「ラテン語」とは?

関連ニュース

【短期連載】あなたにとってファッションとは?-vol.1- - 10月19日(木)01:30 

 ラテン語の「factiō(行為、所作)」 が語源とされる「ファッション」という言葉。流行、様式、服飾など様々な意味を持つ少し曖昧なワードなため、捉え方は人それぞれです。日本のファッションの祭典「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 S/S」期間中に送る短期連載では、街を歩く人に「あなたにとってファッションとは?」と質問。vol.1では、17歳の女子高生など3人のファッションに対する想いを紹介。あなたにとってファッションはどんな意味を持ちますか?このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

サバティカルとは何か? - 10月14日(土)18:00 

サバティカルと呼ばれる休み方があります。これは長期勤務者に対し、1ヶ月から1年程度の休暇を与えるものです。サバティカルの語源は6日働いたあと、7日目は安息日とする旧約聖書のラテン語に由来します。 大学の研究者に多い? サバティカルが与えられるのは大学の研究者に多くいます。おおよそのペースは7年に一度くらいの割合で与えられます。日本の大学に勤務している人は、海外で暮らしながら論文を執筆したり、研究を遂行することが多いようです。職務に関する義務などは生じませんので、自分のやりたいことに集中できるのはメリットでしょう。 一般企業にはある? そんなサバティカルですが、一般企業に導入されているかといえばまだまだ浸透していないといえるでしょう。日本の企業の場合は勤続者に対して1週間から2周間程度の休みが与えられるのみです。その期間だけでは、ゆったりと海外旅行をすることは難しいでしょう。そのため、長期間の旅行がしたいという場合には、会社を辞めるしか選択肢がありません。欧米などの企業ではサバティカルは積極的に導入されていますので、ゆったりとした選択肢が用意されているといえるでしょう。日本は一度会社をやめてしまうと社会復帰はとたんに困難になってしまうため、サバティカルによってリフレッシュしてもらうといった制度も必要なのではないでしょうか。元記事をビーカイブで確認!■関連記事「平成ボーダー文化論」...more
カテゴリー:

生理痛ってこんな感じ!「女の子の日」辛さの伝え方と彼の神対応6つ - 10月15日(日)18:30 

生理の辛さって男性には伝わりにくいものです。男の身には絶対に起こらない現象だから、実感がわかないのも無理はないと思う反面、その辛さに寄り添ってくれる彼ならもっともっと好きになれますよね。そこで今回は、生理の辛さを上手に彼に伝えるテクと、女性たちに聞いた「彼がしてくれた感激の神対応」をご紹介します。1:おばあちゃん達は生理を“メンス“と呼んでいた!? “生理”は“月経“の隠語 一般的には“生理”と呼ばれますが、医学用語は“月経”です。隠語として「女の子の日」「アレ」なんて言われたりもします。 “生理”も、そもそもは“月経“の隠語として使われていたものなんです。 また少し前の世代では、生理を“メンス”と言う場合もありました。これはラテン語の“menses(月の複数系)”や英語の“menstruation”が由来とされています。お婆ちゃん世代は外来語を使用していたのですね。 英語では何て言うの? 生理を英語で言うと前述のとおり“menstruation”。日常的には“period”と呼ばれたりします。 生理中に外国人の彼からHのお誘いがあったら 「Sorry darling, I’m on my period. (ダーリンごめん。今生理なの)」 と断りましょう。   2:生理痛を彼に言葉で伝えてみよう! 生理の辛さって決して痛みだけではありませんよね。しかも、生理の...more
カテゴリー:

「ラテン語」の画像

もっと見る

「ラテン語」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる