「モラル」とは?

関連ニュース

吉岡秀隆、新・金田一耕助に 『悪魔が来りて笛を吹く』7月放送決定 - 05月19日(土)16:00 

 俳優の吉岡秀隆が、NHK BSプレミアムにて放送されるドラマ『悪魔が来りて笛を吹く』で、金田一耕助役を演じることが発表された。三重県・桑名市に残る文化財級の洋館での撮影を前に、吉岡は「極上の和製エンターテインメントが出来るよう、今は祈るような気持ちです」とコメントを寄せている。【写真】メガネ姿&ちょんまげヘアの吉岡秀隆 原作は横溝正史の同名小説。旧華族のインモラルでおどろおどろしい人間関係やおごり、それらが生み出した怨念と悲劇を描くサスペンスドラマだ。銀座の有名宝石店で、毒物を使った殺人事件が起きることから物語は始まる。容疑者に目された旧華族の椿英輔は、「これ以上の屈辱に耐えられない」と自殺を遂げた。その無実を信じる娘の美禰子からの依頼を受けた金田一耕助は、椿邸で行われた奇妙な占いに立ち会うが、その夜、館に居候していた元伯爵が殺害されてしまう。事件の捜査を始めた耕助が、予想外の結末を迎える謎を解き明かしてゆく様子を、映画テイストにあふれた2時間のドラマとして描かれる。 かつて渥美清が金田一耕助を演じた『八つ墓村』(1977)が映画デビュー作という吉岡は「私の映画デビュー作が『八つ墓村』で、尊敬する渥美清さんが金田一耕助を演じている事、縁を感じております」とコメント。続いて「事件を解明していく金田一の人柄、人間性のようなものを、吉田(照幸※本作の演出担当)組の現場で一つ一つ金田一の...more
カテゴリー:

離婚、結婚、SNS、卵子…会話に潜む「オバハラ」に注意 - 05月18日(金)16:00 

ハラスメントによる失脚者が続出中の国、ニッポン。「生きづらい世の中になった」なんて思っているそこのアナタも、“加害者”になっている可能性が……!? 「たとえ親切心から言ったことでも、相手がイヤだと思えば、それはハラスメント。この事実に気づかない人が、実は中高年の女性に多いのです」 そう語るのは『高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち』『嫉妬をとめられない人』(ともに小学館新書)などの著書がある、精神科医の片田珠美先生だ。長年の臨床経験にもとづき、現代人が抱える心の問題を分析している。 想像力の欠けている中高年女性のハラスメント=「オバサンハラスメント」、略してオバハラをしてしまうのは、心の奥底に潜んでいる“毒”が原因だと片田先生は指摘する。その“毒”は、(1)欲求不満、(2)羨望、(3)他人の不幸は蜜の味、の3つに大きく分けられるという。 私たちがこのハラスメントに陥る背景には、社会の大きな変化がある。現代は、女性が抑圧されていた社会から、女性が活躍する社会へと移り変わる過渡期。新しい価値観の中で生きる若い世代に、中高年のわれわれが羨望の感情を抱くため、オバハラが発生するという構造だ。 セクハラやパワハラのニュースに怒っているのに、実は自分がハラスメントの加害者だったー...more
カテゴリー:

女性から女性への典型…「セカンドハラスメント」の構造 - 05月18日(金)11:00 

「たとえ親切心から言ったことでも、相手がイヤだと思えば、それはハラスメント。この事実に気づかない人が、実は中高年の女性に多いのです」 そう語るのは『高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち』『嫉妬をとめられない人』(ともに小学館新書)などの著書がある、精神科医の片田珠美先生だ。長年の臨床経験にもとづき、現代人が抱える心の問題を分析している。 想像力の欠けている中高年女性のハラスメント=「オバサンハラスメント」、略してオバハラをしてしまうのは、心の奥底に潜んでいる“毒”が原因だと片田先生は指摘する。その“毒”は、(1)欲求不満、(2)羨望、(3)他人の不幸は蜜の味、の3つに大きく分けられるという。 私たちがこのハラスメントに陥る背景には、社会の大きな変化がある。現代は、女性が抑圧されていた社会から、女性が活躍する社会へと移り変わる過渡期。新しい価値観の中で生きる若い世代に、中高年のわれわれが羨望の感情を抱くため、オバハラが発生するという構造だ。 セクハラやパワハラのニュースに怒っているのに、実は自分がハラスメントの加害者だったーー。そんなことにならないよう、私たちが陥りやすいオバハラの典型発言をピックアップ。片田先生が解説してくれた。 ■痴漢被害に遭った人に……「『触ってください』と言っているよう...more
カテゴリー:

テクノロジー教育のPluralsight、IPO当日に30%以上の高値 - 05月18日(金)10:25 

Pluralsightは上々の市場デビューを飾った。株価はIPO後の初取引から30%以上値上がりした。 昨夜になって当初の目標価格を引き上げたPluralsightは、IPOの調達金額を減らすのではないかという議論も多少あった。12~14ドルの予定だったIPO価格を15ドルにしたことで、引受会社向けの追加株式と合わせて3.57億ドルを調達することが見込まれた。しかし今日の高値は同社への期待の高さを表すとともに、もっと多くの資金を集められた可能性も示唆している。 ともあれPluralsightのIPOは最近上場したzScalarやDropboxと並んでかなりの成功とされるだろう。Pluralsightは、他の多くのエンタープライズ向け企業と同じく、気まぐれな消費者の行動に惑わされず着実に方法的に成長するビジネスモデルを投資家に示している。Dropboxはどちらかといえばハイブリッドモデルだが、エンタープライズIPOとして大きく成功したと考えられており、zScalarをはじめとする今年上場した他の企業も同様だ。 Pluralsightは、企業向けに従業員が新しいソフトウェアエンジニアリングのスキルを身につけるためのコースを提供している。社員数が無秩序に増大する大企業にとって、競争の激しい業界から人材を探すかわりに、社内でスキル不足の労働力を育てる機会を得られることは重要だ。その結果ユタ...more
カテゴリー:

『NCIS』ポーリー・ペレット、降板の本当の理由は「いじめ」だった!? - 05月16日(水)19:00 

大ヒット犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアビー・シュート役で知られるポーリー・ペレットが、シーズン15をもって降板することは当サイトでもお伝えしてきた通り。アビーが去るエピソードは米国では5月8日(火)に放送されているが、ここにきてポーリーが、15年も出演してきた作品から離れる決意をした本当の理由を明かした。米Varietyなど多くのメディアが報じている。【関連記事】『NCIS』のアビーがついにお別れ!共演者たちとのハグ&キス画像をツイート事の発端は、5月12日(土)にポーリーが投稿したTwitterのメッセージ。「低次元になりたくないから公にはしなかったの。でも、私について全くの嘘を報道しているタブロイド紙の記事があるのよ。その報道を信じる人はどうか私のことは放っておいて。だって、私のこと何もわかってないってことだから。(みんな、ごめんね。でも、こう言わざるを得なくて)」その投稿に対して大きな反響があったのちの翌日13日(日)の早朝、ポーリーは今度はかなり長いコメントを発表。「多分、本当のことを言わないのは間違っていたのかもね。本当のこと、真実をよ。だって、スタッフや仕事、たくさんの関係者を守らないといけないと思ったから。でも、何のために? わからない。正しいことをしようと思っただけなのよ。だけど、犯罪について黙っていることは良くないことなのかも。私を黙らせてい...more
カテゴリー:

週刊ひげおやじ #63:ひろゆき流スポーツの楽しみ方? ひろゆきとひげおやじトークライブ! - 05月19日(土)09:00 

生放送ディレクターやMC、ガジェット通信副編集長として活躍する“ひげおやじ”が、火曜・金曜・土曜の毎週3回更新でお届けする『YouTube』チャンネル『ひげおやじと仲間たち』。5月9日から5月15日にかけて公開された動画をご紹介します。 今週のピックアップ『マンガの違法アップロードサイトってモラルの問題なの? ひげおやじとひろゆきの雑談2018年2月編Part3』 ネット関連に特化しているかと思いきや、スポーツや芸能についてもチェックを入れているひげおやじ。今週も『2ちゃんねる』開設者ひろゆきさんとのコンビで月に一回くらいお送りする長時間トークライブ2月編から、いくつかの話題を見やすくピックアップしたアーカイブが公開されました。 なかなかパワーのある動画タイトルとなった今回は、平昌オリンピックの話題からスタート。このコンビならではのユニークな着眼点でスポーツ競技を語ります。他にもおなじみとなった映画の話題、そして漫画の話題では”あの村”に関するコメントも。終盤は法律とモラルの関係を考えるという、聞き応えのあるトークとなっています。お仕事終わりや休日に、まったり再生してみてくださいね。 マンガの違法アップロードサイトってモラルの問題なの? ひげおやじとひろゆきの雑談2018年2月編Part3(YouTube) https://youtu.be/um77Z6GWe-o 踊るひげおや...more
カテゴリー:

なぜ中年女性はハラスメントしてしまう?専門家が解説 - 05月18日(金)11:00 

「たとえ親切心から言ったことでも、相手がイヤだと思えば、それはハラスメント。この事実に気づかない人が、実は中高年の女性に多いのです」 そう語るのは『高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち』『嫉妬をとめられない人』(ともに小学館新書)などの著書がある、精神科医の片田珠美先生だ。長年の臨床経験にもとづき、現代人が抱える心の問題を分析している。 想像力の欠けている中高年女性のハラスメント=「オバサンハラスメント」、略してオバハラをしてしまうのは、心の奥底に潜んでいる“毒”が原因だと片田先生は指摘する。その“毒”は、大きく次の3つに分けられるという。 【心の毒1】欲求不満 欲求不満を抱えて生きているのに、そのことに気づかないケースが、中高年女性には多いのだという。 「家族が自分を大切にしてくれない、夫の給料は下がる一方……。自分ではどうすることもできないツラい現実に怒っている女性は多いですよね。この怒りをどこにも向けられないからこそ、自分ではなく他人へのおせっかいをせずにはいられなくなるんです」(片田先生・以下同) 【心の毒2】羨望 若いころは自分だってチヤホヤされていたのに、いまや見向きもされないーー。加齢に伴って周囲の扱い方が変わってくると、女性としての自信をなくす人も。 「若さに執着する女...more
カテゴリー:

知らないうちに加害者に?「オバハラ」しないための鉄則 - 05月18日(金)11:00 

ハラスメントによる失脚者が続出中の国、ニッポン。「生きづらい世の中になった」なんて思っているそこのアナタも、“加害者”になっている可能性が……!? 「たとえ親切心から言ったことでも、相手がイヤだと思えば、それはハラスメント。この事実に気づかない人が、実は中高年の女性に多いのです」 そう語るのは『高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち』『嫉妬をとめられない人』(ともに小学館新書)などの著書がある、精神科医の片田珠美先生だ。長年の臨床経験にもとづき、現代人が抱える心の問題を分析している。 想像力の欠けている中高年女性のハラスメント=「オバサンハラスメント」、略してオバハラをしてしまうのは、心の奥底に潜んでいる“毒”が原因だと片田先生は指摘する。その“毒”は、(1)欲求不満、(2)羨望、(3)他人の不幸は蜜の味、の3つに大きく分けられるという。 私たちがこのハラスメントに陥る背景には、社会の大きな変化がある。現代は、女性が抑圧されていた社会から、女性が活躍する社会へと移り変わる過渡期。新しい価値観の中で生きる若い世代に、中高年のわれわれが羨望の感情を抱くため、オバハラが発生するという構造だ。 とはいえ、「何を言ったらハラスメントかなんて、わかんないわよ!」という人も多いはず。...more
カテゴリー:

長塚圭史×田中哲司の『ハングマン』、東京公演が開幕 - 05月17日(木)12:00 

映画『スリー・ビルボード』の脚本・監督としても注目される、マーティン・マクドナーの最新舞台『ハングマン』がついに日本上陸。『ウィー・トーマス』(2003、2006年)など過去4度マクドナー作品を手がけてきた長塚圭史が演出を、小川絵梨子が翻訳を手がける。5月12日・13日の埼玉公演を経て、5月16日、東京・世田谷パブリックシアターにて東京公演が開幕した。【チケット情報はこちら】(PC)物語は1963年のイングランドにある刑務所から始まる。殺人犯のヘネシーのもとへとやって来た、“ハングマン=絞首刑執行人”であるハリー。しかし冤罪を主張するヘネシーに、「せめてピアポイントを呼べ!」とライバル視しているハングマンの名前を挙げられたハリーは、逆上し強引に刑を執行してしまう。そして死刑制度が廃止となった2年後。ハリーが営むパブに、ムーニーというどこか怪しげな男がやって来て…。マクドナーらしい、乾いた笑いと驚くほどの残酷さが同居した本作。物語の主な舞台となるハリーのパブは、そんな空気に満ち満ちている。ハリーはハングマン時代のプライドを大いに引きずり、常連客は常に酒に溺れ、その中には警部の姿まで。そんな彼らにとっての怠惰な日常は、ムーニーという男の出現により崩れ去る。しかもそれが暴力的な恐怖ではなく、ただじんわりと、しかしはっきりと不気味であるということが、とにかく恐ろしい。この舞台のカギを握るム...more
カテゴリー:

吉岡秀隆、『悪魔が来りて笛を吹く』で金田一耕助役 『八つ墓村』で映画デビューから41年目 - 05月16日(水)17:38 

 俳優の吉岡秀隆(47)が、NHK・BSプレミアムで7月28日(後9:00~10:59)に放送予定のスーパープレミアム『悪魔が来りて笛を吹く』で、金田一耕助を演じる。かつて渥美清さんが金田一耕助を演じた『八つ墓村』(1977年)で映画デビューした吉岡。「尊敬する渥美清さんが金田一耕助を演じている事、縁を感じております。極上の和製エンターテインメントが出来るよう、今は祈るような気持ちです」とコメントしている。 【写真】往年のスター・高倉健さん  1951(昭和26)年発表の『悪魔が来りて笛を吹く』は、横溝正史作品には珍しく、東京の元華族の屋敷を舞台にしたミステリー。過去6回にわたって映像化されたこの人気作を、三重県桑名市に残る文化財級の洋館で撮影、原作の持つ重厚なゴシック・ホラー・テイストを再現する。  演出は、映画『疾風ロンド』や『探偵はBARにいる3』を監督した吉田照幸氏(NHKエンタープライズ)。映画テイストにあふれた2時間のドラマになりそうだ。吉岡も「事件を解明していく金田一の人柄、人間性のようなものを、吉田組の現場で一つ一つ 金田一のように探究心を持って解明出来れば私なりの金田一耕助が生まれると思っております」と話している。 ■あらすじ  銀座の有名宝石店で、毒物を使った殺人事件が起きる。容疑者に目された旧華族の椿英輔は、「これ以上の屈辱に耐えられない」と自殺を遂げ...more
カテゴリー:

もっと見る

「モラル」の画像

もっと見る

「モラル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる