「リスボン条約」とは?

関連ニュース

情報BOX:英国のEU離脱へのカウントダウン - 03月21日(火)14:47 

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 英国のメイ首相は3月29日に、欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、EUに対して正式な離脱通告を行う。首相の報道官が20日明らかにした。
in English
カテゴリー:

ポンド/ドル下落、英が29日にEU離脱通告と表明=NY市場 - 03月21日(火)06:24 

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ポンド/ドル<GBP=>が下落した。英政府が29日に欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、正式なEU離脱通告を行うと表明したことが材料視された。
in English
カテゴリー:

英のEU離脱通知、29日に 原則2年間の交渉へ - 03月20日(月)22:06 

 英国のメイ首相は、欧州連合(EU)との離脱交渉を正式に開始させる欧州理事会への「離脱通知」を29日に行う。英政府が20日、発表した。 通知は、加盟国の離脱手続きを定めたEU基本条約「リスボン条約」5…
in English
カテゴリー:

英、女王承認受けEU離脱法が成立 いつでも通知可能に - 03月17日(金)08:26 

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国のエリザベス女王は16日、欧州連合(EU)離脱手続き開始に向けてリスボン条約第50条を発動する権限をメイ首相に与える法案を承認、同法は成立した。
in English
カテゴリー:

英上院、EU離脱手続き開始権限を首相に与える法案可決 - 03月14日(火)10:52 

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国議会上院は13日、欧州連合(EU)離脱手続き開始に向けたリスボン条約第50条を発動する権限をメイ首相に与える法案を、賛成多数で可決した。これで最終承認となる。
in English
カテゴリー:

EU離脱交渉、29日に正式開始へ 英政府が通知 - 03月21日(火)13:49 

英国のメイ首相は今月29日、欧州連合(EU)の基本条約「リスボン条約」の50条に基づいて、正式にEU離脱交渉を開始する。英政府が20日、EUに通知した。 デービスEU離脱担当相は20日の声明で、「英国民は昨年6月にEU離脱という歴史的決断を下した。政府はその決断を実現するべく正式な手続きを開始する」と宣言。英国と欧州全体にとって有益な合意を目指すとの目標を示した。 EUのトゥスク大統領はこれを...
in English
カテゴリー:

英、29日にEU離脱通告 2年の交渉開始へ - 03月21日(火)02:49 

[ロンドン/ブリュッセル 20日 ロイター] - 英国のメイ首相は来週29日、欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、EUに対して正式な離脱通告を行う。首相の報道官が20日明らかにした。将来の英国とEUの関係を決める2年間の交渉が正式に始まる。
in English
カテゴリー:

英国、29日にリスボン条約第50条発動と通告 離脱手続き開始へ - 03月20日(月)21:12 

【3月20日 AFP】英国のテリーザ・メイ首相の報道官は20日、同首相が今月29日に欧州連合基本条約(リスボン条約、Lisbon Treaty)第50条を発動し、正式に離脱手続きを開始すると明らかにした。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

情報BOX:英国のEU離脱へのカウントダウン - 03月15日(水)09:54 

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 英国のメイ首相は3月末までに、欧州連合(EU)離脱手続き開始に向けたリスボン条約第50条発動を通知する書簡をトゥスクEU大統領に送付する見通し。
in English
カテゴリー:

英議会、EU離脱を支持 メイ首相が通告へ - 03月14日(火)10:08 

英議会は13日、メイ首相に欧州連合(EU)からの離脱に向けた交渉開始の権限を認める法案を可決した。 下院に当たる庶民院は同日、貴族院(上院)が先に可決した同法案の修正案を否決した。上院は再び採決を行って法案の修正見送りを決め、下院が先に可決した原案通りの法案が、女王の署名で成立する。 これでメイ首相は、EUからの離脱手続きを開始するリスボン条約50条を発動できることになる。通告は早ければ14日...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「リスボン条約」の画像

もっと見る

「リスボン条約」の動画

Wikipedia

リスボン条約(リスボンじょうやく)は、既存の欧州連合の基本条約を修正する条約。改革条約(かいかくじょうやく)とも呼ばれる。本条約の正式な名称は「欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約」。2007年12月13日にリスボンジェロニモス修道院において加盟国の代表らによって署名され、2009年12月1日に発効した。

2005年にフランスオランダにおける国民投票欧州憲法条約の批准が否決された。欧州連合の基本条約の枠組み改定には全加盟国の賛成が必要であるため、欧州憲法条約は発効が断念された。これを受けて2007年6月、欧州理事会において新条約の枠組みが合意され、政府間協議 (IGC) において起草、条約案が承認された。草案は2007年10月19日に合意に達し、欧州憲法条約に大幅な変更が加えられたものの欧州憲法条約とは異なり、既存の基本条約と置き換えるのではなく、修正する形をとっている。

リスボン条約では欧州...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる