「レフェリー」とは?

関連ニュース

【総合格闘技】中井りんが完全復活、キムにTKO勝ち DEEP:有明大会 - 02月24日(土)19:41  mnewsplus

2/24(土) 19:35配信 日刊スポーツ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00134603-nksports-fight <DEEP:有明大会>◇24日◇ディファ有明  総合格闘技界のエロカワ女王中井りん(31)が、初参戦のDEEPで、キム・ヨンギ(24=韓国)にTKO勝ちした。  中井は、16年12月31日のRIZIN大会以来、1年2カ月ぶりの試合。1回からキムに、 左右の的確なパンチを浴びせペースを握った。終盤になるにつれ、中井はキムに圧力をかけ攻め転じる。 キムの足を取って倒すと、パウンドの連打を顔面に浴び...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】復帰2戦目のロイスが決勝弾!ドルトムントが公式戦4連勝!香川真司は欠場/ブンデスリーガ第23節 - 02月19日(月)05:57  mnewsplus

2/19(月) 3:57配信 復帰2戦目のロイスが決勝弾!ドルトムントが公式戦4連勝!香川真司は欠場/ブンデスリーガ第23節 ■ブンデス第23節 ボルシアMG 0-1 ドルトムント ドルトムント:ロイス(32分) 現地時間18日、ドイツ・ブンデスリーガ第23節が行われ、香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルシアMGと対戦し、1-0で勝利した。足を負傷している香川はベンチ入りメンバーから外れている。 試合会場となったボルシアパルクはこの日、芝が緩くところどころ荒れている劣悪なピッチコンディション。このため、選手たちは足を滑らせた...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】大迫勇也、復帰初戦で鮮烈ゴール…ケルンはまたもVARに泣きドロー/ブンデスリーガ第23節 - 02月18日(日)01:38  mnewsplus

2/18(日) 1:25配信 大迫勇也、復帰初戦で鮮烈ゴール…ケルンはまたもVARに泣きドロー/ブンデスリーガ第23節 ■ブンデスリーガ第23節 ケルン 1-1 ハノーファー ケルン:大迫(29分) ハノーファー:フュルクルク(37分) ブンデスリーガ第23節が17日に行われ、ケルンとハノーファーが対戦した。 過去最悪とも呼べる前半戦を過ごし、年明けは病気にも苦しまされていた大迫勇也がついに先発復帰。求められるは、最下位に沈むチームの攻撃陣をけん引する働きだ。 なかなか試合は動かない様相を見せるが、セットプレーから動く。...
»続きを読む
カテゴリー:

ボボ・ブラジル 黒い魔神のアイアン・ココバット――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第16話> - 02月13日(火)08:31 

 アメリカのプロレス史上、もっとも一般的知名度の高い黒人レスラーである。1950年代から1990年代前半まで活躍した息の長いスーパースターだった。  6フィート6インチ(約198センチ)、体重270ポンド(約120キロ)というスーパーヘビー級の体格で、シグナチャー・ムーブ=必殺技はアイアン・ココバットの名称で親しまれた、長身からくり出すジャンピング頭突き攻撃。  “おとぎ話”としてのプロフィルは「1940年代にベースボールのニグロ・リーグ(ミネソタ)でプレーしていたところをジョー・サボルディーJoe Savoldiにスカウトされた」となっているが、じっさいはレスラー志望だったブラジルがサボルディーに弟子入りし、サボルディーがこの体の大きな若者にボボ・ブラジルというリングネームを与えたというのが正しい順番のようだ。  ボボ・ブラジルに変身するまえのヒューストン・ハリス(本名)はミシガン州ベントンハーバーの果樹園でトラクターを運転していたとされ、正式デビューは1951年だから、20代後半になってからプロレスを志したことになる。  “テレビ時代”の黒人スター第1号だったが、プロモーターは白人対黒人のカードを組もうとせず、黒人レスラー対黒人レスラーのニグロ・チャンピオンシップが隔離した形でラインナップされるというのが1950年代の“いびつな平等”の定義だった。  第二次世界大戦後...more
カテゴリー:

【サッカー】<新加入バチュアイがデビュー戦で2発!>香川真司フル出場のドルトムントが4戦ぶり白星 - 02月03日(土)06:41  mnewsplus

ブンデスリーガ第21節が2日に行われ、FW大迫勇也所属のケルンとMF香川真司所属のドルトムントが対戦した。大迫は風邪のためメンバー外、香川は公式戦9試合連続でスタメンに名を連ねた。  リーグ戦4試合ぶりの勝利を目指すドルトムントは15分、ペナルティエリア内で仕掛けたアンドレ・シュールレが倒されたが、ここはノーファウルの判定。さらに中央にこぼれたボールを香川が左足で狙ったが、シュートはクロスバーの上を叩いた。  試合が動いたのは35分。左サイドに展開したドルトムントは、ジェレミー・トリアンがスピードに乗った...
»続きを読む
カテゴリー:

疑惑の残るVAR判定でゴール取り消しも…取り消されたマタは導入に賛成 - 02月20日(火)15:53 

 マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタがビデオ・アシスタント・レフェリー制度(VAR)について言及し、賛成の意見を述べている。19日、同選手の公式サイトを引用しイギリス紙『マンチェ
カテゴリー:

VARでゴール取り消されるも…モウリーニョ「判決が正しければ納得するよ」 - 02月18日(日)14:49 

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、2-0で勝利したFAカップ5回戦のハダースフィールド戦で使われた、ビデオ・アシスタント・レフェリー制度(VAR)について言及した。クラブの公式ホ
カテゴリー:

「取り入れればいい」…モウリーニョ、カップ戦でのVAR使用に賛成 - 02月15日(木)14:42 

 マンチェスター・Uを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督が、ビデオ・アシスタント・レフェリー制度(VAR)について語った。クラブの公式ホームページが伝えている。  18日に行われるFAカップ5回戦のハダ
カテゴリー:

ザ・シーク 時代を超越したアラビアの怪人――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第15話> - 02月12日(月)08:31 

 アラブ系、イスラム教徒、あるいはシーク=首長を名乗る悪役レスラーは数多く存在したが、リングネームに冠詞の“ザThe”がついたザ・シークはオリジナルのザ・シークだけだった。  両親はレバノンからの移民で、シーク(本名エド・ファーハット)は10人兄弟の9番めとしてアメリカで生まれたが、シーク自身は半世紀にわたって“シリア出身”を自称しつづけた。  プロレス史上、もっとも観客に嫌われ、恐れられたヒールであり、優秀なプロデューサーとしてその“憎悪”をビジネスにした。  アメリカのレスリング・ビジネスが地方分権システムだった時代の代表的なレスラー・プロモーターのひとりで、1949年にザ・シーク・オブ・アラビアの名でデビューした。  シークは、1950年代前半、毎週土曜夜のプライムタイムに全米中継されていたプロレス番組“レスリング・フロム・マリゴールド・ガーデン”(ドゥモン・ネットワーク)の花形スターだった。  キャリアも年齢もシークとちょうど同じくらいの“ドゥモン世代”のスーパースターにはバーン・ガニア、ディック・ザ・ブルーザー、ウィルバー・スナイダー、キワー・コワルスキー、ジョニー・バレンタインらがいた。  1964年に“レスリング・フロム・マリゴールド――”の番組プロデューサーで興行プロモーターでもあったジム・バーネットJim Barnett&ジョニー・ドイルJohnny ...more
カテゴリー:

【サッカー】<“神の手弾”から日韓W杯まで…>英誌が特集!「VAR判定でW杯史が変わっていた出来事」 - 01月27日(土)02:44  mnewsplus

イングランド戦で生まれたマラドーナの“伝説の一撃”が最初に紹介  FIFA(国際サッカー連盟)は1月、今シーズンからイングランドやドイツ、イタリアなどで導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)で導入することが決定的になったことを発表した。  これを受けて英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、過去のW杯で 「VARがあれば判定が変わっていた出来事10選」を紹介。1986年のメキシコW杯で元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナによる神の手ゴールや、2002年日韓W...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「レフェリー」の画像

もっと見る

「レフェリー」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 審判員...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる