「ルポライター」とは?

関連ニュース

住宅ローンの借り換えにライターが挑戦!【第4回】 馴染みはないが、手数料が安い金融機関を発見! 最終的に実際にライターが選んだ銀行とは? - 住宅ローン借り換え比較 - 03月29日(水)17:35 

住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)が、4社目にアプローチしたのが「優良住宅ローン」だ。平成17年の設立で、まだ歴史も浅いが、「フラット35」に特化した金融機関で、業界トップクラスという、金利と手数料の低さが特徴だ。優良住宅ローンの審査、対応がどうなっているのか、レポートしよう。借り換えの結末やいかに!?
in English
カテゴリー:

【労働】男性の育休申請「お前のガキなんか1円にもならない」会社が転勤命令 - 03月27日(月)11:33 

https://www.bengo4.com/c_5/c_1623/n_5863/ パタハラ」という言葉をご存じだろうか。パタニティー・ハラスメントの略で、パタニティとは英語 で「父性」のこと。父親とはこうであるべきだ、と決めつけて、育児参加を阻む、いわば「マタハラ」(マタニティ・ハラスメント)の 男性版なのだ。男性が、育休取得や育児のために短時間勤務制度を利用しようとすると、職場の上司や同僚が妨害したり、 降格など人事面でも様々な嫌がらせをすることを指す。 女性が妊娠出産を理由に不利益を被る「マタハラ」は知られているが、あまり実態...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第1回】 まずは「三菱東京UFJ銀行」で相談してみたら 返済額が約250万円も安くなることが判明するも…… - 住宅ローン借り換え比較 - 03月21日(火)13:45 

住宅ローンの借り換えで、審査手続き、対応はどういう形で行われているのか。フリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)が、代表的な銀行、ネット銀行、モーゲージバンクに自分の住宅ローンの借り換えを相談してみた。その結果、フリーランスのような自営業者では、「年収200万円の壁」など、様々なハードルが存在することが明らかになった。
in English
カテゴリー:

【文化】「浅見光彦シリーズ」の著者、内田康夫さんが休筆宣言。脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが困難に - 03月21日(火)05:25 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170321/k10010918411000.html 人気ミステリー、「浅見光彦シリーズ」で知られる、作家の内田康夫さんが 脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが難しくなったとして、休筆を宣言しました。 内田康夫さん(82)はコピーライターなどを経て、昭和55年に「死者の木霊」で、 作家としてデビューしました。 フリーのルポライター、「浅見光彦」が事件の謎を解くミステリーシリーズが 大ヒットして、シリーズはこれまでに100作を超え、累計の発行部数は 9600万部に達しています。 内...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

誠意ある対応を怠れば、AV業界は滅ぶ【作家・ルポライター井川楊枝】 - 03月19日(日)15:55 

昨年10月、私は『モザイクの向こう側』(双葉社)という、AV出演強要問題を軸に据えた著書を出版した。普段はAV業界に寄り添ってパブ記事を書いているが、この書では業界にとっては好ましくないことを数多く記載している。[…]
in English
カテゴリー:

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第3回】 フラット35でトップシェアの「アルヒ」は、 変動金利、期間固定の商品も魅力的! - 住宅ローン借り換え比較 - 03月27日(月)13:30 

住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。第3回は、フラット35の取り扱いでトップシェアを誇るだけでなく、低金利の変動金利ローンも取り扱っている「アルヒ」での借り換えを検討してみる。今回は店舗での相談会に行ってきたので、実際の審査、手続きの様子をレポートする。
in English
カテゴリー:

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第2回】 「楽天銀行」の変動金利は業界屈指の低金利が魅力 配偶者との連帯債務で年収制限はクリアしたが…… - 住宅ローン借り換え比較 - 03月23日(木)17:40 

三菱東京UFJ銀行からのDMを受け取り、住宅ローンの借り換えの相談に出向いたフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。借り換えで200万円以上のメリットが見込めたが、年収制限にひっかかり、借り換えが難しいことがわかった。そこで、次はネット銀行を代表する「楽天銀行」に問い合わせることにした。
in English
カテゴリー:

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ - 03月21日(火)10:00 

「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家の内田康夫さんが、“小説を書き続けることが難しくなった”として、休筆を発表しました。 【拡大画像や他の画像】  現在82歳の内田さんは、1980年に自費出版した「死者の木霊」が朝日新聞の読書欄で紹介され話題となり、1982年に「後鳥羽伝説殺人事件」で商業デビュー。多くのミステリー作品の中でも、「後鳥羽伝説殺人事件」にも登場したフリーのルポライター、浅見光彦を主人公とする「浅見光彦シリーズ」は、テレビドラマとしても人気を博しました。  同シリーズの最新作「孤道」は2014年12月から毎日新聞で連載されていましたが、2015年の夏に内田さんを脳梗塞が襲い、左半身に残ったまひのため休載となっていました。  未完となっている「孤道」は5月12日に単行本が出版予定で、そのあとがきで内田さんは休筆を報告しています。また、自身が「死者の木霊」を見いだされたことを振り返り、“世に眠っている才能の後押し”をするため、「孤道」の完結編を一般公募すること、そして自身も短歌という凝縮した世界でならまだ創作できるとしており、しばらくは短歌でリハビリする考えを示しています。  なお、完結編の一般公募は3月21日に特設サイトがオープン。自身の情報発信は講談社BOOK倶楽部のWebサイト「内田康夫と早坂真紀の夫婦短歌」で行うとしています。 僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は「こ...more
in English
カテゴリー:

脱原発集会に1万1000人=福島事故から6年、誓い新た-東京 - 03月20日(月)16:59 

 脱原発を求め、東京電力福島第1原発事故による避難者らへの支援を訴える大規模な集会が20日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。主催者によると、市民ら約1万1000人が参加。事故発生から6年が過ぎても廃炉の道筋は描けず、費用も膨らみ続ける中、参加者は原発のない社会の実現に向け、誓いを新たにした。 「事故を起こした人たちに最後まで責任を取らせようじゃありませんか」。午後1時半すぎに屋外ステージに登壇した作家の落合恵子さんは声を張り上げた。一部の避難者への住宅支援が3月末で打ち切られることを批判。「もっと声を上げていきましょう」と呼び掛けた。 福島第1原発で事故対応などに従事した後に白血病を発症し、労災認定を受けた北九州市の男性(42)は「東電は労働者を使い捨てるような扱いをしてきた」と訴え、東京地裁に起こした損害賠償請求訴訟で責任を追及する決意を示した。 「原発はもう時代遅れだ」と指摘したのはルポライターの鎌田慧さん。原発事業によって経営が大幅に悪化した東芝などの例を挙げ、「今や原発は完全に行き詰まって、(社会は)自然エネルギーに向かっている」と断じた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

東京都「少女の自画撮りを禁止にすれば、援交も無くなる!」 東京都が全国初「自画撮り」規制へ - 03月09日(木)10:01 

LINEで裸の画像を自撮りして送っていた女子中高生は、  「誰かに構ってほしかった」  「アプリのスタンプをくれると言われた」  いずれも非行歴や補導歴のない“普通の子”だった。  また、自分の裸の画像をツイッター上に掲載した少女は、  「フォロワー数を増やしたかった」  「みんなにちやほやされたかった」  と、安易な気持ちから自撮り写真をアップしている。  自画撮りを巡って、送信相手から画像をネット上に拡散させると脅される事件も全国で起きている。  「ずっと野放し状態だったのが不思議なくらいで...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ルポライター」の画像

もっと見る

「ルポライター」の動画

Wikipedia

  • REDIRECTルポルタージュ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる