「ランペイジ」とは?

関連ニュース

ロック様、今度は巨獣相手に大乱闘!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報解禁 - 02月19日(月)18:08 

“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演する巨大怪獣パニックアクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』。この映画の日本公開が決定し、ジョンソンがノリノリで日本語を披露する特報が解禁となった。 本作は1980年代のアーケードゲーム「RAMPAGE」を実写映画化したもの。遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化&凶暴化。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまい暴れまわるというストーリー。 解禁となった特報では、ジョンソンが冒頭でいきなり「よぉ! オレはドウェイン・ジョンソン」と日本語で挨拶。その後は英語で「日本語しゃべってみたぜ。ずっと練習してるんだ」と話しかけると、「今日、日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ」と紹介。 「日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく、誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!」と主演作の魅力についてコメント。続いて何度も練習したという日本語でノリノリに「キョダイカガ トマラナイ(巨大化が止まらない)」と特報を紹介する。 その後は、巨大化し大暴れするゴリラらが登場。ジョンソン演じる主人公が「動物たちに異変が」「いったい…」とつぶやくと、巨大化した動物たちが檻を...more
カテゴリー:

動物たちの巨大化が止まらないッ!? ドウェン・ジョンソン主演が大暴れ怪獣に立ち向かう『ランペイジ 巨獣大乱闘』 - 02月19日(月)10:30 

ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション! 80年代のアーケード・ゲームを実写映画化した『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)の日本公開が、5月18日に決定。特報映像が課金となった。 本作は1986年に発売されたアーケード・ゲーム「RAMPAGE」を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるというストーリー。更に世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」社がCGを担当し巨獣達をリアルに表現されています。 【ストーリー】 ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクショ...more
カテゴリー:

巨大怪獣軍団とガチバトル!ロック様が日本語で『ランペイジ 巨獣大乱闘』を激烈アピール - 02月19日(月)08:00 

世界的アクションスターにして、日本でも“ロック様”の愛称で知られるドウェイン・ジョンソンび主演最新作が、巨大怪獣パニック・アクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』(5月18日公開)に決定した。本作は1986年に発売されたアーケード・ゲームを基に製作されており、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるという物語だ。注目の怪獣たちを具現化するのは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや『キング・コング』(05)、『アバター』(09)などを手掛けた世界最高水準のVFXチーム、ウェタデジタル。実際の生き物をもとに創造された巨獣たちをリアルに表現するという。 【写真を見る】陸海空から襲い掛かる怪獣の群れ!『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報をチェック/[c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. 製作スタートから話題を集めてきた本作だが、この度ドウェイン・ジョンソンからの日本向け特別コメント付き特報が解禁になり、その驚愕のビジュアルの一端が明らかになった。 コメントでは「日本には何度も行っていて、怪獣映画のすばらしさはよく知っている、最高だ」と日本文化への敬意を示し「今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなるんだ」と作品の見どころを熱く語ってくれたドウェイン。 特報は、巨獣たちが大都会を...more
カテゴリー:

ロック様が巨大怪獣と大乱闘!ハチャメチャ映像満載「ランペイジ」5月公開決定&特報披露 - 02月19日(月)08:00 

“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演した巨大怪獣映画「Rampage」(原題)が、「ランペイジ 巨獣大乱闘」の邦題で5月18日に全国公開されることが決定した。あわせて特報映像(https...
カテゴリー:

ドウェイン・ジョンソンとゴリラが町をぶち壊しながら共闘する映画「RAMPAGE」予告編第2弾 - 02月14日(水)21:15 

街を破壊しまくる巨大化した猛獣たちにマッチョな学者のドウェイン・ジョンソンが立ち向かう映画「RAMPAGE(ランペイジ)」の予告編第2弾が公開されました。ドウェイン・ジョンソンの演じるデイヴィス・オコエとゴリラのジョージとの深い絆を感じられる内容となっています。続きを読む...
カテゴリー:

ロック様VS巨大怪獣! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』日本語メッセージ付き特報解禁 - 02月19日(月)17:00 

 ドウェイン・ジョンソンを主演に迎えた映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日より公開することが決定し、併せてドウェインから日本に向けた特別コメント付き特報映像が解禁された。【写真】「ドウェイン・ジョンソン」フォトギャラリー 本作は、1986年に発売されたアーケード・ゲーム「RAMPAGE」を基に、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるという巨大怪獣パニック・アクション。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手掛けた視覚効果VFXチームのウェタデジタル社がCGを担当し、巨獣たちをリアルに表現する。 ある日、遺伝子実験の失敗によりゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化し、凶暴化してまうという事件が発生。さらに巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を開始。軍隊の必死の抵抗もむなしく、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。果たして怪獣たちの目的は何なのか。 今回公開された日本限定の特報映像では、「よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン!」と自ら日本語で名乗るドウェインが登場。「日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカく...more
カテゴリー:

ロック様が日本語で“巨獣”主演作アピール - 02月19日(月)09:01 

“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンの主演最新作で、1980年代のアーケード・ゲームを実写映画化した「ランペイジ 巨獣大乱闘」の日本公開が5月18日に決定した。そしてこのたび、巨獣たちが街を舞台に大乱闘する特報が初解禁されている。
カテゴリー:

ロック様が巨大怪獣と大乱闘!ハチャメチャ映像満載「ランペイジ」5月公開決定&特報披露 - 02月19日(月)08:00 

 “ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演した巨大怪獣映画「Rampage」(原題)が、「ランペイジ 巨獣大乱闘」の邦題で5月18日に全国公開されることが決定した。あわせて特報映像(https://youtu.be/VB51KRwebME)が披露され、ジョンソンがノリノリの日本語でアピールする様子のほか、次々に現れる巨獣たちが大都会で大乱闘を繰り広げるさまを収めている。  1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわる、「パシフィック・リム」「キングコング 髑髏島の巨神」さながらの物語を紡ぐ。CGは世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」が担当し、リアルかつ迫力の怪獣たちを創出した。  遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどが巨大化、しかも凶暴化してしまった。その巨大化は止まらないどころか、北米大陸を破壊しながら横断し、一カ所に集結すると大乱闘を始める。高層ビル群が崩壊し、人々が逃げ惑うなか、軍隊も出動するものの、怪獣たちは銃もミサイルも問題にしなかった。  特報では、ジョンソンが日本語で「よう! オレはドウェイン・ジョンソン」と名乗り、「日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ。日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ...more
カテゴリー:

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に登場するロック様のスタントは、人じゃなくCGでした - 02月18日(日)18:00 

Image: Iloura / vimeo via Gizmodo US あのロック様が、この程度のスタントでCG? 1995年のアドベンチャー/ファンタジー映画『ジュマンジ』の続編『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。今度はボードゲームではなくPCゲーム『ジュマンジ』の中に吸い込まれた高校生4人が、本人ではなくアバターに扮して冒険を繰り広げようとします。そのアバターのひとりが、モルダー・ブレイブストーン博士を演じるザ・ロックことドウェイン・ジョンソン。元プロレスラーである彼は、超人的な身体能力を持っているわけですが……さすがにファンタジー映画の中ではチョイチョイCGに差し替えられているのです。VFXを担当したのは、これまで『ゴースト・イン・ザ・シェル』や『ジョン・ウィック』などを手掛けてきたオーストラリアのスタジオiloura。ロック様が他の俳優をフルスウィングでカッ飛ばすシーンは、双方にとって安全だからなのか? それとも役者を引っ張る装置を作るよりCGのほうがコストが安いからなのか? もしくは『ワイルド・スピード ICE BREAK』や『ランペイジ』や『スカイスクレイパー』など、そのたの出演でスケジュールが合わなかったからなのか? とにかく売れっ子俳優のドウェイン・ジョンソン。今後は本人不在で...more
カテゴリー:

プロレスラー俳優法則探訪:「自分の味を出すなら自分で作る法則」ジョン・モリソン - 02月08日(木)10:11 

【プロレスラー俳優法則探訪 FILE.8】  前回のロディ・パイパー編でお伝えした通り、規格外の大きさを求められがちなプロレス出身俳優のセオリーから外れたところにいても需要はあるのです。  例えば『ゼイリブ』の主人公がハルク・ホーガンだったら、ムキムキ主人公が異星人の母星に乗り込んでハッピーエンドになっていたでしょう。  パイパー演じた主人公がそこら辺にいそうな肉体労働者に見えるからこそ無情な最期が際立つ作品が成立しているのです。  今回ご紹介するのは、そのパイパーと同じ系譜にあるジョン・ヘニガン。複数の名前を持つ彼ですが、WWE在籍時の「ジョン・モリソン」が最も有名。  ヘニガンは、WWEの素人発掘企画「タフイナフ3」優勝者として2003年にプロデビューし、ハリウッド出身を謳う華やかなキャラの選手としてタッグ部門を中心に活躍。  これからという時期の2011年にWWEから離れ、アメリカとメキシコのリングを行き来しながら、映画界にも進出します。  TVドラマと低予算映画がほとんどですが、日本でも観られるのが以下の主演3作品。  まずはドウェイン・ジョンソンの『ヘラクレス』公開と同じ年の2014年、あのアサイラムが叩きつけたモックバスター(模倣作)『ヘラクレス 帝国の侵略』。登場時は酔っぱらいのダメ男という異色のヘラクレスを演じています。  2015年にはディザスターSF...more
カテゴリー:

もっと見る

「ランペイジ」の画像

もっと見る

「ランペイジ」の動画

Wikipedia

ランペイジもしくはランページ()は英語で「暴れまわること」を意味する名詞。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる