「ユースカルチャー」とは?

関連ニュース

オダギリジョーが太賀の弾き語りに惚れ惚れ!「役者にしとくのがもったいない!」 - 11月11日(土)14:22 

90年代ユースカルチャーのバイブルと言われた、魚喃キリコの人気漫画を映画化した『南瓜とマヨネーズ』が公開初日を迎えた11月11日、新宿武蔵野館で初日舞台挨拶が開催された。臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督が登壇し『パビリオン山椒魚』以来の冨永作品出演となったオダギリは「直前に観客の95%が女性と聞いて、すごく緊張していましたが、おじさんも多くて安心しました」と笑顔を見せた。 【写真を見る】プロ顔負けの実力!壇上で弾き語りを披露する太賀 本作は、ミュージシャンを目指す恋人のためにキャバクラで働く主人公・ツチダが、スランプに陥ったまま仕事もせずにダラダラとした生活を送る恋人のせいいちと、忘れられない昔の恋人・ハギオの間で揺れ動く様を描いた恋愛映画。『ローリング』に続いて冨永監督作品らしい男と女の物語が紡ぎ出されている。 「初日を迎えるまで本当に長い時間がかかった作品。こうして今日を迎えられたことが、嘘みたいのようでいて、しっかりと実感できました」と主演映画の初日に喜びを語る臼田。劇中では2人の男性の間で揺れ動く役柄を演じた彼女は、せいいちとハギオのどちら派か?と訊ねられると「どっちも嫌です」と即答。「男と女というのはしょうもなくたって惹かれたりするものです。そういうことを描いた映画だとは思いますが、個人的にはどっちも嫌です」と笑顔を見せた。 原作者の魚喃と昔からの友達であり...more
カテゴリー:

「ユースカルチャー」の画像

もっと見る

「ユースカルチャー」の動画

Wikipedia

  • redirect 若者文化...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる