を痛め、4月下旬のバルセロナOPを欠場。約1カ月半ぶりに復帰する今週のマドリードOPは第6シードでの出場となったが、右手首にはテーピングがされており、故障は完治していないようだ。  錦織は8日発表の世界ランキングで7位から8位へ後退した。  2014年の全米OP準優勝で日本中を沸かせた錦織も、その後は4大大会の決勝進出はなく、マスターズにも勝っていない。世...
»続きを読む
カテゴリー:

【テニス】フェデラーが全仏オープン欠場 ウィンブルドン前に復帰か - 05月17日(水)08:27 

グランドスラムで歴代最多18度の優勝、ATPツアー91度の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)が、今季の全仏オープンを欠場することが15日、明らかになった。
カテゴリー:

【テニス】<ロジャー・フェデラー>全仏欠場へ…「来季以降も戦うため」 - 05月16日(火)09:53 

テニスの男子シングルス世界ランキング5位、ロジャー・フェデラー(スイス)は15日、全仏オープン(28日開幕)を欠場すると発表した。  自身の公式サイトで、「来季以降もツアーで戦い続けるため、クレーコートの時期は大会に出ないのが最善と感じた。選手寿命を延ばすには、スケジュール管理が鍵になる」と欠場の理由をコメントした。左膝の故障明けとなる今季、1月の全豪オープンで優勝して復活を印象づけ、4月のマイアミ・オープンなども制した。(パリ 風間徹也) 読売新聞 5/16(火) 9:17配信 https://headlines....
»続きを読む
カテゴリー:

フェデラーが全仏OP欠場を発表「今後何年間もプレーするために」 - 05月16日(火)08:19 

【5月16日 AFP】男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)が15日、芝、ハードコートシーズンに最善の準備をするため、今月開幕する全仏オープンテニスを欠場すると発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

フェデラー、15度目のゲリー・ウェバーOP出場が決定 - 05月12日(金)10:20 

【5月12日 AFP】男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)が、来月開催されるゲリー・ウェバー・オープンで通算15度目の出場を果たすことが明らかになった。≫続きを読む
カテゴリー:

「ロジャー・フェデラー」の画像

もっと見る

「ロジャー・フェデラー」の動画

Wikipedia

ロジャー・フェデラー(Roger Federer 、1981年8月8日 - )は、スイスバーゼル出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

テニスの教本のような理想的なフォームを持ち、あらゆるショットを流れるように駆使するプレースタイルから、最も完成度の高い選手と評されている。

グランドスラム男子シングルス最多優勝・歴代最長世界ランキング1位・通算獲得歴代最多賞金など数々の記録を塗り替えてきたことから、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声が高い。

スイス代表としても功績を残しており、北京五輪男子ダブルス金メダル、ロンドン五輪・男子シングルス銀メダル、2001年ホップマンカップ優勝、2014年デビスカップ優勝に貢献している。

スポーツの各分野で活躍した選手を称えるローレウス世界スポーツ賞を2005年から2008年にかけて4度受賞し、競技の枠を超えて高い評価を受けているスポーツ選手である。

選手経歴 キャリア初期

2002年全米オープンにて]] ボリス・ベッカーに憧れ、8歳から...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる