「リーグ戦」とは?

関連ニュース

【サッカー】<パチューカ会長単独取材!>本田は「アジアのベッカム」 早くも契約延長熱望 - 07月24日(月)21:36 

 【メキシコ市22日(日本時間23日)】 メキシコ1部、パチューカのヘスス・マルティネス会長(59)が、サンケイスポーツの単独取材に応じ、 1年契約で新加入した日本代表FW本田圭佑(31)に対し、早くも来季以降の契約延長を視野に入れていることを明かした。 本田はチームのリーグ開幕戦(対UNAM=アウェー)には招集されなかったが、存在価値はうなぎ上りだ。 まだ1試合どころか、自身の調整を優先させてチームにも本格合流していないFW本田。だが、クラブのマルティネス会長はその“プロ根性”を高く評価した...
»続きを読む
カテゴリー:

永田裕志、G1卒業宣言で「ライガーさんに怒られました(笑)」 - 07月23日(日)16:46 

7月17日に開幕した、新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX 27」。今回、同大会に出場する永田裕志選手に、G1前の「公開練習」後インタビューを行った。自ら「最後の参戦」と銘打った今大会への意気込みや、「公開練習」に込めた思いなどを語ってもらった。 【写真を見る】“最後の公開練習”は神奈川・鎌倉由比ガ浜海水浴場でビーチレスリング! ――今回が「最後のG1」と宣言されましたが、やはり最後ということは意識されますか? 特に意識してるわけではないんですが、周りの見方が「永田裕志、今年も公開練習」って(意識している感じ)。関係者の方やマスコミの方が、「最後のG1」ということですごく僕を後押しというか、背中を押してくれてますので。僕が今回のG1に向けて体調を整える上で、いい形で追い風になってますね。 ――今日の公開練習を行って、コンディションはいかがですか? 今、日本列島は暑いじゃないですか。そんな中でG1を想定して、暑さに耐える練習をやっています。例えば、暑い時間帯に多摩川でランニングするとか、灼熱の道場で体を動かして重いものを持ち上げるとか、そういう練習を毎日やってる中で、ここ数年で一番いい状態が作れていますね。 この暑さの中でも汗をかくことが心地よく感じますし、そうやっていっぱい汗をかきながらガンガン、バーベルを上げている中で、(バーベルの)重量が増えてきてますよ。だから、そん...more
カテゴリー:

【バレーボール】龍神NIPPONの出場選手14名を発表、第19回アジア男子選手権大会7/24~ - 07月23日(日)13:17 

 「第19回アジア男子選手権大会」が7月24日(月)から8月1日(火)まで、スラバヤ(インドネシア)で開催されます。この大会に出場する全日本男子チーム・龍神NIPPONの出場選手14名が決定しました。  今大会では、出場16チームをA、B、C、D組に4チームずつ振り分け1次リーグ戦(1回総当り戦)を行い、各組の上位2チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、各組の下位2チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(9-16位)に回ります。順位決定予備戦では、4チームずつ2つの組に分かれ1回総当り戦を行いますが、1次リーグ戦で当たったチー...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<J1第22節>首位のセレッソ大阪が浦和レッズを4発粉砕!杉本健勇は2ゴールで今季10得点目に★2 - 07月23日(日)08:34 

■セレッソ大阪 4-2 浦和レッズ [ヤンマースタジアム長居] https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072201/live/#live [C]杉本健勇(6分) [C]杉本健勇(8分) [浦]ズラタン(18分) [C]山口蛍(27分) [C]丸橋祐介(35分) [浦]ラファエル・シルバ(45分+1) 2017明治安田生命J1リーグ第22節が22日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。  8月15日に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA」に浦和が出場する関係で、他カードに先立って行われたこの試合。C大阪は山村和也や柿谷曜一朗、杉本...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<J1第22節>首位C大阪が浦和を4発粉砕! 杉本健勇は2ゴールで今季10得点目に - 07月22日(土)21:03 

2017明治安田生命J1リーグ第22節が22日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。  8月15日に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA」に浦和が出場する関係で、他カードに先立って行われたこの試合。C大阪は山村和也や柿谷曜一朗、杉本健勇らが先発メンバーに名を連ねた。対する浦和は遠藤航が出場停止から復帰。前線にはズラタン、ラファエル・シルバ、興梠慎三が入っている。  試合は6分にいきなり動く。C大阪は右CKの流れから水沼宏太のクロスを杉本が右足で合わせて先制。さらに8分、C大阪は柿谷のクロ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本サッカーを成長させる個性的な外国人選手たち――DFとして最高にイヤなW杯得点王の駆け引きとは - 07月24日(月)11:00 

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第5回。 現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど、日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。 前回に続き、ポドルスキの神戸加入を機に現役時代、Jリーグで対戦した外国人アタッカーの思い出を振り返る。あのW杯得点王のすごさはどこにあったのか…。 * * * 現役時代につけていた私のサッカーノートのページに「スキラッチはバカ!」と書いてある。 スキラッチとは、ジュビロ磐田にいたFWサルバトーレ・スキラッチのことだ。彼は本当にDF泣かせのストライカーだった。90年W杯イタリア大会の得点王になった元イタリア代表は、1994年から1997年までJリーグでプレーしていたのだが、4年間のリーグ戦78試合で奪ったゴール数は56点。驚異的なゴール率を残した理由は「ずる賢さ」と「スピード」があったからだろう。 彼は試合になると開始直後からオフサイドに何度も引っかかるし、試合中はわけのわからないところで笑う。DFとしては気持...more
カテゴリー:

仙台、名古屋からMF古林将太を獲得「貢献したい」 - 07月23日(日)14:08 

 J1ベガルタ仙台は23日、J2名古屋グランパスからMF古林将太(26)を期限付き移籍で獲得したと発表した。移籍期間は17年7月23日から18年1月31日まで。古林は湘南ベルマーレから昨季名古屋に移籍し、リーグ戦28戦に出場。だが今季は…
カテゴリー:

【サッカー】<名古屋グランパス>サポーターからも心配の声…MF矢田が千葉、DF古林が仙台へそれぞれ期限付き移籍! - 07月23日(日)10:49 

名古屋グランパスは23日、MF矢田旭がジェフユナイテッド千葉、DF古林将太がベガルタ仙台へそれぞれ期限付き移籍することを発表した。期間はともに2018年1月31日まで。  2014年に名古屋に加入した矢田は、昨季までJ1通算69試合に出場していたが、風間八宏監督が就任した今季はここまでリーグ戦の出場はなかった。クラブを通じ「半年間J1復帰に向け、チームに貢献できるよう精一杯努力してきましたが、力になれず、自分の力不足に悔しさと怒りを感じています。自分を育ててくれた名古屋グランパスにかける思いは、誰にも負けないと思っ...
»続きを読む
カテゴリー:

C大阪ホームリーグ戦不敗継続 エース杉本8分2発 - 07月23日(日)07:19 

 セレッソ大阪がホームのリーグ戦で8勝3分けと「不敗」を継続した。  エースFW杉本が開始8分間で2発。前半6分に右足、同8分に頭で決め、直後の9分にはGKと1対1でシュートはゴールポストに阻まれた。「あそこが自分の課題。あと1点、ハッ…
カテゴリー:

【サッカー】<J1第22節>首位のセレッソ大阪が浦和レッズを4発粉砕!杉本健勇は2ゴールで今季10得点目に - 07月22日(土)21:01 

■セレッソ大阪 4-2 浦和レッズ [ヤンマースタジアム長居] https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072201/live/#live [C]杉本健勇(6分) [C]杉本健勇(8分) [浦]ズラタン(18分) [C]山口蛍(27分) [C]丸橋祐介(35分) [浦]ラファエル・シルバ(45分+1) 2017明治安田生命J1リーグ第22節が22日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。  8月15日に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA」に浦和が出場する関係で、他カードに先立って行われたこの試合。C大阪は山村和也や柿谷曜一朗、杉本...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「リーグ戦」の画像

もっと見る

「リーグ戦」の動画

Wikipedia

リーグ戦(リーグせん)とは、競技大会の大会形式を指す用語。参加者(チーム)同士がそれぞれに対戦を繰り返し、対戦結果を総合した成績によって順位を決定する。特殊な場合を除き、参加者の試合数は一定となる。日本語の定義では総当り戦に限ることが一般的である。この項では変則的なグループトーナメントである「スイス式トーナメント(ドロー)」についても述べる。

定義

日本語において「リーグ戦」は、総当たり戦に代表される「グループトーナメント」のことを指す。英語本来の「league(リーグ)」は単に「主催団体・連盟」のことで、「リーグ戦」はリーグが主催する全ての試合をさすものであり、大会・試合の運営方式・形式とは無関係である。したがって、日本語の「リーグ戦」は用法を限定した狭義の意味で用いられている(「トーナメント戦」も同様)。

総当たり戦は「全ての参加チームが、全ての相手と一定回数の対戦を行う方式」である。このうち特に、総当たりの回数が2回以下であるものをラウンド・ロビン・トーナメントと呼ぶ(いわゆる「ホーム・アンド・アウェイ方式」はこの一種)。一方、グループトーナメント(リーグ戦)には、相手によって対戦回数が異なるものや完全には総当たりでないものも含まれる。

プロスポーツリーグの多くは、レギュラーシーズンの試合を総当たり戦(全てのチームと対戦しないリーグも存在)で行い、その後勝ち残り式トーナメント(トーナメント戦)形式のプレーオフでシーズンの優勝チームを決定するという方式を取っている。また、国別の世界選手権などでは大会を複数のステージに分け、序盤・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる