「ログハウス」とは?

関連ニュース

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家 宮内毅氏:独自総合指数で予想した今週の日経平均レンジ - 06月26日(月)10:09 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「宮内毅」氏(ブログ「小さなログハウス」)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

春~初夏はアスパラが旬! ニセコの美味しい野菜が味わえる店3選 - 06月13日(火)11:00 

羊蹄山に見守られるニセコエリアは、道央屈指の観光スポットであると同時に、おいしい野菜の産地としても知られています。ほど良い標高、火山灰が混じる土壌、日中の寒暖の差など、さまざまな要因が重なって、エリア全体が広大な畑作地帯となっているのです。とりわけこの時期に注目したいのが、旬を迎えているアスパラ。今回は初夏の恵み・アスパラを中心に、おいしい野菜が食べられるニセコエリアのレストランを紹介しますよ! 【写真を見る】野菜カフェ&トールペイント工房メープル/数量限定ベジフルプレート ■ 野菜カフェ&トールペイント工房メープル ニセコ市街から車で道道66号を昆布温泉方面へ向かうと、5分少々で道路沿いの右手に「メープル」と書かれた小さな看板が現れます。すべて店主夫妻のセルフビルドというログハウスで、店の目の前にアンヌプリがそびえ、東の方角には羊蹄山の美しい姿が望めます。料理で使う野菜は、すべて「道の駅ビュープラザニセコ」の直売所から買ってきたもの。つまり正真正銘、100%ニセコ産の野菜しか使っていないんです! いちばんのおすすめが、旬の野菜がたっぷりの「数量限定ベジフルプレート」(900円)。自家製パンか、道産の「ゆめぴりか」胚芽米ごはんがつく、満足度の高い一品です。鮮度抜群、地元でとれたばかりのアスパラなど、野菜の旨味が楽しめますよ! もう一品は、定番の「野菜カレー」(800円)。こちらもと...more
カテゴリー:

糸島の夏を堪能!ド定番「白糸の滝」周辺で寄り道のススメ - 06月16日(金)12:21 

糸島の納涼スポットといえば、マイナスイオンたっぷりの「白糸の滝」。6月下旬からはアジサイも見ごろを迎える。滝の周辺には、帰り道に寄らなきゃもったいないスポットがいっぱい!混雑必至の人気店から穴場スポットまで、海沿いとは異なる”糸島マウンテンサイド”の魅力を満喫しよう。 【写真を見る】「いきさん展望台」は、標高約610m、糸島西側の市街地や九大エリアも一望できるビュースポット ■ マイナスイオンを体感!糸島屈指の涼スポット「白糸の滝」 羽金山(はがねやま)の中腹に位置する、落差約24mの滝。6月下旬ごろから8月上旬ごろまでは、約5万5000株、約10万本のアジサイが見ごろを迎え、6月25日(日)には「あじさい祭り」も開催される。白糸の滝の夏の風物詩といえば、 涼しげなそうめん流し(1人前・400円)。釣り堀でのヤマメ釣り(釣竿1本2000円、4匹まで無料)は子供連れに人気だ。だんごやわらび餅などのグルメも楽しめる。 [白糸の滝]福岡県糸島市白糸460-6 / 092-323-2114(白糸の滝ふれあいの里) / 9:00~17:00、7・8月~18:00 / 無休 ※ヤマメ釣りは6月28日(水)~再開予定 ■ 遠く唐津まで見渡せる180度パノラマビュー「いきさん展望台」 白糸の滝からさらに山奥へ車で約10分。標高約610m、糸島西側の市街地や九大エリアも一望できるビュースポットだ。...more
カテゴリー:

【飲食】コメダ珈琲店、顧客第一「3つの方針」継承で躍進 社員にたたき込んだコメダイズム - 05月31日(水)09:56 

 『コメダ珈琲店』(名古屋市)の勢いが止まらない。754店(24日現在)、44都道府県で展開。近年、年間70-80開店と加速し、東京オリンピックの2020年度の末に、国内外1000店を目標としている。  18年、創業50周年を迎える。創業者の加藤太郎氏が名古屋で開業した個人喫茶店が始まり。平均滞在時間1時間とセルフ型の3倍という効率の悪い昔ながらの喫茶店テイストのまま、国内3強を占め、急成長中だ。  躍進は13年、臼井興胤(うすい・おきたね)氏が代表取締役社長に就任した時から始まる。臼井氏は...
»続きを読む
カテゴリー:

「ログハウス」の画像

もっと見る

「ログハウス」の動画

Wikipedia

ログハウス(log house)とは、基本的にはlog ログ(= 樹木の幹や枝をシンプルに切り出したもの)を主要な構造材として使用した家屋・建築物を指す。つまり、細かく(板状などに)製材するなどしていない材料、もとの樹木の形がほぼ残されているような材料で作られたものを指す。

英語では、特に小さなものは「log cabin ログキャビン」などと呼ぶことで、呼び分けている。結果として英語では「log house」という言葉で呼ばれているものは比較的大きなものであることが多い。

日本語では「ログハウス」というと(結果として)、小さなものや簡素なものを指していることが多く、つまり「小屋」状のもの、つまり英語の「log cabin」相当のものを指していることが多い。この場合は日本語では丸太小屋(まるたごや)とも呼称される。

以下、log houseにも言及し、また英語のlog cabin、日本語の「丸太小屋」についても解説する。

概要

丸太を組み合わせて壁を構成したもののほか、 角材(角ログ)を使用するもの、 丸太はや梁にのみ使用してには漆喰などを使用するものなどもログハウスとして扱われている。

小屋状のものは、ログを水平方向に井桁のように組み合わせていることが多い。

17~18世紀には北アメリカに伝播し、西部開拓の象徴として広まった。日本に、西洋の様式のログハウスが導入されるようになっ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる