「ユーモラス」とは?

関連ニュース

「第18回東京フィルメックス」シルビア・チャン監督作「相愛相親」で開幕! - 11月19日(日)13:09 

 アジアを中心とした注目の作品を多数上映する国際映画祭「第18回東京フィルメックス」が11月19日、TOHOシネマズ日劇1で開幕。オープニング作品としてシルビア・チャン監督の『相愛相親(そうあいそうしん)』が上映された。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  同映画祭の今年のオープニング作品は、「過ぎゆく時の中で」「恋人たちの食卓」など数多くの香港映画、台湾映画に出演してきた大女優シルビア・チャンが監督・主演を務めたドラマ。釜山映画祭でもクロージング作品として上映され、大きな話題を集めた作品だ。母の死をきっかけに、娘のホェイイン(チャン)は、田舎にある父の墓を移そうとするが、父の最初の妻ナナが抵抗。そこから大きな波紋が巻き起こるさまを描き出す。  2015年の第16回フィルメックスではコンペティション部門の審査員を務めたこともあるチャン監督は、「東京フィルメックスに戻ってこられてうれしいです。テレビやiPadやiPhoneではなく、こんな大画面で映画を見ていただけるなんて」と感激した様子。「今回は大変にシンプルなストーリーです。もともとのストーリーがシンプルなだけに、なぜ映画を撮っているのかと自分に問いかける機会となりました。楽しんで撮ったので、ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいですね」と会場に呼びかけた。  亡くなった祖父の墓をめぐる3世代の女性の思いを、時に切...more
カテゴリー:

鈴木夢ちゃん&楽くんが元サッカー日本代表の前園コーチとドリブルレース!『カーズ/クロスロード』MovieNEX発売記念イベント - 11月14日(火)13:15 

この夏劇場公開され大ヒットした『カーズ』シリーズの最新作、『カーズ/クロスロード』。MovieNEX発売と先行デジタル配信を記念したイベントが、先日開催されました。 元サッカー日本代表の前園真聖さん指導のもと、子役の鈴木夢ちゃん、楽(たの)くん姉弟をはじめ一般の子どもたちが『カーズ』のカーレースにちなんだサッカーのドリブルレースに挑戦するというもの。寒さにも負けない元気いっぱいな子どもたちが、イベントを大きく盛り上げてくれました! 前園さん「一緒に戦う仲間との絆など、共感できる作品でした」 まず鈴木姉弟と前園さんが登場し、集まった記者たちに向けごあいさつ。前園さんが「よろしくお願いします」と言うと、座っていた子どもたちからいっせいに「よろしくお願いしまーす!」の声が! 一気に場がなごやかになります。 『カーズ』は鈴木家みんなが大好きなシリーズだそうで、「じつはお兄ちゃん(鈴木福くん)が今のたんたん(楽くん)よりもっと小さかったころ、はじめて映画館で観たのが『カーズ』なんです!」(夢ちゃん)というエピソードも。 もちろん『カーズ/クロスロード』も観たそうですが、感想を聞かれた楽くんが「あんま……」と言いかけたので会場のみんなはびっくり! 「あんま……おもしろかったし、楽しかった!」と、小さな子特有のユーモラスな言葉遣いに笑いが起きます。一方夢ちゃんは「(主役の)マックィーンと(...more
カテゴリー:

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」28人の美の巨人を通じて知るドラえもん達 - 11月14日(火)11:00 

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が11月1日~2018年1月8日、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で開催されている。現代アーティスト28組により、それぞれの才能の中で新たに生み出された『ドラえもん』は、まさに圧倒的な個のアート。その驚愕の世界へと足を踏み入れてみた。 ○「あなたのドラえもんをつくってください」 1970年に『小学4年生』(小学館)に掲載されて以来、多くの子どもたちに愛されてきた『ドラえもん』。しかも、当時の子どもたちから生まれた子どもたち、つまりは今現在の子どもたちも夢中になって漫画を読み、アニメや映画を見ているという、スーパーロングランな全世代的存在となっている。今の40~50代以下、全ての人たちが「ドラえもんを見て育った」と言えるという、一種奇異な位置を保ち続けているわけだ。 今回の展覧会は、現代アーティスト28組に「あなたのドラえもんをつくってください」という依頼のもとに表現されたもの。15年前に開催された「THEドラえもん展」の続編となっている。アーティストの年齢は20~60代、ジャンルは絵画、水墨画、彫刻、写真、映像、書など様々だ。これまで、それぞれに見て・感じてきたドラえもん作品は異なるだろうし、作品を見返して新しいインスピレーションを得たアーティストもいるようだ。 28組のうち、奈良美智さん、蜷川実花さん、福...more
カテゴリー:

逆らう者は容赦なく射殺!イ・ビョンホンの狂気が際立つ「MASTER」本編映像公開 - 11月13日(月)17:00 

 韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件を描いたクライムアクション「MASTER マスター」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。 ・「MASTER マスター」本編映像はこちら!  ヒット作「監視者たち」を手がけたチョ・ウィソクがメガホンをとり、巧みな話術と綿密な計画で民衆から金を巻き上げる投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)と韓国警察の知能犯罪捜査班のし烈な頭脳戦を描く本作。「群盗」「華麗なるリベンジ」で知られるカン・ドンウォンが、警察の知能犯罪捜査班のリーダー、キム・ジェミョンに扮するほか、「チング 永遠の絆」「二十歳」で知られるキム・ウビンが、イ演じるチン会長の部下で、キム捜査官と手を組む天才ハッカー、パク・ジャングン役で出演する。  映像は、自らの死を偽装したチン会長を追い、フィリピンのマニラにたどり着いたキム捜査官が、チン会長と対じするシーンから始まる。一方、現場に到着していたパクは目の前でかつての仲間、通称“キムママ”がチン会長の部下によって殺されるさまを車中から目撃し、顔が真っ青に。さらに、チン会長の部下に見つかってしまい、絶体絶命のピンチに陥る。緊迫感あふれるシーンであると同時に、右腕でもあるはずのキムママの殺害命令をちゅうちょなく下すなど、チン会長の非情さも垣間見える。  お調子者の天才ハッカーを時にユーモラスに、時にシリアスに演じたキム・ウビンは、役にな...more
カテゴリー:

岐阜の用水路に「オオサンショウウオ」が! 淡水魚水族館に問い合わせると... - 11月13日(月)11:00 

岐阜県内の用水路でオオサンショウウオらしきものを1年前に見つけて警察などに通報したと、地元の人がツイッターで報告し、そのときの動く様子の動画を公開した。Jタウンネットでは、オオサンショウウオも展示している淡水魚水族館の「アクア・トトぎふ」(岐阜県各務原市)に話を聞いた。水族館は、オオサンショウウオが搬送されたとの情報を否定紫色のずんぐりとしたものが、水のない細長い用水路の側溝を悠々と進んでいく。4つの足を動かすたびに、体がくねくねと曲がってユーモラスだ。 岐阜県在住のだいすけさんは2017年11月5日、こんな10秒ほどの動画をツイッター上にアップした。近所の用水路で「オオサンショウウオ」を見つけたといい、ツイートは注目を集めて、10日昼過ぎ現在で「いいね」が7万件ほども付いている。 凄い!動いているところ初めて見た!蛇行ぽい感じで歩くのか。用水路になぜこんなのが!?- StupidMonsterFreak (@daftmau54) 2017年11月6日 貴重な動画だ。一回で良いから生で見てみたい!- マコト (@makot571651) 2017年11月6日 ちょ!マジか!どこにいたの?めっちゃ触りたい!- ひろひろ@まゆゆ卒業 (@matuda_hirohiro) 2017年11月6日 天然記念物を間近で見れるなんて凄くレアですね- とある案山子のゲーム実況チャンネル (@7iX...more
カテゴリー:

劇団EXILE町田啓太、念願叶う!?「ハッピーを忘れずに演じました」 - 11月18日(土)16:23 

広島県庁が実際に行なっている婚活事業「みんなでおせっかい!『こいのわ』プロジェクト」にインスパイアを受けて作り出された恋愛応援ムービー『こいのわ 婚活クルージング』の初日舞台挨拶が11月18日、角川シネマ新宿で開催。ダブル主演を務めた風間杜夫と片瀬那奈のほか、藤田朋子、小橋めぐみ、町田啓太、八嶋智人、金子修介監督が登壇した。 【写真を見る】劇団EXILEの町田啓太、本作で念願が叶った? 本作は広島の街や瀬戸内海を舞台に、男女の迷走をユーモラスに描く大人のロマンティックコメディ。「男はつらいよ」のマドンナのような女性を理想とするバツイチの実業家・門脇は、社長を解任させられたことをきっかけに、新たな会社設立とパートナー探しを決意。お見合いを続けるも、なかなかいい相手に出会えない彼は、様々な婚活イベントを企画。そんな中、30歳年下の女性ナギに惹かれ始めていく。 80年代に一斉を風靡したドラマ「スチュワーデス物語」など、二枚目の役柄も三枚目の役柄もこなす風間は、本作ではパワフルな富豪を演じ、あらゆる世代の女性からモテモテに。「たいへん気持ちが良かったです」と頰を緩ませる風間は、劇中で描かれる30歳年下のヒロインとの恋物語については「おとぎ話ですね」と笑ってみせた。 一方で風間とともにダブル主演を務めた片瀬が演じるのは、元ご当地アイドルの編集者。「実年齢と役がほぼ同じで、現実的に受け止めてし...more
カテゴリー:

ネパールのおすすめ観光地20選! 日本人を魅了する観光スポットを紹介! - 11月14日(火)12:00 

海外旅行好きなら一生に一度は観光で訪れたい国、ネパール。ネパールはインドと中国に挟まれた小さな国で、人口はおよそ2649万人。ヒマラヤ山脈に囲まれた素朴で緑の美しい国です。ネパールはヒンドゥ教徒が多くを占める国ですが、仏教の教えを広めたゴータマ・ブッダが生まれたのは今でいうネパールのルンビニです。インドカレーよりもマイルドで優しい味のネパール料理も楽しめます。道ゆく人々の顔立ちも日本にいても違和感のない顔立ちが多く、とても親近感がわく穏やかな国です。訪れればきっと優しい気持ちになれる国・ネパールの、おすすめ観光スポットをご紹介します。 ■治安 カトマンズなど首都圏の治安はよく、日中の旅行なら女性一人でも問題ありません。ただし、日没後は薄暗く、車も多いので注意しましょう。2015年の大地震により、ボダナートをはじめいくつかの寺院や建物が甚大な被害を受けました。まだまだ復旧に時間がかかるため、むやみに人気のない寺院などに入ると倒壊の危険があります。注意しましょう。 ■時差 マイナス3時間15分です。日本がお昼の12時だとしたら、ネパールは朝の8時45分です。 ■飛行時間 日本からの直行便がないため、バンコク、デリー、香港などからの乗り換えとなります。例をあげると、成田からニューデリーまで約9時間半、ニューデリーからカトマンズまで約1時間45分となります。とはい...more
カテゴリー:

【ゆき物語】冬の小樽、余市を楽しんで - 11月13日(月)21:30  newsplus

http://yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20171113-OYTNT50138.html  小樽市と余市町で11日、夜景などを楽しんでもらう冬の観光キャンペーン「ゆき物語」が始まった。  JR小樽駅の構内では、「ガラスアートギャラリー」が登場。輝くツリーを中心に、ショーケースに入ったガラス工芸作品が並べられた。雪の結晶の形を連ねたオブジェや、動物たちがコタツで温まるユーモラスな作品などがあり、観光客らが足を止めて写真を撮っていた。  この日は荒天に見舞われたが、小樽運河では日没とともにガス灯や橋の欄干などで約1万個のLE...
»続きを読む
カテゴリー:

漫画の聖地トキワ荘ゆかりの地&ニコニコ商店街へ--松葉のラーメンも健在 - 11月13日(月)11:00 

日本の漫画・アニメが世界中の人々を魅了するようになって久しい。海外の本屋で『ワンピース』が全巻そろって売られているという光景も、さほど珍しいことではなくなっているようだ。そんな日本の漫画の原点とも言えるのが、昭和の漫画家たち。彼らがかけだし時代を過ごしたのは、言わずと知れた「トキワ荘」だ。そのゆかりの地をゆるゆると巡りつつ、食べ歩きグルメを探してみた。 ○今もなんだか昭和っぽい!? 椎名町~落合南長崎 現在は平成29(2017)年。昭和というと、もしかしたら一片の思い出すらない読者も中にはいるかもしれない。しかし、それでも世代を超えて共通の話題となりうるものは存在する。そのひとつが、昭和から現在まで読み続けられている漫画だ。 手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫など、現在でも名の知られている「漫画界の巨匠」たちは、若かりし頃、木造2階建のアパート「トキワ荘」に住んでいた。老朽化のためトキワ荘は取り壊されてしまったが、彼らが日常を暮らしていたのが西武池袋線「椎名町」駅~都営大江戸線「落合南長崎」駅の一帯である(東京都豊島区)。 椎名町駅から続く山手通りは、いかにも新しく整然とした雰囲気だ。しかし、ひとたびトキワ荘方面へ足を踏み入れると、自転車がやっと通れるほどの細い路地が入り組んで続いている。今となってはトキワ荘も当時の建物もほとんど...more
カテゴリー:

ジェフリー・ラッシュ×アーミー・ハマーで巨匠の素顔に迫る「ジャコメッティ」予告公開 - 11月13日(月)10:00 

 「英国王のスピーチ」や「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるオスカー俳優、ジェフリー・ラッシュが、彫刻家アルベルト・ジャコメッティを演じた「ジャコメッティ 最後の肖像」の予告編が、公開された。  彫像「歩く男I」などで知られ、“20世紀で最も重要な芸術家”と称されるジャコメッティの知られざる姿を描く本作。「トランスフォーマー」シリーズや「スポットライト 世紀のスクープ」「美女と野獣」の俳優スタンリー・トゥッチが監督・脚本を務め、ラッシュに加えて「コードネーム U.N.C.L.E.」「ノクターナル・アニマルズ」のアーミー・ハマーらが出演する。  舞台は1964年のパリ。ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)に、個展会場で「絵のモデルになってほしい」と声をかけられたアメリカ人作家で美術評論家のジェイムズ・ロード(ハマー)が、巨匠の意外な素顔や内に秘めた苦悩を目撃していく。  予告編では、ジャコメッティとロードのユーモラスな掛け合いから始まる。「アゴを引け。少し右へ。行き過ぎ。そこだ、動くな」とロードに細かく指示を出したあげく、まじまじと顔を見つめて「冷酷な顔だな」と渋い顔で言い放つジャコメッティの姿や、「参った……」と頭を抱えるロードの姿が笑いを誘う。さらにはジャコメッティの弟、妻、愛人らが次々と登場し、ジャコメッティが大金を受け取る光景を目撃したロードは驚がく。だが、型破りな生...more
カテゴリー:

もっと見る

「ユーモラス」の画像

もっと見る

「ユーモラス」の動画

Wikipedia

  • 転送 ユーモア...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる