「モンブラン」とは?

関連ニュース

セブンにもちっとしたさくらスイーツ!見た目も可愛い「さくらもこ」と「もちとろさくらみるく」 - 02月20日(火)15:30 

セブン-イレブン各店で、さくらスイーツ2種が2月20日に発売されました(一部の地域・店舗をのぞく)。「さくらもこ」(140円、税込、以下同じ)と「もちとろさくらみるく」(100円)です。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 さくらもこは、さくら色が春らしいシュークリーム。「ふんわりもちっ」と焼き上げられたシュー生地に、さくら風味のレアチーズムースを合わせて仕上げられています。 一方のもちとろさくらみるくは、さくら風味の洋風大福。クリーミーなミルク感のある“さくらみるくホイップ”を、とろりとしたもち生地で包んで仕上げられています。【関連記事】・サクッ、とろ!セブン「ざくざく食感チョコミントシュー」食べてみた--とろとろミントクリームにうっとり♪・セブン「チョコミントの和ぱふぇ」が気になる!ミントクリーム入り「ざくざく食感チョコミントシュー」も・セブンに5日間限定「迎春 もちとろ紅白バニラ&苺みるく」--とろけるもち生地にバニラや練乳クリーム入り!・セブンに苺スイーツ続々!シュークリームやモンブランなど「苺スイーツフェア」アイテム
カテゴリー:

金魚×最新技術の融合!!幻想的なアートアクアリウムが博多を彩る! - 02月20日(火)10:00 

3月16日(金)から5月16日(水)まで、「アートアクアリウム展 2018 ~博多・金魚の祭~ &ナイトアクアリウム」がJR九州ホール(福岡市博多区・JR博多シティ9階)で開催される。 【写真を見る】博多初登場の「超花魁」。3000匹の金魚が舞泳ぎ、見るものを圧倒する 同イベントは、日本中に感動を与え続ける金魚の祭典「アートアクアリウム」の2018年第1弾。日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水族アートの展覧会は、累計入場者数810万人を突破。今回は、2016年アートアクアリウム生誕10年の集大成として誕生した最大の傑作「超花魁」がついに博多に初登場する。 ■ 博多初登場!最大傑作「超花魁」 「超花魁」には3000匹の金魚が舞泳ぎ、七色に光り輝くライティングと神々しさを際立たせる映像効果で最高峰の花魁となり見るものを圧倒!その姿は生まれる前から伝説になることを約束された神の領域の美しさと驚愕の大きさを兼ね備え、まさしく世界最大の金魚鉢であり、作品名の前に“超”を与えられた特別な作品だ。 ■ 新作「床掛け金魚飾」 生きた金魚の動きと映像が融合した新作「床掛け金魚飾」は、白と黒を基調とした墨絵の映像に黒い金魚が泳ぐ、侘び寂のある作品。その他にも、日本の伝統的照明、行燈をモチーフとしたアクアリウムによるラ...more
カテゴリー:

三段重ねのド迫力と究極のふわふわ食感がスゴイ!パンケーキの店「gram」 - 02月19日(月)19:00 

「gram(グラム)福岡天神今泉店」は、究極の“ふわふわ”食感が自慢のパンケーキ専門店。大阪・心斎橋で誕生し、福岡では同店の他に、天神ビブレの中にも店舗がある。素材にこだわり、注文を受けてから1枚1枚丁寧に焼くパンケーキは、デザート系から食事系まで豊富なメニューをそろえる。 【写真を見る】デニッシュパンの「プレーンフレンチトースト」(800円) なかでも人気の「プレミアムパンケーキ」(950円)は、分厚い生地が三段重ねになった贅沢な一品。見た目はシンプルながら、生クリームの甘さと、オリジナル無塩バターの相性がよく、コク深い味わいだ。ボリュームがあるが、軽やかな口当たりで、ペロリと食べることができる。 パンケーキは、11時、15時、18時の1日3回、焼き上がりタイムがあり、各時間20食限定で焼きたての味を楽しむことができる。 また、デニッシュパンを使った「フレンチトースト」(800円~)もファンが多いメニュー。卵がしっかり染み込んだパンを、外はカリッと、中はフワッと焼き上げている。バニラアイスやキャラメルソースなどのトッピングも追加可能だ。 店内は、手前は白を基調としたテーブル席と、奥にはゆったりとしたソファ席を用意。外にはテラス席が6席あり、ペット同伴もOK。ランチからカフェタイムまで、あらゆるシーンで利用できる。やみつき必至の口溶け食感を、ぜひ試しに行こう。 [gram(グラム)...more
カテゴリー:

味わえるのは3週間だけ。ミニストップに3つの濃~い抹茶スイーツ - 02月19日(月)17:25 

ミニストップ各店では2018年2月20日から、静岡抹茶を使用した「お濃茶(こいちゃ)スイーツ」3品が販売されます。 抹茶の良さを最大限! 抹茶の渋みも堪能できるモンブラン、プリン、スティックケーキは「世界一濃い抹茶ジェラート」で知られる丸七製茶の監修。抹茶の良さを最大限に引き出すため、それぞれに適した抹茶が使用されています。 「お濃茶モンブラン」(280円)は抹茶ケーキの上にホイップクリーム、抹茶カスタード、抹茶クリームがのった抹茶尽くしの一品。濃厚な抹茶を味わえます。 「お濃茶ケーキ」(180円)は生地に風味豊かな抹茶を使用し、じっくりと焼き上げたもの。上には抹茶チョコレートがかかっています。 「お濃茶プリン」(200円)には風味豊かな最高級の抹茶を使用。口どけの良いなめらかな抹茶プリンです。 いずれも3週間限定の商品なので、気になる方はチェックを忘れずに。 その他詳細は公式サイトへ。(価格は全て税込) 発売初日から話題! スタバのクロス付きプリンセットが可愛すぎ ごはんのお供「ゆかり」がチューハイになるらしい。 ...more
カテゴリー:

ストロベリースイーツたくさん! ヒルトン東京お台場「いちごに恋するマスカレード」がオトナあまい - 02月19日(月)15:00 

2018年3月15日までヒルトン東京お台場2Fのシースケープ テラス・ダイニングで開催しているストロベリーデザートビュッフェ。『Instagram』の「#デザートビュッフェ」の投稿が2万件を超えていることもあり、仮面舞踏会の要素を取り入れ「いちごに恋するマスカレード」と題し、「オトナかわいい」スイーツが揃っています。 仮面舞踏会がテーマなだけに、パーティー感のあるテーブルになっているデザートビュッフェ。そこに並ぶのは数々のケーキ&スイーツ。これが平日90分のコースだと3400円(土日祝は3900円)で食べ放題です! 今回、メインともいえるのが、「フツウの恋に飽きたわ チョコレート・ストロベリーショートケーキ」。チョコといちごをふんだんに使い、ビターとスイートなチョコのグラデーションと、いちごの甘酸っぱさが相まってオトナのショートケーキと呼べる一品になっていました。 筆者のイチオシは「ふわふわがお好き? ホワイトクレームダンジュロールケーキ」。スポンジもクリームも軽く、甘すぎないのでいちごの甘みと酸味が存分に味わえます。 いちごのマカロンと一緒に並んでいた「もぎとって召し上がれ 苺のモンブラン」。アーモンドのタルトにカスタードクリームをつめ、いちごピューレのクリームをモンブラン状に乗せた一品で、一口サイズで食べやすいのが魅力。 このほかにも、「わたくしのバラのカップケ...more
カテゴリー:

食べる鉢植え!「台湾甜商店」の盆栽パフェがスコップまでこだわりすぎ - 02月20日(火)11:00 

タピオカドリンク専門店「101」の新ブランド「台湾甜商店」が誕生。もっちりとした団子の芋圓や、豆乳から作る豆花(トーファー)など、店内で一から仕上げる台湾スイーツがメインで、素朴&どこか懐かしい本場の甘さに思わずニンマリ。生タピオカを使ったドリンクと共にぜひ。<※情報は、京阪神ときめき煩悩スイーツより> 【写真を見る】「芋圓芋満足(いもまんぞく)」(896円・手前右)、「芒果雪花冰(マンゴーシュエファービン)」(1058円・奥左)/台湾甜商店 ■ 盆栽が作る甘美な世界 バニラとチョコアイス、サツマイモ、タピオカの上にココアクランチをまぶした「盆栽パフェ」(605円)は、現地でブームとなったユニークなひと品。 「芋圓芋満足(いもまんぞく)」(896円・手前右)、「芒果雪花冰(マンゴーシュエファービン)」(1058円・奥左)など。 赤煉瓦や格子窓、ちょうちんなどで本場さながらの雰囲気に。 ドリンクはテイクアウト可。店外から芋圓を作るキッチンが見える。 【CAFE DATA/席数:37席(テーブル24席、カウンター13席) ドリンク:チョコレートココアスムージー(400円)など36種 フード:なし スイーツ:芋圓仙草満足(847円)など26種 たばこ:禁煙】 ■台湾甜商店(タイワン ティエン シャンディエン)<住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2 電話:06-6147-91...more
カテゴリー:

【本日発売】ミニストップ「お濃茶モンブラン」や「お濃茶ケーキ」 - 02月20日(火)08:00 

ミニストップ各店で、ななやを展開するお茶メーカー「丸七製茶」監修の「お濃茶(こいちゃ)スイーツ」3品が販売されます。
カテゴリー:

残り10日のいちごまみれ体験!リーガロイヤルホテル東京の「Very Berry Strawberry」 - 02月19日(月)18:07 

リーガロイヤルホテル東京で2月28日(水)までの期間限定で開催されている「Very Berry Strawberry」は、「ガーデンラウンジ」と「メリッサ」、「セラーバー」の3カ所ごとに空間に合うようなメニューが用意されており、いちごを使った様々なスイーツやカクテルを楽しめる。 【写真を見る】「Very Berry Strawberry」シェフパティシエの石和悟さん 今回のシェフパティシエである石和悟さんによると、"形がきれい、断面も白と赤のグラデーションがきれい"な「とちおとめ」、"時期毎にブレがあるが、今の時期はとてもあまい"「あまおう」、"いちごらしい甘酸っぱさが特徴"な「べにほっぺ」と、「今年は特に品種にこだわって作っている」とのこと。 ■ ガーデンラウンジ「紅ほっぺのメルティングデザート」 いちごソースやいちごムースと、溶けたホワイトチョコが絡んで甘酸っぱいが、それにより、ホワイトチョコの甘さがはえる。 ■ ガーデンラウンジ「とちおとめのレイヤードパフェ」 中はフレークじゃなくクレープ生地で出来ており、しっとり美味しい。あまずっぱいいちごアイスが、少しずつ温かくなる春の訪れを感じさせる。 ■ ガーデンラウンジ「あまおうのザクザクミルフィーユ」 ボリューミーな一品。「ミルフィーユの概念が変わった」と感動するお客さん...more
カテゴリー:

カラフルな絞りたてモンブランに目移り必至!京橋「Fujifrance」 - 02月19日(月)17:00 

「Fujifrance」の、注文を受けてから仕上げる絞りたてのモンブランが人気急上昇。生地はメレンゲかクランブルクッキーから、クリームは木苺や抹茶など5種からチョイス。いずれも鮮やかな色合いで目移り必至。わたあめがのったソフトクリーム などルックス抜群のスイーツにも注目を。<※情報は、京阪神ときめき煩悩スイーツより> 【写真を見る】「ディープグリーンティー(抹茶)」(560円)/Fujifrance ■ 新感覚の魅せるモンブラン 「フランボワーズ」(木苺・540円)。 「ディープグリーンティー」(抹茶・560円)。 「マロンスタンダード」(570円)。 「ローストジャパニーズティー(ほうじ茶)」(560円)。 「ソフトクリーム オン ザ メレンゲ マロンナッツキャラメリゼ」(580円)。わたあめトッピングは無料。 店内にはスタンディングのカウンターがあり、外にはテラス8席が。 全面ガラス張りの明るい外観。京橋駅直結とアクセスもよし。 【CAFE DATA/座席:8席(スタンディング5人、テラス8席) ドリンク:コーヒー(280円)など約8種 フード:なし スイーツ:モンブラン(マロンスタンダード・570円)など約20種 たばこ:禁煙】 ■Fujifrance<住所:大阪市都島区東野田町2-1-38 京阪モール本館1F ノーステラス 電話:06-6809-7008 時間:11:00~...more
カテゴリー:

抹茶好き注目!ミニストップ「お濃茶モンブラン」や「お濃茶ケーキ」がウマそう--老舗の丸七製茶監修 - 02月19日(月)02:00 

ミニストップ各店で、「お濃茶(こいちゃ)スイーツ」3品が2月20日より販売されます。3週間限定。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 抹茶ジェラートが人気の「ななや」を展開する静岡の老舗お茶メーカー「丸七製茶」監修のスイーツ。抹茶の良さを最大限引き出すことにこだわり、それぞれに適した抹茶が使用されています。 「お濃茶モンブラン」は、濃厚な抹茶が味わえるモンブラン。抹茶ケーキの上にホイップクリームと抹茶カスタードをのせ、抹茶クリームが絞られています。価格は280円(税込、以下同じ)。東北は2月21日発売。 「お濃茶ケーキ」は、風味豊かな抹茶の生地をじっくり焼き上げたスティックケーキ。抹茶チョコレートが丁寧にかけられています。価格は180円。東北は2月21日発売。 「お濃茶プリン」は、“最高級の抹茶”が使用されたプリン。なめらかな口どけが楽しめるとか。価格は200円。【関連記事】・“赤”のチーズと“黒”のチョコ、どっちがいい?ミニストップに2色のバレンタインケーキ!・花畑牧場監修!ミニストップに「生キャラメルプリン」--チョコソースたっぷりの「無限チョコバナナプリン」も・え、まだやる?ミニストップで年末年始デザートセール!ケーキは20円安く、アイスは全品10%引きに・つぶらな瞳が可愛い!ミニストップに「干支ケーキ」--シェアして楽しむ「バケツティラミス...more
カテゴリー:

もっと見る

「モンブラン」の画像

もっと見る

「モンブラン」の動画

Wikipedia

この協定は更なる混乱を生んだ。この協定では国境線はシャモニーとクールマイヨールの双方から視認できる位置に置くことになっていた。しかし、山の一部が山頂を隠すため、クールマイヨールからはモンブラン山頂を望むことができなかった。この協定は内容が不正確であったため、後に新たな条約に置き換えられた。

ナポレオン失脚後の1815年、ウィーン会議によりモンブランを含むサヴォワ県はサルデーニャ王国に戻った。

1860年3月24日、イタリア王国の成立にあたりナポレオン3世ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世により、再びサヴォワ県の併合に関する協定が締結された。1861年3月7日には国境に関する合意が行なわれ、新しい国境線が定義された。

1823年の地図「Sarde Atlas」では国境線は山頂の稜線にそって決められていたことがわかる。

3月7日の協定では、以前の稜線にそった国境を中心にして、更に中央山塊の境界線を考慮した国境線をモンブランの氷冠上に定めた。これにより、モンブラン山頂はイタリアとフランスの双方の領土となった。

最新の地形学による分水界の分析に基づき、国境線を主峰の山頂上に設定するだけではなく、南東の尾根からクールマイヨールを全てイタリアの領土として、国境線は主峰の山頂か...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる