「ユーザー自身」とは?

関連ニュース

【オフィス】会議中に“内職”している人も分かる マイクロソフトの働き方可視化ツールに新機能 - 02月16日(木)22:52 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/16/news115.html 日本マイクロソフトは2月16日、クラウドサービス「Office 365」の企業向け最上位エディションで 、チーム単位での時間の使い方やコラボレーション状況を可視化できる「Group Analytics」機能を今春アップデート提供すると発表した。 ユーザー個人のメールの開封状況や送受信件数、会議の件数、所要時間などのデータを収集して可視化できる「MyAnalytics」機能をグループ 向けに強化。チームメンバーそれぞれが、他のメンバーの仕事状況を確認しながら働けるようにな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

アキバ系コレクションアイテムのためのフォトアルバムサービス『VooGaa』(忘我:ぼうが)2月14日(火)サービス開始! - 02月14日(火)15:00 

スマホアプリの企画・開発・提供や、コンサルティングサービスを提供する株式会社KAZAS (本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本靖史)は、フィギュア、プラモデル、食玩等のアイテムを主な対象とするフィトアルバムサービスのiPhoneアプリ『VooGaa』(忘我:ぼうが)を、 2017年2月14日(火)より提供開始いたします。『VooGaa』は、ユーザー自身のコレクションのアイテムフォトや、展示会などで撮影した新製品などのアイテムフォトを、スマホでかんたんに投稿することができ、ユーザー自身のコレクション管理に利用したり、ユーザー同士が新製品情報を共有したり、お互いの投稿アイテムをお宝鑑定する事ができるサービスとなります。従来からある、オークションサービス、フリマサービス、フォトアルバムサービスなどとは全く異なる、「ソーシャル・コレクションブックアプリ」として展開してまいります。
in English
カテゴリー:

コレクションを見せびらかして鑑定までしてもらえる ホビーアイテム用アルバムサービス「VooGaa」登場 - 02月15日(水)08:30 

 ネットサービス開発などを行うKAZASから、フィギュア・プラモデル・食玩等、ホビー系コレクションアイテムのためのフォトアルバムサービス「VooGaa」(忘我)が登場しました。 【画像】VooGaaを使用しているところ  同サービスのスマホアプリでは、ユーザー自身のコレクションの写真を投稿してアルバムとして管理したり、展示会などで撮影した新製品の写真を共有。またオークション出品をせずにそのコレクションの評価額を付けられる“お宝鑑定機能”などが用意されています。  投稿では、スマートフォンで撮影した写真にアイテムの名称やコメントを設定。フィギュア・プラモデル・食玩などからカテゴリを選択し、さらにタグ情報を自由に付けることで自分なりのコレクションの管理ができ、リストとしてまとめられます。  その際に、アイテムの評価額を値付けして「鑑定額」として表示することも可能。他のユーザーから鑑定を受けるようにも設定できるので、出品する形ではなくそのコレクションの価値を計ることもできます。なお評価額表示は上昇時のみ更新され、額を表示しないプライスレス設定も可能です。  その他の使い方としては、「検索」からユーザーの投稿したコレクション写真を閲覧して「いいね」でマーキング。ホビー系アイテムの“欲しいものリスト”としても活用できます。あとは投稿ユーザーの「ランキング」(総評価額・いいね数)もあるので人気...more
in English
カテゴリー:

Twitter、「嫌がらせアカウント作成の抑止」などで荒らしユーザーや低質投稿排除へ - 02月08日(水)18:13 

Twitterは7日、Twitter上で「罵倒」や「嫌がらせ」、「自由な発言がしにくくなってしまうケース」などが発生している状況の改善のために、3つの変更点を発表した。   まず、罵倒や嫌がらせなどの発言を繰り返し、アカウントを永久的に停止されたユーザーが、嫌がらせのために新たなアカウントを作成することを抑制する。Twitterでは、新たなメールアドレスを作れば新アカウントを登録できるシステムで、永久停止措置を受けても新アカウントで再び暴言を投稿することが可能だった。しかし、停止対象のユーザーを識別するシステムの開発により、「嫌がらせアカウント作成の抑止」が可能になり、嫌がらせアカウントの作成ケースを減らせるという。   また、ユーザーが検索した場合の表示について、ブロックやミュート対象のユーザーのツイートは非表示になり、不快と感じる可能性が高いセンシティブなコンテンツも非表示になる。この「セーフサーチ」については、検索の絞り込みやフィルターなどでユーザー自身による設定も可能だ。   嫌がらせや質の低いツイートに関しては、Twitter側が識別して表示を低減させる。そして関連度の高い会話を目に付くところに表示するように改善していくとしている。 発表資料 URL:https://blog.twitter.com/ja/2017/0208safety 2017/02/08   ...more
in English
カテゴリー:

「ユーザー自身」の画像

もっと見る

「ユーザー自身」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる