「モーリー・ロバートソン」とは?

関連ニュース

【マスコミ】加計学園問題が冤罪と判明し、芸能人・有識者たちが「偏向メディア叩き」に掌返し★3 - 07月23日(日)17:54 

結局何の収穫も得られないまま時間だけが過ぎた加計学園問題。獣医学部新設にかかわった関係者が次々と安倍総理に有利な証言をして冤罪だったということが確定しつつある。 メディアに出演する有識者は掌を返したようにメディアをバッシングし始めた。 一部の者は「安倍総理は好きじゃないけど…」と前置きしたうえで「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしかった」と指摘する。視聴者からすれば非常に滑稽に思える掌返しだが、安倍政権にとっては追い風だろう。 1.立川志らく(落語家)。「私は正直言うと今の政権はあまり好き...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】加計学園問題が冤罪と判明し、芸能人・有識者たちが「偏向メディア叩き」に掌返し - 07月23日(日)10:46 

結局何の収穫も得られないまま時間だけが過ぎた加計学園問題。獣医学部新設にかかわった関係者が次々と安倍総理に有利な証言をして冤罪だったということが確定しつつある。 メディアに出演する有識者は掌を返したようにメディアをバッシングし始めた。 一部の者は「安倍総理は好きじゃないけど…」と前置きしたうえで「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしかった」と指摘する。視聴者からすれば非常に滑稽に思える掌返しだが、安倍政権にとっては追い風だろう。 1.立川志らく(落語家)。「私は正直言うと今の政権はあまり好き...
»続きを読む
カテゴリー:

【カタコトの日本語】アグネス・チャンがカタコトになる理由を明かす パックン「多くの外国人タレントにとって悩み」 - 07月22日(土)02:36 

アグネス・チャンがカタコトの日本語を喋ってしまう理由を明かす 2017年7月20日 8時20分 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13359536/ 19日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で、アグネス・チャンが、下手な日本語を喋る理由を語った。 番組では「1周回ったゲスト 外国人オールスターズ」として、アグネスのほかに、デーブ・スペクター、ボビー・オロゴン、パックン、モーリー・ロバートソン、ダイアナ・ガーネット、マルシアの合計7人の外国人タレントがゲストとして登場し、今どきの視聴者の疑問に答...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】 一部のテレビ出演者「安倍総理は好きじゃないけど…」「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしい」 - 07月19日(水)12:00 

一部の者は「安倍総理は好きじゃないけど…」と前置きしたうえで「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしかった」と指摘する。 視聴者からすれば非常に滑稽に思える掌返しだが、安倍政権にとっては追い風だろう。 大宅映子(ジャーナリスト・評論家) 「加戸前愛媛知事が『行政を歪めたんじゃなくて歪められた行政が正された。岩盤規制を壊した』と言ったことをメディアは取り上げていない。 私は真実が知りたい。好き嫌いとかじゃない。」 立川志らく(落語家) 「私は正直言うと今の政権はあまり好きではないんですけれども、...
»続きを読む
カテゴリー:

トレエン斎藤司「成功者の眺め」物件探しで高級マンションへ - 07月18日(火)18:12 

トレンディエンジェルが、7月19日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)に出演。ブレイクしてからの生活の変化が明らかになる。同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務め、岡田結実が“今どき芸能人代表”としてレギュラー出演する。2015 年の『M-1 グランプリ』をきっかけに大ブレイクしたトレンディエンジェル。昨年のテレビ出演本数は350本以上、CM契約数は最高で9社という“超売れっ子芸人”となった2人に対して、今どきの視聴者から「売れた芸人はどれくらい生活が変わるのか」という質問がぶつけられる。 「元々、洋服が好き」という斎藤司はブレイク後、ただ腰に巻く為だけのシャツに10万円、腕には超高級腕時計「パテックフィリップ」(およそ500万円)をはめるなど、数々のブランド品を購入するかなり派手な生活に。さらに“いかにパパラッチされないか”という人気芸能人ならではの理由から引っ越しも考えているという。その物件探しに番組が...more
カテゴリー:

【マスコミ】加計学園問題が冤罪と判明し、芸能人・有識者たちが「偏向メディア叩き」に掌返し★2 - 07月23日(日)14:20 

結局何の収穫も得られないまま時間だけが過ぎた加計学園問題。獣医学部新設にかかわった関係者が次々と安倍総理に有利な証言をして冤罪だったということが確定しつつある。 メディアに出演する有識者は掌を返したようにメディアをバッシングし始めた。 一部の者は「安倍総理は好きじゃないけど…」と前置きしたうえで「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしかった」と指摘する。視聴者からすれば非常に滑稽に思える掌返しだが、安倍政権にとっては追い風だろう。 1.立川志らく(落語家)。「私は正直言うと今の政権はあまり好き...
»続きを読む
カテゴリー:

アジア人蔑視語を使用したバンドが勝訴――漂白されていく日本では本当の意味で差別をなくせるのか? - 07月23日(日)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがアメリカのロックバンドの商標登録をめぐる訴訟からみる“差別問題”について語る! * * * 先日、アジア人に対するスラント(=つり目)という蔑称をグループ名に使用したアメリカのロックバンド「The Slants(ザ・スランツ)」の商標登録をめぐる訴訟で、米連邦最高裁判所がバンド側勝訴の判決を下しました。「差別的な言葉を、差別される側(バンドメンバーはいずれもアジア系アメリカ人)が肯定的な意味で使うのはOK」というバンド側の主張が認められた形となります。 社会の断層が深まる現在のアメリカで、わざわざ差別表現を使う必要はないとの意見もあります。しかしその社会で差別的とされる表現を、臭いものにフタをするかのように封印したり、表面的な言い換えで“漂白”することが、本当に差別をなくすことにつながるとは思えません。 例えば、米奴隷制時代に黒人奴隷たちが口ずさんだ「Slave Songs(スレイブソング)」。人々の悲哀や苦しみ、それを乗り越えようとする明るさ、そして当時の労働者ならではの卑猥(ひわい)な言葉も飛び出す生々しい歌詞……。歴史の教科書には載らない“エグさ...more
カテゴリー:

【テレビ】 一部のテレビ出演者「安倍総理は好きじゃないけど…」「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしい」★2 - 07月21日(金)18:25 

一部の者は「安倍総理は好きじゃないけど…」と前置きしたうえで「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしかった」と指摘する。 視聴者からすれば非常に滑稽に思える掌返しだが、安倍政権にとっては追い風だろう。 大宅映子(ジャーナリスト・評論家) サンモニで発言 「加戸前愛媛知事が『行政を歪めたんじゃなくて歪められた行政が正された。岩盤規制を壊した』と言ったことをメディアは取り上げていない。 私は真実が知りたい。好き嫌いとかじゃない。」 立川志らく(落語家) 「私は正直言うと今の政権はあまり好きではない...
»続きを読む
カテゴリー:

トレエン斎藤司「成功者の眺め」物件探しで高級マンションへ - 07月19日(水)06:00 

トレンディエンジェルが、7月19日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)に出演。ブレイクしてからの生活の変化が明らかになる。同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務め、岡田結実が“今どき芸能人代表”としてレギュラー出演する。2015 年の『M-1 グランプリ』をきっかけに大ブレイクしたトレンディエンジェル。昨年のテレビ出演本数は350本以上、CM契約数は最高で9社という“超売れっ子芸人”となった2人に対して、今どきの視聴者から「売れた芸人はどれくらい生活が変わるのか」という質問がぶつけられる。 「元々、洋服が好き」という斎藤司はブレイク後、ただ腰に巻く為だけのシャツに10万円、腕には超高級腕時計「パテックフィリップ」(およそ500万円)をはめるなど、数々のブランド品を購入するかなり派手な生活に。さらに“いかにパパラッチされないか”という人気芸能人ならではの理由から引っ越しも考えているという。その物件探しに番組が...more
カテゴリー:

【話題】市川「目の前にある材料というよりも、安倍総理が好きか嫌いかだけでポジションを取っている」モーリー「メディアが敗者」 - 07月17日(月)19:09 

先の国会では、今までになく荒れたのはご存じの通りだが、それも、政策論争ではない「森友学園」「加計学園」などのスキャンダル的な政権追求に終始したような印象だけを残した こうして、話を難しくし、決定的に悪い(法に触れる)所が出てこないにもかかわらず、憶測のみで疑惑だと言い続ければ、 視聴者(有権者)には、政府が「何かを隠しているのでは?」といった印象だけが刷り込まれていくのだ・・・ ワイドショーが世論を誘導してしまうということを、改めて感じるような加熱ぶりだった。 新聞(一般紙)に関しては、多少...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「モーリー・ロバートソン」の画像

もっと見る

「モーリー・ロバートソン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる