「ラッキーセブン」とは?

関連ニュース

【芸能】最も好感度が高い「おバカキャラ」ランキング…ローラ、出川哲朗、具志堅用高、りゅうちぇる、つるの剛士など - 07月22日(土)02:12 

芸能界で活躍する芸能人の中には、おバカキャラとして人気を集めている人も少なくありません。 同じおバカキャラでも、世間からの好感度が高い人もいれば、低い人も存在するようです。 そこで今回は、最も好感度が高いと思うおバカキャラについて探ってみました。 1位 ローラ 2位 出川哲朗 3位 具志堅用高 4位 りゅうちぇる 5位 つるの剛士 6位 相葉雅紀 嵐 7位 藤田ニコル 8位 濱口優 よゐこ 9位 平愛梨 10位 里田まい ■ 1位は「ローラ」! 「オッケー」「アハハー」など、歌っているようなおどけた話し方...
»続きを読む
カテゴリー:

「ラッキーセブン」の画像

もっと見る

「ラッキーセブン」の動画

Wikipedia

ラッキーセブン()は、]は幸運の数字であるとする、英語圏を中心とする西洋での思想である。輸入する形で日本においても一般に広まっている。ラッキーセブンの語が用いられる場面はさまざまであるが、野球が起源とも言われる。アメリカの野球の試合に置いて、7回目の攻撃で打った球が強風でホームランになったことに由来。

野球におけるラッキーセブン

9イニング制で行われる野球において、終盤の7回はラッキーセブンと呼ばれ、試合の潮目として認識されることが一般的になっている。

1885年9月30日のシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)の優勝がかかった試合での出来事。7回にホワイトストッキングスのある選手は平凡なフライを打ち上げたのだが、このフライが強風に吹かれてホームランとなった。このホームランによってホワイトストッキングスは優勝を決め、勝利投手はこの出来事のことを「ラッキーセブンス」(幸運な第7回)と表現した。一説にはこれが「ラッキーセブン」の一般的な用法の語源でもあるという。

特に攻撃側において「ラッキーセブン」という名称が用いられるのは、この回に得点が入り試合が動く可能性が高いと信じられているからである。7回をこのように重要な回として扱う科学的、統計的根拠があるわけではなく、むし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる