「ルノー」とは?

関連ニュース

東京オリンピックは朝ドラでどう描かれてきたのか「オリンピックのどこがすばらしいと思うんや?」 - 04月23日(日)10:00 

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(岡田惠和脚本)は、1964年の東京オリンピック開催直前の茨城の片田舎を舞台に始まった。先週放送分では、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が高校の同級生たちと、オリンピックの聖火が茨城県内を通るのとあわせて、自分たちの村でも独自に聖火リレーを実現させた。木俣冬さんの記事にあったように、これは実話をもとにしたエピソードだとか。それにしても、「ひよっこ」の劇中、肝心のオリンピックはテレビのモノクロの画面の向こう側で、あっけなく終わってしまった。それがかえって「田舎」と「東京」の遠さを表していたようにも思う。これまでの朝ドラでも、東京オリンピックはたびたびとりあげられてきた。戦後日本におけるビッグイベントだけに、女の一代記の多い朝ドラに登場するのは当然といえる。ただ、それは50年以上にわたる朝ドラの歴史のなかでも、じつはごく最近の傾向かもしれない。朝ドラで東京オリンピックが重要な題材に扱われ、その前後の時代が舞台となったのはおそらく、早くとも1989~90年放送の「和っこの金メダル」(重森孝子脚本)がその先駆けではないだろうか(ただし、細かく調べたわけではないので、もしそれ以前に東京オリンピックをとりあげた作品があるなら、ご存知の方にぜひご指摘いただきたい)。この記事では、「和っこの金メダル」以降、歴代の朝ドラにおいて東京オリンピックがどんなふうにとりあげ...more
in English
カテゴリー:

Official: 「ルノー カングー ジャンボリー2017」を5月14日山中湖交流プラザ「きらら」で開催 - 04月21日(金)20:00 

Filed under: ライフスタイル, ワゴン, ルノー, フランス ルノー・ジャポンは、ルノー カングーを始めとするルノー車、そして車のある生活を楽しんでいる方々が集まる今年で 9 回目の開催となるイベント「ルノー カングー ジャンボリー2017」 を、5月14日に、山梨県山中湖村 山中湖交流プラザ「きらら」で開催する。 「ルノー カングージャンボリー」は、ルノー カングーのオーナーを中心としたオール ルノーのファンミー ティングとして始まったイベントで、「クルマのある生活を楽しむ」をテーマに毎年開催されるこのイベントには、全国各地からルノー カングーを始めとするルノー車オーナーが参加する一方、ルノー車以外の参加も増え、フレンチスタイルの休日を楽しむイベントとして定着している。昨年は、全国各地から 1,100 台以上のルノー カングーを含む 1,800 台を超える車と 4,000 名以上の来場者、500 頭を超えるペットたちが、思い思いに休日を満喫した。  今年は、カングー ジャンボリーオリジナルチョロ Q の販売、イオンペットとのコラボで実現したカングードクターカーの展示、フランスから「家族」、「外遊び」をテーマとしたライフスタイルブランドが、今年のカングー ジャ ンボリー会場で日本初上...more
in English
カテゴリー:

【F-1】<レッドブル>「2021年以降のエンジン規則によってはF1撤退の可能性!」独立系サプライヤーの参入を強く求める - 04月21日(金)16:17 

レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、FIAが2021年以降のF1エンジンレギュレーションを今季中に定め、そこにインディペンデントサプライヤーの参入を実現させる内容を盛り込まない限り、レッドブルがF1に参戦し続ける保証はないと発言した。  現在の1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドのパワーユニットが2020年まで使用されることは決まっているものの、2021年以降は新たな仕様のパワーユニットが導入されることになる見込みだ。3月31日、その方向性についてFIA、F1所有者、F1パワーユニットサプライヤ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

よみうりランド「グッジョバ!!」でGWの特別英語ワークショップ開催 - 04月19日(水)21:30 

5月3日(祝)~7日(日)の5日間、グッジョバ!!内のBUNGU factoryにて、ゴールデンウィーク特別バージョンのワークショップ「英語でオリジナルキャンパスノートのデコレーション」が開催される。 【写真を見る】今回特別に小学生じゃないライターも実際にワークショップを体験! 対象は小学生低学年以下の英語学習を本格的に始める前の子ども。ゴールデンウィーク中、1日4回行われる。今回特別に小学生じゃないライターも実際にワークショップを体験! ■ 英語でワークショップ!そのきっかけは… よみうりランドがグッジョバ!!のワークショップで英語を取り入れる試みは今回が初めて。東京ビジネス外語カレッジ(ISIグループ)の協力のもと、モノづくりを通じて、苦手意識を持つことなく、英語に楽しく触れることを意識している。 ■ 体験スタート! 今回のワークショップでは、ネイティブの先生が2人。最初は塗り絵からスタート。真っ白な本の上に紙をのせて色鉛筆で塗ってくと、なんと動物が出現!その動物をネイティブの先生が英語で言うと、子供達も真似して発音していく。子供達全員、塗り絵に夢中になりながらも、しっかり英語も発音していた。 また真っ白なキャンパスノートを自分の好きなようにデコレーションするワークショップも行われた。先生から簡単な英単語のレクチャーを受けながら、動物や食べ物などのシールや、ペンを使って、世界に...more
in English
カテゴリー:

現場業務向け超機能デジタルノート・アプリ法人版「GEMBA Note for Business」Windows版の評価版を提供開始 - 04月18日(火)13:00 

[株式会社MetaMoJi] 2017年4月18日 株式会社MetaMoJi MetaMoJiが、現場業務向け超機能デジタルノート・アプリ法人版 「GEMBA Note for Business」Windows版の評価版を提供開始 ~現場発の働き方改革を強力に支援するソリューション...
in English
カテゴリー:

『Vogue Arabia (ヴォーグ アラビア)』の編集長ディーナ・アルハニ・ アブドゥルアズィーズが退任、後任はマニュエル・アルノー - 04月22日(土)17:00 

2017年3月にローンチされた『Vogue Arabia (ヴォーグ アラビア)』の編集長 Deena Aljuhani Abdulaziz (ディーナ・アルハニ・ アブドゥルアズィーズ) が同職を退任したことが明らかに […]
in English
カテゴリー:

山中湖でフレンチスタイルの休日を。「ルノー カングー ジャンボリー2017」を開催 - 04月21日(金)16:46 

ルノー・ジャポンは5月14日(日)、山梨県山中湖村 山中湖交流プラザ「きらら」にて、「ルノー カングー ジャンボリー2017」を開催する。 【写真を見る】「カングー ジャンボリー」オリジナルのチョロQを販売!/写真は予定パッケージ 今年で 9 回目の開催となるルノー カングージャンボリーは、同社のマルチパーパスビーグル「カングー」のオーナーを中心としたファンミーティングとして始まったイベント。「クルマのある生活を楽しむ」をテーマに毎年開催されるこのイベントには、全国各地からルノー カングーを始めとするルノー車オーナーが参加する一方、ルノー車以外のオーナーの方の参加も増え、フレンチスタイルの休日を楽しむイベントとして定着しつつある。 昨年は、全国各地から 1,100 台以上のルノー カングーを含む 1,800 台を超える車と 4,000 名以上が来場、そして 500 頭を超えるペットたちが、思い思いに休日を満喫した。 今年は、カングー ジャンボリーオリジナルチョロ Q の販売、イオンペットとのコラボで実現したカングー ドクターカーの展示、そしてフランスから「家族」、「外遊び」をテーマとしたライフスタイルブランドが、日本初上陸。また、人気のマルシェ、フリーマーケット、ドッグランなど、一日中楽しめる恒例のコンテンツも用意するとのこと。 時間は9:30~14:00で、入場料は無料。山中湖で...more
in English
カテゴリー:

フィアット、ルノー好調 欧州新車販売、過去最高11%増 3月194万台 - 04月20日(木)05:59 

 欧州自動車工業会(ACEA)が19日発表した3月の新車販売台数は、前年同月比11%増の194万台となり、過去最高の増加率を記録した。
in English
カテゴリー:

カニバリズムホラー映画「RAW」主演女優が語る、社会的タブーと性の目覚め - 04月19日(水)19:30 

ジュリア・デュクルノー監督の『Raw』で、主演を演じたフランス期待の新人女優ガランス・マリリアーが、性の目覚め、カニバリズム、大人になることについて語る。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

ヒューマンなまなざしで表現された作品!写真展「ロベール・ドアノーなどのヒューマニズム作品」を開催へ【Art Gallery M84】 - 04月17日(月)17:00 

歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は2017年4月17日(月)より写真展「ロベール・ドアノーなどのヒューマニズム作品」を開催した。■フランスのヒューマニズム派の作品展今回の作品展は、Art Gallery M84の第61回目の展示として実施する企画展だ。フランスの戦前、戦後を代表する写真家ロベール・ドアノー、ブラッサイ、エドゥアール・ブーバなどのヒューマニズム溢れる作品に加え、作家は不詳だが同様な視点の作品や更に80、90年代の恋人たちを撮影したクロード・ノリや自宅から見える風景、そして自身の二人の娘たちをテーマにしたクロード・バトーで構成している。フランス庶民の日常、女性や子供、パリの風物、恋人たち、極めてヒューマンなまなざしで表現されている。これらの作家はフランスのヒューマニズム派とも言えるだろう。作品はすべて伝統的なクオリテイを醸し出す銀塩印画紙で表現されており、一部はヴィンテージプリントの暖かさにも触れることもできる。コレクター必見、写真集に掲載されている作品や表紙になっている作品もある。すべてゼラチンシルバープリントで、28点を予定している。なお、これらの作家の写真集初版本なども展示する。●Robert Doisneau / ロベール・ドアノーパリの通りやカフェで見られる様々な庶民の人々の何気ない普通の生活を撮影し、人間の生活を...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ルノー」の画像

もっと見る

「ルノー」の動画

Wikipedia

ルノー(Renault S.A.S.)は、フランスパリに本社を置く自動車製造会社。子会社日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めるとヨーロッパ最大の自動車会社である。フランス政府が株式の約20%を保有する筆頭株主であり、フランス国内でも歴史的に政府との関係が非常に強い企業の一つである。歴代経営幹部にはフランス政府の関係者が多数天下っている。

沿革 ヨーロッパ最大の自動車会社

プレミアム・トラクター 1898年にフランス人技術者のルイ・ルノー(''Louis Renault''、1877年-1944年)とその兄弟によって「ルノー・フレール(ルノー兄弟)」社として設立された。現在は主に中小の乗用車や商用車を手掛ける。過去には商用車専門の子会社のルノーV.Iで大型トラックや軍用車両の生産、第二次世界大戦前は航空機ボートも生産していた。

1970年代以降...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる