「モビリティ」とは?

関連ニュース

国内公共分野における第3のプラットフォームの最新活用動向を発表--IDC調査 - 11月21日(火)12:45 

IDC Japanは11月20日、国内第3のプラットフォーム市場(クラウドやモビリティ、データアナリティクスなど)の公共分野における2017年~2021年の市場予測を発表した。
カテゴリー:

【特別企画】働き方改革にも不可欠! 仮想デスクトップのパフォーマンス課題を解決するTintriオールフラッシュストレージ - 11月21日(火)11:30 

今現在どのような業種の企業であっても、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)への移行を進めています。物理デスクトップシステムを置き換え、より高いモビリティ、柔軟性、およびセキュリティを実現しようとしています。米国では既に3/4の企業がVDIを導入しているそうです。なぜここまで浸透してきたのでしょうか? 企業内の個人はオフィスから現場に移動することが多く、どこでもオフィスと同じ環境を欲しがっています。また、組織はBYODのポリシーを持ち込まざるを得ない雰囲気を感じています。そして、PC以外にもタブレットやスマホなどの多様なデバイスからアクセスして、かつ同じ環境を表示できることが望ましいのです。
カテゴリー:

公共分野における第3のプラットフォーム活用は2018年度以降に成長 - IDC - 11月20日(月)17:25 

IDC Japanは11月20日、国内第3のプラットフォーム市場(クラウド、モビリティ、データアナリティクス、ソーシャル技術)の公共分野(官公庁/医療/教育の3分野)における2017年~2021年の市場予測を発表した。2017年までは他の産業分野と比較して低い成長率、2018年以降は高い成長率で拡大するという。
カテゴリー:

クルマ社会に革新をもたらす10の「注目スタートアップ」、LAモーターショーで選出 - 11月19日(日)10:00 

ロサンゼルスモーターショーの開幕を飾るイヴェント「オートモビリティLA」に向け、自動車産業にまつわる数百社のスタートアップのなかから期待の10社がファイナリストとして選ばれた。センサーの開発を行うものからライドシェアサーヴィスを提供するものまで種類はさまざま。これら10社の活動を見れば、自動車の未来が見えてくる。
カテゴリー:

【話題】TOYOTAが革新的な「車いす」や「歩行器」のアイデアを募集中…賞金総額は4.5億円 - 11月17日(金)15:02  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKCJ4RL4KCJOIPE00P.html トヨタ自動車が設けている「トヨタ・モビリティ基金」は16日、車いすや歩行器の国際的なコンテストを催すと発表した。総額400万ドル(約4・5億円)の賞金を出し、障害者の移動を助ける革新的なアイデアを支援する。従来にない形のほか、人工知能やクラウドコンピューティングの活用も想定している。  「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」と名付け、国内外の個人と団体を対象に、2018年夏までインターネット上で募集する。専門家が選んだ5人に試作費と...
»続きを読む
カテゴリー:

【特別企画】働き方改革にも不可欠! 仮想デスクトップのパフォーマンス課題を解決するTintriオールフラッシュストレージ - 11月21日(火)11:30 

今現在どのような業種の企業であっても、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)への移行を進めています。物理デスクトップシステムを置き換え、より高いモビリティ、柔軟性、およびセキュリティを実現しようとしています。米国では既に3/4の企業がVDIを導入しているそうです。なぜここまで浸透してきたのでしょうか? 企業内の個人はオフィスから現場に移動することが多く、どこでもオフィスと同じ環境を欲しがっています。また、組織はBYODのポリシーを持ち込まざるを得ない雰囲気を感じています。そして、PC以外にもタブレットやスマホなどの多様なデバイスからアクセスして、かつ同じ環境を表示できることが望ましいのです。
カテゴリー:

“後ろ乗り”という発想の転換--テムザック、次世代型スマートモビリティ「RODEM」 - 11月20日(月)17:50 

テムザックは11月20日、次世代型スマートモビリティ「RODEM(ロデム)」の販売受付を開始すると発表した。
カテゴリー:

公共分野における第3のプラットフォーム活用は2018年度以降に成長 - IDC - 11月20日(月)17:25 

IDC Japanは11月20日、国内第3のプラットフォーム市場(クラウド、モビリティ、データアナリティクス、ソーシャル技術)の公共分野(官公庁/医療/教育の3分野)における2017年~2021年の市場予測を発表した。2017年までは他の産業分野と比較して低い成長率、2018年以降は高い成長率で拡大するという。
カテゴリー:

おもてなしの心を搭載!? トヨタ発「ジャパンタクシー」とは - 11月19日(日)09:20 

 日本のタクシーといえば、イエローやグリーン、ブラックのセダンを思い浮かべる人も多いことだろう。しかし、今年10月23日、トヨタが日本の「おもてなしの心」を商品開発に取り入れたとする新型タクシー専用車『JPN TAXI(ジャパンタクシー)』が登場。これまでのデザインとは一線を画すタクシーは、一体どんなものなのか。 【写真】トヨタのコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」 ■2020年を見据えて開発!日本の伝統色と気品を感じるデザイン  トヨタが「2020年、日本を走るタクシーのカタチはどうあるべきか」について考えた結果、誕生した「JPN TAXI」。特筆するべきは、そのデザインで、一目でタクシーだと判別でき、それでいて日本の石畳の街角からモダンな都会の風景まで、どんな景観にも馴染むようなデザインにこだわっている。  さらに、ボディには外国からも「ジャパンブルー」と評される日本の伝統色「藍色」をスタンダードカラーにした「深藍(こいあい)」を採用。内装色として、上級グレードの「匠(たくみ)」には黒琥珀色、標準グレードの「和(なごみ)」には琥珀色を配し、深みのあるカラーリングがフォーマルな上質感を演出している。 ■人に優しいユニバーサルデザイン仕様  魅力的なのは見た目だけではなく、子どもから高齢者、車いす使用者まで、あらゆる人の乗りやすさにも配慮している点。たと...more
カテゴリー:

日産・スバル辞退で「本命なきカーオブザイヤー」の選考事情 - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫 - 11月17日(金)05:00 

RJC(自動車研究者ジャーナリスト会議)は、11月14日に栃木の「ツインリンクもてぎ」で第27回(2018年次)カーオブザイヤーの最終選考会を開き、公開開票によってスズキの「スイフト・シリーズ」を選んだ。
カテゴリー:

もっと見る

「モビリティ」の画像

もっと見る

「モビリティ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる