「レッドリスト」とは?

関連ニュース

絶滅危惧種チュウヒ繁殖 三沢・仏沼で7年ぶりに確認 水位調節奏功か - 11月18日(土)06:05 

三沢市のラムサール条約登録湿地・仏(ほとけ)沼で今夏、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているタカの一種チュウヒが7年ぶりに繁殖に成功したことが分かった。仏沼は人の手が加わることで野生生物の生
カテゴリー:

【沖縄】辺野古埋め立て予定地で希少サンゴ 新たに発見 - 11月15日(水)00:48  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016 11月14日 20時35分 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先として工事が進められている名護市辺野古の埋め立て予定地で、絶滅のおそれがあるとされている希少なサンゴが新たに見つかりました。予定地では7月にも希少なサンゴが見つかっていて、別の場所に移す許可を県に求める方針の国に対して、移設に反対する沖縄県がどのような対応を取るのか注目されます。 沖縄防衛局によりますと、今月上旬、名護市辺野古の埋め立て...
»続きを読む
カテゴリー:

【絶滅危惧】新種のオランウータン インドネシアのスマトラ島で発見 環境破壊によって推定800頭以下に減少(動画) - 11月03日(金)06:40  newsplus

新種のオランウータン インドネシアのスマトラ島で発見(動画はリンク先) NHK 11月3日 5時03分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171103/k10011209041000.html インドネシアのスマトラ島で新種のオランウータンが見つかったとイギリスなどの国際研究グループが発表しました。ヒトに近い大型の霊長類で新種が見つかるのはおよそ90年ぶりです。 新種のオランウータンが見つかったのは、インドネシアのスマトラ島北部の森林です。 イギリスやスイス、インドネシアなどの研究グループによりますと、「タパヌリオランウータン」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【絶滅危惧1A類】幻の「アカハネバッタ」、福島県内で初発見 絶滅に一時分類 - 11月16日(木)08:35  newsplus

幻の「アカハネバッタ」、福島県内で初発見 絶滅に一時分類 2017年11月16日 08時00分 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171116-220590.php  国内で一時絶滅したとされ、環境省のレッドリストで絶滅の危険性が極めて高い絶滅危惧1A類に分類されている「アカハネバッタ」が、福島県内で初めて発見されたことが15日、分かった。近年の国内での個体確認は4例目で、県は月内をめどに改訂を目指す「ふくしまレッドリスト」の絶滅危惧1A類にアカハネバッタを新たに加える方針。  15日に福島市で開かれた県自然環境保全...
»続きを読む
カテゴリー:

【滋賀】幻の水生昆虫「ババホタルトビケラ」誰か見つけて 100年未発見 - 11月08日(水)09:50  newsplus

滋賀県甲賀市水口町内で約100年前に発見されて以来、県内で見つかっていない水生昆虫「ババホタルトビケラ」の再発見に向け、 同町の「みなくち子どもの森」が市民らに情報提供を呼び掛ける。本年度中に行う市レッドリスト改訂に合わせ、 今も生息しているのかという「長年の関心事」(河瀬直幹学芸員)の解決を期待する。  ババホタルトビケラは、胸部の背面がオレンジ色になるのが特徴で、成虫で体長1センチほど。水田脇の水路などに生息し、 11月ごろに羽化するという。1911年に水口地域で採集された標本をもとに14...
»続きを読む
カテゴリー:

【生物季節観測】なぜトノサマガエルは観測されないのか - 10月31日(火)11:45  newsplus

 全国の気象台や測候所が季節に応じ、さまざまな動物や植物が「初めて鳴いた日」や「開花した日」などを公表している「生物季節観測」。よく話題になるのはソメイヨシノの「開花」やツバメの「初見」などだが、松江地方気象台は今季のトノサマガエルの初見を「欠測」と決めた。トノサマガエルは8年連続で観測できなかった。(小林宏之)  同気象台では、動物14種類と植物12種類を対象に初鳴きや初見、開花などの現象を観測している。動物の初見日の場合、積極的に探し回らず、気象台・測候所から半径5キロ圏内で定点を決め、自...
»続きを読む
カテゴリー:

「レッドリスト」の画像

もっと見る

「レッドリスト」の動画

Wikipedia

レッドリスト()とは、国際自然保護連合(IUCN)が作成した絶滅のおそれのある野生生物のリスト編集部「レッド・リスト」日本大百科全書(ニッポニカ)小学館、1984〜1994年(コトバンク。2015年5月18日閲覧。)。正式には The IUCN Red List of Threatened SpeciesというInternational Union for Conservation of Nature and Natural Resources "The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2016.1."。2016年7月現在で、最新のバージョンは2016年版。

また、日本では環境省が作成した「絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト」も、レッドリストと呼ばれる環境省報道発表資料 第4次レッドリストの公表について(お知らせ)、2012年8月28日。。

概要

最初のIUCN版レッドリストは、1966年に作成された国際自然保護連合編「IUCNレッドリストの歴史」IUCNレッドリスト 世界の絶滅危惧生物図鑑岩槻邦男太田英利訳、丸善出版、2014年1月25日、xiii-ix頁、ISBN 978-4-621-08764-0。 。しかし、それ以前からレッドリストの作成に関する動きはあり、1940年代に哺乳類や鳥類の個体...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる