「モニター」とは?

関連ニュース

上海問屋のモニターアーム、2台のディスプレイを自由に設置可能 - 09月21日(木)21:20 

ドスパラが運営する上海問屋は9月21日、2台までの設置が可能なモニターアーム「DN-915010」を発売した。価格は4,999円(税込)。13インチから27インチまでの液晶ディスプレイを左右に2台設置できる。3つの関節で上下左右にモニターの位置を変えられ、高さの調節も無段階に行える。
カテゴリー:

サンコー、「食器洗い用セミオート電動ツインヘッドブラシ」を発売 - 09月21日(木)17:00 

サンコーは、「食器洗い用セミオート電動ツインヘッドブラシ」を2017年9月19日より発売する。価格は1万2,800円(税込)。本製品は1分間に約300回転するブラシで楽に早くきれいに食器洗いができる電動食器洗いブラシ。2つのブラシが同時に回転し、そのブラシの間に食器をスッと入れることで、ブラシと一緒に食器が回転し、回転と同時に約3秒ほどで汚れを洗い落とす。食器にスポンジをゴシゴシではなく、ブラシを挟む・当てるだけ。とても楽に簡単に食器洗いが済むようになっている。2つのブラシが付いたグリップには、長い約900mmのステンレスホースが伸びており、その先に電源ボックスがある。電源ボックスは、安定した場所に置くか、付属の両面テープで壁面に貼り付けて設置することができる。電源ボタンは触れるだけのタッチ式なので、濡れた手で直接触らずとも手の甲や肘などでもON/OFFの切り換えができる。■製品仕様・サイズ/ブラシ部:幅130×奥行き65×高さ112(mm)     グリップ部:幅105×奥行き38×高さ128(mm)     ステンレスホース:全長900mm     電源ボックス:幅140×奥行き43×高さ192(mm)     電源ケーブル:約1300mm ・重量/2030g・電源/100V 50/60Hz・消費電力/72W(24V/3A)・回転数/300rpm・内容品/本体(...more
カテゴリー:

オランダ発「ears4U」が、カスタムインイヤーモニターLIVEシリーズ国内未販売モデル「LIVE2.4」「LIVE2.3」の2モデルの発売を開始! - 09月21日(木)15:00 

[株式会社 Listyc] [画像1: https://prtimes.jp/i/24984/9/resize/d24984-9-267977-0.jpg ] Ears4Uは、カスタムメイドのインイヤーモニターと試聴保護を開発、製造業として2012年8月にスタートしたオランダのイヤーモニターブラ...
カテゴリー:

自虐ネタで寄席を中心に活躍、ウクレレ漫談家・ぴろきとは? - 09月21日(木)12:00 

“お笑い界のゆるキャラ珍獣”の異名を持つウクレレ漫談家・ぴろき。コメディアンの東八郎に師事し、88年には浅草ロック座の専属になっていたというから芸歴は豊富。しかし、イギリスのネッシー同様、知る人ぞ知る存在として生息を続け、脚光を浴びるようになったのは近年のこと。ところが、人気を集め出したと思ったら、9月6日にはメジャーデビューを果たしてしまった。しかも、収録の2曲はいずれも自作。一体、ぴろきとは何者!? 長い潜伏期間を経て、いよいよ頭角を現した珍獣の実態に迫る。 ぴろきのプロフィール ◆サーカスのピエロに憧れて ――まず、音楽との出会いを伺えますか? 【ぴろき】 母親がピアニストを目指した人で、よくピアノを弾いていましたから、生まれる前からおなかの中でクラシックを聴いたのが最初だと思います。母はリストの曲を弾くところで挫折して教員になったそうですが、音楽が好きだったし、素養もあったんでしょう。それを少しだけですけど受け継いでいるのか、僕には音楽の才能なんてありませんけど、不思議なことに和音だけはわかるんです。それで、ウクレレも弾けているんですね。 ――初めて演奏できるようになった楽器は何ですか? 【ぴろき】 ギターです。中学の時にフォークギターを弾くようになって。 ――好きだったり、憧れたりしたアーティストはいましたか? 【ぴろき】 そういう人はいないですね。全般的に聴い...more
カテゴリー:

ラウンドワンのカラオケ全店に新体感カラオケ登場!! - 09月20日(水)14:26 

[株式会社ラウンドワン] [動画: https://www.youtube.com/watch?v=xel_NW1ZNhw ] ラウンドワンのカラオケ全店に65インチの大画面モニターを2面設置したデュアルモニタールームを大幅導入! 今まで味わった事のないカラオケを体感でき...
カテゴリー:

ニオイ発生のメカニズムを徹底研究! 本格消臭を実現した『Highness(ハイネス)デオドラントクリーム』開発の舞台裏とは? - 09月21日(木)17:08 

ワキガや汗、足のニオイが発生するのは、皮膚表面に棲みついている「ジフテロイド菌」や「黄色ぶどう球菌」などの雑菌のしわざ。この雑菌が、汗に含まれる不純物を分解する際に、嫌なニオイを発生させているのだという。   マスター・コスメティック株式会社(東京都目黒区)から発売中の『Highness(ハイネス)デオドラントクリーム』は、このニオイの原因となる雑菌の退治に効果のある成分を配合。殺菌しながら肌を守り、最長30時間、ニオイをブロックしてくれるという。体臭に悩む人に向けた、本格消臭アイテムだ。 ■黄金比率で配合した、濃厚消臭ブレンドを採用 汗を排出する器官には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あり、エクリン汗腺から分泌される汗は、水分99%と塩分1%からなる透明の汗で、基本的に無臭でサラっとしているのが特徴だ。 一方、アポクリン汗腺から分泌される汗は、脂肪分やタンパク質、アンモニアなどを多く含み、粘り気があり、乾くと黄色っぽい色に変色する。   皮膚表面の雑菌である「ジフテロイド菌」によって、アポクリン汗に含まれる脂肪分やタンパク質が分解される際に、悪臭成分である「ジメチルジクラソン」や「カプリン酸」が発生。これこそが、ワキガ臭の原因なのだ。 ハイネスには、この「ジフテロイド菌」を殺菌する成分として、消毒液にも使用されるほど非常に殺菌力に優れている「シメ...more
カテゴリー:

Alchemist Acceleratorの第16回デモディで、私たちの興味をひいたピッチ5選 - 09月21日(木)15:53 

Alchemist Acceleratorが、第16回目のデモディを、マウンテンビューのMicrosoftのオフィスで開催した。Alchemist Acceleratorは、企業ユーザーを相手にするスタートアップの支援で知られたアクセラレーターである。今回は18社のスタートアップたちが、従来の市場に対するものから最先端の航空宇宙技術までの幅広いアイデアを発表した。 ピッチが始まる直前、会場を埋めた参加者たちに対して、AlchemistのマネージングパートナであるRavi Belaniが、自身のコアミッションを改めて説明した。それは、日頃目立つことの少ない、企業向けスタートアップたちを取り上げて支援を行うというものだ。第16回のAlcemistクラスは、ブロックチェーンと機械知性という、大いなる成長の流れに目を配りながらも、不確実な領域への挑戦を含む、そのミッションに相応しいものとなった。 私たちはその日の午後、創業者たちのピッチを聞いた。以下に、その中で私たちが最も興味深いと思ったピッチのうちの5つを、簡単な説明と共に紹介しよう。 1/5 :Savion ピッチの中で一番野心的だったのがSavionだ。同社はその個人向け飛行機で、空の旅を全く違うものにしようとしている。天然ガスを航空機に使用するための特許を取得することで、Savionは、個人用飛行機の運用コストを、主要な顧客層...more
カテゴリー:

【上海問屋限定販売】モニターを浮かせて最適な高さに 2台別々に前後左右の角度調整も可能 デュアルモニターアーム 販売開始 - 09月21日(木)12:00 

上海問屋は、モニターを浮かせてデスクに広いスペースを手軽に確保できる、デュアルモニターアームの販売を開始しました。デュアルモニター環境の省スペース化はもちろん、最適な目線の高さに合わせることができます。対応モニターサイズは片側13~27インチ、耐荷重は1台8kg×2で合計16kg、各モニターを取り付けるアームは3つずつの関節をもち、幅広いサイズのモニターを並べて設置できます。全体の高さは無段階で目線に合わせることができます。正面から見た各モニターの角度を上下左右で調整可能。また、モニター毎に縦置き横置きに設置ができます。取り付け方は簡単です。天板に挟んで取り付けるクランプ式(対応天板厚:10~88mm)と、天板の穴を利用して取り付けるグロメット式(対応穴直径:8~60mm)の2パターンです。ケーブルはアームに沿って、ケーブルフックですっきり固定できます。
カテゴリー:

パナソニック、テクニクスブランドのコンパクトステレオシステム「SC-C70」を発売 - 09月21日(木)10:00 

パナソニックは、テクニクスブランドにおいて、プレミアムクラスのコンパクトステレオシステム「SC-C70」を2017年10月20日より発売する。価格は10万円(税別)。本製品は、テクニクスの高音質技術を継承し一体型のボディに凝縮したオールインワンタイプのプレミアムオーディオシステム。上位機種で採用したフルデジタルアンプ「JENO Engine」や「LAPC」を搭載したほか、設置場所に合わせて最適な音質に調整する新開発の「Space Tune」を搭載した。スピーカー部は、2cmツィーター、8cmウーハー、12cmサブウーハーの3ウェイ構成に加え、デュアル・ロングポートも備えて40Hz~50kHzの超広帯域再生を実現。力強い低音域から超高音域まで表情豊かに再生する。また、CD、FM/AMラジオ、アナログ/光デジタル入力、USBなど多彩な音楽ソースに対応したほか、Wi-Fi内蔵、Bluetooth/AirPlay対応により、スマートフォンなどに保存した音楽をワイヤレスで再生できるなど、1台でさまざまな音楽コンテンツを手軽に楽しめる。■プレスリリース■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■デジタル家電に関連した記事を読む・ラトックシステム、PM2.5/VOCなどの空気質をはかって知らせるBluetooth エアクオリティ モニターを発売・VI...more
カテゴリー:

羽生結弦、五輪連覇に向けた新演技を『神様に選ばれた試合』で世界初披露 - 09月20日(水)14:13 

フィギュアスケート選手の羽生結弦が、日本時間9月24日、カナダで行われる国際大会「オータムクラシック」にて、映画「陰陽師」を題材とした自身の最高傑作「SEIMEI」をさらに進化させたフリー演技を世界初披露。同日13時55分より放送される特別番組『神様に選ばれた試合』(テレビ朝日系列)では、この五輪連覇に向けた新演技をどこよりも早く伝える。同番組では、スポーツ界の枠を越え感動を与えた“名試合”にフォーカスし、当時の主役、脇役に独自取材。日本人の誰もが知る名シーンの裏側や新事実を明らかにするドキュメンタリー特別番組だ。羽生が五輪連覇に「SEIMEI」を選んだ背景には、神が舞い降りたかのような試合の存在があったという。2015年グランプリファイナル、「羽生結弦が、羽生結弦を超えました!」という実況と共に伝説となった「SEIMEI」。羽生が戦った相手は、わずか2週間前のNHK杯で異次元の世界最高得点を出したばかりの羽生自身だった。番組では、この“伝説の演技”を羽生選手が自ら初解説。巨大モニターに映し出される自身の姿と向き合いながら、2年たった今だから語れる新事実を告白する。「怖さは初めて感じた」というほどの強大な重圧、苛立ち、そして「なくはなかったですね……」とためらいながら初めて明かしたのは、これまで決して口にすることがなかったケガとの戦い。得点発表で流した涙の裏には、極限の逆境との攻防...more
カテゴリー:

もっと見る

「モニター」の画像

もっと見る

「モニター」の動画

Wikipedia

モニターモニタ (Monitor) は、英語監視監査をおこなうもの、指導をおこなうものという意味。転じて以下のような意味で、あるいはものの名称として用いられる。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる