「ライトフライ級」とは?

関連ニュース

ボクシング、大みそかに王座統一戦決定 - 11月18日(土)01:06 

 ボクシングのWBA世界ライトフライ級チャンピオン、田口良一選手の王座統一戦が決定。
カテゴリー:

童顔の世界王者・拳四朗、短期間で連戦の「切実な理由」 - 11月17日(金)16:55 

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(25)=BMB、本名・寺地拳四朗=が、異例の「中2カ月」で防衛戦をすることになった。初防衛戦が10月22日で、次が12月30日。異例の短期ス…
カテゴリー:

井上尚、拳四朗が防衛戦=来月30日、横浜で-ボクシング - 11月16日(木)17:02 

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が12月30日に横浜文化体育館で7度目の防衛戦を行うことが決まり、大橋ジムが16日、東京都内で発表した。世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者、拳四朗(BMB)の2度目の防衛戦も組まれ、ダブル世界戦となる。 9月に米国で6度目の防衛に成功した井上尚は、ランク7位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と対戦。この試合に勝てば来年2月下旬に再び米国で防衛戦を行う計画があり、「そこに向けてという意味でも、いい試合を見せないといけない」と意気込みを語った。 拳四朗は、ランク8位のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)の挑戦を受ける。10月22日の初防衛戦から短い試合間隔にも「全然問題ない。KO勝ちしてインパクトを与えたい」と自信を見せた。 [時事通信社]
カテゴリー:

井岡、王座返上=ジム会長「準備間に合わない」-WBAフライ級 - 11月09日(木)18:04 

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級王座を5度防衛した井岡一翔(28)=井岡=が、王座を返上したことが9日、分かった。所属ジムの井岡一法会長が大阪市内の同ジムで記者会見し、明らかにした。 井岡会長は「(世界戦に向けて)今までコンスタントにできたことができていない。(次戦を想定していた)大みそかに準備が間に合わない」と語った。井岡は4月に5度目の防衛に成功して世界戦14勝目となり、WBAライトフライ級元王者の具志堅用高が持つ日本選手の最多記録に並んでいた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【ボクシング/芸能】松ちゃん ボクシング山中の「しつこい」に反撃「ネリ応援したろ」 - 11月05日(日)12:20  mnewsplus

松ちゃん ボクシング山中の「しつこい」に反撃「ネリ応援したろ」 2017年11月05日 11:26 https://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/05/kiji/20171105s00041000171000c.html  お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。ゲスト出演したボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)と軽妙なトークを披露した。  山中は8月15日に現王者ルイス・ネリ(22=メキシコ)に4回TKO負けし、具志堅用高(元WBA...
»続きを読む
カテゴリー:

絶対的王者へ 田口良一、大みそかに王座統一戦 - 11月17日(金)18:31 

 ボクシングのワタナベジムは17日、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一が国内3例目の王座統一戦を行うと発表した。相手は国際ボクシング連盟(IBF)同級王者のミラン・メリンド(フィ…
カテゴリー:

【ボクシング】田口良一、12月31日にメリンドと団体王座統一戦 - 11月17日(金)13:59  mnewsplus

11/17(金) 13:55配信 田口良一、12月31日にメリンドと団体王座統一戦  プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30=ワタナベ)が12月31日、東京・大田区体育館で、IBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団体王座統一戦に臨むことが17日、発表された。田口にとって7度目の防衛戦で、ビッグマッチを迎える。日本人では4団体(WBA、WBC、IBF、IBF)承認後、過去4試合しかない団体王座統一戦となる。  またIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(23=ワタナベ)も同日、...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】井上尚弥、拳四朗 12・30ダブル防衛戦! - 11月16日(木)14:16  mnewsplus

11/16(木) 14:14配信  ボクシングの大橋ジムは16日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、12月30日に横浜文化体育館でダブル世界戦を開催すると発表した。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋、14戦全勝12KO)が同級7位ヨアン・ボワイヨ(29=フランス、46戦41勝26KO4敗1無効試合)を相手に7度目の防衛戦、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(25=BMB、11戦全勝5KO)が同級8位ヒルベルト・ペドロサ(25=パナマ、23戦18勝8KO3敗2分け)を相手に2度...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】WBA世界フライ級王者の井岡一翔が王座返上、引退可能性も… 「本人モチベーション次第」と父 - 11月09日(木)17:54  mnewsplus

ボクシングWBA世界フライ級王者の井岡一翔(28)=井岡=が保持していた王座を返上したことが9日、明らかになった。 大阪市内で会見を行った、井岡の父で所属ジムの一法会長(50)が明らかにした。 井岡と夏場以降話し合いを重ねてきたという一法会長は「(年末の)試合への準備が間に合わないので、いったん(ベルトを) 返上しようということになった。(井岡)本人がスイッチを切り替えたら、来年に世界前哨戦をノンタイトルでやるかもしれないが、 それも本人次第。本人のモチベーションがなく、身を引くなら引退式もや...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】村田諒太が王者・アッサン・エンダムに勝利!、WBA世界ミドル級タイトルマッチ★4 - 10月23日(月)06:00  mnewsplus

村田諒太、エンダムにリベンジし日本人2人目のミドル級世界王者 7回TKO 2017年10月22日21時15分 スポーツ報知 1回、エンダム(左)を攻める村田 1回、エンダム(左)を攻める村田  ◆報知新聞社後援 プロボクシング世界戦 ▽WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦 ○村田諒太(7回TKO)アッサン・エンダム●(22日、東京・両国国技館)  WBA世界ミドル級1位・村田諒太(31)=帝拳=が、同級王者のアッサン・エンダム(33)=フランス=に勝利し、世界タイトルを奪取した。第7ラウンドが終わり、第...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ライトフライ級」の画像

もっと見る

「ライトフライ級」の動画

Wikipedia

ライトフライ級()は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つ。「フライ」は「蝿(ハエ)」を意味。

ボクシング

プロボクシングでの契約ウェートは、105 - 108ポンド (47.627 - 48.988kg) 。ミニマム級フライ級の間の階級であり、全17階級中2番目に軽い階級。

ライトフライ級はWBAおよびWBCの呼び方で、IBFおよびWBOではジュニアフライ級と呼んでおり統一されていない。

アマチュアボクシングでは男子が46 - 49kg、女子が45 - 48kgでありシニア最軽量で、ジュニアでは更にピン級が置かれている。

日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアフライ級」(英:junior fly weight)。「ジュニア」を冠していた階級は多くの認定団体で「スーパー」を冠する階級名に切り替えられ、日本もこれに倣った(例:ジュニアミドル級はスーパーウェルター級へ改称)が、ジュニアフライ級だけは1階級下が団体によってミニマム級 (WBA)、ストロー級 (WBC) などと分かれているため、統一性のある呼称をということで「ライトフライ級」が採用された。

1975年に設置。初代ライトフライ級王者はWBCは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる