「ユースケ・サンタマリア」とは?

関連ニュース

菅田将暉とユースケ・サンタマリア「オールナイトニッポン」で男性同士ならではのトーク炸裂!? - 10月10日(火)11:42 

主演映画『あゝ、荒野』(前篇)が公開中の菅田将暉。彼がパーソナリティを務める『菅田将暉のオールナイトニッポン』が、10月9日(月)深夜、生放送にてオンエアされた。 この夜はかねてアナウンスされていたとおり、映画『あゝ、荒野』で菅田演じるボクサー新次のトレーナー役を演じるユースケ・サンタマリアがゲス...
カテゴリー:

菅田将暉、ヤン・イクチュンからの突然の告白に「事務所を通して…」 - 10月07日(土)19:49 

菅田将暉が10月7日に丸の内ピカデリーで行われた映画『あゝ、荒野 前篇』初日舞台挨拶に、共演のヤン・イクチュン、木下あかり、高橋和也、山田裕貴、木村多江、ユースケ・サンタマリアと、岸善幸監督とともに登壇した。菅田はヤンから突然「僕は(映画の中で)菅田さんをたくさん触りました。好きです」と告白されると「後日、事務所を通してみなさまにご報告できるように」と笑顔で返していた。 本作は、寺山修司が残した唯一の長編小説を、映画『二重生活』の岸監督が、主演に菅田、ヤンを迎えて映画化。2021年の東京を舞台に、拠りどころのない2人の青年が、吸い寄せられるかのようにボクシングと出会い、人生をやり直していく姿を描いた物語だ。 ボクシングが題材の本作にちなみ、ゴングとともに客席後ろから登場した菅田とヤン。慣れない登場に菅田は「こういうとき役者ってダメだよね」と苦笑いを浮かべると、ヤンも「ものすごく恥ずかしい」とつぶやく。 この映画は前・後篇300分近いという長尺だが、ヤンは「前・後篇にわかれて上映されるということを撮影の途中で知りました」と衝撃発言をし、ユースケは「おい、誰か教えてやれよ!」と突っ込みを入れる。総撮影時間は、なんと70時間以上に及んだことを菅田が暴露すると、ユースケはここでも「おい、65時間はどこへいったんだよ!」とテンポの良い突っ込みを入れて客席を沸かしていた。 それだけ入念...more
カテゴリー:

菅田将暉、ボクサースタイルで登場!ゴングと大歓声に「恥ずかしい」 - 10月07日(土)16:52 

寺山修司が遺した唯一の長編小説を2部作として映画化した『あゝ、荒野 前篇』の初日舞台挨拶が10月7日に丸の内ピカデリーで開催され、菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、山田裕貴、木村多江、ユースケ・サンタマリア、高橋和也、岸善幸監督が出席。ボクサー役を演じた菅田とヤンが、客席の間を通ってボクサーのように登場。菅田は大歓声を浴びつつも「なんか恥ずかしい」と照れまくり、会場の笑いを誘った。 【写真を見る】木村多江はイエローのレースワンピースで登場!『あゝ、荒野 前篇』初日舞台挨拶の様子 新宿を舞台に、生まれも育ちも違う2人の男が出会い、ボクシングで闘うことで絆を深めていく姿を描く本作。主演2人の入場前には、会場にゴングが鳴り響いたこの日。司会によるリングアナウンサーのような絶叫とともに会場後方の扉が開き、ガウンを羽織った菅田が登場。観客からのハイタッチにも応えるも、菅田は「なんか恥ずかしいね。こういうとき、役者ってダメだよね」と照れ笑い。ヤンも「撮影よりもっと恥ずかしい」と同調すると、菅田は「ちゃんと本編では照れずにやっています」とアピールしていた。 そんな2人の勇姿を見て、トレーナーとして彼らを見守る役どころを演じたユースケは「昨年の夏、何か月もかけて撮影をしたあの日々が蘇ってきた。泣くのを我慢するのに必死」と思わずウルウル。「目に涙パンパンにたまっているでしょ。なんとか堪えてる」...more
カテゴリー:

菅田将暉、ヤン・イクチュンの「好きです」にほほ笑み「事務所通してご報告を」 - 10月07日(土)14:25 

 寺山修司の長編小説を映画化した「あゝ、荒野 前篇」が10月7日、全国38スクリーンで封切られ、ダブル主演の菅田将暉とヤン・イクチュン、共演の木下あかり、山田裕貴、木村多江、高橋和也、ユースケ・サンタマリア、岸善幸監督が東京・丸の内ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  1960年代後半の日本のアングラ文化を生み出した寺山が、66年に発表した唯一の長編小説を実写映画化。少年院あがりの新次(菅田)と、きつ音と赤面対人恐怖症に悩む建二(ヤン)がボクシングを通して育む友情、そして待ち受ける“宿命の戦い”を描く。  「青コーナー、ライト級、135パウンド。海洋拳闘クラブ所属、バリカン建二選手の入場です!」「赤コーナー、ライト級、132パウンド。海洋拳闘クラブ所属、新宿新次選手の入場です!」と呼び込まれると、菅田&ヤンが客席を通って登場。この演出に場内は大盛り上がりで、2人が羽織っていたガウンを脱ぎ捨て舞台に上がると、そこかしこから声援が送られた。菅田は「なんか、すっげえ恥ずかしい! こういう時、役者ってダメだね、どうしたらいいやら」と大照れで、ヤンも「撮影よりもっと恥ずかしい」と笑った。  さらに壇上では、お題に対してイエス、ノーで答える質問コーナーを実施。「前・後編で5時間超。こんな長尺になると思っていなかった?」という...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月5日付)見ごたえある邦画が続々公開 - 10月06日(金)13:30 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 10月5日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。    ■【10月5日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:10月2日(月)~10月8日(日)劇場公開作品   島本理生による小説を、行定勲監督が映画化し、主演に嵐の松本潤、ヒロインに有村架純を迎え、狂おしい恋に期待が高まる『ナラタージュ』が第1位! あの北野武監督の『アウトレイジ 最終章』、角田光代による小説を映画化した『月と雷』など、見ごたえある邦画も続々公開!   1位 『ナラタージュ』(https://yahoo.jp/_RESlM) ■公開日 :2017年10月7日(土) ■監督  :行定勲 ■キャスト: 松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地、 市川実日子、瀬戸康史 他 ■作品概要: 「アンダスタンド・メイビー」「夏の裁断」などで知られる島本理生による小説を、行定勲監督が映画化したラブストーリー。高校教師と生徒として出会った男女がおよそ1年後に再会し、純粋に愛し合っていくさまを切なく描写する。主演に嵐の松...more
カテゴリー:

菅田将暉、ヤン・イクチュンからの突然の告白に「事務所を通して…」 - 10月07日(土)21:10 

菅田将暉が10月7日に丸の内ピカデリーで行われた映画『あゝ、荒野 前篇』初日舞台挨拶に、共演のヤン・イクチュン、木下あかり、高橋和也、山田裕貴、木村多江、ユースケ・サンタマリアと、岸善幸監督とともに登壇した。
カテゴリー:

菅田将暉、ヤン・イクチュンからの愛の告白に笑顔 「事務所を通じて皆さんに報告できれば」 - 10月07日(土)18:41 

 映画『あゝ、荒野 前篇』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、山田裕貴、木村多江、高橋和也、ユースケ・サンタマリア、岸善幸監督が登壇した。  本作は、寺山修司が遺した唯一の長編小説『あゝ、荒野』の舞台を現代に置き換えて大胆に再構築し、映画化したもの。  ふとしたきっかけで出会った新次(菅田)と“バリカン”こと健二(ヤン)は、見た目も性格も対照的。孤独な2人は、ともにプロボクサーを目指すようになるが、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。  前篇、後篇、合わせて約5時間の超大作。「こんなに長尺になると思ってもみなかったか?」という質問に「イエス」と答えたヤンは「最初は1本の映画だと思っていた。2本に分かれることを撮影の途中で知りました」と告白した。  これに対して菅田は「3カ月撮影していたのに、誰か教えてあげてよ!」と突っ込みを入れつつ「しかも、大分カットしている。監督が編集大好きな人なので成立した映画。全部で実際は70時間撮ったんです」と舞台裏を明かした。  ユースケも「(残りの)65時間、どこにいったんだ。もったいないな!」とボヤいて笑わせたが、ヤンは「でも仮に500分の長尺だったとしても飽きることのない映画だと思う」と胸を張り、観客の拍手を浴びた。  また「真っすぐで感情を思い切りぶつける新次と、奥手だけど内なる熱...more
カテゴリー:

菅田将暉、男性共演者からの告白に「後日、報告ができれば」映画『あゝ、荒野』初日舞台挨拶 - 10月07日(土)16:31 

映画『あゝ、荒野』初任舞台挨拶(岸善幸監督、木村多江、ユースケ・サンタマリア、ヤン・イクチュン、菅田将暉、木下あかり、高橋和也、山田裕貴) 俳優の菅田将暉が7日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で行われた主演映画『あゝ、荒野 前篇』の初日舞台挨拶に、ダブル主演を務めたヤン・イクチュン、共演...
カテゴリー:

草なぎ剛「みんなの期待に応えられるように進んでいきたい」 - 10月06日(金)17:05 

“新しい”船出を切ったばかりの草なぎ剛が、発売中の「月刊ザテレビジョン(11月号)」の連載で、最近の心境や近況など存分に語った。 また、この10月で「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)が20年目に突入するということで、「僕の人生の一部」という同番組を振り返りつつ、これからの意気込みも語った。そのインタビューの一部を紹介。 ■ “最強の43歳”になりたい 「季節は秋。秋といえば?最近は、映画を見てる。「ラ・ラ・ランド」「君の名は。」、最近の話題作とかいろいろDVDで。全部面白いよ。あと海外ドラマ「ブレイキング・バッド」も面白い。中居(正広)くんイチ押しの「24―TWENTY FOUR―」よりかは、あまり知られてないシリーズかもしれないけど、フィギュアとかも集めちゃおうかな〜ってくらい好きになってる作品です」 以前、同インタビュー時に「ハマッてる作品があって、全部見終わったらタイトルを教えてあげる」と話していたものの、他の雑誌でこのドラマの話をしてしまった草なぎだが、「ゴメンネ。じゃあ、今からまた違う海外ドラマ見るよ。でさ、またハマったら今度は一番に教えてあげるから(笑)。お気楽〜! 」と新しい活動の局面に入ったからといって、その“お気楽”スタイルは変わらない。 「あと、秋といえば僕は運動の秋。常にアクティブに動くことに重きを置きたいなと思うよね。ジムに行ったり、季節的にも爽やかだから外を...more
カテゴリー:

【インタビュー】『あゝ、荒野 前篇/後篇』菅田将暉「ヤンさんの芸術的感性に驚き、感動しました」ヤン・イクチュン「菅田さんはどんな時も自分を投げ出せる人」 - 10月06日(金)12:00 

 2021年、新宿。かつて自分を裏切った仲間への復讐(ふくしゅう)を誓う新次と、吃音(きつおん)と赤面対人恐怖症に悩みながら理髪店で働く青年“バリカン”こと建二は、元ボクサーの堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、ボクシングを始める。共に競い合いながら実力をつけた2人は、やがてプロデビューを果たすが…。1960~80年代にかけて演劇、映画、評論など幅広い分野で活躍した才人・寺山修司。その唯一の長編小説の舞台を現代に置き換えて映画化した『あゝ、荒野』が、10月7日に前篇、10月21日に後篇と、二部作連続公開される。公開を前に、新次を演じた菅田将暉とバリカン役のヤン・イクチュンが、撮影の舞台裏を語った。 -前篇、後篇を通して、画面から伝わるものすごい熱量に圧倒されました。お二人が演じる上で、最も大事にしたことは何でしょうか。 菅田 やっぱり、ボクシングのトレーニングを半年やらせてもらったのが大きかったです。体を鍛えることが、この作品のベースになりました。試合シーンの撮影も後半の方だったので、撮影しながらずっとトレーニングをしていたんです。撮影でも、シャドーボクシングのシーンなんかは、今日はシャドーを何時間やっているんだろうというぐらいやる。そうすると、自然とたぎるものがいっぱいあって…。ウエートトレーニングも、持ち上がるようになったらうれしくなってモチベーションが上がるので、そ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ユースケ・サンタマリア」の画像

もっと見る

「ユースケ・サンタマリア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる