「ラッキーセブン」とは?

関連ニュース

スポーツ吹き矢、第2回白石町スポーツ吹き矢大会など - 03月21日(火)10:19 

◇第2回白石町スポーツ吹き矢大会(2月20日・白石町交流館) 個人男子(1)小野寿男128点(2)前田弘次郎124点(3)森義行122点(4)山口利光(5)定松一生▽同女子(1)木村美枝子132点(2)木原美津子128点(3)溝上靖子128点(4)橋下弘美(5)羽島常江▽団体(1)オニオン(2)池の神(3)堤の神(4)むつごろうA(5)森の神▽ラッキーセブン勝ち残り戦男子(1)前田米夫▽女子...
in English
カテゴリー:

【音楽】シーナ&ロケッツの鮎川誠、人生初の始球式が決定&地元・久留米で生誕69年祭を開催 - 02月28日(火)23:20 

シーナ&ロケッツの鮎川誠 人生初の始球式が決定、地元・久留米で生誕69年祭の開催も発表 2017/02/28 16:51 シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)の鮎川誠が、福岡ヤフオク!ドームにて4月23日に開催される「どんたく博多デー2017」(ソフトバンクホークス対楽天戦)で始球式に登場することが発表されています。鮎川誠が始球式を行うのは人生初。 また今年で音楽生活50周年の節目となり、69歳(ロック年)を迎える鮎川誠。誕生日の5月2日には故郷の福岡・久留米で<生誕69年プレミアムライブ>を開催することが発表されてい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ラッキーセブン」の画像

もっと見る

「ラッキーセブン」の動画

Wikipedia

ラッキーセブン()は、]は幸運の数字であるとする、英語圏を中心とする西洋での思想である。輸入する形で日本においても一般に広まっている。ラッキーセブンの語が用いられる場面はさまざまであるが、野球が起源とも言われる。アメリカの野球の試合に置いて、7回目の攻撃で打った球が強風でホームランになったことに由来。

野球におけるラッキーセブン

9イニング制で行われる野球において、終盤の7回はラッキーセブンと呼ばれ、試合の潮目として認識されることが一般的になっている。

1885年9月30日のシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)の優勝がかかった試合での出来事。7回にホワイトストッキングスのある選手は平凡なフライを打ち上げたのだが、このフライが強風に吹かれてホームランとなった。このホームランによってホワイトストッキングスは優勝を決め、勝利投手はこの出来事のことを「ラッキーセブンス」(幸運な第7回)と表現した。一説にはこれが「ラッキーセブン」の一般的な用法の語源でもあるという。

特に攻撃側において「ラッキーセブン」という名称が用いられるのは、この回に得点が入り試合が動く可能性が高いと信じられているからである。7回をこのように重要な回として扱う科学的、統計的根拠があるわけではなく、むし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる