「ヤードパー」とは?

関連ニュース

腰の回転で飛ばせ!カシオの新製品は石川遼も納得の出来 - 11月21日(火)20:39 

<カシオワールドオープン 事前情報◇21日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)> カシオワールドオープン開幕に先駆けて主催のカシオ計算機は21日(木)、スイング時の腰の動きと回転スピードを計測するゴルフ用ウェアラブルセンサー「HIP SPEEDER(ヒップスピーダー)CMT-S10GSET」を、12月15日に発売することを発表した。会見では監修したプロコーチの花ヶ崎光広氏が解説し、アンバサダーの武藤俊憲とカシオ所属の石川遼が実演した。 松山英樹、石川遼が宮崎の地で躍動!スペシャルフォトで振り返ろう! 昨年、前傾角度、回転、水平の3方向の角度を計測できる「CMT-S10G」を発売したが、新製品の「ヒップスピーダー」は、ゴルフの飛距離アップにつながる計測項目を拡充。「ヒップスピーダーを腰に装着してスイングすると、専用アプリに腰の回転スピードと腰が回転する時間を数値やグラフで表示し、独自の計算方法で「ポテンシャル飛距離」やスイングに対する評価を算出してくれる。 数百のスイングを本センサーで計測し、花ケ崎氏とともに分析した結果、スイングは「腰の動きが少なく手打ちで腰の回転がスムーズではない人」、「腰の回転が遅い人」、「インパクト時に一度腰の動きがをブロックしてから再び動く人」の大きく3つに分けられることが判明。一度腰が止まるのが理想の動きで、これができれば飛...more
カテゴリー:

柏原明日架が地元開催メジャーでの初出場・初優勝を狙う! - 11月21日(火)19:07 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇21日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 23日(木)から宮崎県の宮崎カントリークラブにて開幕する国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」。地元・宮崎出身の柏原明日架も、賞金ランク17位の資格で初出場を決めた。 貴重なオフショットにドキッ!キュートな柏原明日架をこちらでチェックしよう 今季のツアー優勝者や、前週の「大王製紙エリエールレディス」終了時点の賞金ランキング25位以内など、選ばれた選手のみが出場できる今大会。念願の初出場を果たした柏原は、「アマチュアの時から出たかった大会なので、出場できるのは嬉しい。調整して、なんとかいい結果を出したい」と、テンションも高め。アマチュアの時に5回ほどラウンドしたというコースには、「風が強くて、グリーンが硬くなるので難しい」と警戒心を見せた。 今季は32試合に出場してトップ10が7回、そのうちトップ5が4回と、悲願の初優勝まであと一歩という状況が続いている。21位タイに終わった大王製紙-での調子については、「ショットは可もなく不可もなくという感じ。パットが入らなかったので、そこを調整したい」と振り返った柏原。「リラックスできるし、たくさんのギャラリーが来るので、いいゴルフで恩返ししたい」という地元での初優勝を密かに狙っているに違いな...more
カテゴリー:

女王、MVPはなくとも…イ・ボミ、最終戦へのモチベーション - 11月21日(火)17:28 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇21日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 昨年は2年連続の賞金女王をすでに確定させ、メルセデスランク1位の座をかけてツアー最終戦に挑んだイ・ボミ(韓国)。今年は賞金ランクが24位、メルセデスランクが26位と両栄冠に全く関与ができない状態で宮崎入りとなった。 【関連】つかの間の休息?ボミとハヌルの2ショット 今大会は今季優勝者や賞金ランク25位以内など、選ばれし選手が争うエリートフィールド。その限られた切符を掴めるか、今年のボミには不安がつきまとった。「今年はやっぱり思ったより悪かったと思うので、シーズンの途中はもうリコーは無理だと思ってた。トップ10も少なかったし…」。それでも、何とか8月の「CAT Ladies」で今季初勝利を手にし出場権を掴んだ。「優勝があってよかった。勝って出場することができたから、一生懸命頑張りたい」 シーズン終了間際にあっても、決してモチベーションは低くない。何故なら、今大会を「欲しいタイトル」と兼ねて目標に置いている上に、2013年以来成し遂げていないメジャーVを渇望しているからだ。ましてや、今大会は2012年に制している好相性の舞台。「優勝したときはコーライ芝のグリーンが速かったから、今年もそのイメージを出していきたい」と青写真を描いている。 一方で「今週は、本当に来...more
カテゴリー:

賞金ランクトップ2が同組 シード争いは最終決戦へ - 11月21日(火)14:26 

<カシオワールドオープン 事前情報◇21日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)> 国内男子ツアーは残り2試合となり、賞金王争いとともに来季の賞金シード争いも佳境を迎える。今週は高知県のKochi黒潮カントリークラブを舞台に、23日(木・祝)から「カシオワールドオープン」が開幕。本日21日、予選ラウンドの組み合わせが発表された。 【関連】松山、ジャンボ、優作の共演!ダンロップフェニックス特選フォト まずは賞金王争いだが、賞金ランキング1位を走る小平智は、同ランク2位の宮里優作と「マイナビABCチャンピオンシップ」で2位タイに入った永野竜太郎とのペアリング。賞金ランク3位のチャン・キム(米国)は、地元・高知出身の片岡大育とベテランの宮本勝昌、同ランク4位の池田勇太は同5位の今平周吾、新鋭・星野陸也とともに予選ラウンドを戦う。 そして、先週の「ダンロップフェニックス」で今季初の決勝ラウンド進出を果たした石川遼は、小鯛竜也、時松隆光ら今季の優勝経験者2人と同組になった。 また、最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、その年のツアー優勝者や今大会終了後の賞金ランク上位20位など30人しか出場できないため、来季の賞金シード当落線上にいる選手にとっては、事実上の最終戦となる。来季の出場優先順位がより高い賞金ランク60位(対象外選手がいるため実際には64位にな...more
カテゴリー:

【WITB】古巣・ナイキは3Iのみ ブルックス・ケプカの苦手はミズノでカバー - 11月20日(月)18:01 

国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終ラウンド、昨年覇者のブルックス・ケプカ(米国)が1イーグル・4バーディ・2ボギーの“67”をマーク。トータル20アンダーで大会史上5人目となる連覇を決めた。 男子プロたちの宮崎での熱き戦いを写真でプレーバック! 3日目にはドライバーを使用せず、3Wのみのティショットながら、平均290ヤード近いティショットを放っていたケプカ。これは2日目にエースドライバーのフェースにヒビが入った影響だったが、この日は何度もスペアドライバーでティショットを放った。 圧巻だったのは最終ホールの560ヤードパー5。セカンドでは220ヤード強を4Iで50センチに付けたことも圧巻だったが、ドライバーを使ったティショットは、やや打ち下ろしを加味しても340ヤード近いビッグドライブだった。3日目とは違った豪快な攻めの理由をこう明かす。 「18番はとにかくできるだけ飛ばそうと思ってけっこう振りました。ただ、1Wを今日何ホールかで使うことになった理由は、朝の練習場で3Wの調子が良くなかったから。右に出て戻ってきてくれなかったし、(最終日の途中でも)3Wを使ってもドローがかからずラフにいってしまう感じになっていたので、だったら同じラフだったら20ヤード先のドライバーの方がいいと思って使いました」(B・ケプカ) また、セカンドで残り220ヤードをベタピンに突き刺したア...more
カテゴリー:

初出場の福田真未が鬼門?のプロアマを無事終了「今年は間違えなくて良かった」 - 11月21日(火)19:55 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇21日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 「伊藤園レディス」でプロ初優勝を挙げ、めでたく最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に初出場となった福田真未。そんな福田は少々天然なところがあり、これまでにも数々の伝説を残してきた。 【関連】美人ゴルファー2人も福田を祝福! 例えば、「行きは内房線だったから帰りは…」と全く違う路線の“外房線”に乗ってしまったり、違うコースのヤーデージブックでプレーしていた、など枚挙にいとまがないが、実はこの最終戦でも天然伝説を作っていた。 それは3年前のこと。賞金ランク27位だった福田は、最終戦の出場権を手にできなかったものの、賞金ランクの関係でプロアマの待機選手(棄権者が出たときに変わって出場する選手)に。前夜祭にも出席し、翌日にいざプロアマの会場へ向かったが、現地の様子が何やらおかしい。プロアマが行われている気配が全くないのだ。首を傾げながら入口の坂を上っているとき、ある重大な事実に気が付く。 「UMKカントリークラブ(アクサレディスの舞台)に来ちゃった!」 その後は大慌てで本来の会場である宮崎カントリークラブに車を飛ばした、というのが“事件”の顛末だ。 「未だに不思議です。あれだけ前夜祭で宮崎カントリー、宮崎カントリーって言ってたのに、カーナビに...more
カテゴリー:

ジャンボ尾崎がカシオワールドオープンを欠場 - 11月21日(火)17:39 

<カシオワールドオープン 事前情報◇21日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)> 男子ツアーも残すところ今週の「カシオワールドオープン」を含めて2試合。最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は今季の優勝者や賞金ランク上位者のみが出場できるため、多くの選手にとっては今週が最終戦となる。 【関連】ジャンボ、漢の生きざまを背中で語る 今大会にエントリーしていたジャンボこと尾崎将司。先週の「ダンロップフェニックス」終了時、出場をわずかながらにおわせていたが、結局、出場は見送った。今季は「ホンマツアーワールドカップ」でレギュラーツアー自身2度目のエージシュートを達成したが、13試合に出場し予選落ち8回、棄権5回と成績は振るわなかった。それでも、終盤戦まで新たなクラブやスペックを試合中に試すなど、飛距離への飽くなきこだわりを見せ、最後まで70歳とは思えない姿でツアーを戦った。 「結果が出なかったらクラブを置く」覚悟で臨んだ今シーズン。不本意な成績に終わったが、「ダンロップ−」の予選ラウンドでは松山英樹との組み合わせで、「刺激を受けた」。去就についても「現役続行? よろしいです」と来季も現役として戦うことを明言した。「長いオフになる。やることはたくさんある」と、来年4月の国内開幕戦を見据えて今シーズンを終えた。 【関連リンク】 ・松山英樹とジャンボが競演!ダ...more
カテゴリー:

鈴木愛、女王決まる最終戦も泰然自若「まずは自分の良いプレーを」 - 11月21日(火)16:53 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇21日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 今大会で単独6位以上、もしくはキム・ハヌル、イ・ミニョン、申ジエ(いずれも韓国)が優勝しなければ賞金女王戴冠が決定する鈴木愛。開幕を2日後に控えた21日(火)、プロアマでコースを確かめた。 【関連】ハヌルと鈴木のニコニコ2ショット プレッシャーがかかる一週間だが、時折笑顔を見せるなどリラックスムードで18ホールをラウンド。母・美江さんが「いつもと変わらないです」というように、変に気負うこともなく調整が進んでいる。 ゴルフの状態も良い。「先週の試合は2位でしたが、かなり良い手ごたえがあった」と決戦の地へ乗り込んだ鈴木。「今日もショットが良かったので、パターが決まってくれれば」。専売特許のパッティングがカギとなりそうだ。 宮崎カントリークラブは独特のコーライ芝で芽がきつい。「グリーンが中々読めないですね」とアジャストにはもう少し時間がかかる様子。「でも、良いかたちで打てているので開幕までにしっかり調整したいと思う」。今週は先週とは異なり、「最後だから」とエースパターであるピンタイプの『ケーデンスTR パター Anser2』を相棒に指名したが、その辺りは「上手く打てている」と問題はなし。グリーンさえ読み切れば勝機が見えてくるだろう。 予選ラウンドのペアリングは...more
カテゴリー:

賞金女王争い最終章 鈴木愛とキム・ハヌルが直接対決へ - 11月21日(火)13:13 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇21日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 今季の優勝者や賞金ランク上位者など、選ばれし30人により争われる国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が23日(木)より宮崎県の宮崎カントリークラブにて開幕する。開催に先立ち、初日の組み合わせが発表された。 【関連】昨年大会のスペシャルフォトギャラリー 今大会では2人1組の2サムで競技が行われる。初日のペアリングは最終組から賞金ランキングの上位より振り分けられるため、同ランク首位の鈴木愛、同2位のキム・ハヌル(韓国)が同組で回る。ともに自身初となる賞金女王をかけ、熱戦の火蓋を切る。 同様に、賞金女王戴冠の可能性を残すイ・ミニョン、申ジエ(ともに韓国)が同組に。昨年大会はジエとともに初日の最終組を回ったイ・ボミ(韓国)は吉田弓美子とラウンドする。 【主要組のスタート時間】※いずれもOUTスタート 09時00分:キム・ヘリム、O・サタヤ 09時24分:イ・ボミ、吉田弓美子 10時44分:イ・ミニョン、申ジエ 10時52分:鈴木愛、キム・ハヌル 【関連リンク】 ・イ・ボミとキム・ハヌルのSNSをのぞき見! ・4年ぶりに最後までもつれた女王争い 最後のメジャーで全てが決まる ・サードQTあす開幕!A地区・B地区ともに豪華メンバーが...more
カテゴリー:

4年ぶりに最後までもつれた女王争い 最後のメジャーで全てが決まる - 11月20日(月)17:07 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇20日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 3月に開幕した国内女子ツアーもいよいよ最終戦。選ばれしものだけが出場できる国内メジャー「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が宮崎カントリークラブにて行われる。 最終戦の出場条件は今シーズンの優勝者、もしくは賞金ランク25位以内が条件(その他、「当該年度9月19日時点のロレックスランキング上位25位までのTPD登録者」、「当該年度USLPGAツアー優勝のTPD登録者及びTPD事業部が特に認めた者」の資格があるが今年は該当者なし)。今年は30人が出場資格を得て、南国でしのぎを削る。 最注目は2013年以来に最終戦にもつれた賞金女王争い。すでに4人に絞られており、且つ賞金ランクトップの鈴木愛は単独6位以内に入れば、他選手の順位に関係なく女王戴冠と最も近い位置。一方、賞金ランク2位のキム・ハヌル、同3位のイ・ミニョン(共に韓国)は優勝が最低条件で且つハヌルは鈴木が単独7位以下、ミニョンは単独15位以下と自力だけでは決められない。 さらに厳しいのは先週覇者の申ジエ(韓国)。女王戴冠へは優勝が必須の上に、鈴木が最終戦を棄権・失格・欠場で賞金0円の場合のみ(最終戦は予選落ちがないため)その可能性が残される。とはいえハヌルは昨年大会、ジエは一昨年大会の覇者。地...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヤードパー」の画像

もっと見る

「ヤードパー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる