「ラッキーセブン」とは?

関連ニュース

どうなる「貴族探偵」相葉雅紀の希少価値を考察してみた - 04月24日(月)10:00 

月9「貴族探偵」(フジテレビ 月よる9時〜)原作:麻耶雄嵩 脚本:黒岩勉 演出:中江功ほか今年30周年を迎える伝統と人気を誇るフジテレビ〈月9〉が異色のドラマをはじめた。原作は、麻耶雄嵩の人気推理小説「貴族探偵」及び「貴族探偵対女探偵」である。相当変わっている月9といえばラブストーリーの印象が強い。そうはいっても、おりにふれ、違うジャンルのドラマもやっていて、例えば、木村拓哉主演の検事ドラマ「HERO」や福山雅治主演のミステリー「ガリレオ」、松本潤主演の探偵ドラマ「ラッキーセブン」など恋愛もの以外でのヒット作も多々ある。「貴族探偵」に主演する相葉雅紀も池井戸潤原作のサスペンスタッチのホームドラマ「ようこそ、わが家へ」(15年)に主演しており、月9がラブストーリーでないことは異色でもなんでもないが、「貴族探偵」は相当変わっている。主人公である貴族探偵が探偵と名乗っているにもかかわらず、推理をしないのだ。相葉雅紀は以前、「三毛猫ホームズの推理」(12年、日本テレビ)で猫に頼る刑事を演じていたが、今回の貴族探偵は、自分の部下(執事〈松重豊〉、メイド〈中山美穂〉、運転手〈滝藤賢一〉)に推理させて、その間、女性とのアバンチュールや釣りなどを楽しんでいるだけ。その様子に、自分で何もしない探偵なんて認めない! と息巻くライバル的な(でもいつも貴族探偵に負ける役割らしい)存在・女探偵(武井咲)に対...more
in English
カテゴリー:

スポーツ吹き矢 さわやかクラブ武雄大会 - 04月17日(月)08:00 

スポーツ吹き矢◇平成28年度第3回さわやかクラブ武雄スポーツ吹矢大会(3月13日・武雄市の白岩体育館) 個人6メートルの部(1)中川内幸代(2)川久保隆(3)林美代子(4)富永一子(5)朝長佐和子▽同7メートルの部(1)津留和敏(2)橋口英夫(3)吉永聖二(4)松本晃(5)橋口厚子▽ラッキーセブン勝ち残り戦(1)川久保隆(2)深町良継 ◇第23回大町町スポーツ吹矢大会(3月18日・大町町公民...
in English
カテゴリー:

「ラッキーセブン」の画像

もっと見る

「ラッキーセブン」の動画

Wikipedia

ラッキーセブン()は、]は幸運の数字であるとする、英語圏を中心とする西洋での思想である。輸入する形で日本においても一般に広まっている。ラッキーセブンの語が用いられる場面はさまざまであるが、野球が起源とも言われる。アメリカの野球の試合に置いて、7回目の攻撃で打った球が強風でホームランになったことに由来。

野球におけるラッキーセブン

9イニング制で行われる野球において、終盤の7回はラッキーセブンと呼ばれ、試合の潮目として認識されることが一般的になっている。

1885年9月30日のシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)の優勝がかかった試合での出来事。7回にホワイトストッキングスのある選手は平凡なフライを打ち上げたのだが、このフライが強風に吹かれてホームランとなった。このホームランによってホワイトストッキングスは優勝を決め、勝利投手はこの出来事のことを「ラッキーセブンス」(幸運な第7回)と表現した。一説にはこれが「ラッキーセブン」の一般的な用法の語源でもあるという。

特に攻撃側において「ラッキーセブン」という名称が用いられるのは、この回に得点が入り試合が動く可能性が高いと信じられているからである。7回をこのように重要な回として扱う科学的、統計的根拠があるわけではなく、むし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる