「レモン汁」とは?

関連ニュース

秋の味覚の定番! 自然な甘みで子どもも喜ぶさつまいものサラダ5選 - 09月23日(土)16:30 

今が旬のさつまいもは、そのままでもほんのりとした自然な甘みを感じられる食材。スイーツで使われることも多いですが、しょうゆやマヨネーズといった調味料で味つけすれば、おかずとしても大活躍してくれます。今回はさつまいものサラダ5選をご紹介。じゃがいもとは一味違うスイートポテトサラダを味わってくださいね。 ほかにもいろいろ!「さつまいものサラダのレシピ」をチェック! ■ 【さつまいもとハムのごまマヨサラダ】(189Kcal、塩分1.0g) <材料・2人分> さつまいも 大1/3本(約150g)、ロースハム 2枚、酢 小さじ1、塩、こしょう 各少々、マヨネーズ 大さじ1と1/2、白すりごま 大さじ1/2 <作り方> 1. さつまいもは皮つきのまま1cm厚さの輪切りにする。かぶるくらいの水を入れて約10分、竹串が通るまでゆでる。ロースハムは半分に切り、5mm幅に切る。 2. ボウルにさつまいもを入れて粗く潰し、酢小さじ1、塩、こしょう各少々を加えて混ぜる。ハム、マヨネーズ大さじ1と1/2、白すりごま大さじ1/2を加えて混ぜる。 さつまいもはゆですぎると水っぽくなってしまい、せっかくのおいしさを失ってしまうので要注意。完全にマッシュせずに食感を残しておけば、ホクホクとした歯ごたえを楽しめますよ。 ■ 【さつまいもとごぼうのごまあえサラダ】 野菜はすべてスティック状にカ...more
カテゴリー:

さわやかで食べやすい! 子どもが大好きなサーモンを使ったマリネ5選 - 09月19日(火)06:30 

手に入りやすく、和洋中どんな料理にもマッチするサーモン。今回はそんなサーモンを使ったマリネ5選をご紹介。サーモンだけでなく野菜をいっしょにつけ込んでいるので、栄養バランスも取れたレシピばかりですよ。 魚介のカルパッチョ・マリネのレシピ ■ 【秋鮭と彩り野菜の和風マリネ】(155Kcal、塩分2.8g) <材料・3〜4人分> 生鮭 2切れ、下味(酒 大さじ2、しょうゆ 大さじ1と1/2、こしょう 少々)、エリンギ 2本、ミニトマト 6個、さやいんげん 6本、たれ(しょうゆ 大さじ3、みりん 大さじ2、酢 大さじ1と1/2~2、だし汁 1カップ)、小麦粉、揚げ油 <作り方> 1. 小鍋にたれの材料を入れて火にかけ、沸騰したら火を止める。 2. 鮭は4~5等分のそぎ切りにし、下味をつけて約15分おく。ペーパータオルで汁けを押さえ、小麦粉を薄くまぶす。エリンギは縦4等分に裂く。ミニトマトは縦半分に切る。 3. 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、エリンギ、いんげんを入れて約2分揚げ、取り出す。続けて鮭を入れて全体にこんがりと色づくまで揚げ、取り出す。 4. ボウルに1、3、ミニトマトを入れて混ぜ、5分以上おく。 サーモンのピンク色に加えて、さやいんげんの緑色やミニトマトの赤色で華やかな食卓に。熱いうちにたれに漬けることで味がしっかりとしみ込むので、短時間でもおいしく食...more
カテゴリー:

美容効果やPMSの緩和にも! 旬の魚「戻りカツオ」のおすすめレシピ - 09月18日(月)06:00 

【旬の魚】カツオに期待できる効果とは? カツオは値段も安く、日本の食卓には欠かせない食材の一つ。実は女性にとって嬉しい美容成分がたっぷり含まれていることをご存知ですか? ◎美肌効果 カツオにはお肌のターンオーバーを整えるビタミンB6がたっぷり含まれているそう。ビタミンB6を体内に吸収させるには、ビタミンB2も必要になるのですが、カツオにはビタミンB2も含まれているため、非常に効率よく美肌効果を高めることができると言われています。 ◎ダイエット効果 カツオにはヒスチジンという必須アミノ酸が含まれており、ヒスチジンは「ヒスタミン」の原材料と言われています。ヒスタミンを摂取することで満腹中枢を刺激し、食欲を抑える効果に期待できます。ちなみに、カツオはどの食材よりもヒスチジンの含有量がトップクラスとのこと!ダイエット中の女性にはもってこいの食材と言えるでしょう。 ◎PMSの緩和 生理前にイライラ・情緒不安定になりやすい方は、亜鉛・ビタミンB6が不足している可能性が考えられます。カツオに含まれている亜鉛・ビタミンB6には、女性ホルモンを活性化させる働きがあるそう。PMSの症状に悩まされている方は、カツオを普段の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか? 【POINT】スーパーでカツオを購入する際は、身が鮮やかな赤色のものを選ぶようにしましょう。身が茶色くなっているものや切り口が虹...more
カテゴリー:

美容と健康に! アレンジ自在な旬の「いちじく」レシピ - 09月15日(金)09:00 

「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」。 9月15日(金)の放送では、「いちじく」を使ったお料理レシピを紹介しました。 おいしくて栄養豊富な「いちじく」 「いちじく」は 8月から10月にかけて、夏から秋に季節が移るこの時期が旬。そのままやドライフルーツなどでも楽しむことができますが、実は火を通してもおいしく召し上がることができる魅力的な果実です。栄養も豊富で、血圧を下げる効果があるカリウム、ペクチンなどの食物繊維、フィシンというタンパク質分解酵素も含まれている、美容と健康にもうれしい食材。今回はそんな「いちじく」を使ったレシピを、料理研究家の坂田阿希子先生に教えていただきます。 手軽にできて特別な味わい「いちじくトースト」 朝のお出かけ前、忙しい時間でも手軽にできて栄養もしっかり摂れるのが、「いちじくトースト」です。仕上げにはちみつやホワイトバルサミコ酢をかけるといっそう食欲をそそります。 いちじくトースト ■材料(2人前) 食パン … 2枚 バター … 大さじ2 いちじく … 2個 はちみつ、ホワイトバルサミコ酢、グラニュー糖 … 適量 ■作り方 1. 食パンにはバターを塗り、皮付きで(または皮をむいて)輪切りにしたいちじくを並べる。 2. 上にグラニュー...more
カテゴリー:

海外で大人気の日本スイーツ「JCC」とは?正体はあのチーズケーキ?! - 09月14日(木)07:00 

スポンジのようにふわふわが魅力のスフレチーズケーキ。実はスフレチーズケーキは日本発祥で、海外で存在しなかったタイプのチーズケーキだと知っていましたか?しかし今では「JCC」こと、「Japanese Cotton Cheesecake」という呼び名で海外でのブームを巻き起こしているほど人気です。「海外で大人気の日本スイーツ「JCC」とは?正体はあのチーズケーキ?!」のレシピリンク付きの記事を見るそんなスフレチーズケーキですが、「膨らまない」「表面が割れる」「味がボケる」・・・など、作りに失敗した経験がある人も多いでしょう。ちょっとしたコツを押さえれば、簡単にキレイに出来上がりますよ!スフレチーズケーキを上手に仕上げるコツとは?ふわふわ感を出すのには、やはり卵白をしっかりと泡立てるのがポイント。ピンと角が立つぐらいか、もしくはボウルをひっくり返しても落ちてこないくらいしっかり泡立てます。レモン汁と塩を少し加えるとさらにきめの細かいしっかりとしたメレンゲになります。粉をふるうのが面倒という方には、ホットケーキミックスを使ったレシピがあるのでおすすめです。ベーキングパウダーが配合されているので、ふくらまない失敗も防げますが、それでも卵白の泡立ては怠らないようにしましょう。手軽&節約レシピも!節約をしている人には水切りヨーグルトを配合したアレンジを試してみるのはいかがでしょうか?小麦粉の分量...more
カテゴリー:

美味しくダイエット!管理栄養士イチオシ痩せ食材「もやしレモン」って - 09月19日(火)07:30 

夏の間は減退していた食欲も、涼しくなるにつれて復活の兆しを見せているのでは? そうなると気になるが“秋太り”。おデブ化が加速しないよう、何か対策を打ちたいところ。 そこでオススメなのが、管理栄養士の大柳珠美さんイチ押しのダイエットフード“もやしレモン”です。なぜダイエットに効果があるのかという理由と、“もやしレモン”を使った簡単おいしいレシピをご紹介します。   「もやしレモン」ってなに? “もやしレモン”の“もやし”は、もやしの中でも大豆を発芽させた機能性もやしである“大豆もやし”を使います。大豆もやしとレモンの組み合わせは、味や風味だけでなく、栄養素の点からも非常に相性がよいそうです。 「“もやしレモン”は、大豆もやしに白だしをかけ、レモンを合わせるだけ。非常に簡単に短時間で作れます。 また、大豆もやしにレモンをかけることにより、保存性が高まるともいわれています。通常は、購入から1日くらいしかもたないもやしですが、“もやしレモン”にすれば、3日間は保存が可能になるんですよ」(大柳さん・以下「」内同) レモンと白だしのさっぱりとした味付けなので、おかずやおつまみとしてそのまま食べても、料理の中に素材として加えてもおいしく食べることができそうですね。   「もやしレモン」のダイエット効果 では、もやしレモンはなぜダイエット...more
カテゴリー:

「ピーマン苦手…」な彼もパクパク! 簡単『秋鮭の南蛮漬け』レシピ - 09月18日(月)20:40 

連載第65回目は、秋鮭を使った”鮭の南蛮漬け”です。旬のピーマンをたっぷり合わせて、さっぱりといただける、夏の暑さに疲れた体に優しい南蛮漬けです。フライパン1枚で焼いて、マリネするだけなのであっという間にできちゃうのも嬉しい! 秋鮭の南蛮漬けで初秋を楽しんではいかがでしょうか『秋鮭の南蛮漬け』【旬を味わう 美人レシピ】vol. 65 旬食材は、ピーマン!ピーマンの旬は6~9月です。緑色のピーマンは未熟果で、完熟させると赤ピーマンになります。赤いピーマンのほうが甘味がありますが、赤くなるまでに日数がかかるため、効率よく収穫できる緑色のピーマンのほうが多く流通しています。今ではハウス栽培が盛んで、一年中いつでも手にとることができます。 見るからに栄養素がたっぷりという印象ですが、まさに優れもの! まず代表とされる栄養素がビタミンCです! レモンが代表格ですが、ピーマンに含まれるビタミンCの量はレモンと同等かそれ以上です。だいたいピーマン1個あたり約80ミリグラムのビタミンCが含まれています。これは野菜の中ではかなりトップクラス!  ビタミンCは、美容に大変良い役割を果たしてくれます。コラーゲンの生成に関与し、お肌の潤いをキープしてくれるほか、メラニン色素を分解してくれる働きがあるので、夏の日焼け対策には欠かせません! またビタミンCは熱に弱い性質がありますが、ピーマンのは熱に強く、抗...more
カテゴリー:

目を閉じれば、そこはタイ!? ちょっぴりスパイシーなタイ風サラダ5選 - 09月16日(土)11:30 

独特の風味や辛みが魅力のタイ料理。今回は、ちょっぴりスパイシーなタイ風サラダ5選をご紹介。タイの屋台メニューがおうちでも手軽に作れるので、ぜひチャレンジしてください。 ほかにもいっぱい!「サラダのレシピ」をチェック! ■ 【ヤムウンセン】(243Kcal、塩分3.0g) <材料・2人分> なす 2個、豚ひき肉 50g、桜えび 大さじ1強、玉ねぎ 1/6個、トマト 1/2個、はるさめ 40g、ナンプラーだれ(ナンプラー、レモン汁 各大さじ2、砂糖 大さじ1、赤とうがらしのみじん切り 1本分)、サラダ油 <作り方> 1. なすは皮むき器で縦に3~4カ所皮をむく。四つ割りにして長さを半分に切る。耐熱皿に並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約5分加熱する。ラップをはずして完全にさまし、水けを絞る。 2. 玉ねぎは縦薄切りにし、たっぷりの水に放す。トマトは1.5cm幅のくし形切りにする。 3. フライパンに油大さじ1を熱し、桜えびを香りが立つまで炒める。 4. 鍋に湯を沸かし、はるさめを袋の表示どおりにゆでる。トングなどで引き上げてざるに上げ、食べやすく切る。残りの湯にひき肉を入れて約30秒、かき混ぜながらゆでる。火が通ったらざるにあける。 5. ボウルにナンプラーだれの材料を入れて混ぜ、はるさめ、ひき肉、3を油ごと加えて混ぜ合わせる。玉ねぎの水けをしっかりきり...more
カテゴリー:

余ったそうめんがイタリアンに大変身!? 本格的な秋が来る前に使い切るためのお役立ち料理 - 09月14日(木)20:00 

【関連レシピ】ちくわのかき揚げぶっかけそうめん 今の時期に処理に困るのが、お中元でいただいたり、特売で買っておいたりして余ってしまったそうめん。肌寒い日も増えてきているので、「ゆでてめんつゆでツルツルっ」というのも何だか気が引けてしまいますよね。ひと手間加えて、秋にふさわしいアレンジをしてみませんか?   ■ そうめんで秋の味覚を味わおう 9月7日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ)では、関ジャニ∞の横山裕と水卜麻美アナウンサーが、有名シェフによる余ったそうめんのアレンジ料理にチャレンジしました。和食の村田明彦シェフが伝授してくれたのは「さんまのかば焼きそうめん」。 村田シェフによると、おいしくそうめんをゆでるためにはお湯に1%の酢を入れるのがコツなんだそう。ゲストの鈴木梨央が「普通の10倍おいしい!」と絶賛したそうめんの上にのせるのは、「さんま」「なす」「まいたけ」といった秋の味覚。さんまは3等分、なすは一口大にカットし、まいたけは食べやすい大きさにほぐします。 初めにごま油でなすとまいたけを焼き、なすがやわらかくなったところで小麦粉をまぶしたさんまを投入。次に酒、みりん、しょうゆ、オイスターソース、砂糖などを混ぜ合わせた「かば焼きのたれ」をかけ、さんまに火が通るまで加熱します。出来上がったらそうめんの上にのせれば完成。万能ねぎと半分に切ったかいわれも加えましょう。 今が旬の食...more
カテゴリー:

【食べるエイジングケア】奇跡の果実・デーツの食べ方や摂取目安量 - 09月12日(火)10:00 

【食べるエイジングケア】デーツの食べ方や摂取目安量は? デーツの歴史は非常に長く、メソポタミア文明〜エジプト文明の頃まで遡ると言われています。イスラム教徒の間では、デーツは断食後最初に食べる食べ物として非常に馴染み深い食材のようですが、日本でその名が知られるようになったのはつい最近であるとのこと。初めてデーツを食べる!という女性向けに、デーツに期待できる効果をはじめ、食べ方や摂取目安についてお話をしていきたいと思います。 <デーツに期待できる効果> デーツには、カリウムや鉄といったミネラル分が豊富であることから、むくみ解消や貧血予防に良いと言われています。さらに、ビタミンE・β-カロテンといった抗酸化成分をはじめ、繊維芽細胞(コラーゲンを作る細胞)の活性化をサポートするパントテン酸などのエイジングケア成分などもたっぷり含まれているそうです。 <デーツの食べ方・摂取目安量> GL値が47と低いため太りにくい特徴がありますが、カロリーは100g・266カロリーと比較的高い食材ですので1日3粒程度を目安に摂取するよう心がけましょう。食べ方としては、ナッツやチーズと一緒におつまみとして食べたり、小さく刻んでクッキーやシリアルの中にいれて食べるなど様々なレシピに使えるでしょう。 【POINT】デーツはエネルギーの転換が早いブドウ糖が主成分であることから、食べることで即効でエネルギー...more
カテゴリー:

もっと見る

「レモン汁」の画像

もっと見る

「レモン汁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる