「リベラシオン」とは?

関連ニュース

【自分を解き放つ】ヌーディストに公園開放=パリ、10月までの期間限定 60代男性「ここではやっと自由になれた」 - 04月21日(土)19:10  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3171969?act=all 2018年4月21日 6:15 発信地:ヨーロッパ 【4月21日 時事通信社】パリ市東部の森林公園「バンセンヌの森」の一部区域がこのほど、10月までの期間限定でヌーディストに開放された。ヌーディストたちは「ついに自由が訪れた」と歓迎している。  開放区域は約7300平方メートルで、サッカー場とほぼ同じ。フランスのメディアによると、生け垣などで区切られ、ヌーディスト向けの場所だと記した看板が立てられている。ヨガやピクニックなどのイベントも行われる予定。パリ市は昨年夏、...
»続きを読む
カテゴリー:

ヌーディストに公園開放=パリ、10月までの期間限定 - 04月21日(土)06:15 

 【パリ時事】パリ市東部の森林公園「バンセンヌの森」の一部区域がこのほど、10月までの期間限定でヌーディストに開放された。ヌーディストたちは「ついに自由が訪れた」と歓迎している。 開放区域は約7300平方メートルで、サッカー場とほぼ同じ。フランスのメディアによると、生け垣などで区切られ、ヌーディスト向けの場所だと記した看板が立てられている。ヨガやピクニックなどのイベントも行われる予定。パリ市は昨年夏、1カ月半にわたり同公園で試験開放し、1日当たり350~700人が利用した。 60歳代のヌーディスト男性はバンセンヌでパリジャン紙に「暴力を受けたこともある。ここではやっと自由になれた」と語った。 仏紙リベラシオンなどによれば、仏国内には約200万人のヌーディストがおり、地方を中心にキャンプ場や海岸など約450カ所が開放されている。パリにも一部営業時間に裸で遊泳できるプールはあるが、パリのヌーディスト協会(ANP)幹部は「自然の中で裸になれる場所はなかった」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

「リベラシオン」の画像

もっと見る

「リベラシオン」の動画

Wikipedia

リベラシオン (, 愛称: ) はフランス日刊紙ジャン=ポール・サルトルベニ・レヴィセルジュ・ジュリにより、1968年5月の反体制運動に続いて、1973年パリにて設立された。おおまかには、現在のリベラシオンの編集見解は、中道左派である。

当初は左派の新聞であったが、特に1980年代と1990年代に何度も交代劇を経て、最近の2005年1月にはエドゥアール・エチエンヌ・ド・ロッチルドが37パーセントの資本を取得している。セルジュは欧州憲法 (TCE) に関する国民投票で賛成票を投じようというキャンペーンを張ったが、その結果、相当数の左派読者がリベラシオンから遠ざかった。

2007年現在、リベラシオンは約140,000の部数が発行されている OJD (Office de justification de la diffusion) フランスのNGO。新聞の発行部数を調査している。。リベラシオンはまた、日刊紙としてフランスで初めて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる