「ルノー」とは?

関連ニュース

【画像】新しいロゴ発表 ルノー、日産自動車、三菱の拡大を象徴 「アライアンス 2022」 - 09月17日(日)04:25  newsplus

ルノー、日産、三菱自動車、100億ユーロのシナジー創出を目指した新6カ年計画「アライアンス 2022」 - Car Watch http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1081253.html 2022年に完全自動運転車両を展開する計画など 編集部:北村友里恵2017年9月15日 23:57  ルノー、日産自動車、三菱自動車工業は9月15日、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6カ年計画「アライアンス 2022」とともに、パートナー企業間における機能統合や協力体制の拡大を象徴する新しいロゴを発表した。なお、同日より新しいWebサイトを開設する。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ルノー、「ラ・タント・イレーズ」とのコラボ「カングー」60台限定 - 09月16日(土)15:34 

過去最高の販売台数を日本国内で更新しているルノー・ジャポンの限定車販売攻勢が続く。
カテゴリー:

サインツがルノーへレンタル移籍、パーマーはシート喪失 - 09月16日(土)13:05 

【9月16日 AFP】フォーミュラワン(F1世界選手権)に参戦するルノーは15日、トロ・ロッソからレンタル移籍でカルロス・サインツ・ジュニア(Carlos Sainz Jr.)を獲得し、2018年シーズンのドライバーとしてニコ・ヒュルケンベルグとコンビを組むと発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

F1=マクラーレン、ホンダからルノーに切り替え - 09月16日(土)11:41 

[シンガポール 15日 ロイター] - 自動車レースF1のマクラーレンは15日、エンジン供給を受けているホンダとの契約を今季限りで解消し、来季からルノーに切り替えると発表した。
カテゴリー:

ルノー・日産連合中期計画 三菱自動車を含め世界販売台数、22年に1400万台へ - 09月16日(土)06:00 

 仏ルノー・日産自動車連合は15日、2022年までの6年間の中期経営計画を発表した。三菱自動車を含めた世界販売台数は22年に16年比約1.4倍の1400万台、このうち3割を電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)といった電動化車両が占めるとの見通しを示した。台数規模にこだわるとともに、成長が見込めるEV市場を引き続き牽引(けんいん)していく姿勢をアピールした。
カテゴリー:

アロンソ、マクラーレン残留の判断は「検討してから」 - 09月16日(土)15:51 

【9月16日 AFP】フォーミュラワン(F1世界選手権)に参戦するマクラーレンのフェルナンド・アロンソは16日、自らの今後を誓う前にマクラーレンとルノーとの新たなパートナーシップについて検討するために時間が必要になると語った。≫続きを読む
カテゴリー:

日産・ルノー・三菱自連合、新6カ年計画「アライアンス2022」発表 - 09月16日(土)15:28 

ルノー・日産アライアンス・三菱自が、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6か年計画「アライアンス2022」を発表した。
カテゴリー:

マクラーレンがホンダとの提携解消、2018年からルノーエンジンを使用 - 09月16日(土)12:46 

【9月16日 AFP】フォーミュラワン(F1世界選手権)に参戦するマクラーレンは15日、今季限りでホンダと手を切り、来季からルノーのエンジン供給を受けると発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

ルノー・日産、三菱自の3社連合率いるゴーン氏 野心的なプラン「達成できる」 - 09月16日(土)06:01 

 ルノーと日産、三菱自の会長を務めるカルロス・ゴーン氏は今回、年平均約70万台を積み上げる野心的なプランを示した。実現すれば、16年に世界首位だった独フォルクスワーゲン(1031万台)を圧倒的に突き放す。17年上半期に世界販売で初めて首位に立った3社連合を率いるゴーン氏がぶち上げた見通しは“大風呂敷”か、それとも現実的な展望なのか。
カテゴリー:

ゴーン氏が進む孤高の道、規模の追及は正解か - 09月16日(土)05:17 

 自動車業界において、規模はまだ重要なのだろうか。ルノー・日産・三菱連合を率いるゴーン氏の掲げるシナジー効果は、投資家が重視する各企業の収益性にはそれほど明確に現れていない。
カテゴリー:

もっと見る

「ルノー」の画像

もっと見る

「ルノー」の動画

Wikipedia

ルノー(Renault S.A.S.)は、フランスパリに本社を置く自動車製造会社。子会社日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めるとヨーロッパ最大の自動車会社である。

沿革 ヨーロッパ最大の自動車会社

プレミアム・トラクター 1898年にフランス人技術者のルイ・ルノー(''Louis Renault''、1877年-1944年)とその兄弟によって「ルノー・フレール(ルノー兄弟)」社として設立された。現在は主に中小の乗用車や商用車を手掛ける。過去には商用車専門の子会社のルノーV.Iで大型トラックや軍用車両の生産、第二次世界大戦前は航空機ボートも生産していた。

1970年代以降PSA・プジョーシトロエンと並び、フランスの二大自動車企業の一角を占め、先進的なデザインと優れた安全性能、高品質が高い評価を受...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる