「ユニバーサルミュージック」とは?

関連ニュース

【芸能】「森のくまさん」替え歌騒動で、嘉門達夫に称賛の声 - 01月22日(日)12:45 

R25 1/21(土) 7:08配信 「森のくまさん」の訳詞者・馬場祥弘氏(72歳)が1月18日、同曲の替え歌が著作者の意に反して 改変され販売されたとして、ユニバーサルミュージックと曲を手掛けた芸人のパーマ大佐(23歳)に、 CDなどの販売差し止めを訴えた問題が話題だ。そんな中、替え歌で有名なシンガーソングライターの 嘉門達夫(57歳)に称賛の声が相次いでいる。 各報道によると、馬場氏は著作権を管理するJASRACから2度、歌詞を付け加えた替え歌を出すことへの 同意を求められたが、馬場氏は断わったという。しかし、CDとDVDが...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】嘉門達夫、「森のくまさん」替え歌問題でコメント依頼殺到「穏便に着地して」 ★2 - 01月21日(土)23:40 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000138-spnannex-ent スポニチアネックス 1/18(水) 21:04配信  シンガー・ソングライターで、数々の替え歌で知られる嘉門達夫(57)が18日、自身のブログを更新。同日、童謡「森のくまさん」の替え歌芸で、日本語の歌詞を手掛けた大阪府の馬場祥弘さん(72)が太田プロダクション(東京)所属の芸人「パーマ大佐」と制作、販売したユニバーサルミュージック(同)に対し慰謝料300万円を請求した件で、コメント依頼が殺到していると明かした。  嘉門は「森のくまさん」と題...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

レコ協12月度有料音楽配信認定、星野源「恋」がダブル・プラチナ - 01月20日(金)16:16 

日本レコード協会は1月20日、2016年12月度有料音楽配信認定作品を公表した。シングルトラックで、星野源「恋」がダブル・プラチナ、安室 奈美恵「Mint」、欅坂46「サイレントマジョリティー」、RADWIMPS「最大公約数」、L’Arc〜en〜Ciel「HONEY」がプラチナ、その他、13作品がゴールドに認定された。 シングルトラック/邦楽 <ダブル・プラチナ> 作品名 アーティスト名 配信開始日 発売会社名 恋 星野 源 2016/10/11 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント シングルトラック/邦楽 <プラチナ> 作品名 アーティスト名 配信開始日 発売会社名 Mint 安室 奈美恵 2016/05/18 エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ サイレントマジョリティー 欅坂46 2016/04/06 ソニー・ミュージックレーベルズ(ソニー・ミュージックレコーズ) 最大公約数 RADWIMPS 2006/02/15 ユニバー...more
in English
カテゴリー:

Hilcrhyme、ユーザー参加の「大切な人と寄り添う」映像作品を特設サイトで公開 - 01月20日(金)14:09 

Hilcrhymeが、昨年12月に発売した7thアルバム「SIDE BY SIDE」に込めた想いが多くの人に届くことを願い、アルバム発売時期からツイッターやオフィシャル・サイトにて「大切な人と“寄り添う”写真」を募集。集まった1,000枚以上の写真から170枚を使用した映像作品が完成し、本日開設された特設サイトにて公開された。応募された写真はどれも、家族や仲間、恋人同士、そしてまだ生まれくる子供との繋がりを思わせるなど、それぞれの人生に寄り添う大切な人との写真となっている。その中にはHilcrhyme・TOCとDJ KATSUのふたりの写真も含まれた感動的な作品に仕上がっている。また、TOCが主宰するレーベル・DRESS RECORDSの第2弾アーティストとして、京都出身のシンガー弘Jr.(ヒロム・ジュニア)がメジャーデビューすることが発表された。2014年発売のTOCの1stアルバム「IN PHASE」への客演参加がきっかけとなり、その実力がTOCに認められたという。2月からはじまる「TOC LIVE TOUR 2017 過呼吸〜アンコール〜」でのフロント・アクト出演も決定している。DRESS RECORDS代表・TOC コメントこの度、DRESS RECORDS第二弾アーティストとして「弘Jr.」がユニバーサルミュージックよりメジャー・デビューをいたします。弘Jr.とは、私、T...more
in English
カテゴリー:

プレイパス(R)対応 スマホで視聴可能 邦楽洋楽ベストセラー122作品が特別価格!期間限定 ‘進化版’DVD キャンペーン - 01月20日(金)12:00 

[ユニバーサル ミュージック合同会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/664/1236/resize/d664-1236-168221-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/664/1236/resize/d664-1236-804331-2.jpg ] 本キャンペーンは、ユニバーサル ミュージックが持つ映...
in English
カテゴリー:

井上陽水、撮影場所不明のジャケ写の謎が明らかに!? - 01月22日(日)11:00 

2017年にシングルCDとして装い新たにリリースされる井上陽水のヒット曲「夢の中へ」。サングラスをかけるスタイルが確立する前、「夢の中へ」がリリースされた1973年当時の若き日の陽水の写真が使用されたジャケット写真が先日公開されたが、この写真が古すぎて、どこで撮影したものか不明だった。しかし、その撮影場所が判明した! 【その他の画像】井上陽水ある関係者は「三軒茶屋」と言い、別の関係者は「宇都宮」という説を唱えたが、このジャケット写真のニュース公開当日、所属レコード会社であるユニバーサルミュージックにファンからの電話で多数の情報が寄せられた。様々な情報の中で著しく多かった情報は「有楽町・東京交通会館」という情報。背景の建物の特徴。当時、有楽町近辺でよく貼られていたという、貼り紙の情報、などなどを精査していくと、「有楽町・東京交通会館」である可能性が極めて高くなった。ここまで多くの情報が寄せられたことに関係者は大変驚くとともに、感謝の思いでいっぱいだ。 さらにスタッフは実際に現地に赴き、改めてここが撮影場所であると断定した。レコード会社に70年代の井上陽水を彷彿とさせる風貌のスタッフがいたことから70年代に思いを馳せながら同じように写真を撮影してみた。このスタッフの写真はともかく、40年以上前の有楽町と今の景色を見比べていただきたい。街の景色も様変わりする、こんなに長い時をかけても...more
in English
カテゴリー:

「森のくまさん」替え歌騒動で、嘉門達夫に称賛の声 - 01月21日(土)11:00 

「森のくまさん」の訳詞者・馬場祥弘氏(72歳)が1月18日、同曲の替え歌が著作者の意に反して改変され販売されたとして、ユニバーサルミュージックと曲を手掛けた芸人のパーマ大佐(23歳)に、CDなどの販売差し止めを訴えた問題が話題だ。そんな中、替え歌で有名なシンガーソングライターの嘉門達夫(57歳)に称賛の声が相次いでいる。各報道によると、馬場氏は著作権を管理するJASRACから2度、歌詞を付け加えた替え歌を出すことへの同意を求められたが、馬場氏は断わったという。しかし、CDとDVDが発売されてしまった経緯から、「著作者としての人格権を侵害された」として、販売中止とインターネットでの公開中止、慰謝料を求める通知書を送付。しかし、『産経ニュース』によれば、ユニバーサルミュージックの広報は「適正な手続きを踏み販売している」とこの問題を否定している。この一連の騒動に、嘉門は自身のブログを同日夜に更新し、「とても事務的で丁寧に取り組むべき問題です」としながらも、「パロディとしてはとても上質です」とパーマ大佐の楽曲を評価。「手順にミスがあったかなー。穏便に着地してもらいたいです」とコメントを綴っている。数々の替え歌を世に出してきた嘉門の言葉だけあってTwitterでは、「替え歌で許可を取り続ける嘉門達夫さんは立派だよね」「嘉門達夫さんは、ちゃんと許可取ってるみたいなので、大変な労力なんだね」「嘉...more
in English
カテゴリー:

井上陽水「夢の中へ」1973年当時の写真撮影場所は有楽町・東京交通会館前か - 01月20日(金)16:07 

今年シングルCDとして装い新たにリリースされる井上陽水のヒット曲「夢の中へ」。サングラスをかけるスタイルが確立する前、「夢の中へ」がリリースされた1973年当時の若き日の陽水の写真が使用されたジャケット写真が先日公開されたが、この写真が古すぎて、どこで撮影したものか不明だった。ジャケット写真公開当日、所属レコード会社であるユニバーサルミュージックにファンからの電話で多数の情報が寄せられた。様々な情報の中で著しく多かった情報は「有楽町・東京交通会館」という情報。背景の建物の特徴。当時、有楽町近辺でよく貼られていたという、貼り紙の情報、などなどを精査していくと、「有楽町・東京交通会館」である可能性が極めて高くなった。ここまで多くの情報が寄せられたことに関係者は大変驚くとともに、感謝の思いでいっぱいだという。 さらにスタッフは実際に現地に赴き、改めてここが撮影場所であると断定した。レコード会社に70年代の井上陽水を彷彿とさせる風貌のスタッフがいたことから70年代に思いを馳せながら同じように写真を撮影。合成写真40年以上前の有楽町と今の景色を見比べていただきたい。街の景色も様変わりする、こんなに長い時をかけても未だに愛され続ける「夢の中へ」という楽曲の力を再確認することができる。この写真が撮影された1970年代初頭より今にいたるまで「夢の中」へは多くの音楽ファンに愛されてきたが今回、世界的...more
in English
カテゴリー:

Hilcrhyme、ユーザー参加の寄り添う動画公開&TOCがレーベル第2弾アーティストを発表 - 01月20日(金)14:00 

Hilcrhymeが7thアルバム『SIDE BY SIDE』発売時期から募集していた「大切な人と“寄り添う"写真」を使用し、2分15秒の感動的な動画を公開した。【その他の画像】Hilcrhyme2016年12月に発売した7thアルバム『SIDE BY SIDE』に込めた想いが多くの方に届くことを願い、ツイッターやオフィシャルサイトにて写真を募集。その集まった1,000枚以上の写真から170枚を使用し、今回の動画が誕生した。 応募された写真はどれも、家族や仲間、恋人同士、そして生まれくる子供との繋がりを思わせる、それぞれの人生に寄り添う大切な人との写真となっており、その中にはもちろんHilcrhymeのTOCとDJ KATSU、ふたりの写真も含まれている。こちらの動画はHilcrhymeの特設サイトで公開されているので、是非チェックしてほしい。 そんなHilcrhymeが3月25日(土)に地元新潟・朱鷺メッセでワンマン公演『Hilcrhyme結成10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」』を開催する。今回はあえてダンサーは入れず、ふたりだけのパフォーマンスでアリーナのステージを熱く魅せる予定。ライブパフォーマンスに定評があるHilcrhymeならではの、10年に渡る彼らの歴史が体感できるライブになるので、ぜひこの機会に朱鷺メッセまで足を運んでほしい。チケットは1月21日(土)発売と...more
in English
カテゴリー:

【森のくまさん】替え歌販売に慰謝料300万円 作詞家馬場祥弘(72)の過去 - 01月20日(金)04:54 

ユニバーサルミュージックのCD販売サイトから 童謡「森のくまさん」の替え歌を歌ったタレントなどに対し、原曲を訳詞したとされる作詞家が著作者人格権の侵害だとして、CDの販売中止などを求めた。ただ、作詞家にも過去の経緯について様々な指摘がなされており、ネット上で論議になっている。 替え歌は原曲のパロディーで、ユーチューブ上に公開された動画では、お笑い芸人のパーマ大佐さん(23)がウクレレを弾きながら、まず有名な童謡のイントロ部分を歌う。 替え歌が歌詞の情感に合わないと拒否 続いて、オリジナルのメロデ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ユニバーサルミュージック」の画像

もっと見る

「ユニバーサルミュージック」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる