「ロシア」とは?

関連ニュース

カーリング:藤沢、山口組が2連勝 世界選手権混合D - 04月24日(火)23:56 

 カーリング混合ダブルスの世界選手権は24日、スウェーデンのエステルスンドで1次リーグが行われ、平昌冬季五輪の女子で銅メダルを獲得したLS北見のスキップ藤沢五月と同五輪男子代表の山口剛史が組む日本ペアはC組第4戦でロシアを延長の末、7-6で破った。2連勝で通算2勝2敗。
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表>外国人名将」か?「日本人監督」か?迷走日本サッカー協会、問われるW杯後の選択 - 04月24日(火)22:59  mnewsplus

写真 次期サッカー日本代表監督の候補に、名門アーセナル(イングランド・プレミアリーグ)を22年率いたフランス人監督アーセン・ベンゲル氏(68)の名前が浮上した。一方、「日本人監督で」との意見が日本サッカー協会(JFA)内から出たとも報じられたばかりだ。  「選手とのコミュニケーション不足」を理由にバヒド・ハリルホジッチ氏が解任された日本代表。新指揮官は、世界を知る外国人にすべきか、言語の障壁がない日本人にすべきか。 ■ベンゲル氏は「この国の率い方をよく知っている」  フランスのテレビ局「TF1」ウェ...
»続きを読む
カテゴリー:

G7外相会合:ロシアに懸念 「有害行為」停止求める - 04月24日(火)21:58 

 【トロント高本耕太】カナダ・トロントで開かれていた主要7カ国(G7)外相会合は23日、6月上旬までに予定される南北・米朝首脳会談に向けた米韓両国の取り組みを「結束して支援する」との声明を採択して閉幕した。米欧との対立を深めるロシアについては声明で、国際秩序に「有害」との文言で懸念を示した。6月のG
カテゴリー:

G7外相会合:議長は反プーチン カナダのフリーランド氏 - 04月24日(火)20:53 

 【トロント高本耕太】欧米と対立を深めるロシアへの対応が主要議題となった主要7カ国(G7)外相会合。議長を務めたホスト国カナダのフリーランド外相はウクライナ系のロシア専門家で、プーチン露大統領に批判的な姿勢で知られる。外相会合には親ロシア派武装勢力との紛争が続くウクライナの外相を招いた。
カテゴリー:

【サッカー】<武田修宏氏>「西野ジャパン守備のキーマンは山口蛍だと思う」 - 04月24日(火)19:12  mnewsplus

【武田修宏の直言!!】 日本代表の西野朗新監督(63)には期待と不安がある。監督としてブラジルを破り「マイアミの奇跡」と呼ばれた1996年アトランタ五輪や2008年にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇したJ1G大阪時代の実績は輝かしい。 ただ、J1神戸や名古屋では結果を出せなかったし、指揮官として約2年のブランクは少し気になるところかな。  そんな中で、西野新監督がJ1を初視察したのは14日のC大阪―FC東京戦だけど、チェックしたかったのは日本代表の常連、C大阪の守備的MF山口蛍(2...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<北沢豪氏>怒るハリル氏に「お涙頂戴という話ではない!」 年末から解任議論と説明 ★2 - 04月24日(火)23:19  mnewsplus

サッカー元日本代表で、現在は日本サッカー協会の理事も務める北沢豪氏が22日、日本テレビ系の「シューイチ」(日曜、前7時30分)で、サッカー日本代表のハリルホジッチ前監督の解任について、言及した。昨年12月の東アジアE-1選手権で韓国に1-4で敗れた際にすでに監督交代が協会内で話合われていたことを明かした。また、来日しているハリルホジッチ前監督が協会に対して怒りをあらわにしているが、「お涙頂戴という話ではないのかなと思う」と感想を述べた。 監督交代について「非常に残念ですよね。ロシアW杯までハリ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本はなぜ「あの千載一遇の時」に北方領土を取り戻さなかったのか - 04月24日(火)22:40  news

第2次世界大戦直後、ソ連軍により不法に占拠され、日本人が住めないところとなってしまった北方領土。日本は北方領土を取り戻すた め努力をしてきてはいるものの、いまだに実現していない。しかし、過去には取り戻すチャンスが全くなかったわけでない。中国メディ アの捜狐網は14日、なぜ日本はそのチャンスを生かさなかったのか、その理由について分析する記事を掲載した。チャンスがあったにはあったが、やはり難しかったといえるだろう。  記事は、ソビエト連邦が解体した1991年は、日本にとって北方領土を取り戻す「千...
»続きを読む
カテゴリー:

解任で慰謝料請求検討のハリルホジッチ前監督…主張は認められる? - 04月24日(火)21:00 

サッカー日本代表をロシアワールドカップ出場に導いたバヒド・ハリルホジッチ監督が、4月に突如日本サッカー協会から解任通告を受けました。 成績不振などが主な理由と言われていますが、ハリルホジッチ氏は納得していないようです。そして一部報道では、違約金と慰謝料の請求、また名誉毀損での訴訟なども検討していると言われています。 ハリルホジッチ氏の主張は認められるのでしょうか? エジソン法律事務所の大達一賢弁護士に解説していただきました。   ■違約金や慰謝料の請求はできる? 「サッカーW杯も間近に迫る中での今回の電撃解任に、驚かれた方は少なくないと思います。解任に伴う違約金等の支払の可否は、日本サッカー協会と代表監督との間の契約内容がどうなっているのか次第で大きく変わります。 まず、解任そのものの有効性ですが、契約上、中途解任ができないような内容になっていれば、解任の有効性自体否定される可能性はあります。しかし、今回の解任劇を見る限り、そのような条項にはなっていないのではないかと考えます。 サッカー代表監督の契約は、民法上の準委任契約に該当するものと考えられますが、民法上の準委任契約も、委任者(≒サッカー協会)がいつでも契約を解除することができることが定められています(民法651条1項) 次に違約金ですが、そもそも契約違反がなければ、違約という問題にはならないと考えられます。仮に、契...more
カテゴリー:

中国、近隣国と関係強化 上海機構が外相会議 - 04月24日(火)19:42 

【北京共同】中国とロシア、インド、中央アジア諸国などで構成する「上海協力機構(SCO)」は24日、北京で外相会議を...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【サッカー】<ダバディ氏>ハリル氏の通訳が号泣した理由は「悔しさやむなしさが入り交じった」 - 04月24日(火)18:47  mnewsplus

 元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏(63)の通訳を務めたフローラン・ダバディ氏(43)が、24日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)の取材に応じ、日本代表の監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が再来日したことについて言及した。  W杯ロシア大会が2カ月後に迫る中、7日にパリで日本協会の田嶋幸三会長(60)に「選手とのコミュニケーション不足」などを理由に契約解除を通告されて以来、ハリル氏が公の場に姿を見せるのは初。100人超の報道陣やファンの呼びかけ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ロシア」の画像

もっと見る

「ロシア」の動画

Wikipedia

大陸横断国として、ロシアは欧州評議会 (COE) およびアジア協力対話参加国である。]]

; 加盟している国際機関

日本

両国の間では、経済的な交流がいくつかあるが、過去のシベリア抑留北方領土問題とそ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる