「ライトフライ級」とは?

関連ニュース

【ボクシング】井岡一翔が電撃引退表明!元世界3階級王者、28歳でリングに別れ - 12月31日(日)23:19  mnewsplus

ボクシング元世界3階級王者の井岡一翔(28)=井岡=が31日、横浜市内のホテルで緊急会見し、 現役引退を表明した。30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出し受理された。 大阪府堺市出身の井岡は叔父に元世界2階級王者・井岡弘樹氏を持つ環境で育ち、大阪・ 興国高時代にボクシングで頭角を現す。高校6冠を達成後、東農大に進学したが、目指していた 北京五輪出場の可能性が断たれ、中退してプロに転向した。2009年4月にプロデビューし、 11年に当時国内最速の7戦目でWBC世界ミニマム級...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】≪ 拳四朗 vs ヒルベルト・ペドロサ ≫ 拳四朗が勝利で2度目の防衛!、WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ - 12月30日(土)19:31  mnewsplus

<プロボクシング:ダブル世界戦>◇30日◇横浜文化体育館 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 拳四朗(25=BMB)vs ヒルベルト・ペドロサ(25=パナマ) https://www.nikkansports.com/m/battle/news/201712280000819_m.html?mode=all ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ライトフライ級」の画像

もっと見る

「ライトフライ級」の動画

Wikipedia

ライトフライ級()は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つ。「フライ」は「蝿(ハエ)」を意味。

ボクシング

プロボクシングでの契約ウェートは、105 - 108ポンド (47.627 - 48.988kg) 。ミニマム級フライ級の間の階級であり、全17階級中2番目に軽い階級。

ライトフライ級はWBAおよびWBCの呼び方で、IBFおよびWBOではジュニアフライ級と呼んでおり統一されていない。

アマチュアボクシングでは男子が46 - 49kg、女子が45 - 48kgでありシニア最軽量で、ジュニアでは更にピン級が置かれている。

日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアフライ級」(英:junior fly weight)。「ジュニア」を冠していた階級は多くの認定団体で「スーパー」を冠する階級名に切り替えられ、日本もこれに倣った(例:ジュニアミドル級はスーパーウェルター級へ改称)が、ジュニアフライ級だけは1階級下が団体によってミニマム級 (WBA)、ストロー級 (WBC) などと分かれているため、統一性のある呼称をということで「ライトフライ級」が採用された。

1975年に設置。初代ライトフライ級王者はWBCは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる