「ロシア政府」とは?

関連ニュース

露、中国に最先端地対空ミサイルを供給開始 台湾全土を射程圏内に - 01月22日(月)12:12 

ロシア政府はこのほど、中国当局に対して最先端の超長距離地対空ミサイルシステム「S-400」を引き渡し始めた。専門家は、中国側がS-400を配備した後、台湾全土を射程圏内に設定する可能性が高いと指摘した。
カテゴリー:

「ロシア嫌悪」が冷戦中より悪化、ロシア外相 欧米に警告 - 01月22日(月)09:34 

【1月22日 AFP】ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は21日、欧米諸国の「ロシアフォビア(嫌悪)」が冷戦中よりも悪化しており、ロシア政府には尊重されるべき「レッドライン(譲れない一線)」があると警告した。≫続きを読む
カテゴリー:

「プーチンを裏切れ!」米国に脅迫された、ロシアの新興財閥軍団 - 01月19日(金)04:45 

トランプ大統領の「ロシアゲート」事件をきっかけに悪化し続けている米ロ関係。アメリカはロシアの新興財閥にも圧力をかけ、プーチンを裏切るように仕向けているようです。米ロどちらとも良好な関係を保ちたい日本ですが、どのように動くのがベストなのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でモスクワ在住、国際政治に詳しい北野幸伯さんが考察しています。 「プーチンを裏切れ!」アメリカ、ロシア新興財閥軍団を脅迫 久しぶりにロシアの話です。 「日本には沖縄の領有権はない!!!」 中国は、こんな主張をしている。それで、日本にとって最大の脅威になっている。私たちは、リアリズムの大家ミアシャイマーさんや、世界一の戦略家ルトワックさんの戦略に従い、「日米ロで連携し、中国を動けなくする」という道を探ってきました。 トランプは、「親ロシア、反中国大統領」として登場したので、非常に期待していた。しかし、その後「ロシアゲート」が盛り上がり、米ロ関係は悪化し続けている(トランプ自身は、今も親ロシアです)。そして、米中関係は、アメリカが北朝鮮問題で中国の協力を必要としていることから、あっさり改善されてしまった。現在の米中ロ関係を、単純にいえば 米ロ関係は、非常に悪い。ますます悪化している 米中関係は、悪くない 中ロ関係は、とてもよい。 こんな感じになります。しかも、アメリカは、ロシアへの攻撃を止めようとし...more
カテゴリー:

【マスコミ】アメリカで次々と明らかになったリベラルメディアの偏向報道 民主主義を守るのは国民 - 12月31日(日)18:08  newsplus

新聞やテレビ、雑誌など、媒体を問わず偏向報道が問題視されている。不公平な報道や、事実の黙殺などをするマスコミは、「社会全体・公の利益に適うべし」という「社会的公器」としての役割を失いつつある。   アメリカでも、トランプ米大統領がマスコミを公然と批判したことにより、「フェイクニュース」が問題になった。実際に2017年、米メディアの偏向が次々と明らかになっている。   本欄では、潜入捜査を通して米メディアの偏向報道を明らかにする団体「プロジェクト・ヴェリタス」がこれまでに暴いてきた、リベラル...
»続きを読む
カテゴリー:

【ニューヨークタイムズ・CNN】 アメリカで次々と明らかになった リベラルメディアの偏向報道 - 12月30日(土)21:04  seijinewsplus

《本記事のポイント》 米リベラルメディアの「アンチ・トランプ」の偏向姿勢が次々と明かされている 隠し撮り動画で暴露「すべては視聴率のため」「ロシア疑惑の証拠は何もない」 民主主義を守るためにはメディアの公平性や国民の本質を見極める姿勢が必要 新聞やテレビ、雑誌など、媒体を問わず偏向報道が問題視されている。不公平な報道や、事実の黙殺などをするマスコミは、 「社会全体・公の利益に適うべし」という「社会的公器」としての役割を失いつつある。 アメリカでも、トランプ米大統領がマスコミを公然と批判した...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】欧米諸国の「ロシア嫌悪」が冷戦中より悪化、ロシア外相が欧米に警告 - 01月22日(月)11:09  newsplus

ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は21日、欧米諸国の「ロシアフォビア(嫌悪)」が 冷戦(Cold War)中よりも悪化しており、ロシア政府には尊重されるべき「レッドライン(譲れない一線)」があると警告した。 米ニューヨークを18~19日に訪問し、帰国直後にロシア紙コメルサント(Kommersant)電子版の取材に応じたラブロフ氏は、 「ロシアフォビアはかつてないほど高まっている。冷戦中もこれほどではなかった」と述べた。  その上で「当時はある種のルール、礼儀があった。現在はそれらがすべて排除されている...
»続きを読む
カテゴリー:

【シリア】トルコ軍、シリアのクルド民兵支配地域で空爆と地上作戦開始 シリア領内への侵攻はなし シリアへの事前の通知なし - 01月21日(日)08:21  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3159336 2018年1月21日 5:04 発信地:ハッサ/トルコ 【1月21日 AFP】トルコは20日、米軍が支援するシリア北部のクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」の排除に向けた空爆と地上作戦を開始した。  作戦はYPGとイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を標的として、グリニッジ標準時同日午後2時(日本時間午後11時)に始まった。作戦名は「オリーブの枝」とされている。  トルコの半国営アナトリア(Anadolu)通信の報道によると、トルコの空爆と砲撃の標的は、アレッポの北方に位置...
»続きを読む
カテゴリー:

メディアが拡散に加担したヒラリー・クリントンの「ウラニウム・ワン疑惑」の真相 - 01月08日(月)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがSNSなどの普及から見た、ヒラリー・クリントン氏の「ウラニウム・ワン疑惑」について語る! * * * 元来、人は信じたいものしか信じないーーこのコラムで何度も指摘してきたことですが、その“習性”が、SNSなどの普及でより強固になっていると感じさせられた1年でした。日本でも、マスメディアまでもが数字(視聴率や部数)欲しさにその流れに迎合し、事実がねじ曲げられることが往々にしてあります。 それをあらためて実感したのが、ヒラリー・クリントン氏の「ウラニウム・ワン疑惑」に関する騒動です。詳細は後述しますが、この疑惑ははっきり言えば単なる陰謀論。しかし最近、トランプ政権とその提灯(ちょうちん)持ちの極右メディアが、まるでイカが墨を吐くように自身の疑惑から世間の目をそらせようと、過去のヒラリー氏の疑惑を蒸し返している…という構図があります。 先日、僕はこの問題を日本のあるTV番組で解説することになったのですが、正直言って困ってしまいました。あまりにもワイドショー的で真実が置き去りにされた“物語”に逐一、反論しなければならなかったからです。 ...more
カテゴリー:

【結局金か!】また偏向報道が白日の下に マスコミの正体は国際的情報工作シンジケートでもう確定 - 12月31日(日)12:54  news

(1/3) アメリカで次々と明らかになったリベラルメディアの偏向報道 民主主義を守るのは国民 https://the-liberty.com/article.php?item_id=13965  新聞やテレビ、雑誌など、媒体を問わず偏向報道が問題視されている。 不公平な報道や、事実の黙殺などをするマスコミは、 「社会全体・公の利益に適うべし」という「社会的公器」としての 役割を失いつつある。  アメリカでも、トランプ米大統領がマスコミを公然と批判したことにより、 「フェイクニュース」が問題になった。実際に2017年、米メディアの偏向が 次々と明らか...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシア】「新たな流血の事態につながる」ロシア政府、米のウクライナへの兵器提供を非難 - 12月24日(日)01:20  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3156482?cx_module=latest_top 【12月23日 AFP】ロシア政府は23日、米国政府が発表したウクライナへの「強化された防衛装備」提供について、ウクライナ東部で「新たな流血の事態」につながる可能性があると非難した。  ロシアのセルゲイ・リャブコフ(Sergei Ryabkov)外務次官は声明を発表し、米国は「一線を超えて」ウクライナ東部での、政府軍と分離独立を求める親ロシア派武装勢力の紛争を助長していると、強い表現で米国を非難。  さらに同外務次官は「米国は明らかに(ウクライナ当局)を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ロシア政府」の画像

もっと見る

「ロシア政府」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる