「モンブラン」とは?

関連ニュース

ここだけの限定品! 渋谷ヒカリエで見つけた胸キュンスイーツ - 09月23日(土)10:00 

 開業5周年を迎える、渋谷ヒカリエ ShinQs。10月4日までアニバーサリーイベント「シンクス・ブランニュー・デイズ」を開催し、“Brand-New(目新しい)”をテーマに、グルメ、ファッション、雑貨など14の新店舗、リニューアルショップがオープンしている。なかでもスイーツは見た目もキュートなSNS映えするものが勢ぞろい。ここでしか買えない限定品3品をピックアップして紹介! 【写真】どれもフォトジェニック! 気になるラインナップは…  まずは、「パティスリー&カフェ デリーモ」のドーム型が特徴的なスイーツ『パフェール』。今年6月に登場して以来、見た目のインパクトと、ケーキのようなボリューム感が人気を集めている商品。新作『パフェール モンブラン』(税込981円)は、チョコレートソース、パイ生地、洋梨のゼリー、モンブランクリームが重ねられ、食感の違いも楽しめる。  SNS映えスイーツで1番のおすすめが、英国スイーツブランド「モナーク・オブ・ロンドン」の『What’s the Fudge?』(1箱 税込1299円)。パステルカラーに彩られたスイーツは、イギリスの伝統菓子「ファッジ」をモチーフとなっている。カラフルなだけでなく、スーパーフードを使って仕上げいて、女性にはうれしいスイーツ。トップに飾られたスタースプリンクルがかわいさを引き立て、手土産にすれば注目の的になること、間違い...more
カテゴリー:

トミタ栞、かわいらしい女の子からホラー映画のキャラクターに豹変 - 09月22日(金)22:34 

ROLLYプロデュース、トミタ栞の新曲「わたしのアイス食べたでしょう?」が、9月22日より配信開始。YouTubeではミュージックビデオ(MV)が公開されている。“冷凍庫に入れておいたアイスを勝手に食べられた現象”をテーマとした同曲。そんな“現象”を打開するべく、アイス「ブラックモンブラン」シリーズを販売する竹下製菓では、保冷剤に擬態する限定ブラックモンブラン「DO NOT EAT」を開発。全国のドン・キホーテで発売されることも決定した。 【写真を見る】ホラー映画のキャラクターのようなトミタ栞 そして今回公開されたMVでは、トミタは「ブラックモンブラン」を楽しみしている女の子を演じている。だが、冷凍庫を開けてみると、その存在が消えていることに気付く。 次の瞬間、画面と曲調が一変。それまでのほのぼのとしたかわいらしい世界観から恐怖映画のようにシーンも変わり、“アイスを勝手に食べられた”心情を激しく表現している。 そこで、食べられないために保冷剤に擬態したブラックモンブランが登場するという展開だ。 【関連記事】 ・tvk「saku saku」のMC・トミタ栞&NANAE、黒幕への復讐を誓う? ・トミタ栞、黒幕ら「saku saku」ライブに出演 ・佐野岳&トミタ栞がディズニーリゾートで大はしゃぎ! ・トミタ栞「みんなが困った顔をしてるのが快感(笑)」
カテゴリー:

2度見するわ―「保冷剤」そっくりのアイス発売 - 09月22日(金)16:00 

竹下製菓のアイス「ブラックモンブラン」シリーズに、保冷剤にそっくりのパッケージの限定版「DO NOT EAT」が登場した。全国のドン・キホーテで取り扱う。
カテゴリー:

【天才】"アイスを勝手に食べられる現象"をなくす発明品が爆誕 - 09月22日(金)14:23 

九州エリアで愛され続けるロングセラーアイス「ブラックモンブラン」が2017年9月22日、全国のドン・キホーテに衝撃的なパッケージとなって登場しました。 冷凍庫内にあるはずなのに、まるで存在感がない――。限定ブラックモンブランは、なんと保冷剤に"擬態"するユニークなビジュアルなのです。 人に狙われやすい食べ物1位は「アイス」 佐賀県の竹下製菓が1969年に発売した「ブラックモンブラン」は、こだわりのバニラアイスをチョコレートとザクザク食感のクランチでコーティングしたアイスバー。九州地方をメインに販売されており、地元では知らない人はいない"ソウルフード"的な定番アイスです。 そんなブラックモンブランが保冷剤に"擬態する"アイスとして、22日から全国のドン・キホーテに並んでいます。でも一体なぜ? 「楽しみにしていたアイスが奪われたときの悲しみは海よりも深い。アイスとは本来、人を幸せにするもの。人々を幸せにし続けてきたブラックモンブランから、悲劇なんてぜったい生まれてはいけないと思ったんです」 ――こう語るのは竹下製菓の開発者。そう、新登場のブラックモンブランは"冷凍庫に入れておいたアイスを勝手に食べられた現象"による争いに終止符を打つべく開発された、最終進化系アイスなのです。名前もズバリ「DO NOT EAT」。 竹下製菓が行ったアンケート調査によると、大切にしまっ...more
カテゴリー:

日本品質の上品なミルクティーが新登場! 「加賀棒ほうじ茶ラテ」 - 09月22日(金)13:31 

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、好評の「加賀棒ほうじ茶」に、 国産牛乳を合わせた日本品質のミルクティー「加賀棒ほうじ茶ラテ」(税抜130円)を9月25日より新発売する。 【写真を見る】日本品質の上品なミルクティーが新登場! 「加賀棒ほうじ茶ラテ」 (税抜130円) ほうじ茶市場が拡大傾向にある中、今年はほうじ茶の持つ“香ばしさ”を活かしたスイーツなどが多く発売され、女性を中心にほうじ茶の特徴が支持されている。以前より発売されている「加賀棒ほうじ茶」も、上品な香ばしさとコクのある味わい、低カフェインという点が評価され、発売以来好評を集めている。一方で甘さ離れなどを背景に、カフェオレやミルクティーなど秋冬の定番となるホット飲料の市場 は縮小傾向だ。そこで「加賀棒ほうじ茶ラテ」では、金沢発祥の伝統的な焙煎方法を用いた“棒ほうじ茶”の特徴を活かし、国産牛乳を加えることで、香ばしさとミルクのコクが引き出されている。 ”棒ほうじ茶”の上品な味わいで、ほっとひと息ついてみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】 【関連記事】 ・「ローソン」は栗で「セブンイレブン」は芋? 2017年秋のコンビニスイーツ紹介! ・台湾カフェ・春水堂から秋限定ドリンク「黒ゴマミルクティー」新登場! ・秋の香りがする!マロンフレーバーの秋紅茶「モン...more
カテゴリー:

和洋折衷を楽しめる!十五夜にお月見スイーツはいかが? - 09月23日(土)08:00 

シャトレーゼは、9月29日(金)から秋の夜長を楽しむ「お月見スイーツ」を、期間限定で全国のシャトレーゼにて発売する。「月ゆめモンブラン」や、月のうさぎをイメージした「月ゆめうさぎ」、山梨県産コシヒカリの生地で包んだ「月見団子」の3種類を展開する。 【写真を見る】「月ゆめうさぎ」(280円)うさぎをイメージした見た目も十五夜にぴったりのスイーツ。 ■ 「月ゆめモンブラン」(360円) 紫芋のほっくりとした濃厚な味わいと生クリーム、粒餡との相性を楽しめる和洋折衷のスイーツ。ダコワーズ、バニラスポンジの上に自家炊き粒餡、生クリームを重ね、紫芋クリームを絞った一品。月をイメージしたチョコレートをトップに飾り、お月見をより一層楽しめるモンブランに仕上がっている。販売期間は9月29日(金)から11月1日(水)まで。 ■ 「月ゆめうさぎ」(280円) うみたて卵を使ったなめらかなプリンに、カラメルソースとバニラスポンジを重ね、カスタード生クリームを絞った一品。ミルク感のあるプリンはさっぱりとした後味で、濃厚で香りのよいカラメルソースがアクセントになっている。月のうさぎが生クリームで表現され、目は苺ソースで、耳はチョコレートでイメージされた見た目の可愛らしいスイーツだ。販売期間は9月29日(金)から11月1日(水)まで。 ■ 「月見団子」(こし餡/粒餡6個入り/388円) 、(こし餡13個入り/7...more
カテゴリー:

食べ過ぎてしまう食欲の秋に!ファミマ×ライザップのコラボシリーズから新作登場 - 09月22日(金)16:40 

ファミリーマートはRIZAPとのコラボシリーズから、おいしさと糖質の量にこだわった秋の新作商品を9月19日より順次発売している。 【写真を見る】RIZAPビビンバ風サラダ(368円) RIZAPとファミリーマートのコラボシリーズは、2016年11月の発売以来幅広い世代から好評で、9月19日より順次発売される新商品のラインナップは、ついつい食べすぎてしまう食欲の秋にもおいしく、楽しく、お腹も満足しながら糖質コントロールできるパスタやカップ麺、スイーツ等を揃えている。 ■ RIZAPビビンバ風サラダ(368円) 鶏むね肉に大豆ミートを加え、錦糸玉子、ニンジン、レタス等を合わせてビビンバ風に仕上げた一品。ピリ辛のコチュジャンソース付きで味の変化も楽しめる。沖縄を除く全国の店舗で9月19日(火)より発売。1個あたりの糖質は6.6~6.9g、カロリーは96~98kcal。 ■ RIZAPたっぷりクリームプリン(258円) 今年3月に発売し、2か月間で60万個以上販売した人気商品がリニューアルして再登場。なめらかな食感のプリンに、くちどけの良いホイップクリームをたっぷりと絞った人気商品。9月26日(火)より発売。1個あたりの糖質は10.4g、カロリーは235kcal。 ■ RIZAPカスタードプリン(170円) 北海道純生クリームを使用し、しっかりとしたコクを感じられるプリン。発売中のフ...more
カテゴリー:

ハンドメイドの雑貨やアクセサリーが集まる祭典!第2弾の今年は福井県鯖江市で開催 - 09月22日(金)15:55 

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」は、“いいものがある、いいまちがある”をコンセプトに全国各地のものづくりに縁のある街を訪れ、その地の人々とともに市(いち)を開く「Creema Craft Caravan(クリーマクラフトキャラバン)」第2弾を、福井県鯖江市中山公園にて10月14日(土)、15日(日)に開催する。 【写真を見る】作り手のこだわりがつまった雑貨やアクセサリーが顔を揃える 全国からインテリア雑貨をはじめ、服やアクセサリー雑貨などの人気クリエイターが集合し、大盛況となった第1弾の福岡県糸島市に続き、第2弾は眼鏡の街として世界中から注目を浴びているものづくりの街、福井県鯖江市で催される。 今回は、鯖江市で年に1度開催される体験型マーケット「RENEW」と中川政七商店が展開する「大日本市博覧会」がタッグを組み実施する「RENEW×大日本市鯖江博覧会」のコラボレーションによる「Creema Craft Caravan in 鯖江」。当日は人気のCreemaクリエイター約60名による、器やインテリア雑貨、アクセサリーなどクリエイティビティ溢れる作品が並ぶマーケットに加え、参加クリエイターと来場者が一緒に創り上げるワークショップも展開する。 作り手のこだわり溢れる雑貨やここにしかないアクセサリーに魅了されること間違いなし。家族や友人と足を運んでみ...more
カテゴリー:

カフェ・ド・クリエから大好評の秋スイーツ2種が登場! - 09月22日(金)14:00 

カフェ・ド・クリエは全国の店舗で9月27日(水)より、毎年大好評のデザートメニュー「かぼちゃのモンブラン」(400円)と「紅茶のシフォンケーキ」(400円)を発売する。 9月20日より発売中の「マロンラテ」(400円〜)、「ソルベージュ®マロン&エスプレッソ」(440円〜) 「かぼちゃのモンブラン」は、口どけなめらかなかぼちゃクリームと、ブラックココアスポンジの相性が抜群の黄色が鮮やかなケーキ。今年は中のクリームがほんのりメープル風味になって登場する。かぼちゃのほっくりとした甘さとなめらかなクリームが特長の、この季節だけのモンブランだ。 「紅茶のシフォンケーキ」は、香り高いアールグレイ茶葉を生地に練りこみ、しっとりふんわり焼き上げた商品。コクのあるホイップクリームとの相性が抜群で、ブレンドや紅茶にもぴったりだ。 人気の秋スイーツを味わいながら、優雅なティータイムを過ごしてみては?【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】 【関連記事】 ・カフェ・ド・クリエから「秋」を味わう新商品が登場! ・お芋スイーツ4種類!ミニストップから秋の新商品が発売 ・カフェ・ド・クリエから秋の味覚たっぷりの新メニュー登場! ・ハイブリットな秋スイーツ!綿あめ× スムージー×モンブラン×ティラミス!
カテゴリー:

トミタ栞、新曲にアイス食べられた恨み込める - 09月22日(金)13:21 

 タレントで歌手のトミタ栞(23)が22日、東京・ドン・キホーテ中目黒本店で行われた『冷凍庫に隠れる擬態アイス発表記念イベント』に出席。冷凍庫に入れておいたアイスを勝手に食べられたときの気持ちを歌にした新曲「わたしのアイス食べたでしょう?」(22日配信)を発表したトミタは「恨みや悲しみを埋め込んだ楽曲になっています」と説明した。 【写真】保冷剤に擬態化する『DO NOT EAT』  この日は、九州のソウルフードでもあるアイス「ブラックモンブラン」の限定版『DO NOT EAT』が紹介された。“冷凍庫に入れておいたアイス勝手に食べられた現象”から始まるケンカ、争いに終止符を打つべく開発され、保冷剤に擬態するパッケージが特徴。トミタは開発の理由などを楽曲で伝え、プロデュースはROLLYが担当した。  自身も食べ物のとられた経験はあるといい「2つ離れているお兄ちゃんとはアイスとか甘いものの取り合いは結構ありました。後に引くケンカになりますよね。期間限定とか特別なものだと、大きな闇になりかねない」と熱弁。MVの撮影は「大変でした」と正直に打ち明け、「蜘蛛が苦手で。小道具で模型の蜘蛛も用意されていたのですが、見たときに涙出てきちゃって、本当に私は苦手なんだと学びました」と苦笑していた。  『DO NOT EAT』は、きょう22日より全国のドン・キホーテにて順次発売される(※一部の店舗...more
カテゴリー:

もっと見る

「モンブラン」の画像

もっと見る

「モンブラン」の動画

Wikipedia

この協定は更なる混乱を生んだ。この協定では国境線はシャモニーとクールマイヨールの双方から視認できる位置に置くことになっていた。しかし、山の一部が山頂を隠すため、クールマイヨールからはモンブラン山頂を望むことができなかった。この協定は内容が不正確であったため、後に新たな条約に置き換えられた。

ナポレオン失脚後の1815年、ウィーン会議によりモンブランを含むサヴォワ県はサルデーニャ王国に戻った。

1860年3月24日、イタリア王国の成立にあたりナポレオン3世ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世により、再びサヴォワ県の併合に関する協定が締結された。1861年3月7日には国境に関する合意が行なわれ、新しい国境線が定義された。

1823年の地図「Sarde Atlas」では国境線は山頂の稜線にそって決められていたことがわかる。

3月7日の協定では、以前の稜線にそった国境を中心にして、更に中央山塊の境界線を考慮した国境線をモンブランの氷冠上に定めた。これにより、モンブラン山頂はイタリアとフランスの双方の領土となった。

最新の地形学による分水界の分析に基づき、国境線を主峰の山頂上に設定するだけではなく、南東の尾根からクールマイヨールを全てイタリアの領土として、国境線は主峰の山頂か...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる