「モーリー・ロバートソン」とは?

関連ニュース

古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」 - 11月18日(土)06:00 

日本企業の実力低下が懸念される一方で、直近の企業業績にはなぜか好調なデータが並んでいる。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、この裏には「労働者、特に若い人々の低賃金」というカラクリがあると指摘する。 * * * 製品データの改竄(かいざん)に無資格検査の横行―神戸製鋼、日産、スバルなど、日本の大手企業で不祥事が次々と発覚し、「メイド・イン・ジャパン」への信頼が大きく揺らいでいる。 一時は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と、その強さを褒めそやされたこともあり、例えば1人当たり名目GDPの世界順位は、1990年代は常に1桁、2000年には2位まで上り詰めたが、16年現在は22位にまで下落している。 東芝、シャープの不振に象徴されるように、日本の稼ぎ頭だった電機産業は総崩れだし、アップル、アマゾン、グーグルのように革新的なサービスを武器に、世界市場をリードする企業も見当たらない。 ただ、その一方で直近の企業業績に目を転じると、好調なデータが並ぶ。先の衆院選中、東証株価は16日連続上げを記録し、11月7日の日経平均株価は、バブル崩壊後の終値の最高値を更新。上場企業の18年3月期の純利益合計も前期比7.3%増と、過去...more
カテゴリー:

モーリー・ロバートソン×プチ鹿島――「ショーンK発言」と「前原質問」の真意 - 11月15日(水)06:00 

各メディアに引っ張りだこの国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソン氏が、右からでも左からでもなく「ニュースを立体視する知性」を詰め込んだ最新刊『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』。 その発売を記念して、TVやラジオでお馴染みな切れ味抜群の時事芸人・プチ鹿島氏をゲストに招き、新宿・歌舞伎町の「週プレ酒場」で行なわれたトークライブの模様をお送りします。異様にかみ合う、ふたりのマシンガン時事放談! * * * 鹿島 モーリーさん、最近忙しそうですね。TVに出まくってるし、ネットニュースでも見ますよ。この前も関西のTV番組で『ユアタイム』についてディスったみたいなネット記事が出てましたね。 モーリー あれはですね…番組の構成上、そこに“舞台”が用意されていたので、ネタとして面白くなるようにやるしかないと思ってフルスロットルで話したんですよ。「ショーンKさんは英語が喋れないんですか」って聞かれたから、「喋れませんね」と確かに言いました。ただ、それだけじゃなく相当長い尺で話したんです。そうしたら、見事にそこだけが抜き出されて、それがネットニュースの見出しに(笑)。 鹿島 そりゃ、なりますよ(笑)。でも真相は違うと。 モーリー ネ...more
カテゴリー:

【人種差別】モーリー・ロバートソン、大阪の女子高生不登校問題は「外交問題に発展するかも」…フジ「ワイドナショー」 ★2 - 11月06日(月)00:17  mnewsplus

モーリー・ロバートソン、大阪の女子高生不登校問題は「外交問題に発展するかも」 11/5(日) 13:41配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000113-sph-ent ウエンツ瑛士  5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)では、大阪府立高校に通う女子高生が、生まれつきの茶色い頭髪を黒く染めるよう学校側から繰り返し強要され不登校になったとして、大阪府に約220万円の損害賠償を求めた事件を取り扱った。 女子高生が入学する際、母親が学校側に配慮を要求。さらに、女子高生は肌が弱かったが、...
»続きを読む
カテゴリー:

【人種差別】モーリー・ロバートソン、大阪の女子高生不登校問題は「外交問題に発展するかも」…フジ「ワイドナショー」 - 11月05日(日)14:38  mnewsplus

モーリー・ロバートソン、大阪の女子高生不登校問題は「外交問題に発展するかも」 11/5(日) 13:41配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000113-sph-ent ウエンツ瑛士  5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)では、大阪府立高校に通う女子高生が、生まれつきの茶色い頭髪を黒く染めるよう学校側から繰り返し強要され不登校になったとして、大阪府に約220万円の損害賠償を求めた事件を取り扱った。 女子高生が入学する際、母親が学校側に配慮を要求。さらに、女子高生は肌が弱かったが、...
»続きを読む
カテゴリー:

松本人志、人気番組の終了報道に「今、テレビでバラエティーをやるのは本当に大変」 - 11月05日(日)12:28 

独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー「ワイドナショー」(フジ系)。11月5日の放送では、コメンテーターとして、ウエンツ瑛士、堀口ミイナ、モーリー・ロバートソンが出演し、最近のテレビ事情について議論した。 【写真を見る】話題のハーフ美女・堀口ミイナがおちゃめなポーズのオフショットを公開/※画像は堀口ミイナ(mina_horiguchi)公式Instagramのスクリーンショットです 先日、スポーツ紙で、フジ系の人気番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」が来春で番組終了するという記事が掲載された。その後、「めちゃ×2イケてるッ!」に関しては、4日の番組内で来春の終了が正式発表され、岡村隆史の驚いたリアクションが放送された。 「最近若者のテレビ離れって言われるけど、逆に作り手側もテレビ離れの意識が目覚め出すよね。今、テレビでバラエティーをやるのは本当に大変。 攻めた企画はほぼできなくて、やったらやったで、お金も時間もかかるし体力もいるし、コアなファンは面白ろかったって言ってくれるんだけど、そういう時って大抵視聴率も悪い。クレームのリスクも高い。 これだけの条件の中でバラエティーをとんがった物作り出すってほぼ不可能に近い」と松本人志が近年のバラエティー番組の制作事情を語った。 「ただソーシャルメディアでトレンドの言葉の上位はテレビ番組。...more
カテゴリー:

モーリー・ロバートソン×プチ鹿島――TVに出ることで「中から日本を変えていく」 - 11月16日(木)10:00 

各メディアに引っ張りだこの国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソン氏が、右からでも左からでもなく「ニュースを立体視する知性」を詰め込んだ最新刊『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』。 その発売を記念して、TVやラジオでお馴染みな切れ味抜群の時事芸人・プチ鹿島氏をゲストに招き、新宿・歌舞伎町の「週プレ酒場」で行なわれたトークライブの模様をお送りします。前回記事に続き、異様にかみ合うふたりのマシンガン時事放談、後編! * * * 鹿島 それとアメリカの話で、この本の前半で書いてましたけど、グローバリズムがどんどん進んでいった結果、多くの白人たちは自分たちが幸せだと思っていた価値がすべて失われていると。それで今、白人が拠り所にしているのは根拠のない自信だと。 モーリー そう。俺たちは白人だから、という。 鹿島 それって日本でも起きていますよね。ホントに合わせ鏡というか。 モーリー 日本人でよかった的なね。メディアでも最近、「日本を褒める外国人」の枠がどんどん広がってます(笑)。一番の問題は、今もって自分の老後は安泰だとか、このまま移民を受け入れなくてもなんとかやっていけるとか、そういう変化を拒み続ける姿勢。頑張っているんだか...more
カテゴリー:

マツコデラックスが16年越しの謝罪をした相手とは? - 11月06日(月)12:30 

11月5日(日)に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演したマツコ・デラックスが、16年前に作家の中村うさぎについたウソを謝罪した。 【写真を見る】16年前に作家の中村うさぎについたウソを謝罪したマツコデラックス この日のテーマは「オネエJAPANが謝罪しますSP」。無名時代のマツコが作家・中村うさぎ氏の対談集に登場することになり、その本の中で自分の話が埋もれないように、かなり話を盛ってしまったと告白した。「ようかんとカステラが好きすぎて、丸ごと1本たべちゃう」「体が大きすぎて細い路地裏を歩いたら壁と壁の間にハマってしまった」「地方のホテルで浴槽に体がハマって抜けなくなって朝になった」というエピソードが掲載されているが、「カステラとようかんはチャレンジことはあるけど、挫折しました。ウソです。1本なんて食えるわけないじゃん!」とマツコは逆ギレしつつも「でも、全部ウソじゃないの。途中までは本当なの。お風呂にも本当にハマったけど、朝まではウソ」「路地にハマったのもウソ。戻ったの。これ以上行った危険だって」と告白。 さらに、お風呂にハマった時には、お湯を抜いてから備え付けのボディソープで体を滑らせて湯船から脱出したエピソードを話して笑いをとっていた。マツコはあらためて、「ウソはついちゃダメ…。後で辻褄が合わなくなってくるのよ」と深く反省しながら「この場を借りて謝りたい」...more
カテゴリー:

【テレビ】松本人志、テレビで尖ったバラエティーは「ほぼ不可能に近い」 - 11月05日(日)23:37  mnewsplus

ダウンタウンの松本人志が、5日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。 同局の人気バラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』の終了決定、および『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了報道の話題を受け、 「若者のテレビ離れと言われますけど、作り手側もテレビ離れの意識が目覚めだすよね」と思いを語った。 松本は最近のバラエティーの現状について「攻めた企画はほぼできなくて、お金や時間や体力をかけてやっても、 コアなファンは面白かったと言ってくれるけど、たいてい視聴率は悪い」と分...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<モーリー・ロバートソン>日本女性に対して「炎上」発言?…松本人志が指摘「女の人の場合、妙に賞味期限みたいに… - 11月05日(日)13:05  mnewsplus

5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏が発した女性の年齢に関する発言を、ダウンタウン・松本人志が「炎上!」と茶化した。 番組では、26歳女性からのメール、「何でも質問形式で話す女性にイラッとします」を紹介した。女性の友人が「何歳だと思う?」と男性に尋ねている姿を見ると、「そんなこと質問形式にされたら、答えにくいだろう」と感じてしまうのだとか。 このメールをきっかけに、出演者が年齢にまつわるトークを繰り広げた。そこで、モーリー氏が「年齢イジりだ...
»続きを読む
カテゴリー:

松本人志めちゃイケ終了に懸念「作り手にもテレビ離れ」 - 11月05日(日)12:00 

ダウンタウンの松本人志(54)が11月5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。来春での終了を発表した同局のバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」について言及した。 1996年の放送開始以来、20年以上続いている「めちゃイケ」。司会の東野幸治(50)から「長寿番組が終わるのをどう思う?」と聞かれた松本は、「最近は“テレビ離れ”が(進んでいる)。逆に言うと、作り手側にも“テレビ離れ”の意識が少し目覚め出すよね。本当に大変やわ。テレビで今、バラエティをやるのは」と明かした。 松本はバラエティ番組の制作事情に言及。「いわゆる“ちょっと攻めた企画”は、ほぼできない。お金もかかるし、時間もかかるし、体力も要る。コアなファンは『面白かった!』と言ってくれるけど、たいていそういうときって視聴率も悪いんですよ。コアすぎて。クレームのリスクも高いでしょ。これだけの条件がありながら、とがったものを作り上げていくって、ほぼ不可能に近いよ」と語った。 いっぽう、コメンテーターのモーリー・ロバートソン(54)は、Twitterの人気上昇ワードとして並んでいる言葉の多くは、テレビ番組関連であることを指摘。これに松本は「そうなんです」と同意しつつも、「人気急上昇ワードの中にわーっと上がる。『めちゃくちゃ上がって...more
カテゴリー:

もっと見る

「モーリー・ロバートソン」の画像

もっと見る

「モーリー・ロバートソン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる