「リリー・フランキー」とは?

関連ニュース

北原里英、リリー・フランキーとピエール瀧のペースに翻弄されるも「今日やっと『サニー/32』はスタートに立てました」 - 02月17日(土)17:41 

白石和彌監督、ピエール瀧、北原里英、リリー・フランキー、門脇麦 白石和彌監督×北原里英主演映画『サニー/32』がいよいよ全国公開を迎え、都内にて初日舞台挨拶を開催。白石監督と北原、共演の門脇麦とピエール瀧、そしてリリー・フランキーが登壇した。 >写真をもっと見る 冬の新潟の或る町。仕事も私...
カテゴリー:

北原里英、“ペラペラな衣装”に恥じらい 初主演映画公開には「寂しい思い」 - 02月17日(土)17:10 

4月にAKBグループを卒業する「NGT48」の北原里英が主演した映画「サニー 32」が2月17日、全国40スクリーンで封切られ、北原をはじめ共演のピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦、メガホン...
カテゴリー:

NGT48を卒業する北原里英が映画初主演!「撮影の空き時間はずっとセクシーな…」 - 02月17日(土)16:00 

今春にNGT48を卒業することが決まった“きたりえ”こと北原里英。 そんな彼女が卒業発表後、初主演を務める映画『サニー/32』が2月17日から全国で公開!(新潟・長岡では2月9日から先行上映中) ネット上で“犯罪史上、もっともかわいい殺人犯”と呼ばれ、神格化された少女“サニー”をめぐる誘拐事件を描いた作品。物語はある晩、彼女演じる中学教師・赤理が、サニーの熱狂的な信者・柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)に誘拐されるところからスタートする。 映画公開&卒業直前ということで、撮影の感想から卒業への想いまで語ってもらうべく“きたりえ”を直撃した! ■『凶悪』メンバーとの現場は意外にも和やか! ―撮影お疲れ様でした! 今回、どんな経緯で出演が決まったんですか? 北原 ちょうど3年前くらいですかね? 私が出ていた『AKB48のオールナイトニッポン』に秋元先生が出演してくださったことがあって。そこで「北原の主演映画を撮ろう」と言ってくださったんですよ。 ―おぉ! 秋元康さん、直々に! 北原 それで「どんな映画がいい?」と希望を聞いてくださったので「『...more
カテゴリー:

十文字映画祭にリリー・フランキー 主演作品語る - 02月17日(土)10:53 

 第27回あきた十文字映画祭(10~12日、横手市十文字町・十文字文化センター)で障害者の性をテーマとした「パーフェクト・レボリューション」が上映され、脳性まひの主人公を演じたリリー・フランキー(54…
カテゴリー:

「大人は判ってくれない」をイメージ「ぼくの名前はズッキーニ」パイロットフィルム公開 - 02月17日(土)09:00 

 アヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀賞と観客賞、第89回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされたストップモーションアニメ「ぼくの名前はズッキーニ」(公開中)のパイロットフィルムが公開された。 ・【動画】「ぼくの名前はズッキーニ」パイロットフィルム  本作を手がけたクロード・バラス監督が本作の撮影に向け、出資を募るためのパイロットフィルムとして製作。主人公の“ズッキーニ君”がオーディションを受けている設定ので、本編の撮影前に制作されたショートフィルムのため、主人公ズッキーニの造形が本編とは異なっている。  バラス監督は本映像について、「『大人は判ってくれない』のジャン=ピエール・レオーのパイロットフィルムをメージした」と語る。オーディション設定である本映像では、ズッキーニが映画に出たいかと問われると、「『シュレック』みたいに映画に出たい!」と楽しそうに語る姿や、自分が演じる“ズッキーニ”という名前の変更を提案するなど、子供らしい天真爛漫な受け答えが収められている。  映画は、事故で母親を亡くし、ひとりぼっちになってしまった9歳の少年ズッキーニが、新たに暮らすことになった孤児院で、それぞれに心に傷を抱えた子どもたちと出会い、次第に自分の居場所を見つけていく姿を描く。吹き替え版では、峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキーらが声優を務めている。新宿ピカデリー、Y...more
カテゴリー:

北原里英「AKBの衣装は裏地もしっかり」主演映画のドレス事情明かす - 02月17日(土)17:36 

NGT48およびAKB48グループからの卒業を発表した北原里英が主演を務める映画『サニー/32』の初日舞台挨拶が2月17日に新宿バルト9で開催され、北原里英、ピエール瀧、門脇麦、リリー・フランキー、白石和彌監督が登壇。北原が「いつもよりもだいぶ薄っぺらい衣装だった」と劇中で着たドレスについてぶっちゃけ、会場を笑わせた。 【写真を見る】北原里英、グリーン×ピンクのドレスで登場。胸元のカットが美しい! 本作は、ある事件の殺人犯を“サニー”と呼び神格化する二人の男たちに拉致監禁される女性・赤里(北原)の姿を描くサスペンス。撮影は冬の新潟で敢行され、男たちにいたぶられて変貌していく役柄を体当たりで熱演した北原は「この映画の話が生まれてからは3年半が経っている。長い年月がかかった分だけ愛情のある作品。今日を迎えらえてうれしいですし、さびしい思いもあります」と感慨を語った。 劇中では、赤里が犯人にピンクのドレスを着せられるシーンがあるが、犯人のひとりを演じたリリーは「あんなにペラペラな衣装を着せられたことは、1回もないでしょう?あれはたぶんドンキホーテで400円で売っているやつ」と衣装の安っぽさに触れると会場も大爆笑。 北原は「確かにAKBの衣装は裏地もしっかりしているので、いつもよりもだいぶ薄っぺらい衣装だった」とぶっちゃけつつも、その安っぽさがむしろリアルさを生み出していることに言及し、「...more
カテゴリー:

北原里英、ペラペラな衣装に恥じらい 初主演映画公開には「寂しい思い」 - 02月17日(土)17:10 

 4月にAKBグループを卒業する「NGT48」の北原里英が主演した映画「サニー 32」が2月17日、全国40スクリーンで封切られ、北原をはじめ共演のピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦、メガホンをとった白石和彌監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  「凶悪」の白石監督と脚本・高橋泉が再タッグを組んだオリジナル作品。中学校教師の赤理(北原)は、24歳の誕生日に突然誘拐されてしまう。柏原(瀧)、小田(リリー)と名乗る誘拐犯2人は、ネットで「犯罪史上最も可愛い殺人犯」と神格化された11歳の少女サニーの信奉者であり、赤理をサニーと呼んで監禁し、いたぶっていく。  映画初主演で拉致監禁など壮絶シーンに挑んだ北原は、「撮影からは1年、映画の話が生まれてから3年半ほど。かかった年月分、愛情のある作品」と笑顔。一方で「公開して嬉しいですが、公開したらここで終わってしまう、自分にできることがほとんどなくなってしまうという、寂しい思いもあります」と惜別の胸中を吐露し、続く白石監督は「僕にとっても大切な、渾身の1本」「大好きなシーンばかり」と思い入れを明かした。  さらに劇中で北原が着せられた衣装について、リリーは「あんなペラペラな衣装着せられたこと、1回もないでしょ。ドンキで400円くらいで売ってるやつ」とバッサリ。北...more
カテゴリー:

北原里英、リリー・フランキー、ピエール瀧インタビュー「カッコいいおじさん」のあり方 - 02月17日(土)12:10 

映画『サニー/32』の出演者、北原里英、ピエール瀧、そしてリリー・フランキーによる鼎談インタビュー。映画についてはもちろん、「”カッコいいおじさん”の哲学」についても語ってもらった。今年春にNGT48グループから卒業することを発表した北原里英。彼女が主演を務め、白石和彌(監督)と高橋泉(脚本)の『凶悪』タッグによる完全オリジナル作品『サニー/32』が公開された。中学校教師の藤井赤理(北原)が24歳の誕生日に拉致・監禁される。実行犯は、「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、世間を騒がせた少女”サニー”の狂信的信者である二人。彼らは藤井のことを、成長したサニーだと信じて疑わないのだが果たして……?この狂信者二人を演じるのは、なんと『凶悪』でも圧倒的な存在感を見せつけたピエール瀧とリリー・フランキー。今回もまた、忘れることのできない怪演っぷりを発揮している。そこで今回Rolling Stone Japanでは、北原、瀧、そしてリリーによる鼎談を敢行した。─まずは、北原さんがAKB48グループ卒業前の最後の主演映画として『サニー/32』に出演することになった経緯から教えてください。北原 発端は、『AKB48のオールナイトニッポン』の「サプライズスペシャル」という回でした。そこで秋元康先生が、「北原が主演の映画を作ろう」と発表してくださったんです。ただ、AK...more
カテゴリー:

「キタコレ」とは連合赤軍の「総括」にあたる。北原里英「サニー/32」白石和彌監督×脚本・高橋泉 - 02月17日(土)09:45 

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』で人間の汚れた面を容赦なく描きだす白石和彌監督がNGT48の北原里英を主演に、世にも稀なるアイドル映画「サニー/32」を撮った。実在の事件をモチーフに、少女が少女を殺すという凄惨な事件から14年後、「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」と呼ばれた人物に魅入られ巻き込まれていく人々の姿を赤裸々に描く。ピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦など、百戦錬磨の名優たちのパワープレイと、北原が堂々渡り合う様に震えっぱなし。観客を引きずり込み激しく転がっていく脚本を書いた高橋泉と白石監督は、どうやって、アイドルをここまで禍々しくも輝かしく魅力的に描くことに成功したのか。また、殺人犯を誘拐し監禁した様子が公開されたネットを見ている極めて今日的な人々に、ふたりが託したものは……。スーパーバイザー秋元康からは何を言われたのか──実在の事件・佐世保小6女児同級生殺害事件をモチーフにした映画とのことですが、それがおふたりを掻き立てたわけはなんだったんですか。白石 ネット社会の問題も含めてモチーフにしていますが、事件の話だけでいうと、小学生が小学生を殺すという異常事態なわけです。そこにはたぶん、家庭の問題や社会の問題などいろいろあるでしょうけれど、あの少女が何を思って行動したか、その後もどう思っているのか、本人に取材しない限り、もしかして取材してもわか...more
カテゴリー:

北原里英、初主演映画『サニー/32』を経て新しい自分に - 02月17日(土)06:20 

 「これをもって卒業できるということが、すごく幸せなことだなと思います」。初主演映画『サニー/32』についてそう語るのは、今春でのNGT48卒業を発表し、女優としてのスタートを切る北原里英だ。撮影を通じて「4回死ぬかと思った」という北原に、キャラクターに対する思いや芝居に対する向き合い方、女優としての新たな一歩を踏み出す心境について話を聞いた。【写真】北原里英『サニー/32』インタビューカット 白石和彌監督と脚本家・高橋泉が手掛けた完全オリジナル脚本に基づく本作は、24歳の誕生日に誘拐された中学教師・藤井赤理(北原)と、彼女を「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」“サニー”と崇拝する狂信者たちの姿を描く。赤理を「地味な普通の女性」と評する北原は、その地味さの裏に別の側面が潜んでいることを指摘する。「地味だからこそ、ストーカーに遭うような、そういうちょっとした非日常にすごく期待してしまっている部分が大きいんです」。 劇中では、誘拐犯である柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)によって非日常に放り込まれた赤理が、それまでの“地味な自分”を捨て去り、“新しい自分”に変わっていくさまが鮮烈に描かれる。その過程で、暴行を受けたり雪山を歩いたりといった過酷な芝居も務めた北原は「4回死ぬかと思った」と苦笑するが、「出し切れなくて悔しい思いをしたくないと思っていたので、自分の中で覚悟を決めて臨...more
カテゴリー:

もっと見る

「リリー・フランキー」の画像

もっと見る

「リリー・フランキー」の動画

Wikipedia

リリー・フランキー(Lily Franky、1963年11月4日 - )は、日本マルチタレントで、イラストレーターライターエッセイスト小説家絵本作家アートディレクターデザイナーミュージシャン作詞家作曲家構成作家演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。本名、中川 雅也(な...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる