「ヤード」とは?

関連ニュース

3度目の正直?キム・ハヌルは魔の18番しのぎ「うれしいです(笑)」 - 02月25日(日)09:01 

<ホンダLPGAタイランド 3日目◇24日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,642ヤード・72)> 3度目の正直だ。初日、2日目と苦しめられた18番ホールを切り抜けたキム・ハヌル(韓国)は「うれしいです(笑)」と、ホッとため息をもらした。 【連続写真】リンゴを頭に乗せても落ちない!?キム・ハヌルの軸ブレなしスイング 米国女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」の3日目。初日、2日目と同様に伸ばし合いとなったこの日、5バーディ・2ボギーでスコアを3つ伸ばしたハヌル。トータル4アンダー・30位タイに浮上し、イ・ボミ(韓国)、成田美寿々らをおさえて日本ツアー勢最上位につけているが、一方で首位のジェシカ・コルダ(米国)とは16打差、優勝争いと無縁の位置で最終日を迎えることになる。 初日から出入りが激しく、バーディの量と比例するかのようにボギーを叩いた。さらに、18番との相性の悪さが追い打ちをかける。やや左ドッグレッグ気味の打ち上げのこのホール、フェードヒッターであるハヌルにとっては分が悪かったか、初日から2日連続でボギーを喫してしまう。 だが、2度あることは3度ある、とはならず、この日はきっりとパーセーブ。「今日はパットの感触が良かった。(18番ホールは)パーであがれてうれしいです(笑)」と、白い歯をこぼした。18ホールでの合計パット数は25回と好成績。フェアウェイキープ率は5...more
カテゴリー:

谷原秀人が首位と11アンダー・9位タイに浮上!首位と5打差で最終日へ - 02月25日(日)07:01 

<コマーシャルバンク・カタールマスターズ 3日目◇24日◇ドーハGC(7,400ヤード・パー72)> カタールのドーハGCで開催されている欧州ツアー「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」の3日目が終了。日本で唯一参戦している谷原秀人が、6バーディ・ノーボギーの“66”でホールアウト。首位と5打差のトータル11アンダー・9位タイに浮上した。 【関連ニュース】“66”→“68” L・トンプソンにペナルティーの悲劇再び! トータル16アンダー・首位タイには、エディ・ペペレルとオリバー・フィッシャー(ともにイングランド)、2打差2位には、ショーン・クロッカー(米国)が続いた。 そのほか、日本ツアーメンバーのスンス・ハン(米国)は4バーディ・1ボギーの“69”で第3ラウンドを終了。トータル7アンダー・43位タイで最終日に挑む。 【関連リンク】 ・タイガー・ウッズ復帰3戦目に手応え「拾える場所に外している」 ・地元の銃乱射事件に心痛めるタイガー・ウッズ「いま起こっていることは残念だ」 ・タイガー・ウッズは上位で週末へ ダボ、ボギーからの起死回生バーディ ・【PGAツアー動画】ウッズ、17番で鮮やかなティショットからバーディ奪取!
カテゴリー:

ビートたけし「ゴルフ対決」単独参戦!天才キッズに驚き「プロの打ち方してる」 - 02月25日(日)06:00 

ゴルフのベストスコアが77のビートたけしが、2月25日(日)の18時57分から2時間SPで放送の『スポーツ大将』(テレビ朝日系)の「ゴルフ対決」で、ナインティナインや助っ人アスリートとチームを組むことなく単独で参戦。6歳以下の世界大会で優勝した天才キッズゴルファー、タイで活躍する高校生女子ゴルファー、そして2017年賞金女王獲得後はバラエティー番組初出演となる鈴木愛プロとニアピン対決&アプローチ対決に挑戦した。野球同様、ゴルフも若い頃から熱心に取り組んできたたけし。最近ではエージシュート(年齢よりも少ない打数でホールアウトすること)が目標とも言っていたが、「70で回ったのよ」とみごと達成。かと思いきや、「実はバーディーが出るまで打たされてさ、実際は238だった。ヘトヘトになったよ」と“真相”を激白した。それでもベストスコアは77と、その腕前はなかなかのもの。今回もやる気満々で天才キッズに挑んだ。「ニアピン対決」には、世界ジュニアゴルフ選手権で優勝、タイ人の父親を持ちタイを拠点に活躍する女子高生ゴルファー、立松里奈さんが参戦。4カ国語をあやつる国際派天才女子高生ゴルファーの登場に、たけしは「俺だってベネチア国際映画祭でグランプリ獲ったよ」と得意の舌戦に持ち込む。そんな立松さんは身長165cm、ドライバーで240~250ヤードを飛ばし、ベストスコアは65と「タイのタイガー・ウッズ」の異...more
カテゴリー:

イ・ボミにスイング復調の兆しあり 最終日は「60台目指す」 - 02月24日(土)21:01 

<ホンダLPGAタイランド 3日目◇24日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,642ヤード・72)> 課題のショットに手ごたえありだ。今大会で2018年初戦を迎えているイ・ボミ(韓国)は、この日を3バーディ・2ボギーで回り、トータル1アンダー・43位タイでフィニッシュ。アンダーパーにカムバックして最終日に臨む。 【連続写真】イ・ボミ不調の原因はダウンスイング “2コマ遅れ”が手打ちを招いた 前半は苦しいゴルフだった。「いきなりボギーでスタートして、そこからショットの感じが分からなくなった」と、出だしの10番でつまづくと、12番でもボギーを叩き、2オーバーに後退した。しかし、「後半からは下半身を意識してスイングしました」と、徐々に復調。1オーバーで折り返すと、バックナインでは2バーディ・ノーボギーと安定感を見せた。 ボミの持ち味である安定感を表すデータとして、ボギー数が挙げられる。5勝を挙げて2年連続の賞金女王に輝いた2016年は、出場28試合・89ラウンドに対してボギーはわずか137個。20試合以上に出場した選手の中では、アン・ソンジュ(韓国)の126個に次いで少ない数字だった。 初日、2日目はバーディを多く奪う半面、ティショット不調の影響でボギーもそれ以上に多かったが、「後半はいいショットもたくさんあって、自信を持ってプレーできました」と、スイング安定を目指して行った...more
カテゴリー:

J・コルダが3年ぶりVに王手 イ・ボミは43位Tで最終日へ - 02月24日(土)19:27 

<ホンダLPGAタイランド 3日目◇24日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,642ヤード・72)> タイのホンダLPGAタイランドで開催されている米国女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」の3日目が終了。2日目にコースレコードとなる“62”を叩き出したジェシカ・コルダ(米国)がスコアを4つ伸ばし、トータル20アンダーで3年ぶり優勝に王手をかけている。 【関連写真】ボミが!ハヌルが!タイで躍動 大会フォトギャラリー 4打差2位にモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、5打差3位にミンジー・リー(オーストラリア)が続いている。 2018年初戦のイ・ボミ(韓国)は3バーディ・2ボギーとスコアを1つ伸ばし、トータル1アンダー・43位タイ、キム・ハヌル(韓国)は3ストローク伸ばし、トータル4アンダー・30位タイに浮上。成田美寿々はトータル2オーバー・50位タイ、堀琴音は第3ラウンド開始前に棄権している。 米ツアーメンバーでは、上原彩子がトータル3オーバー・54位タイ、野村敏京がトータル12オーバー・67位に沈んでいる。 【3日目までの順位】 1位:ジェシカ・コルダ(-20) 2位:モリヤ・ジュタヌガーン(-16) 3位:ミンジー・リー(-15) 4位:アリヤ・ジュタヌガーン(-14) 5位:レクシー・トンプソン(-13) 6位T:ネリー・コルダ(-12) 6位T:エイミー・ヤン(-1...more
カテゴリー:

安田祐香、日本女子アマ連覇へ大きな経験に - 02月25日(日)08:18 

<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 最終日◇24日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course(6456ヤード・パー71)> シンガポールのセントーサGCにて、2月21日から4日間の日程で開催された「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」最終日、日本勢は7人が出場し、西村優菜がプレーオフの末、2位タイでフィニッシュ。そして、安田祐香が首位と2打差の5位で大会を終えた。 【関連写真】最終日の特選フォト!フレッシュ女子アマが盛りだくさん 「初日のいい位置から2日目以降、順位を落とす形になったのが悔しい」と安田。初日は“66”を叩き出し、2位発進。4日間つねに上位で戦ったが、優勝には届かなかった。 2017年「日本女子アマ」を制した直後にナショナルチーム入り。代表歴はまだ7か月と短いが「いい選手たちが集まっている中で、実力を発揮できたのは自信になります。海外の試合では、アプローチの引き出しがないといけないことが分かりました。普段の練習でもっとアプローチを磨きたいです」。 「日本女子アマ2連覇、そして世界女子アマにいきたい」という2018年の目標をかなえる上で、この4日間は大きな経験になったに違いない。 【関連リンク】 ・アジアパシフィック女子アマチュア選手権 最終結果 ・イ・ボミ、キム・ハヌルら出場 ホンダLPGAタイランド3日...more
カテゴリー:

ビートたけし、年齢差60歳以上の天才キッズゴルファーに戦々恐々!? - 02月25日(日)06:00 

2月25日(日)放送の「ビートたけしのスポーツ大将 2時間SP」で、ビートたけしがナインティナインや助っ人アスリートとチームを組むことなく、単独でゴルフ対決に参戦する。 【写真を見る】「すごく勝ちたい!」と意気込む弥勒ちゃんの実力に、たけしもビビりまくり!?/(C)テレビ朝日 野球同様、ゴルフも若いころから熱心に取り組んできたたけし。最近ではエージシュート(年齢よりも少ない打数でホールアウトすること)が目標とも語っていたが、「70で回ったのよ」と見事に達成…、かと思いきや「実はバーディーが出るまで打たされてさ、実際は238だった。ヘトヘトになったよ」と明かす。 それでもベストスコアは77と、その腕前はなかなかのもので、今回もやる気満々で天才キッズとの勝負に挑んだ。 「ニアピン対決」には、世界ジュニアゴルフ選手権で優勝し、タイ人の父親を持ちタイを拠点に活躍する女子高生ゴルファー・立松里奈さんが参戦。 4カ国語を操る国際派天才女子高生ゴルファーの登場に、たけしは「俺だって、ベネチア国際映画祭でグランプリ取ったよ」と得意の舌戦に持ち込みむ。 立松さんは、身長165cm、ドライバーで240〜250ヤードを飛ばし、ベストスコアは65と「タイのタイガー・ウッズ」の異名を持つ女子高生ゴルファーだ。 2017年賞金女王獲得後、バラエティー番組発出演となる鈴木愛選手も、身長は155cm、高校1年生の...more
カテゴリー:

15歳になったばかり!タイの天才少女がアジア・太平洋アマ制覇 - 02月24日(土)21:45 

<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 最終日◇24日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course(6456ヤード・パー71)> シンガポールのセントーサGCにて、2月21日から4日間の日程で開催された「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」最終日。優勝者には「HSBC女子チャンピオンズ」「ANAインスピレーション」「全英リコー女子オープン」の出場権が付与されるとあり、18地域83名の選手が高いモチベーションで優勝を争ったが、大会を制したのはタイ代表の15歳、アタヤ・ティティクルだった。 【関連】未来のスター候補生がいっぱい!最終日のスペシャルフォトギャラリー 初日は“65”で首位発進となり、「ドライバー、アイアンショット、チッピング&パッティングのすべてがとても良かったので満足しています」と笑顔を見せていた。2日目、3日目もトーナメントを引っ張り、最後は日本代表として出場した西村優菜ら3人を相手にプレーオフを戦い、飛距離と正確なショットを武器に、西村のアジア・太平洋アマ女王戴冠を打ち砕いた。 バンコク西部のラーチャブリー県で生まれたティティクルが大きな話題をさらったのは、2017年7月。14歳4か月で欧州女子ツアー「タイランド チャンピオンシップ」で史上最年少優勝を果たした。また、昨年の国内女子ツアー「サントリーレディス」にも出場...more
カテゴリー:

西村優菜、あと一歩だったアジア・太平洋制覇「精一杯戦えました」 - 02月24日(土)19:43 

<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 4日目◇24日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course(6456ヤード・パー71)> シンガポールのセントーサGCにて、2月21日から4日間の日程で開催された「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」最終日。日本代表として出場した西村優菜はタイの15歳、アッタヤ・ティティクルに敗れたものの、プレーオフまで進出し、最後まで優勝を争った。 【関連動画】西村優菜らのアマチュア一言動画!自分の持ち味はズバリ? 前日は雷雨による5時間の中断により、日没サスペンデッドに。この日は日出直後の現地時間午前7時20分より、第3ラウンドの残りホールを消化し、第4ラウンドをスタート。この時点で首位はトータル8アンダーのアタヤ、西村は2打差・トータル6アンダーに位置していた。 一時、アタヤがトータル11アンダーまで伸ばして独走するかに見えたが、終盤へなるにつれて大混戦に。アタヤ、西村に加えて、ユウカ・サソウ(フィリピン)、ウェンユン・ケー(ニュージーランド)がトータル8アンダーで並び、4者のプレーオフに突入した。 150cmと小柄な西村にとって、3人とも飛距離は自分より上。だが正確なショットとパッティング技術で、2ホール連続パーとし、3ホール目でアタヤとの直接対決に持ち込んだ。最後は競り負けたが、粘りと戦略性のあ...more
カテゴリー:

豪華解説者3人が予想!今年の女子ツアーはこうなる【リランキング制度導入編】 - 02月24日(土)17:42 

リランキング制度導入、賞金女王の行方、初優勝しそうな若手…などなど、国内女子ツアーは今年も見どころが盛りだくさん!そこで、森口祐子、小田美岐、村口史子とそれぞれ個性の違う解説者たちに自身の時代と重ねながら?たっぷり解説してもらった。 【関連】イ・ボミの最新オフショットを追加!キュートな私服が夕陽に映える 第一回は今季から導入されるリランキング制度による影響について。解説陣はどう変わると予想しているのか。 ※リランキング制度とは、2018年から導入された開幕当初の出場優先順位をシーズン中に見直すシステムで、「アース・モンダミンカップ」、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の終了後に、シード以外の選手はその時点での獲得賞金に応じて、それ以降の試合への出場順位が決まる 森口祐子(以下、森口):今年の試合数は昨年と同じ38試合。ですが、リランキング制度ができたことによって戦い方が大きく変わるのではないかと見ています。それは「スタートダッシュを図らないといけない」という気持ちを全員持つんじゃないかなということ。一年間満遍なく戦えるようなスケジュールというよりも、前半戦に重きを置くという気持ちは例年よりも高くなると思います。 小田美岐(以下、小田):私もそう思います。選手というのはそれぞれ個性があって、春先のスタートダッシュがすごい選手がいる一方で、夏以降の追い上げがすごい選手もい...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヤード」の画像

もっと見る

「ヤード」の動画

Wikipedia

ヤード (yard) は、ヤード・ポンド法における長さの単位である。日本では少数の例外を除き、他のヤード・ポンド法単位同様、ヤードの使用は禁止されている(ヤード・ポンド法)。

現在では、国際単位系メートルを基準として、1 ヤードは正確に 0.9144 m と定義されている。1 ヤードは 3 国際フィート に等しい。1 国際フィートは 12 インチであるので、1 ヤードは 36 インチになる。1 国際マイルは 1760 ヤードである。

ヤード・ポンド法という名前に使われている通り、ヤードはこの単位系における長さの基本単位であり、その他の単位はヤードの分量・倍量単位となっている。しかし、実際にはフィートを元にし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる