「モスクワ」とは?

関連ニュース

対露制裁法案可決 露は関係改善を断念、欧米分断戦術 - 07月26日(水)22:00 

 【モスクワ=遠藤良介】米下院で対ロシア制裁強化法案が可決されたことについて、露外務省高官は26日、「(法案は)常識の枠を越えている」と非難し、対抗措置をとる方針を明らかにした。法案は石油・天然ガス分野での制裁拡大を想定しており、ロシア経済へのいっそうの打撃が避けられない。プーチン露政権は、資源調達でロシアに依存する欧州連合(EU)と連携し、米国との分断を図る戦術を強める見通しだ。
カテゴリー:

ロシア上院、ネット規制案可決 監視強化へ匿名通信禁止 - 07月26日(水)17:16 

【モスクワ共同】ロシア上院は25日、会員制交流サイト(SNS)を匿名で利用できないようにするため、インターネット規制を強化する法改正案を可決した。下院も既に通過しており、プーチン大統領の署名を経て成立する。 当局が禁止したウェブサイトの閲覧を難しくし、テロ対策につなげるというのが公式説明。ただ違法な街頭デモの参加者などの通信内容を情報機関が傍受し、監視を強化するのが狙いとも報じられている。 ...
カテゴリー:

中ロ海軍、バルト海で初演習=NATOけん制か - 07月25日(火)18:59 

 【モスクワ、北京時事】中国とロシアの海軍による合同軍事演習が25日、バルト海で始まった。中ロ海軍がバルト海で演習するのは初めてで、ウクライナ問題などでロシアと対立する北大西洋条約機構(NATO)に対抗して中ロの結束を示し、けん制する狙いがありそうだ。 中ロ海軍は2012年から軍事演習を毎年実施。中国は今回の合同軍事演習「海上連合2017」に最新鋭のミサイル駆逐艦052D型「合肥」やミサイル護衛艦「運城」などを派遣した。艦艇は6月中旬に南部の海南島・三亜の基地を出航し、今月21日にバルト海に面したロシアの飛び地カリーニングラードに到着した。 海上での本格的な演習は25、26の両日で、対潜水艦訓練や対空・対艦訓練のほか、海上や上空への砲撃訓練を実施。演習に先立ち中ロ海軍幹部は21日、「演習は他の国に対抗することを意図したものではない」と述べた。 【時事通信社】
カテゴリー:

JAL、ベトジェットエアと包括的業務提携へ覚書--コードシェアにマイレージも - 07月25日(火)18:08 

JALとベトナムのLCCであるベトジェットエア(本社: ベトナム・ハノイ)は7月25日、利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的とした包括的業務提携を行うことについて覚書を締結。相互のコードシェアのほか、マイレージなど他の分野も含めた包括的な業務提携について検討することに合意した。 現在、JALは成田からホーチミンとハノイに運航しており、羽田からはホーチミンに就航している。コードシェアは、JALが運航する日本からベトナムへの路線、および日本の国内線と、ベトジェットエアが運航するベトナム国内線およびベトナム発着の周辺アジア各国への運航便に対して、相互に展開する。コードシェア実施路線や開始時期などの詳細については、準備が整い次第、改めて発表するとしている。 ベトジェットエアはベトナム初の民間航空会社として、2011年にハノイをハブとしたベトナム国内線の運航を開始し、ベトナム国内からアジア各国へと路線を拡大している。効率的なオペレーションによるリーズナブルな運賃設定により、ベトナムにおける新たな需要を喚起する一方、ハイブリッド・エアラインとして上位のサービス「SkyBoss」を提供するなど、品質を追求したサービスも提供している。 【関連記事】 ・航空ビジネスの裏側 (1) ・ANAのベトナム航空出資が意味するもの--提携・投資による経営への実効とは (1) ・JAL、...more
カテゴリー:

【サッカー】<本田圭佑>右ふくらはぎ痛め初陣大幅遅れ・・・8・31W杯予選ピンチ! - 07月25日(火)08:14  mnewsplus

メキシコの名門パチューカに加入した日本代表FW本田圭佑(31)が右ふくらはぎの下腿三頭筋を痛めたことが24日、判明した。23日(日本時間24日)の開幕戦、UNAM戦後にディエゴ・アロンソ監督(42)が本田のデビューまで3~4週間かかると明言。初陣が大幅に遅れることで、日本代表としてW杯切符が懸かる8月31日のアジア最終予選オーストラリア戦(埼玉ス)出場に、黄色信号がともった。本田が視察した試合は0―1で敗れた。  その険しい顔が、前途多難であることを物語っていた。本田はパチューカの開幕戦を観戦...
»続きを読む
カテゴリー:

「関係正常化閉ざす」=ロシア、米の制裁強化に反発 - 07月26日(水)19:56 

 【モスクワ時事】米下院が対ロシア制裁強化法案を可決したことを受け、ロシアでは26日、反発の声が相次いだ。インタファクス通信によると、リャプコフ外務次官は「近い将来の(米ロの)関係正常化の可能性は閉ざされた」と非難した。 リャプコフ次官は、法案は「関係正常化のプロセスに非常に悪い影響を与えている」と強調し、対抗措置を取る可能性を示唆した。コサチョフ上院外交委員長もフェイスブックで「2国間の協力の後退は避けられない」と指摘。「米国人の痛みとなる対応を準備すべきだ」と述べた。 【時事通信社】
カテゴリー:

東風汽車がロシアに旗艦店をオープン - 07月26日(水)15:31 

ロシアのモスクワで25日、駐中国ロシア大使・李輝氏(写真右)と東風汽車工業輸出入有限公司の李軍智総経理が東風汽車ロシア旗艦店のオープンセレモニーでニューモデルを発表した。 ...
カテゴリー:

今関あきよし監督最新作『ライカ/LAIKA』|MOVIE - 07月25日(火)18:57 

日本からモスクワにきた語学留学生ライカ(宮島沙絵)とロシア人女性ユーリャ(クセーニア・アリストラートワ)の友情を超えた奇妙な愛情関係を描いた今関あきよし監督の最新作『ライカ/LAIKA』が、日本公開に先駆け、7月11日にセルビアの首都ベオグラードで先行公開された。続きを読む
カテゴリー:

夜空で2番目に明るい星になるという人工衛星「Mayak」 - 07月25日(火)16:06 

人工衛星には太陽を反射して明るく光るものも多いが、7月14日に打ち上げられたモスクワ工科大学の超小型衛星「マヤーク (Mayak)」には太陽光反射装置が組み込まれており、これを展開することでマイナス10等級という満月に次ぐ明るさの「星」になるという(マイナビニュース)。
カテゴリー:

「気仙沼から五輪へ」フェンシング指導熱衰えず - 07月25日(火)06:05 

モスクワ五輪(1980年)フェンシング日本代表で、気仙沼市内の高校で長年、フェンシングを指導してきた同市出身の千田健一さん(60)が、今春の定年退職後も市内で競技の普及に励んでいる。これまで2人の五輪
カテゴリー:

もっと見る

「モスクワ」の画像

もっと見る

「モスクワ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる