「ライトフライ級」とは?

関連ニュース

ボクシング 王者の田中恒成選手、両目を眼窩底骨折 - 09月20日(水)16:38 

 今月13日、2度目の防衛を果たしたボクシングWBOライトフライ級王者の田中恒成選手(22)が20日の会見で、両目を眼窩(がんか)底骨折したことを明らかにしました。
カテゴリー:

田中は両眼窩底骨折=田口との統一戦「白紙」に-WBO・Lフライ級 - 09月20日(水)12:43 

 13日の世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチで2度目の防衛を果たしたチャンピオン田中恒成(22)が所属する畑中ジムの畑中清詞会長は20日、名古屋市内で記者会見し、田中が試合で負ったけがの検査結果を「両目の眼窩(がんか)底骨折」と発表した。2カ月間の安静が必要で、年内実現に向けて調整していた世界ボクシング協会(WBA)同級王者田口良一(ワタナベ)との王座統一戦は「白紙」(同会長)となった。 復帰時期について、畑中会長は「将来のある子なので、今は治療に専念させたい。治ったときに次の展望を考えたい」と述べた。田中は「田口選手、期待してくれたファンのみなさんに申し訳なく思う」と語った。 [時事通信社]
カテゴリー:

トリプル世界戦へ!! 拳四朗、初防衛に挑む! - 09月20日(水)02:21 

トリプル世界戦へ!! 拳四朗、初防衛に挑む!:ボクシング・村田諒太選手(31)、比嘉大吾選手(22)に続き、デビューから全勝中の拳四朗選手(25)が、WBC世界ライトフライ級で初の防衛戦に挑む。...
カテゴリー:

拳四朗が来月初防衛戦=ボクシング - 09月19日(火)15:55 

10月22日に初防衛戦を行うことが決まり、記者会見でポーズを取るWBCライトフライ級王者の拳四朗。「負けられないプレッシャーが強い。いい勝ち方をしたい」と意欲を示した=19日、東京都文京区
カテゴリー:

【テレビ】亀田史郎vsやくみつる……乱闘寸前だった"口ゲンカ"を振り返る - 09月18日(月)13:15  mnewsplus

2017年5月。AbemaTV開局1周年記念スペシャル企画としてエキシビジョンマッチがおこなわれました。その名も「亀田興毅に勝ったら1000万!」。 ルールはいたってシンプル。ホストや元暴走族総長といった腕自慢の素人4人が、1人ずつ亀田とボクシングルールで対戦し、勝利すれば賞金1000万円をGETできるというもの。 結果は、大方の予想通り亀田の全勝。しかし企画中、2試合目終了時に「もうしんどいです。帰ってええですか?」と冗談めかしていうなど、弱気な一面も。気づけば今年で31歳と、ずいぶん年を取りました。 今から10年ほど前...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】田中恒成、両目眼窩底骨折 年内の統一戦実現は白紙に - 09月20日(水)13:11  mnewsplus

13日の防衛戦で負傷した世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が 20日、両目の眼窩底骨折で全治2カ月の診断を受け、熱望していた世界ボクシング協会(WBA)同級王者の 田口良一(ワタナベ)との年内の統一戦実現が白紙になったことを明らかにした。  名古屋市内で行われた記者会見に同席した畑中清詞会長は3カ月間のスパーリング禁止を指示されたといい、 「将来ある子なので、ゆっくり治療に専念させる」と述べた。練習の再開や階級変更など今後の展望に ついては「治った時点で考える。今、明確に答え...
»続きを読む
カテゴリー:

田中は両眼窩底骨折=ボクシング - 09月20日(水)12:31 

記者会見でWBOライトフライ級タイトル戦での負傷について報告する田中恒成(右)と畑中ジムの畑中清詞会長。田中の検査結果を「両目の眼窩(がんか)底骨折」と発表した=20日午前、名古屋市中区
カテゴリー:

ボクシング:拳四朗、10月22日に初防衛戦 - 09月19日(火)18:24 

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(25)=BMB=が10月22日に東京・両国国技館で、同級1位のペドロ・ゲバラ(28)=メキシコ=と初防衛戦を行うことが19日、所属ジムから発表された。5月に僅差の判定で王座を奪取した拳四朗は東京都内で記者会見に臨み、「圧勝しないと世界王者と認めてもらえないので倒したい」と意気込みを語った。
カテゴリー:

拳四朗が来月初防衛戦=村田、比嘉とトリプル世界戦-WBC・Lフライ級 - 09月19日(火)15:41 

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの拳四朗(BMB)が10月22日に東京・両国国技館で初防衛戦に臨むことが決まり、19日に発表された。相手は同級元王者で、2015年11月に木村悠(帝拳)=引退=に敗れて王座を失ったペドロ・ゲバラ(メキシコ)。現在は1位にランクされる。 東京都内で記者会見した拳四朗は、「負けられないプレッシャーが強い。いい勝ち方をしたい」と意欲を示した。拳四朗は10戦全勝(5KO)、ゲバラは30勝(17KO)2敗1分け。 試合は村田諒太(帝拳)とアッサン・エンダム(フランス)が再戦する世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトル戦、WBCフライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)の初防衛戦と併せて行われ、トリプル世界戦となる。 [時事通信社]
カテゴリー:

ボクシング:タイトル戦から一夜 田中と岩佐が会見 - 09月14日(木)19:36 

 ボクシングのダブル世界タイトルマッチから一夜明けた14日、世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級で2度目の防衛を果たした田中恒成(畑中)と国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級王座を奪った岩佐亮佑(セレス)が、それぞれ大阪市内で記者会見した。
カテゴリー:

もっと見る

「ライトフライ級」の画像

もっと見る

「ライトフライ級」の動画

Wikipedia

ライトフライ級()は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つ。「フライ」は「蝿(ハエ)」を意味。

ボクシング

プロボクシングでの契約ウェートは、105 - 108ポンド (47.627 - 48.988kg) 。ミニマム級フライ級の間の階級であり、全17階級中2番目に軽い階級。

ライトフライ級はWBAおよびWBCの呼び方で、IBFおよびWBOではジュニアフライ級と呼んでおり統一されていない。

アマチュアボクシングでは男子が46 - 49kg、女子が45 - 48kgでありシニア最軽量で、ジュニアでは更にピン級が置かれている。

日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアフライ級」(英:junior fly weight)。「ジュニア」を冠していた階級は多くの認定団体で「スーパー」を冠する階級名に切り替えられ、日本もこれに倣った(例:ジュニアミドル級はスーパーウェルター級へ改称)が、ジュニアフライ級だけは1階級下が団体によってミニマム級 (WBA)、ストロー級 (WBC) などと分かれているため、統一性のある呼称をということで「ライトフライ級」が採用された。

1975年に設置。初代ライトフライ級王者はWBCは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる