「モラル」とは?

関連ニュース

有名企業の社員を名乗り現金を騙し取り…どんな罪になる? - 04月29日(土)23:30 

4月に、大阪府警天王寺署は、某有名企業の偽名刺を見せて「荷物を積んだクルマを別の社員が乗っていって帰れない、あとで返すので交通費を貸してもらえないか」と見ず知らずの他人から金をだまし取っていた40歳の男を詐欺容疑で逮捕しました。 同様の被害は警察や同社に寄せられただけでも20件、190万円にのぼるということです。これ以外にも西日本を中心に60件以上被害があるとみられ、男は指名手配されていました。 この男のように偽名刺を作成し、金をだまし取ると、刑法上はどうなるのでしょうか? 男は詐欺の容疑で指名手配されていました。桜丘法律事務所の大窪和久弁護士にお話を伺います。   ■偽名刺で相手を騙して財産を処分させれば詐欺罪! 「その場合はやはり詐欺罪に問われます。 詐欺罪が成立するためには、相手を騙して財産を処分させたと言えることが必要ですが、“信用ある会社の社員からの申し出で交通費を貸す”ということが事実でなければ、言われた方もお金を見ず知らずの人間に渡すということは通常ないでしょうから、偽名刺で社員を名乗り交通費名目に金を受け取ろうとすることは、相手を騙して財産を処分させる行為にあたることになります」 男が社員であることを偽名刺で偽った企業は、今は世界中で知られるブランドです。国内ならどこでも知らない人はいないでしょう。 その知名度とブランドイメージを、この男は利用し、さらに傷...more
in English
カテゴリー:

【インタビュー】「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」三上博史「こんな面白いことができるなら社長をやってみたい。権力を思い通りに使ってみたりして(笑)」 - 04月29日(土)16:57 

 4月30日からスタートするWOWOW「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」でカリスマ社長・青井を演じる三上博史。ドラマは、日本を代表する大手新聞社が、発行部数の激減、広告収入の低迷から身売りを画策する。そして巨大ネットショッピング会社AMCジャパンの日本法人社長・青井との交渉が始まるというもの。「連続ドラマW 下町ロケット」で夢を追う中小企業の社長を演じた三上が、今回は外資系企業の日本法人社長として“暴君”を演じる。社長という職業や青井の人物像について三上が語った。-まず、脚本を読んだ感想をお願いします。 いつもは原作から入っていこうと思っているのですが、今回は設定が変わっているので、原作を読まず、脚本しか読んでいないです。脚本を読んだ時は「こういう切り口なのか~」とすごく新鮮でした。ドラマで“報道”というジャンルは王道的なジャンルだと思います。僕自身も過去にストレートニュースのプロデューサー役を演じたこともありますが、今の社会や報道の世界をうまく描いているなと感じました。今回のドラマは、報道の世界を中心に描いていますが、視聴者は社会問題を突きつけられるというか、「全然、関係ない話じゃないんだ」という問題意識を感じさせられると思います。-青井という人物についてどんなところを意識して演じましたか。 分かりやすく、カリスマ性をにじませないといけないと思いましたが、今回は自...more
in English
カテゴリー:

サカナクション山口「みんなは買わない」チケット高額転売問題に言及 - 04月28日(金)17:00 

サカナクションの山口一郎が4月27日、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。先日ニュースになったチケット高額転売問題について言及しました。 (TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」4月27日放送分) 先日、音楽の振興などに取り組むライブ・エンタテインメント議員連盟の報告会に出席して、それがニュースにもなりました。それがどういうものかというと、チケット高額転売っていうものは法律で規制できるものなのか、規制するためにはどういった方法がいいのか、他にどんな問題が含まれているんだろうっていうのを、議員の人たちと法律のプロの人たちを交えて僕たち音楽側の人たちとコミュニケーションをとって話をしてきたわけですね。 この問題は音楽だけの問題じゃなくて、実は舞台、演劇でもすごく問題になっています。2.5次元ミュージカルの松田誠さんもいらっしゃっていて、松田さんも、チケットが99万円になった話をしてくれて……千秋楽の良い席のチケットが99万円ですよ。現実的にそれが売れているんですって。しかも、そのときは顔認証があったから、99万円で買ったけど、現場に行ったら入れないっていう……ただの払い損っていうことが起きているらしいんですね。 これは音楽側でも、そんなに高額にはなっていないけどあることなんです。さあチケットがソールドアウトしたしライブやるぞって始めたら、2...more
in English
カテゴリー:

“トンプソンの悲劇”阻止へ…「視聴者が審判」解消 今後は選手のモラル向上必要に - 04月27日(木)07:30 

ゴルフのルールを統括するR&Aと米国ゴルフ協会(USGA)は25日、規則変更を発表し、ビデオ映像による違反の適用を制限し、今後はテレビ視聴者などからの指摘によっ…
in English
カテゴリー:

カレー沢薫のほがらか家庭生活 (35) 筆記用具 - 04月26日(水)07:00 

今回のテーマは「筆記用具」だ。 突然だが、私は片付けができない人間だ。「じゃあ、他にできることがあるのか」と言われると特にないが、片付けは殊更できない。そういう人間は、筆記用具とは最高に相性が悪い。そのような人間に買われた筆記用具不幸と言ってもいい。消しゴムなど4つ角を使い切らないうちに紛失する。 むしろ、そういう人間が文房具業界を支えているのかもしれない。世界中の人間がボールペンのインクを最後まで使い切ったら、商売あがったりだろう。そう言った意味では、私など「VIP」だ。その日に買った筆記用具をきっちりその日のうちになくす。石油王だって、もう少し使ってから捨てるだろう。ある意味、几帳面なのだ。 消しゴムやペンぐらいなら、常人でもなくすことはあるかもしれないが、そういう人間はノート大のものなら平気で消してみせる。世界で起こっている神隠しは、大体こいつが消しているのではというぐらい、物をよく消す。そして、本人もどこに消したか分かっていない。おそらく、片付けができない人間がなくしたものが集まる亜空間が、どこかに存在するのだろう。 もちろん、本体をなくすことも多いが、キャップ類など息をするようになくす。息を吸って吐いたらもうなくなっているのだ。キャップがなくなるならいいが、キャップだけ5個ぐらい発見されることもある。 もちろん、シャーペンの尻ゴムのキャップなど当然ない。場合によ...more
in English
カテゴリー:

手紙を返信する際のひと手間など日本のマナーに中国人「ムダ」と一蹴。 - 04月29日(土)18:17 

中国メディア・今日頭条は26日、「至るところに暗黙のルールがある・・・こんな『変態』なのは日本人だけだ」とする記事を掲載した。 記事は「日本は非常に礼節を重んじる国であり、煩瑣な習慣が生活の節々に融け込んでいる。 とても細かいことに対しても、相当厳しいのだ」としたうえで、2つの細かいマナーについて紹介している。  1つ目は、手紙を返信する際のひと手間だ。 「手紙を返信する際には、内容だけ良くてもダメ。 宛名書きの部分を改めなければならないのだ」とし、返信用のはがきや封筒に書かれている「行」を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

三上博史が10代の頃に影響を受けた寺山修司の言葉とは? - 04月29日(土)16:00 

日本有数の巨大新聞社が販売部数の低迷を受けて身売りを画策。外資を率いて買収を狙う一人の日本人が新聞社に突きつけた驚くべき要求とは――。4月30日よりWOWOWで放送開始予定の『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』は、既存メディアの衰退、ネットニュースの隆盛、フェイクニュース問題など、日本のメディアが大きく揺れている昨今の状況を完全に網羅した社会派ドラマだ。その主人公であり、ドナルド・トランプを彷彿とさせる苛烈な経営者・青井聡太を演じるのは、俳優の三上博史さん。『連続ドラマW 下町ロケット』では夢を追う中小企業の社長を演じた三上さんが、正反対ともいえる役柄をどのように演じるのか期待がかかる。今回は主演の三上さんと、作家で『社長室の冬』の原作者(集英社刊)である堂場瞬一さんの対談が実現。ドラマ&原作『社長室の冬』について、今のメディアについて、そしてお二人の「本の読み方」と「想像力」の話について、たっぷりとお話をうかがった。(新刊JP編集部/金井元貴)■堂場「インターネットが頑張っていないから新聞が残っている」――まずは三上さんにお話を伺いしますが、青井という人物についての第一印象はどうでしたか?三上博史さん(以下敬称略):ものすごく格好好い役だなと。僕はどちらかというと格好悪い役の方が得意で(笑)、這いつくばったり、打ちひしがれたり、女々しいほうが役として入りやすいので、...more
in English
カテゴリー:

森友問題で論じるべき本当の愛国心教育「フランスとドイツは歴史教科書を共有している」 - 04月27日(木)13:00 

本連載コラムでも、たびたび取り上げている「森友学園問題」。 一般的な報道では政治家の便宜供与があったのか否かが主な焦点になっているが、外国人ジャーナリストたちは森友学園の「教育内容」こそ、もっと議論されるべき本質的な問題であると口を揃える。 「愛国心」が強いと言われる国のひとつ、フランスのジャーナリストはどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第74回は、「ル・モンド」紙の東京特派員、フィリップ・メスメール氏に話を聞いた――。 *** ─森友学園が運営する塚本幼稚園の特殊な教育方針を最初に海外で紹介したのはロイターだったと思いますが、その報道以前にこのような「戦前回帰」的な教育を行なう教育機関が日本にあることを知っていましたか? メスメール 知りませんでした。もちろん、日本には公立学校の他にキリスト教や仏教、神道などの宗教団体が運営している私立学校があることは知っていましたが、憲法の精神に基づいて、学校教育の基本的な枠組みやルールが法律で定められているはずだと思っていました。だから、塚本幼稚園のように「国家神道」に基づく政治的なプロパガンダが平然と行なわれている教育機関があるとは思いもしませんでした。 これが幼稚園という、いわば本格的...more
in English
カテゴリー:

三上博史が悩みを告白!?「僕は放っておくと、悪魔になる」 - 04月26日(水)07:15 

4月30日(日)より、三上博史主演の「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」(毎週日曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム)がスタートする。 【写真を見る】「今回も“悪魔”ぶりは発揮してる?」との問いに、三上は「キツい質問ですね…」と笑う/スタイリスト/直井政信、ヘア/赤間賢次郎(アラビア&アトリエ)、メークアップ/久保田直美(アラビア&アトリエ) 本作は日本を代表する巨大新聞社が、発行部数の低迷から“身売り”を画策する社会派ドラマ。三上は“暴君”ぶりを発揮する、米・巨大ネットショッピング会社AMCの日本法人社長・青井聡太を演じる。 今回、そんな三上にインタビューを行い、ドラマの見どころや本作のテーマでもある「メディア」について思うことを聞いた。 ──現在撮影中とのことですが、手応えはありますか? チーム一丸となって臨んでいる感じがします。WOWOWの連続ドラマは異色で、他のテレビ局でできないことへの挑戦という色が強いと思います。そういう葛藤を抱えているので、僕も含め、監督たちもみんな試行錯誤しています。それが形になって、いい作品になればと思いますね。 ──三上さんは8本目のWOWOWドラマ出演となりますが、具体的には他局のドラマとどのような違いがあると感じていますか? WOWOWドラマでは毎回、制約に立ち向かうんですよね。例えば主演した「パンドラ」(2008年)...more
in English
カテゴリー:

彼女の夢を実現!旅先で作りたい二人の思い出9パターン - 04月24日(月)15:00 

旅行は恋するカップルの一大イベント。「大好きな彼氏と最高の思い出を作りたい」と、妄想を膨らませている女性もいるようです。男子たるもの、その期待に応えることに全力を注ぐべき。そこで今回は、10代から30代の独身女性237名に聞いたアンケートを参考に「女性がひそかに夢見る『旅行先で彼氏と一緒に作りたい思い出』9パターン」をご紹介します。 【1】夜景を見ながら朝までずっと語り合う 「だって眠るのがもったないもん」(10代女性)と、旅行中の女性は常にウキウキモードのようです。夜は下心を押し殺し、とことん会話につき合ってあげるのが紳士の選択です。将来の夢や理想の家庭についてなど、未来を感じさせる話題で愛を深めましょう。 【2】流れ星やオーロラなど、神秘的な現象を見る 「きっと運命を感じちゃう」(20代女性)など、自分の意思では操れない現象を見てウットリしたい女性もいるようです。サプライズでプレゼントを用意しておくなど、現地で流れ星やオーロラを見られなくても彼女に喜んでもらえるようなイベントを検討しておきましょう。 【3】浴衣やアロハシャツなど、非日常的な「衣装」を一緒に着る 「特別な気分に浸れるから」(20代女性)など、普段は着ない衣装で非日常感を味わいたいとう女性も。恥ずかしがらずにペアで着てあげれば、恋人気分が盛り上がること請け合いです。あくまでも女性が引き立つように、シンプルな一着...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「モラル」の画像

もっと見る

「モラル」の動画

Wikipedia

モラルとは、

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる