「モーリー・ロバートソン」とは?

関連ニュース

フェイクニュースの発信元は利益目的の業者ばかり…ほとんどが報道機関ですらない! - 05月27日(土)10:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが最近、リベラル陣営にも侵食してきたという“フェイクニュース”について語る。 * * * 昨年の米大統領選では、トランプ(当時は候補)に都合のいい右寄りの“フェイクニュース”が大量にバラまかれ、多くの人の投票行動に影響を与えたことが問題視されました。ところが、最近はそれと逆の“リベラル・フェイクニュース”―つまり、左派の人々が飛びつくようなニセ情報が目立ってきています。 その“ガセ度合い”はさまざまで、「ゴルフ中のトランプが腹を下して脱糞し、ズボンに染みをつくった」「メラニア夫人がホワイトハウスのサイトでジュエリーの通販をしている」といったバカバカしいものもある。しかし、なかにはもっと際どい、多くの人が本気でだまされそうなものもあります。例えば…。 「オバマ政権時代に一度は中止が決まったものの、トランプ政権が建設を再開した石油パイプラインに抗議する先住民らのティピー(円錐形テント)を警察が燃やした」 この話、パイプライン建設が再開されたことや、先住民が抗議行動をしていることはれっきとした事実です。ところが、「ティピーが燃えている...more
カテゴリー:

堀口ミイナら高学歴タレントたちのハイレベルなクイズ対決! - 05月21日(日)05:00 

5月22日(月)に放送される「ネプリーグ」(夜7.00-7.57フジテレビ系)で、竹田恒泰や辰巳琢郎、モーリー・ロバートソンら“名門大男子チーム”と、おおたわ史絵や堀口ミイナ、竹俣紅ら“名門大女子チーム”が対決する。 【写真を見る】“名門大女子チーム”は女流棋士としても活躍する竹俣紅が初参戦! 1stステージは「イングリッシュブレインタワー」。 “名門大男子チーム”は、東京大学とハーバード大学に同時合格したという高学歴ジャーナリストのモーリーが初参戦。豊富な知識を持つモーリーに、東京大学出身の芸人・藤本淳史が「いちいち知識入れてくるのが鼻につくわ!」と、番組冒頭から仲間割れの危機に。 “名門大女子チーム”では、現役早稲田大学生で女流棋士としても活躍する竹俣が初登場。また、5カ国語が堪能なインテリモデル・堀口と女医・おおたわは自信満々の様子を見せる。 2ndステージは「漢字テストツアーズ」。 日本語が堪能のモーリーは、「漢字も大丈夫!8問正解したい!」と意気込む。モーリーが発揮した“漢字力”に、堀内健は「林修!これがモーリーの実力だ!」と大興奮。 一方、漢字が苦手な堀口は「前回よりは多く答えたい」と控えめにコメント。果たして何問正解することができるのか!? 3rdステージは「ハイパーボンバー」。 「トロッコアドベンチャー」への挑戦権が決まる最終ステージで、堀内はプレッシャーからパニッ...more
カテゴリー:

吉本興業初の東大出身芸人、ハーバード出身モーリーに「鼻につく」発言 - 05月19日(金)18:36 

名門大学出身の芸能人たちが、5月22日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系列、毎週月曜19:00~)に出演。男女にわかれて頭脳バトルを繰り広げる。男子チームは、ハーバード大学出身で、マサチューセッツ工科大学や東京大学など、名だたる有名大学に同時合格した実績をもつジャーナリストのモーリー・ロバートソン。慶應義塾大学出身にして明治天皇の玄孫で、現在は皇學館大学の非常勤講師を務める竹田恒泰。京都大学出身で近畿大学の客員教授も務める辰巳琢郎。吉本興業初の東京大学卒のお笑い芸人田畑藤本のボケ担当・藤本淳史といったインテリメンバーが集合。一方、女子チームには、東京女子医科大学出身の内科医で、コメンテーターとしても活躍しているおおたわ史絵。早稲田大学出身。トルコと日本のハーフで元大手商社に勤務していた経歴を持つ大型インテリモデルの堀口ミイナ。早稲田大学在学中で、プロの女流棋士として活躍中の竹俣紅といったメンバーが顔を揃える。いざゲームが始まると、男子チームは、流暢な日本後で豊富な知識をひけらかすモーリーに対して、藤本が「いちいち知識入れてくるのが鼻につくわ!」と言って仲間割れ。英語には自信があるメンバーがそろい、順調に正解を重ねるも、竹田がまさかの凡ミス。さらに中学校で習う熟語問題に堀内健が大ピンチに陥るなど波乱の幕開けを迎える。そんな中、漢字クイズ「林先生の漢字テストツアーズ」では、日本語で東京...more
カテゴリー:

北朝鮮とシリア情勢でのプロパガンダ報道に惑わされる嘆かわしさとは - 05月21日(日)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがシリアのアサド政権や北朝鮮情勢に関して、日本のメディアが無検証で垂れ流しにする問題について語る。 * * * “False Equivalence”という英語の言い回しがあります。日本語に訳せば「誤った等価関係」という感じでしょうか。要するに、まったく釣り合わないものを並列に論じることで「中立な両論併記」を装うような、一種の詭弁(きべん)のことですが、日本では、特に戦争や軍事の分野でこの“False Equivalence”を平気で口にする政治家や専門家が少なくありません。 例えば、アサド政権が化学兵器を使用したという理由で、アメリカのトランプ大統領がシリア空軍基地をミサイル攻撃した件。アサド政権側は「不当な侵略」とアメリカを非難し、同政権を擁護するロシア政府も「国際法違反だ」と反発していますが、まぁ、彼らの立場ならそう言うわな…という話です。 ところが、驚くのは日本の“中東専門家”を名乗る人物や著名な論客までもが、アサドやロシアの言い分と同じように「アメリカの暴走」ばかりを指摘したり、大量破壊兵器の有無が問題となった2003年のイラク戦争開戦と重ねて...more
カテゴリー:

吉本興業初の東大出身芸人、ハーバード出身モーリーに「鼻につく」発言 - 05月21日(日)05:00 

名門大学出身の芸能人たちが、5月22日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系列、毎週月曜19:00~)に出演。男女にわかれて頭脳バトルを繰り広げる。男子チームは、ハーバード大学出身で、マサチューセッツ工科大学や東京大学など、名だたる有名大学に同時合格した実績をもつジャーナリストのモーリー・ロバートソン。慶應義塾大学出身にして明治天皇の玄孫で、現在は皇學館大学の非常勤講師を務める竹田恒泰。京都大学出身で近畿大学の客員教授も務める辰巳琢郎。吉本興業初の東京大学卒のお笑い芸人田畑藤本のボケ担当・藤本淳史といったインテリメンバーが集合。一方、女子チームには、東京女子医科大学出身の内科医で、コメンテーターとしても活躍しているおおたわ史絵。早稲田大学出身。トルコと日本のハーフで元大手商社に勤務していた経歴を持つ大型インテリモデルの堀口ミイナ。早稲田大学在学中で、プロの女流棋士として活躍中の竹俣紅といったメンバーが顔を揃える。いざゲームが始まると、男子チームは、流暢な日本後で豊富な知識をひけらかすモーリーに対して、藤本が「いちいち知識入れてくるのが鼻につくわ!」と言って仲間割れ。英語には自信があるメンバーがそろい、順調に正解を重ねるも、竹田がまさかの凡ミス。さらに中学校で習う熟語問題に堀内健が大ピンチに陥るなど波乱の幕開けを迎える。そんな中、漢字クイズ「林先生の漢字テストツアーズ」では、日本語で東京...more
カテゴリー:

「モーリー・ロバートソン」の画像

もっと見る

「モーリー・ロバートソン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる